小高熹郎衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

24期本会議 - 26期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

24期委員会 - 26期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員  1) 14回発言  29950文字発言
 第18回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第19回国会 36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 35 委員  1) 14回発言  23442文字発言
 第20回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  0回発言      0文字発言

  26期通算  65回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 61 委員  4) 28回発言  53392文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 水産委員会
            65回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 61 委員  4) 28回発言  53392文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 水産委員会理事(第16回国会)
 水産委員会理事(第19回国会)
 水産委員会理事(第20回国会)
 水産委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 水産委員会 第3号(1953/06/20、26期)

この問題は、大体現在と過去と将来という三つの問題が輻輳して論議されておるのでありますが、東京湾の防潜網の問題にいたしましても、昨年末までは支払われておるが、その後において三月まで未払いである、何ゆえに…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第4号(1953/06/23、26期)

関連して……。去る二十日の当委員会におきまして特別調達庁の長官に向いまして、本日のこの委員会においてこの法案が通過した際に、補償すべき金額をお尋ねし、同時にその内容をいかに盛り込んでおるか、何箇所、何…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第5号(1953/06/26、26期)

大臣の時間もないようですから、きわめて簡潔に質問いたしますが、漁業信用基金協会の正創立が次第に進んで参りました。これに関して、信用基金協会の保証に関する件でございますが、この制度による手形の期日が一箇…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第6号(1953/06/27、26期)

ただいま白浜君の質問中にもいろいろ意見が出ておりましたが、私は七十トン程度までを沿岸漁業の転換策として許可しないでも、もつとふところを拡げて、大型漁船までもこれを許可してもいいじやないかと思う。なぜそ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第8号(1953/07/02、26期)

ただいまの鈴木委員の発言中に、重複する点が多少ございますので、それはこの際省略いたしまするが、この法律によつて東京湾の防潜網及び海底聴音機の施設に対する補償は、やがて実現されることと思つておるのであり…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第9号(1953/07/04、26期)

事態が急でございますので、あえて緊急質問をいたさんとするものであります。私は数項目にわたつて、日本の公海漁の発展と主権確保に関する緊急質問に対して想を整えておるのでありますが、きようは時間の都合上、こ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第10号(1953/07/07、26期)

ただいま議題となつております特別損失補償法につきまして、特別調達庁と水産庁長官にその態度を伺いたいのであります。まず最初に調達庁の長官がお見えにならぬようでありますから、不動産部長からお答えを願いた…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第12号(1953/07/16、26期)

私は、日本の公海漁業の発展と主権の確保に関しまして、大体四点にわたつて緊急質問をいたそうと思つております。最初三点を一括述べまして、あとの一点は竹島に関する問題であります。私は、今、日本全国の漁業者が…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第13号(1953/07/20、26期)

私はただいま上程されております日本国に駐留するアメリカ合衆国軍隊の行為による特別損失補償に関する法律に対する修正案がただいま中村庸一郎君から提出されましたが、その修正案に対しまして賛成の意見を開陳せん…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第19号(1953/07/28、26期)

下田外務省条約局長にお尋ねいたします。去る昭和二十七年九月二十七日、国連軍によつて制定されまして、このため日本の漁業者が非常に大きな制約と不便を感じつつありまする防衛水域の問題でございますが、これは朝…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第20号(1953/07/29、26期)

アジア局長にお尋ねいたします。先ほどの第三海洋丸の問題については、私も大いに疑点を持つておるのでございますが、それは赤路委員も次の機会に譲るということでございますから、重複を避けたいと思いますが、この…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第21号(1953/07/30、26期)

二、三日前の当委員会において委員長に要望いたしておきましたが、竹島問題が意外に進展しつつあるやに聞き及んでおりまして、現地から非常に憂慮にたえないという報告がひんぴんと来るのでございますが、これについ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第23号(1953/08/04、26期)

岡崎外務大臣にお尋ねしたいのであります。去る六月十二日日本、アメリカ、カナダ三国の漁業条約の批准書の交換を終り、ここにようやく平和への転換、公海漁業への躍進を期待し得る段階に当面いたしたのであります。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第25号(1953/08/10、26期)

外務政務次官に、先般外務大臣と私との竹島問題に関する質疑応答中、折から参議院への時間が来たというので結末がついておりません、その継続的のことをお尋ねいたしたいのであります。今や竹島問題は単に漁業権の…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1953/12/11、26期)

先ほど来の政府委員との質疑応答中、私は非常に解せないものを感じたのでございます。元来政治が事務を指導する場合もございまするし、また事務が政治に優先するときもなくてはならないのであります。ところが先ほど…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第4号(1953/12/14、26期)

時間もないようでありますから簡単にお尋ねいたします。李ラインというものをかつてに引いて、これでよろしいかどうか。それじやお前の方で引くならおれの方でも引くぞというようなことが国際法上許されるかどうか…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第8号(1954/02/04、26期)

この問題は、ただいま松田君や各委員から相当強硬な意見が出たと思いますが、私は国民感情ということも多分にこの問題に含まれておると思いますが、いま一つはこれの輸入による差額の問題でございます。一枚二円くら…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第10号(1954/02/09、26期)

このひとでの被害は今や千葉県の大問題でありますが、同時に千葉県ばかりでなく、東京都及び神奈川県、いわゆる東京湾一帯にわたる大きな問題となつて参つたのであります。先ほど友納副知事から説明がありましたが、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第14号(1954/03/02、26期)

通産省の政務次官にお尋ねいたします。昨年末当委員会において燃油問題は大問題になつたのであります。そこで大蔵省側の意見を聞きますと、当然何らかの割当をふやさなければいかぬというので、先ほどもその点につい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第19号(1954/03/24、26期)

外務政務次官にお尋ねいたしますが、国際ユネスコとこの水爆問題の関係でございます。先ほど来議論は尽きておりますが、明快なる答えが出ませんために同様なことが繰返されておるのでありますが、国際友好関係あるい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第20号(1954/03/26、26期)

私どもはこの水爆問題に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第22号(1954/04/03、26期)

東京湾の防潜網及び特別損失補償法による損失補償がいまだ出ておらない。この問題については、漁民が非常に困窮しておる際に、なぜ早くしてくれないのだという怨差の声となつて、今各地区からその声を聞くのでござい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第29号(1954/05/20、26期)

転換の考え方の問題についてちよつとお尋ねいたしたいのですが、実はまき綱の転換の件でございます。先般も私から永野さんに申入れがしてございましたが、佐世保の防潜網、九州の演習及び軍施設に伴う漁民の転換が、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第35号(1954/08/10、26期)

本問題にかなり議論が盛り上つておるのでございますが、私は過去、現在、将来――先ほど松田委員から将来の解決ができておらないのではないかという御意見もございましたが、まつたくその通りであります。しからば将…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第36号(1954/08/23、26期)

公海漁業に関する件で、ただいまの対ソ連との問題ではございませんが、去る十日の委員会において論議されました、ビキニのアメリカからの原爆補償の問題でございます。八十万ドル等が巷間伝えられておるので、そんな…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第37号(1954/10/05、26期)

関連して。先ほど水産庁長官から、今回の台風の被害状況の報告がありましたが、北海道の災害があまりにも多いので、その他の災害につきましては、いまだ調査が行届いておらないのか、報告はないように了承いたしてい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第38号(1954/10/07、26期)

農林中金の副理事長にお尋ねいたします。ただいま松田委員、椎熊委員からも実は一昨日の会議に引続いて融資問題が論議されておりまして、私もまた今回の救済融資に関して非常に心配しておるものの一人であります。何…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第40号(1954/10/14、26期)

ただいま水産庁長官から、一通りの明年度予算に対する説明を受けましたが、前年度の予算を踏襲する面がすこぶる多くて、これに対する特殊性というものを私どもは期待しておつたのでありまするが、二、三特殊性は出て…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

24期質問主意書 - 26期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22