松田鉄蔵衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23) 17回発言  68093文字発言
 第17回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第18回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言  12490文字発言
 第19回国会 39回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 39) 29回発言 140946文字発言
 第20回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言   5182文字発言
 第21回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  2回発言   7336文字発言

  26期通算  69回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員 68) 51回発言 234047文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 水産委員会
            64回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員 63) 50回発言 226753文字発言

 補助金等の臨時特例等に関する法律案特別委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言   7294文字発言

 議院運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 水産委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 水産委員会 第3号(1953/06/20、26期)

まず私は伊関局長に現在一番問題になつておる内灘演習場に関して、その概要を伺いたいと思います。大島地区の問題につきましては、私どもといたしましても水産の関係から考えまして、非常に重要な問題であるという…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第5号(1953/06/26、26期)

岩武部長にお尋ねしたいのでありますが、去る六月の十六日に総理大臣は水産問題に対して、「水産資源の維持開発に努めるとともに、農林水産業経営の安定合理化のため、金融措置、保険制度の拡充強化等に遺憾なきを期…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第6号(1953/06/27、26期)

この法律は前国会から非常に難航したものであり、また前国会においてこれが衆議院は通過したのであります。その当時において附帯決議が付されておつたのであります。ただいま長官の御答弁を聞きましても、特にまた白…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第7号(1953/06/29、26期)

まずこの農林特融の性質でありますが、当時ドツジ・ラインによつて日本の経済というものがまことにきゆうくつなことになつて、農民、漁民の当時の経済を救済するのには、どうしてもドツジ・ラインを打破しなければな…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第8号(1953/07/02、26期)

私はただいまの主計官の言われる議論に対しては、まつたく矛盾を感ずるものであります。まず第一番に、防衛資金の性格というものが一つのわくである。ところがそれには基準がある。その基準に適応して行かなければな…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第9号(1953/07/04、26期)

昨年北海道の機船底びきに対して、北海道庁より、次の機会に底びきの操業区域を相当拡大する案が、水産庁の指示に基いて参考意見として提出されたのであります。それに対して沿岸業者と底びき業者との間に意見の食い…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第10号(1953/07/07、26期)

まず水産庁長官にお尋ねいたします。この法律を見るときにおいて、第一点は漁船のトン数の問題であります。第二点はこれに伴う建造資金の問題であります。漁船のトン数におきましては、十三国会でありましたか、漁船…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第12号(1953/07/16、26期)

私は当委員会の運営につきまして緊急質問をしたいと存ずるものであります。私は昭和二十四年二月選挙以来、席を同じうしておりました委員長に対しては、まつたくの敬意を表するものであります。またその頭脳の明晰…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第13号(1953/07/20、26期)

まず、私がこの損害補償法の改正に対して水産庁に承りたいことは、満期保険の年数はどういう制度をもつて行うか、この点であります。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第14号(1953/07/21、26期)

私は、ただいま上程されました漁業法の一部改正法律案に対して反対するものではありません。しかし委員長に私は要望いたしますが、議員には審議権が認められておりますので、ただいま鈴木提案者の言葉にもあつた通り…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第15号(1953/07/22、26期)

塚田長官にお尋ねいたしますが、漁業法が制定されてから今までの間に、昭和二十六年度だと私は記憶しておるのでありますが、漁業権税、また地方の附加税というものが撤廃されたのであります。その額は大体において、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第16号(1953/07/23、26期)

大蔵大臣には予算の審議上非常に多忙であり、われわれは大蔵大臣に対するいろいろな政策を聞きたいという考え方を持つておりますが、なかなかそうした多忙な今国会における当委員会に御出席を願える機会がないので、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第17号(1953/07/24、26期)

ただいま委員長から発言のあつたように、理事会においてこの問題は速記の訂正をすることに対して私は昨日これに賛成したものでありまするので、そのためにはあらゆる努力をしなければならないものであるから了承する…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第19号(1953/07/28、26期)

関連して。下田条約局長のただいまの答弁まことに意外である。対馬、壱岐に韓国人が上陸した場合にどうなるか、これを伺いたい。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第20号(1953/07/29、26期)

ただいま局長の話だと、開発銀行のわくというものはきまつている。だからこの金融金庫と全然別個のものである。よつて開発銀行の漁船に対する金融という道は、現在のところはそのままで、開発銀行の現在の行き方で行…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第22号(1953/07/31、26期)

本件に対しましては、一昨日来委員長のまつたくの御努力によりまして、この問題に対しては、あの横暴きわまりない池田政調会長に対して、真実をこめ、しかして熱意を披瀝するにあたりまして、遂に承諾させたのであり…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第23号(1953/08/04、26期)

私は、この法律案が提出されて、当切はただいま川村委員が話されたより以上に反対の意思を持つておつたのであります。しかしせつかく提案された法律案というものに対しては、各委員は真剣にこれを審議しなければなら…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1953/12/07、26期)

私は海外を旅行いたしまして、十七国会には休んでおりまして、まことに申訳ないことでありますが、その間における当委員会と水産庁との打合せ及び政策と行政という面につきまして、帰つて参りましてから、いろいろの…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1953/12/11、26期)

外務省、大蔵省、通産省当局に対して、海外移民の問題を私はお聞きしたいと思つておりましたが、きようは大臣でなかつたならば、欧米局長からぜひとも意見を聞きたいと思つておりましたが、非常に残念に思つておりま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第4号(1953/12/14、26期)

私は大蔵大臣に対しては、常に尊敬を持つておるものであります。しかも私がかつて野党の当時非常に友情を厚くしてくれて、常に笑いをもつて話をされておつたのであります。その人格に対しては、非常に尊敬をして来て…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第5号(1953/12/18、26期)

関連して……。私はただいまの鈴木委員からの発言に対して少しく考えてみなければならないことがあるのではないかと考えるのであります。まず第一に、国会は議員の立法に対しては、これは立法することが本質であるも…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第6号(1954/01/13、26期)

平野政務次官及び水産庁長官のただいまの御意見を承つて実に意を強うするものでありますが、何としても日本の国の食糧を増産するという建前が日本の経済の安定であり、日本国民の最も重大に考えなければならぬところ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第7号(1954/01/29、26期)

ただいまの説明から行きますと、これは漁船損害補償法に対する二十トン以下のものだけが認められて、百トンまでのものは認められないという説明でありますが、法律ができておる。しかして水産庁は四月一日からあの法…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第8号(1954/02/04、26期)

限られた予算と現在の法律からいつての最大の努力を海上保安庁はされておる。これは当水産委員会の何人も認めておるものである。しかしてただいままでいろいろと議論されておる根本はどこにあるか、要は日本の外交の…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第9号(1954/02/06、26期)

私はさきの水産委員会において水産長官に対して、警告といおうか、また参考意見といおうか、意見を申し述べ、川村委員もその他の委員もそうした意味の意見を申し上げてあつたはずであります。この二十九年度の北洋母…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第10号(1954/02/09、26期)

参考人に質問いたしますが、この表に現われておるところから行きまして、現地はどのような干潟になつておりますか、その点をお聞きします。はまぐりの養殖場はほんとうに広い。浦安町から船で走つて出まして、約四…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第11号(1954/02/13、26期)

関連して申し上げたいのでありますが、ただいま鈴木委員の御意見を承つておるのに、私は非常に意外なことを考えるのです。この問題は人為的な問題である。国際場裡におけるいろいろな複雑な点があつて、しかして不幸…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第13号(1954/02/27、26期)

ただいまの説明から行きまして年々重油がふえておる、しかし重油が今日非常にきゆうくつになつておるということは、通産省でもよくお認めになつておることだろうと思う。その理由はどこにあるか、どういう理由によつ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第14号(1954/03/02、26期)

昨日の予算委員会はお流れになつたような模様であります。本日は予算委員会が開かれることであろうと思いますが、新聞に報道されている点から行きますと、水産庁の現在の予算に関して、どのような削減または増加があ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第15号(1954/03/06、26期)

へんな方からお聞きしたいのですが、住吉丸という船は今まで違反を題したことがありますかどうか。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第18号(1954/03/17、26期)

この前も鉱山局長にいろいろと当委員会で漁業用燃油に対して質疑を行い、その後局長には、あらゆる面から善処をいただくように御考慮を願つたのでありますが、その後における情勢がどのようになつておりますか。御発…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第19号(1954/03/24、26期)

外務委員会及び水産委員会また本会議でもこの問題が取上げられようとしておる。かかる状態に、あり、またひいては今までの各委員の発言、それからこれから控えております各委員の発言も同じことだろうと思うのであり…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第21号(1954/03/30、26期)

ただいま問題になつておりまする根室地区は、私の選手区であります。ゆえに私も十分調査をし、また注意もしておつたものであります。大体、根室、歯舞というのがこの海区における一番重要な二つの町村でありまして、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第23号(1954/04/17、26期)

先日の協議会できめたソ連行きの内容に対して、その後委員長から、長官は外務省との連絡をしていただくようになつておりましたが、その点はどのように進行しておられますか。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第24号(1954/04/26、26期)

中小漁業融資保証法に基ぐところの起債の問題について、現在の公共団体が自治庁に対して起債の申請をしておる、その申請がどのように今取扱われておるか、この点を承りたいと思うのであります。それから、先ほど松…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第27号(1954/05/13、26期)

海上保安庁にお聞きするのですが、この漁船の二百十九隻というものの大体のトン数はおわかりになりませんか。そして現在遭難されておると仮定されておるもののトン数は、おわかりになりませんか。−か至難のような…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第30号(1954/05/22、26期)

今回の災害は日本の水産業始まつて以来の大きな災害でありました。しかしてこの災害につきまして二つの点から出委員会は論議して行かなければならないことと存じます。一つはどういうようなことによつてこの原因があ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第31号(1954/05/24、26期)

今回の暴風に対しまして、農林省としてはいち早く係官を現地に派遣され、しかも当委員会は国会中にかかわらず、委員を御派遣になりまして、しかして現地の状況をつぶさに調査されたものでありまして、この点に対して…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第33号(1954/05/28、26期)

今回の災害につきましては、当委員会といたしましても急遽国会開会中にもかかわらず調査団の御派遣となり、しかして水産庁、大蔵省においても、誠意を持つてこの問題に対して御研究になり、しかも短時間において、一…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第35号(1954/08/10、26期)

ただいま秋山外務政務盗から就任のごあいさつがわれわれにありましたが、私どもといたしましては、ほとんどこの水産委員会なるものは、外務省の跡始末をしていなければならないという点がたくさんにあるのであります…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第36号(1954/08/23、26期)

前の委員会に論議さるべく諮つた毎日新聞の七日の夕刊の記事について、当委員会はどういうように取扱うべきかということであつたのでありますが、たまたま委員会の国政調査があるので、その国政調査の済んだあとにお…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第37号(1954/10/05、26期)

本年に入つてからの台風によりましての水産被害は、ただいま長官から資料に基く概略の報告を受けました。これに対して、私どもは緊急にこれを復活、救済しなければならないということと、もう一つは、恒久的に災害か…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第38号(1954/10/07、26期)

農林中金にお尋ねいたします。前回の委員会におきましては漁業権証券が十二億資金化された、農林債券において八億認められた、合計約二十億程度のものが資金化されたということでありましたが、この表を見ますと、昨…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第39号(1954/10/12、26期)

長官のいろいろな御答弁によつて大体わかりましたが、私が非常に心配しておるのは岩内の問題であります。岩内の問題は、ただいまの長官の御筈弁から行きますと、とりあえず用船をしなければならない、小修理をしなけ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第40号(1954/10/14、26期)

ただいま赤路君からパタゴニアの漁業移民に対する質問があつたので、私はその組合の組合長をしておる関係上、今までの経過を簡単に申し上げておきたいと思います。長官からは親切丁寧なただいまの御答弁があつた。こ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第41号(1954/11/04、26期)

ただいま委員長の御報告を聞きますと、今まで不安に満ちておつた中共との漁業に対する道筋ができたという御報告でありまして、委員長及び派遣議員団の御苦労に対して感謝をするものであります。ただいまの御報告を開…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 補助金等の臨時特例等に関する法律案特別委員会 第6号(1954/03/15、26期)

大体この法律案を出されるにあたりまして、大蔵省は佐藤総務課長と柏木君の三人たけで責任を持てるのですか。この点をまず承りたい。補助金等の臨時特例法の第十六条の点は、ただいま川村委員からもるる述べられ、…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 水産委員会 第1号(1954/12/02、26期)

この法律案が制定せられるまでの間にいろいろと今まで各党において論議されてこの法律案が出たことでありまするが、まず一番先にお伺いしたいことは、ただいま長官から、この法律による第二条の第三項における「(こ…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1954/12/04、26期)

先般の委員会に、かつてない北海道の災害及び宮崎県の災害についてのこの法律案が提出されたのでありますが、第二条の第三項のうち「漁具又は第一項の施設の復旧に必要な資金(これらの施設が復旧されるまでの間の農…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 水産委員会 第1号(1954/12/14、26期)

ただいま前委員長であつた田口君から、委員会が一年九箇月の間あらゆる協力をされたとわれわれ委員一同に対して謝辞を述べられましたが、われわれの委員会をしてほとんど与野党の区別なく、一致協力して幾多の法律ま…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1954/12/16、26期)

この決議に対しては、私ども民主党といたしましてもまことに至当なる決議であると存ずるものであります。しかし今日において再びこの決議を出さなければならなかつたという理由はどこにあるかということでございます…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22