国会議員白書トップ衆議院議員園田直>26期国会活動まとめ

園田直衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 39回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 39) 14回発言   3002文字発言
 第17回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  5回発言   2333文字発言
 第18回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言     47文字発言
 第19回国会 81回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 81) 14回発言   4200文字発言
 第20回国会 10回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  0回発言      0文字発言
 第21回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  0回発言      0文字発言

  26期通算 163回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員162) 35回発言   9582文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 議院運営委員会
           131回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員131) 34回発言   9460文字発言

 経済安定委員会
            22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  1回発言    122文字発言

 予算委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
             3回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 行政監察特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会委員長(第20回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験


※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第10号(1953/06/25、26期)

同意いたします。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第12号(1953/06/29、26期)

割当はどうなつておりますか。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第18号(1953/07/09、26期)

開会中の委員派遣は原則として認めないことになつておることはわかつておりますが、これは特にその原則を承知の上で、議運に相談するために、委員会でも、委員の制限をして各党から一名ずつ出し、しかも会議に影響の…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第23号(1953/07/21、26期)

改進党も同じであります。――――◇―――――会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第24号(1953/07/22、26期)

日程第七に対して賛成討論をすることを御了承願いたいと思います。この法案は、各党にお願いして昨日決定したものが、本日に留保になつたのでありますが、賛成討論をいたしたいという理由は、連合審査の過程において…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第25号(1953/07/23、26期)

異議ありません。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第26号(1953/07/25、26期)

改進党も異議ありません。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第27号(1953/07/27、26期)

私のところはまだです。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第30号(1953/07/30、26期)

わが党も同様でございます。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第34号(1953/08/04、26期)

この問題については前々から非公式に各党に御相談した問題でございまするが、先般わが党の松村謙三君外七十四名より正式に提出いたしました。従いまして、これは今日の諸般の情勢に即応して早急に決定したいというわ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第35号(1953/08/06、26期)

これに関連して、昨日わが党から提案いたしましたへき地教育振興に関する決議案は、各派共同提案で今委員長から提案された決議案に直りましたので、昨日のは撤回いたします。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第38号(1953/10/26、26期)

冷害の方は農林委員会でやつています。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第39号(1953/10/28、26期)

御質問でございますから、お答えいたします。昨日、会期一週間と、党議による改進党の方針を申し上げましたが、会期一週間を要求する前提条件ではございませんけれども、一週間として会期を定めた場合われわれが救農…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 経済安定委員会 第6号(1953/06/30、26期)

一応各委員の方々の質疑も終つたようでございまするし、委員の御意向もよくわかりましたので、それぞれそれに基いて提案者はいろいろ検討することと思いますから、本日はこれで一応散会をせられて、明日午後一時から…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1953/10/29、26期)

ただいま社会党両派から、会期の決定に対する反対討論の通告がございましたが、御承知の通り会期について、短期の一週間をわが党が主張した理由は、先般申し上げた通りでございまして、災害に関する重大問題をなるべ…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 議院運営委員会 第2号(1953/10/30、26期)

その点、私経過を知つておりますので、簡単に申し上げます。今言われた通りなんです。ところがその後非公式ではあるか、式辞の問題で衆議院と参議院の理事が会同いたしました。その節、今のような御意見も出ましたの…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 議院運営委員会 第4号(1953/11/02、26期)

今の御意見によつて、社会党の左派で疑義がある社会保険審査会委員長及び同委員の任命の件だけ残して、他は本日上程されたい。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 議院運営委員会 第5号(1953/11/03、26期)

改進党も保留いたします。なお、ただいま予算の議事順序その他について、倉石予算委員長から交渉があつたのであります。各党の理事会を予算委員会で開いて、本日七時半までにはどうしても予算をあげる、そういうこ…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 議院運営委員会 第9号(1953/11/27、26期)

私の方も賛成です。会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 議院運営委員会 第4号(1953/12/05、26期)

改進党の方は、この前賛成で十五分ですが、今度は逢いますから……。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 議院運営委員会 第6号(1953/12/08、26期)

これは改進党は反対です。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1953/12/10、26期)

そうしますと、下の方のプラスニというのは、割当以前のものですね。各派常任委員の割当については、土井君から御発言があつたわけでありますが、土井君の御発言をさらに記録にとどめておきますか。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第26号(1954/03/12、26期)

防衛庁設置法案を本日上程するやいなやということは、この法案に賛成または反対の立場を問わず、政治的な裁断を下す余地はないのであつて、これは事務的取扱いのものであります。法律案が出て来たのでありますから、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第37号(1954/03/30、26期)

これは明後日ということに御了解を願いたい。なお、原子力の問題に対する決議案も、今自由党の方において各党と案文について調整される必要があるので、明日あるいは明後日までにはこの問題をいずれにか決定できる…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第39号(1954/04/01、26期)

順序は違うでしようね。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第46号(1954/04/15、26期)

補正は今まで起立ですね。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第47号(1954/04/17、26期)

ただいま配付になりました可燃性織物法に関する決議案でございますが、これは通産委員会で話が出まして、社会党右派の方に御異見がございました。そこで私の方から国会対策委員長に申し入れまして、すでに御承諾を得…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第48号(1954/04/20、26期)

ただいま審議付託になつております荒木君の問題、これは私どもの党派の問題ではございますが、少くとも議員の単なる一身上の問題ばかりでなく、非常に重大な問題であります。しかもこれは、わが党の態度も本人の態度…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第49号(1954/04/22、26期)

これは社会党並びに日本自由党から出された不信任案でございますから、早急にこれを上程するには反対ございません。しかし、今出された問題で、わが党としては、率直に申し上げれば、これに対する態度はきわめて重大…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第50号(1954/04/24、26期)

今のわが党から出ました内閣不信任決議案は、重光葵氏外七十四名となつておりますが、その数はあとで若干増減があるかもしれませんが、右御了承願います。先ほど申し上げました通り、内閣の不信任案は、即日開会直…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第54号(1954/05/07、26期)

今の緊急上程の企業資本充実のための資産再評価等の特別措置法案は、最初の修正部分に対する採決は記名投票になりますから、議事日程を変更して、防衛二法案の終つた直後に挿入してもらいたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第57号(1954/05/13、26期)

これは場内で申し上げることにいたしますが、大体のむはずです。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第61号(1954/05/20、26期)

官房長官から、総理大臣の外遊は非公式のものであつて正式のものでないから、緊急質問はしばらく待てという御意見で、そのお申込みの件はわかりました。しかし、ただいま非公式のもので正式ではないと言われたけれど…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第62号(1954/05/21、26期)

二回になるわけですね。なおこれ以外に、お手元にあります審議中の議案という中の、白マルのついております法務省設置法の一部を改正する法律案、航空技術審議会設置法案、調達庁設置法等の一部を改正する法律案、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第63号(1954/05/22、26期)

この問題については、すでに各党より論議も尽されておりますし、各党の状況によつてこれに対する態度も違いますから、論議はこの程度にして、採決したらいかがですか。二十五日に上程反対の諸君の挙手を願います。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22