佐竹晴記衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 24期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   4195文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言   4195文字発言

本会議発言一覧

第19回国会 衆議院 本会議 第48号(1954/05/13、26期)

私は、日本社会党を代表して、本法案に反対の意思を表明いたします。その理由の第一は、本法案は憲法を無視し、その精神を蹂躪するという点であります。おが党は、さきに、日米相互防衛協定に対して、憲法第九条に違反するものとして反対をいたしたのでありますが、今や防衛庁設置法案、自衛隊法案が審議され、何人がいかに………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 24期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  3回発言  22355文字発言
 第17回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   2411文字発言
 第18回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第19回国会 38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 38) 12回発言  83076文字発言
 第20回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  26期通算  67回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 67) 16回発言 107842文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
            62回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 62) 14回発言  93938文字発言

 予算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言  13904文字発言

 議院運営委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 法務委員会 第7号(1953/07/07、26期)

先ほど鑑別所の話が出ておりましたが、鑑別所に入れる条件と申しますか、どういう者を入れることにしておりますか。それからいま一つは一少年法の適用でありますが、どの被告も少年法の適用を非常にきらいます。そ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第17号(1953/07/18、26期)

まず第一に、法務大臣に対して、本案の提出についての熱意に関し承りたいと存じます。すなわち、本案の成否は国会の批判にまつという程度のものでありますか。それとも、本案は今期国会にどうしても出さなければなら…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第23号(1953/07/25、26期)

ただいま議題になりました附帯決議案に関連いたしまして、法務大臣の御意向を伺つておきたいと存じます。この附帯決議は百九十三条に関するものでございますことは申し上げるまでもございません。この百九十三条の改…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 法務委員会 第1号(1953/10/31、26期)

匿名組合でなければただちに非合法であるかのごとき感じをいたします御答弁を承つたのでありますが、もし匿名組合でなかつたときに無名契約としてどうお考えになつておるか。民法商法に銘を打つた、名前のついた契約…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1954/02/08、26期)

ただいま二十九年度の予算関係を承つたのでありますが、この際行政整理に伴う予算の実情はどういうぐあいになつているのか、すなわち、行政整理に伴う法務当局の予算に現われる影響はどういうぐあいになつておるのか…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第29号(1954/03/27、26期)

それでは利息制限法の改正について若干お尋ねをいたしてみたいと考えます。まずこの法案のねらいとするところはどこにあるのでありますか。なお任意に支払つたものの返還の請求ができないという点でございますが、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第30号(1954/03/30、26期)

今のに関連して。鹿児島県から猛烈な陳情があるようでありますが、宮崎の方からも猛烈な陳情があることを承知しておるます。あれは前に鹿児島の方に置こうとしたときに、事実は最高裁判所の方で宮崎の方に持つて行つ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第36号(1954/04/08、26期)

それでは法務大臣にお尋ねをいたします。綱紀粛正は今日の最も緊要な事柄であると考えます。シヨウカイセキが地方政権に没落したのも、戦いに敗れたというのではなしに、首脳部の腐敗と汚職の結果であると言われてお…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第44号(1954/04/24、26期)

わずかに十分でやれというのでありますから、一問一答の形ではすぐに時間が参ります。従いまして、質問の要点を全部申し上げますから、緒方副総理、加藤法務大臣御両人はメモをなさつておかれまして、各適当にお容え…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第48号(1954/04/30、26期)

冒頭法務大臣に要望いたしておきたいことは、法務大臣はこの法務委員会を通じて重要なる法案をたくさんお出しになつておる。この重要なる法案の審議と通過のためには、所管大臣として全努力を払うべきである。しかる…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第50号(1954/05/07、26期)

この際法務大臣にお尋ねをいたします。新憲法下最高裁判所ができて以来、大審院時代に比して著しく事件が渋滞いたしておるのでありますが、その根拠はどこにあるとお考えでございましようか。私はこの問題について…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第56号(1954/05/15、26期)

すでにいろいろ論議が尽されておりますし、ことに小委員会の意見も発表されましたので、ここでは多くを申し上げることを差控えたいと思いますが、ただ三百九十四条、三百九十九条の関係について少しばかりここに確か…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第57号(1954/05/19、26期)

法務大臣にお尋ねをいたします。佐藤栄作氏に対する逮捕請求の許可を願いたいという検察当局から大臣に対する請求があつた際に、前犬養大臣は検察庁法十四条の規定に基いて逮捕を延期せよとの指揮権を発動されたの…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第59号(1954/05/21、26期)

それでは刑事局長並びに国警の係の方にお尋ねいたしたいと思います。福島県の石城郡に鳳城炭鉱というのがございまして、その平坑の前労働組合組合長箭内光が殺害された事件がございまして、地方の新聞記事等にも重大…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第25号(1954/03/18、26期)

それではこれから剛総理並びに石井運輸大臣、刑事局長に対しましてお尋ねいたします。政治の腐敗は、民主政治を根底から動揺せしめております。国民は相次ぐ汚職と吸血予算に対し、遺憾の眼を見張つております。今…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第26号(1954/03/19、26期)

私は取消しはいたしません。先ほど申し上げた通り、こういうふうに日本から外国へ電報を発せられておるという事実があるが、もしそういう事実があるならばこれを聞きたいと聞いたのであります。これは必ず数日時間を…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22