長谷川四郎衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   1773文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   3799文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  3回発言    441文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  5回発言   6013文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第29号(1953/07/27、26期)

私は、改進党を代表して、ただいま議題となりました武器等製造法案に強い要望を付して賛成するものであります。(拍手)政府は、本法案の立法理由といたしまして、第一に、昨年十月に兵器等の生産を規制するポツダム省令が失効したために、現在武器製造を取締る法的処置がない、しかしながら、昨今の駐留軍等の武器の発注は………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第12号(1954/02/24、26期)

私は、ただいま議題となりましたしやし繊維品の課税に関する法律案について、改進党を代表いたしまして、政府に対し若干の質問を行いたいと思うものであります。政府は、一兆予算を編成をいたしまして、一方には減税を行い、他方には物価引下策を実行しようとする政策をとりながら、今回新たに繊維消費税を新設して、高級奢………会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 本会議 第6号(1955/01/21、26期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、大野伴睦君外二十一名提出、褒賞制度拡充に関する決議案は、提出者の要求の通り委員会の審査を省略してこの際これを上程し、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 本会議 第7号(1955/01/22、26期)

国務大臣の演説に対する質疑は延期し、明二十三日定刻より特に本会議を開きこれを行われんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 本会議 第8号(1955/01/23、26期)

国務大臣の演説に対する残余の質疑は延期し、明日これを継続されんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 63回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 25 委員 38) 23回発言  41632文字発言
 第17回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  6)  4回発言  19146文字発言
 第18回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  6回発言  16997文字発言
 第19回国会113回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員113) 43回発言 114801文字発言
 第20回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  1回発言   6547文字発言
 第21回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  5)  1回発言     18文字発言

  26期通算 212回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 34 委員178) 78回発言 199141文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 議院運営委員会
           108回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員103) 23回発言   3204文字発言

 通商産業委員会
            97回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 29 委員 68) 53回発言 193781文字発言

 人事委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言    226文字発言

 電気通信委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   1930文字発言

 郵政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 通商産業委員会理事(第16回国会)
 通商産業委員会理事(第17回国会)
 議院運営委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1953/05/25、26期)

やはり八名にして、そういうことに……。それでは小委員会はただいまお話合い願いました通り、これを設置することとし、各派から割当に基いて小委員候補者を申し出ていただくことにいたしまして、委員長から後刻指…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第3号(1953/05/29、26期)

通らないものを出してもしようがないのだから……。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第4号(1953/06/13、26期)

開会されるときに、いつも大臣の席が一ぱいにならないために開会が遅れておるということが常にありますので、今度に限つてでなく、今後はいつでも、大臣に振鈴と同時に入つてもらうように特に気をつけてもらいたい。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第5号(1953/06/16、26期)

この前の決定通りに願いましよう。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第10号(1953/06/25、26期)

総合課税が抜けておる。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第27号(1953/07/27、26期)

賛成討論があります。今来たのですが、長谷川四郎君です。日程は第八までで終りますが、緊急上程を願いたい件が二件あります。それは公職選挙法の一部を改正する法律案、これは今回行われる臨時的な面についてのみ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第29号(1953/07/29、26期)

きようも討論があるようでありますが、討論時間の制限はありませんか。本日の本会議は午後一時半でいかがですか。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第38号(1953/10/26、26期)

この前はだれですか。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第39号(1953/10/28、26期)

各党こういう意見だつたということを、委員長が責任を持つて伝えてもらうということですね。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第3号(1953/05/29、26期)

少くとも大臣が就任いたしまして今日まで七日ぐらい日がたつておる。通産大臣になられたと同時にその決意がなければならない。すなわちわが国の経済の現状は、いかに輸出不振のために産業界が日々低迷しておるか、貿…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第5号(1953/06/22、26期)

ただいま大臣の御発表を承りますと、まことにけつこうな御発表でございまして、さぞ大臣はその御意思と信念をもつて進んでいただけるものと、確信を持つて質問をしてみたいと思うのであります。ただいま大臣の説明…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第7号(1953/06/25、26期)

これは大臣としても、通産省全般がどういうふうに考えておるかしらないけれども、MSAの問題を他山の石のようにお考えになつていやしませんか。これは外務大臣の問題ではありません。日本の経済をどう持つて行こう…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第9号(1953/07/02、26期)

私が大臣にお伺いしたいことは、国土の総合開発をしたいという政府の考え方についてであります、まず、地球上――と申すと話が大きいかもしれないですが、地球上の生物は間断なく生成発展しております。従つて人類も…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第11号(1953/07/04、26期)

二、三伺つておきたいと思いますが、中金があるのにまたこういうものができるので、屋上屋を重ねるものだという意見が非常に多うございます。しかしこれにはいろいろ見方もあり、考え方もあるでしよう。そこで中金の…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第12号(1953/07/06、26期)

通商局長にお伺いいたします。人絹糸の輸出に関する質問ですが、人絹糸が内地価格が現在ポンド二百八十円から二百九十円という価格だそうでございます。しかしこの価格であるにもかかわらず、インドとかあるいはパキ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第14号(1953/07/08、26期)

ちよつと議事進行について……。委員長にお伺いしたいのですが、当委員会からスト規制法に対して労働委員会に合同審査を申し込んだ覚えがあるかいなや。申し込んだとすればいつそういうことを決定なすつたか明らかに…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第16号(1953/07/14、26期)

ちよつとお伺いいたしますが、第三条の第一項の三に「輸出貨物に係る仕向地の輸入取引における競争が実質的に制限され、」云云、それから「輸出取引における競争が不当に制限されている」とありますが、これはたとえ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第18号(1953/07/16、26期)

谷林さんにお伺いいたしますが、皆様はこの法案には御賛成のようでございますが、しかし今おいでになつておる方々は大資本家、大企業家、大輪出家の方であります。しかしこれがはたして一貫して輸出しておる方々に対…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第20号(1953/07/18、26期)

全国の中小企業者が金融難にいかに苦しんでおるかという、この現実を見のがしてはならないと思うのであります。何といいましても、本年度の予算も差迫つておりますので、予算の許す限りにおいてこれを何とかしてもら…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第21号(1953/07/21、26期)

武器等製造法案というのは、私たちの審議の過程において、最も重要なるものであり、重大性を帯びておると私は思う。しかるにきよういまだ大臣も見えておらない、次官も来ていないということで、あなたは審議ができる…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第25号(1953/07/25、26期)

私は皆さんに諮つていただきたいと思いますのは、この法案につきまして附帯決議を付したい、こう思うのであります。その理由といたしまして、昨年度駐留軍の武器の発注が相当額にあるのでありまして、現在までこれ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第31号(1953/08/06、26期)

紹介議員関谷君外二十二名でありましてこの請願の要旨は、わが国産業の中核体である中小企業は、信用協同組合との連携において、着々その業績を向上し、信用協同組合もまた健全なる運営によつて中小企業の振興に寄与…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 電気通信委員会 第18号(1953/07/24、26期)

お伺いしたいことは、これだけの一部修正にしろ、修正が提案されておるのであります。そこで放送協会の一事業年度のうち、末期に至つてもし国会が解散になつたとする。翌年の予算が成立しないうちに国会が解散になつ…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 通商産業委員会 第1号(1953/11/04、26期)

議争進行について。今国会は非常に短期間の国会でございます。従つて集中されるところは御承知の通りの災害の面、凶作の面、こういう面に一切が集中されておつたのであります。振り返つてみてこの災害の始まりはいつ…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 通商産業委員会 第2号(1953/11/05、26期)

もう一つ長官に伺いますけれども、長官の勘定と合わないじやないか。長官は一箇月大体五億という目安でやつておる、そうすると今のお話で行くと、九十億から十億差引いたものが八十億になる。八十億になつたら月に五…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 通商産業委員会 第3号(1953/11/06、26期)

局長は全世界を歩いて来て、世界の繊維産業と比較した日本の繊維産業をどういうふうに改革をして行かなければならないかということは、局長みずからはつきりとしておると思うのでありまして、私が何もこの点について…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 通商産業委員会 第4号(1953/11/07、26期)

私は公益事業局の方に聞きたいのですが、電気の周波数を変更しようという考え方を持つているようであります。すなわち六十サイクルを五十サイクルに統一をしようというようなお考え、その方針をもつて施設の整理に当…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1953/11/30、26期)

大体再開は三時ごろですね。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 通商産業委員会 第1号(1953/12/02、26期)

長官のお話は大臣にまさるお話で、いずれにしても現大臣よりもあなたの方がご研究になつていらつしやるという点については敬意を表します。また研究ばかりでなく、あなたが中小企業をいかに育成するかというあなたみ…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 通商産業委員会 第2号(1953/12/03、26期)

大臣のお話は承りました。もつと簡潔に御答弁を願います。あなたが昼食を食う間もなく懸命に努力しておることはよくわかります。であるからその努力を二十九年度に向つていかに払われ、どういうような施策をあなたは…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 通商産業委員会 第3号(1953/12/04、26期)

これは議題からはずれているかもしれませんが、人絹糸の問題でちよつと聞きたいのです。きよう新聞で発表されているが、大体大臣というのは、ここへ来て満足な発表は一つもしたことはないのに、新聞発表だけは一人前…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 通商産業委員会 第5号(1953/12/07、26期)

せつかくの機会ですから一、二承つておきたいと思います。五十嵐さんは先ほど基地経済、消費経済、現実の日本の経済はこのようになつているのだというお話でございます。あなたのおつしやるこういう基地経済であり…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 通商産業委員会 第6号(1953/12/08、26期)

前国会から引続いて、従つて現大蔵大臣が通商産業大臣に在任中からこの問題を申し上げておるのでございまして、その問題がどの辺まで進んで行つておるか、ぜひきようは承りたいと思うのであります。 御承知のごとく…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第3号(1953/12/21、26期)

祝賀の意味もよくわかりますが、何かこちらから祝賀に来たんだからということでなく、向うが祝賀の意味を持つて迎えるのだから、こちらからは祝賀という言葉を抜いて、やはり行政視察調査ということで行つてもらわな…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第4号(1953/12/23、26期)

祝賀ということだけを抜いてもらつて、派遣の時期は適当にやりてもらうということでいいのじやないですか。地方行政委員会からの委員派遣の件は、これを要求通り承認するということに決定いたします。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第5号(1953/12/24、26期)

あとの方がいい。午前十一時五十三分休憩会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第6号(1954/01/21、26期)

これは参議院の方と協議するのでしようから、このまま参議院に持つて行つて御協議願つたらどうですか。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第7号(1954/01/26、26期)

質問に入る日の壁頭でどうですか。原彪君に対する追悼演説は、明二十七日、国務大臣の演説の前に、壁頭にこれを行うことに決定して御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第25号(1954/03/11、26期)

山本君は、いずれにしても今日質疑の発言通告をいたしたということで、自分の方でこれを証明しておる。それが今あなたが言うように違憲であつたら、あなたは、これは今日は全然やめてもらわなければならぬと言うべき…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第47号(1954/04/17、26期)

斎木さんのは、一応緊急質問が一番最初に出ておつたから……。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第54号(1954/05/07、26期)

日自もやらないということに……。あり〕会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第55号(1954/05/10、26期)

欠員が何名ありますか。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第57号(1954/05/13、26期)

なるべく相談して善処します。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第70号(1954/06/03、26期)

これは参議院にまわして、さよう上げてもらわなければならぬ。やはり参議院のことも考えて、やるならば早目にやつていただきたい。それでは、ただいまの日程は、第二、第三、第四、第五という順序に、休憩前にやる…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第78号(1954/10/08、26期)

二時から三時の一時間で告別式が終りましようか。それから場所は西本願寺でございますが、御遺族の御意向があつて、円覚寺の管長が導師になつてやつてもらいたい、こういうお申出がありますので、円覚寺の方とも、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第37号(1954/11/11、26期)

ただいま懇談中にお話合いをいたしましたように、当委員会が九月十一日に一応決定を見まして、部分的に下級地の分は委員長に一任をしておつたのでございまして、その後懇談を重ねた結果といたしまして、本日懇談中に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第1号(1953/12/14、26期)

斎藤さんから真に日本の国をどう興さなければならないかという話があつたが、それに対しては、日本はこれだけある省のうちで大蔵省ではない、通産行政に一にかかつて日本の運命はゆだねられておるということを痛切に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第3号(1953/12/16、26期)

第十六国会から始まりまして、人絹糸の二重価格制をとる意思はないかということに対しまして質問を重ねて参りましたところ、政府当局、古池次官初め各局長は、まことにごもつともなお説でございますから、ぜひともそ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第4号(1954/01/26、26期)

議事進行について……。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第5号(1954/02/01、26期)

ただいま懇切なる大臣の御説明によりまして、急に通商産業委員会も明るくなり、従つて何か日本の進む道を明らかにしていただいたような感じがいたします。今になつては相当遅ればせではありましようけれども、幾分な…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第7号(1954/02/05、26期)

大臣と鉱山局長に日本の鉱業権と鉱業法について御質問を申し上げます。鉱業権が設定されて、鉱業法の第二十七条にかわりがあるかないかを冒頭に局長に伺います。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第8号(1954/02/06、26期)

それでは大臣にお伺いをいたします。毎日の新聞紙上を見ますると、新しい構想のもとに通産省がいろいろなご計画をお立てになつておるようでございます。従いまして審議庁といたしましてもいろいろのことを考えておる…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第12号(1954/02/17、26期)

大臣に石油の問題と人絹の問題、またこれに関する繊維税の問題について二、三御質問を申し上げたいと思います。大臣は御存じかどうかわからないけれども、いずれにしても日本という国が現在石油を二十八年度に輸入を…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第17号(1954/02/27、26期)

先般も申し上げました通り、国内の人絹の処理に対して、どういうふうにしたならば、今あなたのおつしやる漸次いわゆる貿易の正常化という言葉がありますが、まさに漸次というか、もう貿易が正常化したようなふうにも…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第21号(1954/03/12、26期)

先日石油の問題に関連をいたしまして大臣にお願いしておきましたが、それは当然大臣の方から私に対して御答弁があると思いますが、この際、先日私が石油業者の方とお会いして、この人たちに申し上げたことを述べまし…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第23号(1954/03/19、26期)

長官はもうくたびれたろうから振興部長でけつこうです。中小企業という定義にあなた方の間違いがありはしないかと感じます。ですから中小企業者というものの定義をここではつきり述べてください。それから消費生活…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第25号(1954/03/24、26期)

大臣も次官も来ない不熱心きわまりない委員会だから、局長はわからなかつたらばわからないと答えてください。それは保留してあらためて次官か大臣に伺いますから、あまり長たらしくやらないように御注意をしておきま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第26号(1954/03/26、26期)

石油資源探鉱促進臨時措置法案につきまして、次官並びに局長に伺います。私の質疑は第一条、三条、八条、十九条、二十一条、この五点に集約してお伺いをいたします。第一条におきまして、通産大臣は地域を指定して…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第30号(1954/04/02、26期)

言葉じりをとるわけではないのですけれども、今の局長の、補助金を出す以上はというようなお言葉でありますが、私たちの考え方は、補助金を出す出さないということは考えてないのです。国策的な、つまり現政府も国民…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第32号(1954/04/07、26期)

日本製鉄株式会社法廃止法の一部を改正する法律案の提案理由によりますと、この法律を廃止し、また新しく法律をつくるという点につきましては相当の期間とまた多額の費用が必要であろうというような考え方もあるので…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第33号(1954/04/09、26期)

山手さんにひとつ御了解を得て、一点だけ関連してどうしても聞いておかなければならぬので、佐々木さんにお聞きするのですが、今のたとえば九社で、四日市の設備一切を引受けて、新しい企業体でもつてやりたいという…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第34号(1954/04/13、26期)

関連して一言お尋ねをしておきます。それはこの法案をきよう本会議にかけるというふうに決定いたしておりますので、承つておかなければならないのです。大体法案そのものには私は非常に満足しておるものですが、先ほ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第35号(1954/04/14、26期)

商品取引所の使命というものは非常に大きな役割を果すことは、局長みずから御承知だと思うのでございまして、ここにおいていたずらなる取引、から売り等が行われて参りますために、一般の経済界にどんな影響を及ぼす…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第36号(1954/04/16、26期)

ちよつと池田さんに伺います。ただいまのお話の中には、人造石油のこともあつたと思うのですが、私は遅れて来たので何ですが、この前の戦争当時の機械なんかがまだそつくりしていると思うのです。こういうものを今復…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第38号(1954/04/22、26期)

どうも長官の答弁はおかしいから、関連してこれだけ伺つておきます。暴騰についてはいろいろな事情があるということは別のことでありまして、先ほどからおたくの方の議員さんが懸命に御質問なさつておるのであつて…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第39号(1954/04/23、26期)

現下中小企業がいかなる状態にあるかということは、私が申し上げるまでもない状況でございます。従いまして現在小売業界が百貨店に対してどのような営業が行われているか、はたして公正妥当なる営業を行つているかい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第41号(1954/04/28、26期)

今おつしやつた中には議員という言葉が入らなかつたけれども、おそらくは議員はそのメンバーの中にはお加えにならぬのじやないかと思いますけれども、念のためにお聞きしておきます。なぜ私が議員を入れてはならない…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第46号(1954/05/12、26期)

関連して………。局長さんにはちよつとわかりにくいかもしれないけれども、現在の日本の四社あるという会社で、どのくらいの程度の輸出をしておつたかということはおわかりですか。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第50号(1954/05/19、26期)

異議があります。たとえば私の方の県の群馬県だとかあるいは埼玉県だとか、大きな河川を持つている県の土木部長というような立場の人を、一ぺんに参考人を五人も十人も呼ぶわけにはなかなか行かないから、こういう人…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第52号(1954/05/21、26期)

参考人の方には遠いところをわざわざおいでくださいまして、感謝を申し上げるわけでございますが、残念ながら時日が非常に短かかつたという点もございましようが、参考人の方がこの採取法という法律の内容につきまし…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第53号(1954/05/22、26期)

この法案は、合理化という名目と業者の安定という二つのものが母体となつてつくられておるのでありまして、合理化をはかるということになると、結論として、採取したものの価格が非常に高くなりやしないかということ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第54号(1954/05/24、26期)

鉱山局長にお伺いいたしますが、御承知のようにいよいよ保安隊の方においてもジエツト機を使うというようなことになり、ただいま審議にかけられている航空機製造法におきましても、修理並びにその需要が非常に多くな…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第61号(1954/06/03、26期)

最後の委員会でございますので、特に大臣の信念として承つておかなければならないことがございますので、二、三承りたいと思うのでございます。電気料金の制度を改訂するという話が大分前から出ておりまして、いろ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第62号(1954/08/12、26期)

私は石油の問題と繊維の問題に対しましてお伺いいたします。川上局長おいでのようですから、まず先にお聞きいたします。川上局長が七月十二日に自由党の政調会へみずから出張をして、重油の抑制というものは単なる…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第64号(1954/08/14、26期)

議事進行について。現在国内の中小企業といわず、産業が壊滅の危機に至らんとしておるこのときにあたつて、われわれは今日の委員会を非常に重大視して国から参つたわけでございます。しかるところ大臣は最初の日わず…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第65号(1954/09/09、26期)

電気及びガスに関する小委員会の国政調査につきまして概略御報告を申し上げます。まず審議の経過を申し上げます。小委員会といたしましては、現下の最も重要なる問題の一つである電気料金改訂問題を取上げまして、…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 通商産業委員会 第4号(1954/12/06、26期)

先ほど来石炭の福岡方面のお方等々のお話を承りまして、私は涙なくして聞くことができなかったのであります。しかしながらかくのごとき経済的な危機に、だれがどういうような政治をもって陥れたかという点について、…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 議院運営委員会 第6号(1954/12/17、26期)

弔辞演説は、最初にやつたらどうですか。本会議は午後四時四十分に開会することにいたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 26期(1953/04/19〜)  4本提出

質問主意書一覧

検察庁職員の特別職編入に関する質問主意書
第16回国会 衆議院 質問主意書 第1号(1953/05/19提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

熊谷・桐生間の鉄道新設に関する質問主意書
第16回国会 衆議院 質問主意書 第8号(1953/06/10提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

事業税の撤廃に関する質問主意書
第16回国会 衆議院 質問主意書 第21号(1953/06/30提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

信用金庫に対する法人税と固定資産税の免除に関する質問主意書
第16回国会 衆議院 質問主意書 第24号(1953/07/07提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22