小林信一衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

24期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 29期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   5245文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言   5245文字発言

本会議発言一覧

第19回国会 衆議院 本会議 第12号(1954/02/24、26期)

先ほど自由党の坂田君と文部大臣との応答を聞いておつたのでございますが、二つの法案を一緒に出したこととあわせまして、自由党の諸君がこの重大な法案を審議の上にこまかそうとしておることを私は直感したのでございます。(拍手)と申しますのは、日教組に対してはわれわれは徹底的にやるのだけれども、五十万教員に対し………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

24期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 29期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22) 13回発言  34135文字発言
 第17回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言  10935文字発言
 第18回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   1882文字発言
 第19回国会 35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 35) 15回発言  84258文字発言
 第20回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

  26期通算  68回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 68) 31回発言 131210文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文部委員会
            48回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 48) 27回発言 116041文字発言

 議院運営委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  2回発言    194文字発言

 行政監察特別委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  2回発言  14975文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第39号(1953/10/28、26期)

小会派といたしまては、この救農という名目を持つた国会であつても、なお一瞬間というような短期の国会は無理ではないか、さらに諸般の情勢を考えますときに、どうしてももつと長期な国会を要望しなければならぬ。従…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第3号(1953/06/25、26期)

時間がないから、私は簡単に関連の質問をいたしますが、こういう問題は、ただそこに現われただけの問題を検討しておりますと、質問をする方の意見も一応ごもつとも、答弁される大臣の方の意見もごもつともというふう…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第8号(1953/07/07、26期)

簡単なところを聞くのですが、第十六条の三項に「日本育英会ハ学資ノ貸与ヲ受ケタル者が左ノ各号ノ丁一該当スル場合ニ於テハ政令ノ定ムル所ニ依リ其ノ貸与金ノ全部又ハ一部ノ返還ヲ免除スルコトヲ得」とあるのです。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第10号(1953/07/11、26期)

関連して……。法案の内容についてお伺いするわけですが、附則の2と書いてあるところでございます。提案理由の説明の中には、この項を設ける理由は、必要な課目を担当する教員を採用することができない場合がある。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第11号(1953/07/14、26期)

ただいま九州地方の大害の、特に教育関係についての御報告を承つたわけでありますが、委員の各位も関心を非常に持つておられるのですから、御説明ばかりでなく、少し詳細な資料を提供されて、われわれがしさいに検討…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第13号(1953/07/18、26期)

今の御質問にちよつと関連してお尋ねをして、それから私の本論に入りたいのですが、あの例の次官通牒の問題がいろいろ論議されますが、私は内容とか、それについてどうこうというのではなくて、その次官通牒そのもの…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第14号(1953/07/20、26期)

大分いろいろな角度から御質問申し上げて明らかになつておるわけでございますが、なお私の了解できない点を二、三御質問申し上げます。第一番に老朽校舎の方の問題ですが、法案の目的であり、第一条に害いてあるこ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第16号(1953/07/22、26期)

私は先日、九州地方の災害の状況を、国会を代表しまして視察したのでございまするが、その際家を失い、あるいは田畑を失つておる人たちが、その問題よりも、自分のかわいい子供にすぐに学用品を手渡されて、しかも学…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第17号(1953/07/23、26期)

今の問題は青年学級の関係からはずれて行くような形ですが、しかし青年学級の問題はやはり重大なる問題だと思う。大臣としましても御自分が一半の答弁をなさつているようでありますが、私たちにぴたつと納得できない…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第18号(1953/07/24、26期)

目的というものは、はつきりここに書いてあるのですが、とりようによつてはいろいろに考えられる。「勤労青年教育がわが国の産業の振興に寄与し、且つ、民主的で文化的な国家を建設するための基盤をなすものである」…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第19号(1953/07/25、26期)

最近出される教育法案の中に、振興法がたくさん出るのでございますが、これがたくさん出ることは、決して喜ぶべきことではない。もつと基本的な教育政策が確立しておれば、こういうものは出す必要はないのじやないか…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第21号(1953/07/28、26期)

私だけの問題ではなくて、委員会全体の問題になるかもしれぬのですが、第二章の「役員及び職員」というところですが、ここには役員のいろいろな規定が出ているのですが職員の規定は何も出ておりませんが、ただここに…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第23号(1953/08/05、26期)

この前産業教育振興法という法律をつくつたのですが、その法律をつくるときに、高等学校の生徒から三十円ずつ集めた。私はそのときはやはり文部委員をやつておりました。これはいい法案なんですが、そのために共同提…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 文部委員会 第2号(1953/11/04、26期)

大分各委員からいろいろな点につきまして質問がなされ、それから大臣から、直接すべての問題につきまして、たいへん明確な、しかも相当今後努力されるような御意見を受けたので、非常に喜んでおるものでございますが…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 文部委員会 第3号(1953/11/07、26期)

今の問題ですが、とにかく選挙人名簿がつくられてこれが告示されておるわけですね、これは今どういうふうになつておるか、その事情をひとつお聞かせ願いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 文部委員会 第1号(1953/12/05、26期)

ちよつと関連して。なおミルクにつきまして、やはり水害地と同じように冷害地についてもユニセフに寄贈をしてもらいたい、こういうことで、東京におられるアメリカ人のユニセフ関係の人と一緒に冷害地方面へ行かれ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第39号(1954/04/01、26期)

委員長、それはどういう理由ですか。次に、犬養法務大臣不信任決議案の取扱いについてお諮りいたします。先般来、この問題もしばしばこの委員会あるいは理事会等で協議を重ねておつたのでありますが、おのおのの党…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第2号(1953/12/17、26期)

先ほど証人が御説明になりました中で、ちよつとわからない点がありますのをお聞きいたします。これを神社が領有するということは完璧を期する、こういう説明があつて、それについて明治神宮の例をとられてお話があり…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第3号(1953/12/18、26期)

お忙しいようですから簡単にお伺いいたしますが、あなたの名前で、総理大臣、大蔵大臣、厚生大臣に、富士山頂国有地処分に関する意見書というのが出されております。これについて下村さんに詳しくお話を承りたいので…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第3号(1954/02/13、26期)

関連して。今の大臣の御答弁は非常に重大な問題に関連しますので、大臣が忘れないうちに聞いておく方がいいと思うのです。というのは、昭和二十八年度の、つまり現年度の義務教育費について地方の方ではいよいよ決算…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第6号(1954/02/19、26期)

今野原委員の質問に対しまして大臣がお答えなさつたのですが、私はどういう意図で三本建の問題が出たかというふうなことに別にこだわつているのではなくて、実際この三本建が影響するところのものを見たときに、非常…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第10号(1954/02/27、26期)

委員長は私のきようの質問をあとへまわせというお話なんですが、あとへまわすことを確約していただけますか。関連の点だけ質問いたしますが、これは私たちが大臣に申し上げるようなことじやないと思うのです。しか…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第11号(1954/03/01、26期)

まず委員長にお尋ねいたしますが、そこにおいでにたる行政官が、議員に対して個人的な侮辱を与えたような場合、委員長としてはこれに対してどういうふうな御処置をなさいますか。なお先ほど世耕委員から要求されま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第13号(1954/03/05、26期)

今の町村委員と文部大臣との質疑応答に関連いたしまして多少お尋ねいたしますが、お二人のお話を聞いておりますと、今度の法案提出が、主として教職員の教育活動に多大な影響を与える。しかもそれが政治的な影響を与…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第16号(1954/03/12、26期)

大体松平委員の報告で私の報告しようとするところが重複しておりますので、それ以外の点につきまして簡単に御報告申し上げます。まず青森県下の警官の教職員に対する思想調査の問題でございます。これはまず調査し…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第21号(1954/03/19、26期)

最近制限することは政府もすきでありまして、委員長も大分それにかぶれたようであります。一時間しか許されぬのでありますから、こういう重大な法案が審議においてすでに制限せられることはまことに遺憾でございまし…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第23号(1954/03/25、26期)

先ほど来「ための」の問題について非常に論議があつたのでございますが、文部省側の答弁も、それからこの修正案を提案した人たちの答弁も、われわれにはよく納得できないのでございますが、その中でも先ほど小林進君…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第24号(1954/03/26、26期)

私はこの法律が制定系るならば、ますます政治が腐敗堕落し、この頽敗しております道義がますますく地に落ちてゆく。そしてこの社会に希望を見出し得ない、国民全体にいよいよ前途に暗影を投げかけるという点からいた…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第26号(1954/04/20、26期)

私も同じようなお願いをするわけですか、従つて、本日いろいろお伺いしたいことは避けまして、要件だけ申し上げますと、本委員会におきましていつも問題になりますのに、大学の研究室の施設あるいは研究費等の問題で…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第28号(1954/04/28、26期)

お二人の先生から非常な権威のあるお話を承つたのでありまするが、私たちはその必要性とか、あるいは今持つておいでになる構想というものを基礎としてお伺いいたしまして、私たちの責任としてこれらに対してどういう…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第29号(1954/04/30、26期)

時間がないそうですから簡単にお答え願いたいと思います。まず第一番に、この振興法をもつてほんとうに僻地教育を振興するという考えはおそらく文部省当局にもないと思います。要するにこれを土台として今後順次予…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

24期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 29期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22