福田篤泰衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

24期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言    834文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   7589文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  2回発言   8423文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第18号(1953/07/07、26期)

ただいま議題となりました二法律案について、外務委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、国の援助等を必要とする帰国者に関する領事官の職務等に関する法律案は、いわゆる引揚者の帰国のための臨時措置の対象となる在外国民を除き、一般に領事官の駐在している地に在留する在外国民が、困窮のため………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第31号(1954/03/31、26期)

私は、自由党を代表して、ただいま上程されておりまする日本国とアメリカ合衆国との間の相互防衛援助協定の批准について承認を求めるの件外三件に対し賛成の討論を試みんとするものであります。(拍手)まず、本協定がアメリカの一方的意思によつてわが国に押しつけられたものであるとの議論をなす者がありますが、ただいま………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

24期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 28 委員  8) 13回発言  23034文字発言
 第17回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  3)  4回発言   4312文字発言
 第18回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  2回発言   3940文字発言
 第19回国会 58回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 56 委員  2) 26回発言  73569文字発言
 第20回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言    773文字発言
 第21回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  2)  2回発言  11238文字発言

  26期通算 109回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 94 委員 15) 48回発言 116866文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            95回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 94 委員  1) 46回発言 110174文字発言

 行政監察特別委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  1回発言     96文字発言

 予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   6596文字発言

 議院運営委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 外務委員会理事(第16回国会)
 外務委員会理事(第17回国会)
 外務委員会理事(第18回国会)
 外務委員会理事(第19回国会)
 外務委員会理事(第20回国会)
 外務委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1953/05/27、26期)

動議を提出いたします。理事の互選はその数を七名とし、選挙の手続を省略して、委員長において指名されんことを望みます。熊谷 憲一君  灘尾 弘吉君会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1953/07/08、26期)

私は先般の九州大水害の問題について、これと関連する国際的な面から見た問題について、外務大臣にお伺いいたしたいと思います。御承知の通りこのたびの九州大水害は、きわめて大規模である。先般院議をもつて調査団…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1953/07/10、26期)

今穂積委員から御注意があつたようでありますが、参考人の陳述中に途中から一種の牽制手段のごとき発書することは慎んでもらいたい。参考人の意見は意見として静かに聞くべきでありまして、いわゆる外部の云々という…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1953/07/21、26期)

長代理 並木君、時間の都合上簡単に願います。為替管理のみならず、日本におけるアメリカの円による活動というものも制限すべきではなかつたかと思うのですが、政府にはそういう意図があるのではないかと思う。も…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第21号(1953/07/28、26期)

私は第八条第二項の問題について若干の質疑を行いたいと思います。まず第一は、アメリカの上院におきまして、第八条第二項に関して附帯決議がされた、いわゆるリザーヴエーシヨンの条項を設けたということを伺つて…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第23号(1953/07/30、26期)

私は外務大臣に具体的な御答弁を日本国民にかわつてお伺いしたいと思うのであります。それは本日の新聞紙上にも伝えられております通り、韓国軍または中共軍の海軍によりまして、わが国の漁船がたびたび襲撃されてお…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第24号(1953/07/31、26期)

私は、この際外務当局に対しまして質疑を試み、またその決意と実際の具体的な方法をぜひとも明らかにしてもらいたいことがあります。これは、ほつときますと将来必ず日米間に重大な紛争、係争の問題に発展する可能性…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第25号(1953/08/01、26期)

私は昨日の委員会におきまして、外務当局に対して、今、日米間の大ききな係争問題になりつつある小笠原の島民の帰島問題について御質問いたし、また御答弁を得たのであります。これに関連して、もう一ぺん具体的な当…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第26号(1953/08/04、26期)

今政務次官の御答弁を伺いましたが、この点について一言要請申し上げたい。それはいかに困つておるかという点については具体的におわかりになれば非常にけつこうですが、問題はこの前お伺いした要点は、何か特別な立…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第29号(1953/09/04、26期)

ただいま外務大臣からかなり詳細にわたりまして、MSAの中間報告ともいわれるべき御説明がありました。まことにけつこうであります。御承知の通り現在東京においてこのMSA交渉が行われておりますので、私どもは…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第30号(1953/09/17、26期)

MSAの交渉につきまして、先般外務大臣から詳細な中間報告をいただいたのであります。私どもはその労を大いに多とするのでありますが、その後の経過を見ておりますと、どうも停滞ぎみでありまして、あまり進捗を見…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第31号(1953/10/19、26期)

ただいま外務大臣から、今回の三国訪問につきましての御報告がありました。まず委員会を通じて国民に対外問題の真相を伝えたいというこの態度にわれわれは非常に敬意を表します。今後もこの方針をぜひとも持続してい…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第32号(1953/10/28、26期)

木村長官はまだですか。それから先ほどお話のありました李承晩ラインのことでありますが、この点われわれ国民の憤激の的になつておることは当然でございますが、これについて解決策の一端として、外務省的な立場か…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1953/10/31、26期)

まず委員長に本委員会運営について御注意を喚起いたしたいと思います。本日は本議定書に対する政府側の提案の説明があつて、それだけで質疑は来週になつておりましたが、突如こういうことになつた。これは各委員の方…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1953/11/03、26期)

私は自由党を代表いたしまして、本議定書の締結につきまして賛成の意を表明せんとするものでございます。NATO協定が本年の八月二十三日に発効いたし、それに伴いまして、日米間の行政協定の刑事裁判権条項がN…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1953/11/07、26期)

外務省にお伺いするのでありますが、大臣も次官もおりませんから、下田条約局長に御答弁を願います。先般の池田・ロバートソンの会談に関しまして、十月三十日ワシントンで共同声明が発表されました。それは正式に外…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第1号(1953/10/30、26期)

この際動議を提出いたします。委員長の互選は、投票を用いずに、吉武恵市君を委員長に推薦いたしたいと思います。委員長吉武恵市君に本席を讓ります。会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1953/12/03、26期)

私は今委員長の言われた通り、今回の池田特使の渡米につきまして、非常にその労を多とするのでありますが、いろいろな意味で巷間にはデマも流れ、また事実に近いような説も論議されている次第でありますので、今池田…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1953/12/07、26期)

関連して。先ほど小滝政務次官が来るべき通常国会で複関税制について法案提出の用意があるということでありますが、一体従来のいかなる法律につきまして、いかなる点で修正をされるか、あるいは新しい法律体形をもつ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1953/12/11、26期)

外務大臣にお尋ねしますが、日韓交渉につきましては全国民が非常に大きな関心を持つてながめておるのであります。大臣はたびたびアリソン大使とお会いになりまして、最近に至つてアメリカがある一定の条件のもとに、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1954/02/01、26期)

大臣がまだおいでにならないので、委員長の今のお話の通り、他の幹部の方に御説明いただきたいと思います。まず経済局長にお伺いいたしますが、昨年の十二月シドニーで英連邦の蔵相会議が行われたことは御承知の通…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1954/02/10、26期)

ただいま春副知事から本問題につきましてきわめて簡単な御説明がございました。私は具体的な事実につまましてもつとつつ込んた、しかもこの問題の重要性と深刻性にかんがみて、都政の最高責任者としての具体的な御回…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1954/02/13、26期)

私は緊急的な問題と一般外交問題につきまして、政府側に御答弁いただきたいのであります。まず第一に、武蔵野の米軍宿舎の問題でありますが、それは伊関協力局長が日米行政協定の線に沿つて、困難な問題を非常に努…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1954/02/20、26期)

ただいまの御質問に関連して二点だけもう一度お伺いしたい。一つは、昨日濠州政府から来た提案内容につきまして、今は両国間にお互いに発表しないというお話だそうでありますから、これは外交上当然われわれも発表を…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1954/02/24、26期)

最近、インド駐在の西山大使がイランに行かれておることは御承知の通りでありますが、イランは今対英経済関係の上からいつても、非常に経済的な苦境に立つており、あの民族意識の強いイランがどういうように立ち上る…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1954/02/27、26期)

先ほど来参考人の方方から非常に貴重な陳述があり、また各委員からも熱心な御質疑がありまして、これに対して政府側の各機関を代表してきわめて熱心な御答弁があつたのであります。結論から申しますと都内の十五箇所…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1954/03/03、26期)

御説明を承りましたが、ごく簡単にこれにつきまして御答弁願いたいと思います。一つは、名誉総領事に関する問題であります。これが戦前は側面的に日本外交に非常に貢献した事実がありますが、大体どの程度の人数をお…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1954/03/06、26期)

私は自由党を代表しまして、本件に関し賛成の意思を表明せんとするものであります。理由は、国際紛争を平和的に解決する道がまずこれによつて開かれる。第二は、総会が決定いたしました条件がきわめて妥当なもので…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1954/03/12、26期)

私はまず外務大臣にお尋ね申し上げたい……。まず第一に外務大臣にお伺いしたいことは、この協定の締結につきまして、昨先九月以来たびたび遅れて参りました。これは考えようによりましては、日米間の重要案件を十…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1954/03/13、26期)

私は自由党を代表いたしまして本件に賛成の意を表明せんとするものであります。もともと本約定は純然たる事務的なものであつて、かつ日米間の郵便為替の交換の改善を目的とするものでありますので、われわれはこれに…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1954/03/19、26期)

今まで各委員から熱心な御質問がありました。真剣に審議が行われておりますが、今まで伺つておりますと、わが国経済界に相当重要な影響を持つ投資の保証に関してまだ取上げてないと思いますので、この点に関して専門…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第31号(1954/04/05、26期)

この協定について二、三お伺いしてみたいと思います。今御答弁にもありました通り、国際商品としての砂糖の今後の需給関係から見て、一応増産を見込まれることは常識でございます。これはこの前の小麦の国際協定の場…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第38号(1954/04/21、26期)

重大な賠償問題が近く調印を見るということは、まことに喜びにたえないところであります。ただ問題はかりに三億ドルにしろ四億ドルにしろ、邦貨に換算いたしまして一千億以上の厖大な金額であります。しかもこれを支…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第39号(1954/04/22、26期)

私は本件に対し、自由党を代表いたしまして全面的に賛成の意を表します。もともと片貿易が修正されまして、わが方といたしましては、きわめて有利でありますので、当然本件は賛成すべきものと考えます。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第43号(1954/04/28、26期)

大臣にお尋ねいたしますが、一昨日の本委員会における御答弁を承りますと、日比賠償交渉が一両日中に再開されるというきわめて楽観的な明るいお話があつたのであります。ところが御承知のようにラウレル・村田会談に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第45号(1954/05/06、26期)

ただいまガリオア、イロア資金につきまして御質問がありましたが、これと関連してお伺いしたいことは、もともとこれは援助という内容を持つたものであつたことは国民も全部知つておるわけでありますが、これを正しく…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第49号(1954/05/13、26期)

私は一点政府に所見を伺いたいと思います。先般締結せられました日米通商航海条約において、その第十一条で内国民待遇に関する規定が設けられたことは御承知の通りであります。その規定があるにもかかわらず、特にま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第50号(1954/05/15、26期)

一点だけお伺いします。きのうの発表によりますと、今般きまりました四隻以外の、特に大型の艦艇については今後の交渉にまつというのでありますが、保安庁あたりも相当大型の、たとえば七千トン級の母艦的なものをほ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第52号(1954/05/18、26期)

議事進行について動議を提出いたします。本案についてはすでに質疑を尽されたと思われますので、この際質疑を打切り、ただちに討論採決に入られんことを望みます。なお福田篤泰君の動議は、この際本案に関する質疑…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第53号(1954/05/21、26期)

時間がないようでありますから、質問の要点だけをお伺いいたします。吉田総理百が六月四日に出発することはすでに確定の事実であり、またワシントンにおけるブレア・ハウスの国賓としての待遇を受けることに大体内定…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第55号(1954/05/26、26期)

関連して、今の季徳全女史招聘の問題は、私もこの委員会で要請したのでありますが、政府はあまり神経質にならないで――スポーツの選手もどんどん来ておりますし、引揚者の身になつてみれば一日を争うので、こういう…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第56号(1954/05/29、26期)

今加藤委員からMSAの小麦につきまして質問がありました。これは自由党としてもMSAに賛成したことは日本のためになるという確信を持つてやつております。これを裏切るような事実がある場合には重大責任でありま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第58号(1954/09/14、26期)

外務大臣にお伺いしますが、まず今行われてれるビルマとの賠償問題であります。一部報ぜられておりますところによると、非常に話合いが進んで、ここ数日間のうちに妥結を見るのではないか、その値段の開きもきわめて…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第59号(1954/09/15、26期)

それでは今の基地問題に関連がありますので、主として国際協力局長に対してお伺いしたいと思います。横田基地が朝鮮動乱を初めといたしまして大きな軍事基地であつたことは御承知の通りでありますが、最近あの滑走路…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第60号(1954/09/16、26期)

ただいま安藤国務大臣からきわめて真摯な御答弁があつたのですが、これに関連しまして一点だけお伺いいたしたいと思います、それはいわゆる原水爆実験の禁止問題でありますが、そのお気持はわれわれも賛成であります…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1954/12/01、26期)

ただいま野党側から動議が提出せられまして、各党派からそれぞれ賛成意見を述べられたのであります。これはわれわれ与党ではございますが、外務委員会という長い生命並びに権威を考えますと、やはり当然筋の通つた点…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1954/12/15、26期)

私はまず先般の、世界大戦、上海事変、支那事変また大東亜戦争、敗戦後の幾多の日本の困難な外交に、身を挺して当られて来られました新大臣に対しまして、深く敬意を表します。本日は、野党である自由党の立場から、…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1954/12/22、26期)

まず私は大村大臣に対しまして、昨日の本委員会における憲法第九条をめぐりまして、新内閣の勉強が不足かあるいは閣内の不統一かはわかりませんが、きわめてあいまいな、でたらめな御答弁がありまして、国内におきま…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

24期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22