高橋禎一衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   3036文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  2回発言   7360文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  3回発言  10396文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第21号(1953/07/11、26期)

私は、ただいま議題となつでおります法律案について、改進党を代表し、冷静なる判断と全国民駒立場に立つて、政府原案に養成、修正案に反対の討論を試みんとするものでございます。(拍手)憲法の保障する勤労者の団結権ないし団体行動権は、もとより立法その他国政の上において尊重されなければならないことは申すまでもな………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第10号(1954/02/16、26期)

ただいま犬養法務大臣より警察法案提出の理由の説明を承りましたが、法案を一読して得た表面的、形式的の所感を一歩も出ず、国民の真に疑問といたしております点についてはほとんど解明がなされなかつたのでございまして、私は、この際、改進党を代表いたしまして、国民の重大関心事である警察法案について、吉田内閣総理大………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第11号(1954/02/23、26期)

私は、改進党を代表いたしまして、ただいま鍛冶良作君より提出せられました珍妙なる動議に対し反対の意思を表明いたしたいと思うのでございます。(拍手)もつとも、かかる動議を提出せられました鍛冶君の心情及びこの動議を支持せられる自由党の方々の心情は十分察するのでございます。しかしながら、われわれは、国民の意………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員 20) 10回発言  51891文字発言
 第17回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  0)  3回発言  17746文字発言
 第18回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  2回発言   4655文字発言
 第19回国会 66回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 51 委員 15) 25回発言 124659文字発言
 第20回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  4)  0回発言      0文字発言

  26期通算 116回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 77 委員 39) 40回発言 198951文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
            76回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 48 委員 28) 28回発言 141020文字発言

 労働委員会
            29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 29 委員  0) 11回発言  54624文字発言

 予算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 議院運営委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   3307文字発言

 懲罰委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 決算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 労働委員会理事(第16回国会)
 労働委員会理事(第17回国会)
 労働委員会理事(第18回国会)
 法務委員会理事(第19回国会)
 労働委員会理事(第19回国会)
 法務委員会理事(第20回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 法務委員会 第17号(1953/07/18、26期)

法務大臣にお尋ねいたしたいと思います。これは先ほど佐竹委員から質問がありまして、大臣のお考えの傾向は大体伺えて了承しておりますが、なおその点を明確にいたしておきたいと思います。これは百九十三条の検察官…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第18号(1953/07/20、26期)

今盛んに各委員からお尋ねになつておる点について、ちよつと関連して岡原政府委員にお尋ねいたしますが、一体この第八十九条の権利保釈の場合に、われわれの経験した実情から言いますと、第一号ないし第三号、第五号…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第19号(1953/07/21、26期)

ちよつと一言聞きたいのですが、これは法務大臣と岸さんとお二人にお尋ねいたしたいのです。今逮捕状の問題について改正案が出でいますのは、結局裁判所で逮捕状をお出しになるときに、今までの例からすると、率直に…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第25号(1953/07/29、26期)

今の問題に関連するわけですが、法務省の人権擁護局というものは、一体どういうところに力を入れて仕事をしておるのですか、それをひとつ承りたい。それから民団側に山田公安主任外七名が行つて、ともに酒盛りに参…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第33号(1953/08/07、26期)

私は改進党を代表いたしまして、ただいま田嶋委員より提出されました動議に賛成をいたし、ここにその理由を説明いたしたいと思うのでございます。ただ冒頭に一言申し上げたいのでありますが、この問題は日本国民に…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第3号(1953/06/27、26期)

高橋さん高橋さんと、非常に親しみのある言葉でお答えになるのですが、私も個人的には、小坂労相の人格なり識見なりに非常な敬意を払つておるわけなんです。けれども、この法案は何と申しましても大きな問題を持つて…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第4号(1953/06/30、26期)

法務大臣にお尋ねをする前に、小坂労働大臣に二、三簡単にお尋ねをいたしたいと思います。本日の新聞の報道によりますと、昨日の参議院本会議において小坂労働大臣は、労組がスト規制法案の対象となるような争議を…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第10号(1953/07/09、26期)

関連してそれと同じことを私の方から御質問を加えるわけですが、私の質問は勤労者の団体行動権を制限することが、憲法上許されるかどうかという問題でもないのです。ただ憲法が勤労者の団体行動権を認めておりますの…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第11号(1953/07/10、26期)

私は法務大臣にお尋ねをいたしたいと思います。その第一は、今、審議中の法案について考えてみまするのに、私は勤労者の団結権、団体交渉権、団体行動権は、公共の福祉に反する内容を持つておるべきものではないと思…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第12号(1953/07/11、26期)

私はただいま議題となつております法律案について改進党を代表して簡単に討論をいたしたいと思うものであります。憲法の保障する勤労者の団結権ないし団体行動権は、もとより立法その他国政の上において尊重されな…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 労働委員会 第6号(1953/11/09、26期)

私は、小坂労働大臣に対して、政府より国会に提出されております三公社五現業の仲裁裁定に関する議決を求めるの件に関してお尋ねいたしたいと思うのであります。申し上げるまでもなく国の政治の要点は、働く者をど…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 労働委員会 第7号(1953/11/10、26期)

ちよつと関連して局長にお尋ねしますが、もし間違つておれば取消していただいていいんですから、大胆にお話願いたいと思うのです。先ほど多賀谷委員の質問によつて、ほぼ明瞭になつたと思いますが、この公労法の第…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 労働委員会 第8号(1953/11/11、26期)

関連して、今の応急米の配給のことについてお尋ねいたしますが、一体各都道府県に、応急米のわくをきめて配給をさせるということにしておいて、実際そのわくに満たないで、実際に供給した量が少くて、わくが余るとい…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 労働委員会 第2号(1953/12/02、26期)

呉市は、昭和二十五年六月、旧軍港市転換法の公布施行以来、鋭意旧軍施設の転活用をはかり、産業港湾都市としての建設に努力しておられるところでありますが、今日なお厖大な土地、施設が国連軍に占用せられ、その他…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 労働委員会 第3号(1953/12/03、26期)

時間がありませんから、簡単に大蔵大臣にお伺いします。大蔵大臣は、仲裁裁定は尊重する、こういう態度を今までおとりになつておるが、それは間違いないかどうか。それに次いで、国会の議決を御尊重になる意思があ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第18号(1954/02/23、26期)

法務大臣にお尋ねいたします。問題は、先ほど来もお話の出ました三権分立主義を破壊するところの院議決定ではないか、こういう問題であります。法務大臣は、先ほど来、裁判所から請求があつたものを、内閣は事務的に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1954/02/02、26期)

石井運輸大臣にお尋ねをいたしたいと思います。私は、従来国会における大臣の答弁というものがどうも徹底を欠き、ときにはその誠意すら疑われるというような非常に不親切な不明快な答弁のあることを日本の議会政治の…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第11号(1954/02/25、26期)

一問だけ関連して……。今最高裁判所の方からお答えになつた中に、裁判官の増員とか法廷の増設の必要があるというお話であつたわけです。私もこの法律が実施されるということになりますと、そういうこともやむを得な…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第16号(1954/03/10、26期)

文部大臣にお尋ねいたします。この義務教育諸学校における教育の政治的中立の確保に関する法律案、これを提案された理由は、義務教育の政治的中立を確保する、これが主たる目的のように御説明もあり、私どももそう考…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第17号(1954/03/11、26期)

司法行政運営に関して二、三御質問を申し上あげたいと思う次第であります。本委員会においてしばしば問題になりますことは、日本の検察権の運用が厳正妥当でなければならないということであります。ところがこの問…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第24号(1954/03/22、26期)

関連して。これは川上さんのしり馬に乗つて聞くわけではないのですが、しかし問題は相当深いかつ広いものがあると思うのであります。国警長官は警察法の犯罪の予防及び鎮圧ということについては警察活動の対象になる…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第26号(1954/03/24、26期)

これまでに明らかになつたことかもしれませんが、私ちよつと承知していないのでお尋ねします。裁判所の職員で、国家公務員法によつて本人の意思に反して休職だとか免職だとか、そういつた処置をとられたものは相当た…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第27号(1954/03/25、26期)

昨日質問いたしました問題に関連していま一、二お伺いしておきたいと思います。本法律案の付則第三項に「職員にその意に反して臨時待命を命じ、」と規定してあるが、その場合、これは国家公務員法に規定しております…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第31号(1954/03/31、26期)

勝本先生にお尋ねいたしたいのですが、私は今の法案を見まして一番疑問を持ちますのは、第四条の賠償額の予定を利率の二倍にする、この点です。この点については先生からお話がございましたが、どうもこの法案の立案…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第32号(1954/04/02、26期)

今お伺いしました御意見の中で非常に重大な問題は、やはり先生もおつしやいましたように、最高裁判所の規則制定権の問題だと考えます。それについて先ほど来のお話によつてヒントを得たわけですが、先ほど引用されま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第33号(1954/04/03、26期)

法務大臣がおいでになるまで、法務当局にお尋ねいたしたいと思いますが、今お話の出ました交通事犯の即決手続に関する法案の関係でありますが、参考人の意見を総合してみまして、今までの略式命令制度による裁判にお…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第34号(1954/04/06、26期)

猪俣委員の質問に関連して二、三法務大臣に御質問いたしたいと思います。第一は、検察庁法によつて法務大臣が個々の事件についても検事総長に指揮なさる立場にあられるわけでありますが、そういう関係があるために…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第38号(1954/04/13、26期)

いわゆる秘密保護法の法案に関連して政府当局に二、三質問をいたしたいと考えます。まず私はこの秘密保護法の立案をされたいきさつについて一応の御説明を承りたいと考えます。われわれ了承いたしおるところにより…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第44号(1954/04/24、26期)

私はまず第一に加藤新法務大臣に質問いたしたいと存じます。法務大臣の任務は御承知のごとくきわめて重大でありまして、法務大臣の法務行政に対する態度というもののいかんが、私は日本の国家の運命をも左右するもの…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第45号(1954/04/26、26期)

私は刑法の専門次ではないのですから、えらい奇想天外だと思われるような質問をいたすかもしれませんが、ただ一応断つておきますが、参考人の方は委員に対して質問権はないわけですから、私に質問なさつても私は答弁…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第48号(1954/04/30、26期)

時間の関係もありますので、この際特に明らかにしておきたい二、三の点について法務大臣に質問いたします。第一には、法務大臣は検察権の運用について民意を尊重する意思があるかどうか、この点であります。申し上げ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第53号(1954/05/11、26期)

ちよつと関連して、一、二法務大国その他の方に質問いたしたいと思います。先ほど来吉田総理の私邸における二、三の事件に関連しての質問がございましたが、新聞で見ますというと、池田自由党政調会長の宅とか、ある…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第56号(1954/05/15、26期)

法務大臣に二、三質問をいたしたいと思います。ただいまの佐竹委員の質問にも若干関連をいたすわけでありますが、法務大臣も御存じのように、最高裁判所においては、昭和二十八年末の未済事件が五千数百件あるわけで…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第58号(1954/05/20、26期)

法務大臣にお尋ねをいたしたいと思います。時間の関係もありますので率直なお尋ねをしたいのでありますが、法務大臣は検察官の指揮監督について、その法律的な根拠とその内容をどういうふうに考えておられるか。それ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第60号(1954/05/22、26期)

この問題は、私は委員会で目にかどを立てて論議するような問題でないと思うのです。女性と男性と協力をし、政党政派を超越して委員会全体が、しかも政府と協力をして解決しなければならないほど重大な問題であると考…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第63号(1954/05/27、26期)

私は新しい問題に入られる前に、今まで質疑応答のあつた点についてまだ明確になつていない点二、三についてお尋ねをいたしたい。ところがこの問題は非常にむずかしい問題で、しかも早急に解決ができるとも思えないほ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第67号(1954/06/02、26期)

これは各委員の方々の御意見も承りたいと思うのでありますが、先ほど断委員会におきましていろいろ審議しなければならない問題が明らかになりましたが、これは非常に重要な問題でありまして、たとえば最高裁判所の機…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第68号(1954/09/11、26期)

法務大臣にお尋ねをいたします。いわゆる佐藤前自由党幹事長の被疑事件に関しまして、法務大臣が指揮権を発動されたことは御存じの通りでありまして、その指揮権発動によつて検察権の運用に支障を来したものであると…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第73号(1954/09/24、26期)

私はまずこの際法務大臣がただちに当委員会に出席されるよう要望いたしておきます。そこで法務大臣が出席しておりませんので検事総長なり刑事局長に二、三質問いたしておきます。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第5号(1954/02/17、26期)

今の問題に関連して、大臣にちよつとお尋ねいたしますが、労働省において労働基準法の解釈をされるということは、これは私は当然だろうと思うし、むしろこれを解釈して適正に実施する義務があると思うのです。ところ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22