国会議員白書トップ衆議院議員小平忠>26期国会活動まとめ

小平忠衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

24期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  2回発言   4770文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  1回発言   2001文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   5760文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  4回発言  12531文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第6号(1953/05/29、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題となつております六月暫定予算三案に対し、両社会党共同提案の組みかえ動議に賛成し、政府提出の原案に反対の討論を行わんとするものであります。(拍手)去る三月十四日、野党四派より不信任案を突きつけられました吉田内閣は、二十入年度国家予算に対し何らの具体的措竃………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 本会議 第13号(1953/06/27、26期)

私は、日本社会党両党を代表いたしまして、昭和二十八年度一般会計暫定予算補正(第2号)、昭和二十八年度特別会計暫定予算補正(特第2号)、昭和二十八年度政府関係機関暫定予算補正(機第2号)については、政府はこれを撤回し、次に申し上げる要領により、すみやかに組みかえをなし、再提出すべしとの動議を提出し、そ………会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 本会議 第6号(1953/11/03、26期)

私は、両派社会党を代表いたしまして、ただいま提出されました両派社会党の補正予算に関する組みかえの動議の趣旨を御説明申し上げます。政府は、今回の補正予算を提出するにあたりまして、この予算は災害予算であると呼称いたしたのであります。しかるに、インフレ傾向の抑制と通貨安定を理由に、災害、冷害の国庫負担分を………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第15号(1954/03/04、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、昭和二十九年度政府予算三案に対しまして、保守三党による共同修正案並びにその修正案を除く政府原案に反対し、両派社会党による共同組みかえ案に対しまして賛成の対論を行うものであります。(拍手)昭和二十九年度予算案は、これを三つの面より批判することができるのであります。第………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

24期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 39回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 39) 10回発言  38756文字発言
 第17回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言   5196文字発言
 第18回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言  12372文字発言
 第19回国会 31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 29)  7回発言  28182文字発言
 第20回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言   9834文字発言
 第21回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

  26期通算  86回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 84) 21回発言  94340文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            63回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 61) 14回発言  79557文字発言

 水害地緊急対策特別委員会
            14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  4回発言   6818文字発言

 経済安定委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言   1491文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 補助金等の臨時特例等に関する法律案特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   2767文字発言

 農林委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   3707文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 予算委員会理事(第19回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1953/07/27、26期)

私は、主として北海道門別町におきます駐留軍の演習地接収問題に関しまして、参考人の松本門別町長にお伺いをいたしたいと思います。第一点は、午前中の御意見、御説明によりますと、従来七十三町歩演習地として接…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第24号(1953/08/06、26期)

私は、この際委員長に、特に議事進行、並びに北海道の水害に対しましての取扱いに関しましてお願いを申し上げます。さらに委員各位の御努力を仰ぎたいと思うのであります。今次の北海道の水害に関しましては、ただ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第25号(1953/08/07、26期)

他の質問者が多くあるようでありますから、私は、ただいまの官房長の御答弁に対して、一言だけこの際関連してお伺いしておきたいと思います。先ほどの御説明によりますと、大体八月十日までに提出の資料の分につい…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第26号(1953/08/10、26期)

私は、今時風水害の災害に対しまして、きわめて基本的な重要な問題について若干緒方副総理に伺いたいと思います。今次の風水害に対しましては、政府は全力をあげていろいろ御努力せられておるのでありますが、われ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第28号(1953/09/08、26期)

災害復旧の財源に関連しましてきわめて重要な問題が起きておりますので、一間だけ主計局長にお尋ねしたいと思います。と申しますのは、今回のこの災害に対します措置は、これは政府当局も私はなかなかたいへんなこと…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1953/05/28、26期)

まず大蔵大臣にお尋ねをいたします。過日の四月、五月暫定予算の特別委員会の席上におきまして、大蔵大臣は七月も暫定予算を出すということを明らかにされたのでありますが、それはまつたく大蔵大臣の実際の現在の考…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1953/05/29、26期)

私は日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題となつておりまする両社会党共同提案の組みかえ動議に賛成いたし、政府提出の原案に反対をするものであります。第四次吉田内閣は、御承知のように、去る三月十四日…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1953/07/03、26期)

外務大臣にまず最初にお伺いい、したいと思います。問題となつておりますMSA援助につきまして、今まで外務大臣が国会においでいろいろ御説明になり答弁されましたその中で、MSAの援助をもしかりに日本が受ける…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1953/07/08、26期)

木村長官に関連いたしましてお尋ねいたします。長官がこの委員会に提示されました保安庁の二十八年度の当初の予算要求でありますが、ただいま中村委員から質問されましたように、当初の要求は千二百二十四億円であり…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1953/07/09、26期)

私は北海道日高門別町におきます駐留軍の演習地として接収の問題に関しまして、外務大臣と農林大臣にお伺いしたいのであります。質問の要旨を簡単に申し上げますれば、日本がいわゆる占領治下にありました昭和二十六…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1953/11/03、26期)

私はおもに冷害対策につきまして、総理を初め関係大臣にお伺いいたしたいと思うのであります。まず第一に、今回の風水害並びに冷害による被害はきわめて深刻でありまして、農林省におきましても、この実態の調査は…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1953/12/04、26期)

私は日本社会党を代表いたしまして、農業政策を中心とします予算問題に関しまして、関係閣僚に若干質問いたしたいと思います。質問を申し上げる前に、われわれは前回の臨時国会を救農国会と称し、今回の臨時国会は救…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1953/12/05、26期)

私は両派社会党を代表いたしまして、昭和二十八年度一般会計予算補正(第2号)、昭和二十八年度特別会計予算補正(特第2号)及び昭和二十八年度政府関係予算補正(機第1号)につきましては、政府は徹回し、次に申…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 経済安定委員会 第9号(1954/03/16、26期)

きわめて重要な問題について蝋山先生が御多忙の中を特にいろいろな角度から御検討されまして、ただいま長時間にわたりまして構想を承つたのであります。私は日本の資源開発の見地から水というものがいかに重要である…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 農林委員会 第49号(1954/05/22、26期)

私はただいま議題となつております農業協同組合法の一部改正案に対しまして、日本社会党を代表いたしまして強い希望条件を付しまして原案に賛成するものであります。わが国の現状は、すみやかに経済の自立を達成い…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1954/02/15、26期)

私は主として食糧問題に関する予算について関係閣僚に質問をいたしたいと思います。まず第一食糧の自給について保利農林大臣にお伺いいたしますが、この食糧自給の現状並びに見通しにつきましては、MSA小麦買付…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1954/03/02、26期)

私は日本社会党を代表いたしまして、ただいま政府から自衛隊法案要綱並びに防衛庁設置法案要綱が提出されたのでありますが、ただいまこの両法案要綱の提出によりまして、時間がないために内容を詳細に検討する余裕は…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第27号(1954/03/20、26期)

私は日本社会党を代表いたしまして、政府提案の昭和二十八年度一般会計予算補正(第3号)の政府案に反対し、両派社会党の共同組替え要求の動議に賛成の意を表明せんとするものであります。まず義務教育費国庫負担…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第30号(1954/04/15、26期)

私は日本社会党を代表いたしまして、昭和一十九年度特別会計予算補正に対しまして絶対反対の立場を明らかにするものであります。政府はMSA協定に関しましては、昨年の六月このことが国会おいて問題になりまして…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第33号(1954/06/03、26期)

明日出発されるといいまする吉田総理大臣の外遊に関しましては、総理御自身にこの委員会に出席を願いまして、その所信を承りたいと思つておつたのでありますが、いまだに総理の出席を願えないのであります。そこで私…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1954/12/04、26期)

本年の春以来政局は混迷の一途をたどつておつたのでありますが、過般日本民主党の結党によりまして、俄然自由、民主両党の政権争いと申し上げてよいのか、率直に申し上げて私は、今日の情勢は保守党主流争いというよ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

24期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22