成田知巳衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   4155文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  2回発言  11893文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  3回発言  16048文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第25号(1953/07/21、26期)

ただいま一括議題となりました公衆電気通信法案、右線電気通信法案、並びに有線電気通信法及び公衆電気通信法施行法案に関し、電気通信委員会における審議の経過と結果の概要につき御報告申し上げます。提案理由として政府の説明するところによると、有線電気通信に関する現行法令は、明治中期の制定に属し、今日の実情に適………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第8号(1954/01/30、26期)

日本社会党を代表いたしまして、政府の施政方針中主として外交及び防衛政策について、総理並びに関係大臣に若干の質疑を展開いたしたいと存じます。総理は、去る十六日、静岡市における自由党の演説会におきまして、わが国の独立は政治的独立であつて、経済的には独立に達していない、経済自立を伴わない独立は意味がないと………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第24号(1954/03/23、26期)

放送法第三十七条第二項の規定に基き、国会の承認を求めるの件に関し、電気通信委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。本議案は、日本放送協会の昭和二十九年度収支予算、事業計画及び資金計画につきまして国会の承認を求めるものであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 29回出席(長 24 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  1)  2回発言  13610文字発言
 第17回国会  7回出席(長  7 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  2回発言    326文字発言
 第18回国会  5回出席(長  5 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第19回国会 30回出席(長 28 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言  14600文字発言
 第20回国会  1回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  4回発言  19860文字発言

  26期通算  78回出席(長 65 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  9)  9回発言  48396文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 電気通信委員会
            69回出席(長 65 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  5回発言   6267文字発言

 昭和28年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外6件特別委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  1)  2回発言  13610文字発言

 予算委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言  28519文字発言


委員会委員長経験

 電気通信委員会委員長(第16回国会)
 電気通信委員会委員長(第17回国会)
 電気通信委員会委員長(第18回国会)
 電気通信委員会委員長(第19回国会)
 電気通信委員会委員長(第20回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 昭和28年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外6件特別委員会理事(第16回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 昭和28年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外6件特別委員会 第3号(1953/05/23、26期)

今回参議院の緊急集会で暫定予算が審議されたことは、新憲法下最初のテスト・ケースであり、参議院における審議の過程におきましても、いろいろ問題点が発生して、それが未解決のまま相当残されておると思います。こ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 昭和28年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外6件特別委員会 第4号(1953/05/25、26期)

一昨日の本委員会で、総理が御出席なかつたために、政府側の答弁で明確を欠いていた点について、二、三この際総理にお尋ねしてみたいと存じます。一昨日の本委員会におきまして、小笠原大蔵大臣は、八月から本予算…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 電気通信委員会 第2号(1953/10/31、26期)

いろいろ御説明がございましたが、仲裁裁定というものは給与に関連しておる。その裁定は尊重しなければいけない。しかし公社側としては同時に経営の健全性も考えて行かなければいかぬ。この二つの面から勘案して政府…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 電気通信委員会 第6号(1953/11/07、26期)

御異議なきものと認め、さように決定いたします。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1954/02/17、26期)

緒方副総理――犬養さんは……。会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 電気通信委員会 第1号(1954/12/14、26期)

ちょっとごあいさついたします。去年の五月にまったく偶然の事情から、電気逓信行政についてはまったくのしろうとの私が、委員長になりました。その間一年半以上、皆さん方の御協力を得まして、大過なく委員長の仕事…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 電気通信委員会 第2号(1954/12/20、26期)

長谷さんにお伺いしますが、九月に行われた一級無線技術士の試験は従来になく悪かつたということでありますが、大体受験者何名に対して合格者何名であつたか、おわかりであつたら伺いたい。会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 電気通信委員会 第4号(1955/01/22、26期)

ただいま大臣の御答弁を承りますと、もし三月三十一日までに予算の承認が得られないような場合には、放送法の改正その他所要の措置を講ずる、こういう御答弁だったと思うのですが、ということは、年度予算の承認を得…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 予算委員会 第1号(1954/12/21、26期)

本日はたくさん閣僚が御出席になつているのですが、その閣僚には、張り切つて御出席になつているので、まことにお気の毒でありますが、私は鳩山総理に質問をいたしたいと思いますので、御了承願いたいと思います。…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22