井谷正吉衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 47回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 47)  5回発言   4387文字発言
 第17回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  1回発言   1198文字発言
 第18回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   3950文字発言
 第19回国会 68回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 68)  7回発言   7578文字発言
 第20回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

  26期通算 133回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員133) 14回発言  17113文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 農林委員会
           107回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員107) 12回発言  16199文字発言

 水害地緊急対策特別委員会
            17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  2回発言    914文字発言

 内閣委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

 法務委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 議院運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第6号(1953/07/08、26期)

今度の災害は、新聞によつても、世間の常識でも、九州が主体になつております。ところが、やはりこれにはすそがあるので、ございまして、愛媛県のごときも、前回に三十億円を越え、このたびもまた三十億円を越えると…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第7号(1953/07/10、26期)

長官には連日御苦労をかけまして、私ども心から感謝をいたしておる次第であります。ここで一つお願いがあるのでありますが、今回の災害につきましては、災害をこうむらなかつた他府県におきましても非常な関心を持つ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 農林委員会 第24号(1953/07/24、26期)

酪農のことでありますが、私どもの方では終戦後非常に酪農を奨励いたしまして、非常に無理をしてみな乳牛を買つた。ところが乳が安くなりまして、飼料は高い、乳は安いというようなことで、最初乳牛を買つた者も、こ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 農林委員会 第36号(1953/10/16、26期)

前十六国会におきまして、農産物価格安定法が制定され、これに伴いまして近くかんしよ基準価格、切りぼしかんしよ、澱粉の価格が決定されることになりますが、この価格の決定いかんは、いも作農家の死活問題でありま…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 農林委員会 第40号(1953/10/22、26期)

大臣にお伺いしたいのですが、それは今度の新しいかんしよの切りぼしの価格の問題であります。先日ちようど大臣おいでになつていませんでしたから、通産関係だけのお話を承りましたが、非常にわれわれにとりまして不…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 農林委員会 第5号(1953/11/03、26期)

私は前谷さんに、かんしよ及び切りぼしの値段を御決定になつたことについてお伺いしたいのであります。第一は、ただいまプリントを拝見いたしたのでありますが、この価格を決定いたされました基準、それから方法、…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 農林委員会 第1号(1953/12/01、26期)

前谷さんにお伺いしたいのでありますが、この農産物価格安定法が設けられまして、前の委員会において私はあなたに、今度のかんしよの切りぼしの買上げにつきまして、その価格決定において、団体等の手数料、俗に言う…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 農林委員会 第11号(1954/02/12、26期)

切りぼしについてちよつとお伺いしたいのです。ことしの価格は大体希望の線で食いとめることができる、そして政府の保管しているのを払い下げても、この価格に影響がなかろうということなんですが、これは前にも申し…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 農林委員会 第21号(1954/03/18、26期)

最近世潮の逆コースに伴いまして、農村関係においても、あらゆる面に復古調と言いますか、封建的な時代に逆行しようという傾向が察せられる。農村におけるこれらの動きを検討してみますと、最近なかんずく特異な現象…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 農林委員会 第23号(1954/03/24、26期)

去る三月の十五日付で香川県綾歌郡昭和村字中植西、中植西地区代表責任者池下善行君からこういう書面が来ております。要点を簡単に読んでみますと、「当地区においては過般農業協同組合農業改良普及員の奨励により麦…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 農林委員会 第40号(1954/05/11、26期)

私は本年四月の凍霜害による群馬県下の被害状況を、昨五月十日に視察して参りましたので、その概要を御報告いたします。参加者は、綱島正興、金子与重郎、小平忠、五十嵐吉蔵、井谷正吉の各議員でありまして、農林…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 農林委員会 第56号(1954/06/02、26期)

時間もありませんから簡単にお尋ねしておきます。まず最初に保安庁の大森さんにお尋ねをいたします。愛媛県温泉郡小野村の演習地の問題でありますが、これは中村委員がきようお尋ねするように申していたのですけれど…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 農林委員会 第65号(1954/08/30、26期)

公共事業費の中で急傾斜の方はどうなつておりますか。私は自分の考えがあまりに狭かつたじやないか、こういうような考えから、実は先般四千五百キロを旅行しまして四国の方まで参つた。宇和島に参りましてお話を承…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 農林委員会 第76号(1954/10/20、26期)

今芳賀委員にお答えになりました中で、私は大体ばれいしよ澱粉が中心だと思つて聞いたのですが、私はかんしよ、かんしよ切干し、かんしよ澱粉、こういう面についてお尋ねをしたいのです。今のお答えの中にありました…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22