小川平二衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  1回発言   1435文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言   1435文字発言

本会議発言一覧

第21回国会 衆議院 本会議 第5号(1954/12/17、26期)

ただいま議題となりました中国通商使節団招請に関する決議案について、提案の趣旨を御説明いたします。まず決議の案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 28)  5回発言  16816文字発言
 第17回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言   2455文字発言
 第18回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言   1261文字発言
 第19回国会 47回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 45)  2回発言   5263文字発言
 第20回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  1回発言   3169文字発言

  26期通算  90回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員 86) 10回発言  28964文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 通商産業委員会
            86回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 84)  9回発言  25795文字発言

 貿易振興に関する調査特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言   3169文字発言

 経済安定委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 通商産業委員会理事(第19回国会)
 貿易振興に関する調査特別委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第15号(1953/07/10、26期)

中小企業信用保険法の一部を改正する法律案に関しまして、附則第一項のうち「昭和二十八年八月一日」とありますのを「公布の日」に改めたいのであります。ほかでもありませんが、今次の九州地方の水害に関しまして、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第17号(1953/07/15、26期)

今まで問答を承つておりまして私申し上げるのですが、これは率直にあやまちをお認めになつた方がよろしいと思う。あなたは御出席になつておりませんでしたが、あなたの方の官房長がおいでになつて、これは間違いでし…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第20号(1953/07/18、26期)

時間が非常に限られておりますので、簡単に一、二点だけ、お尋ねをいたしておきます。この公庫の設立が、協同組合の育成助長をして行く、中小企業の組織化協同化という政策の基本的な線と背馳するのではないか、こ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第23号(1953/07/23、26期)

先般提案の理由を承りまして提案者がこの法律案によつて意図しておられるところはほぼ了察することができたのでありますが、何分この保険の世界というものは、言うまでもなく極度に専門化され、技術化された糧界であ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第28号(1953/07/29、26期)

前会に引続いて、きようは法律案そのものについてお尋ねをいたしたいと思います。この前に申し上げました通り、この法律案を一読しますと、提案者のきわめてよき意図にもかかわらず、どうも盾せる着物があまりにお…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 通商産業委員会 第3号(1953/11/06、26期)

公庫の資金の運用について二、三簡単にお尋ねをいたします。一括してお尋ねを申し上げますから、一括して御答弁が願えればけつこうでございます。この資金が非常に限られておるので、言うまでもなく合理的な適正な配…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 通商産業委員会 第1号(1953/12/02、26期)

今の御質問に関連してちよつとお尋ねしますが、私どもが公庫の発足以来きようまで貸出しの状況を見ておると、どうも早くも本来の趣旨が没却されてしまつておるのじやないかと考えられるような兆候が随所に見られる。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第33号(1954/04/09、26期)

ただいま山手委員の質問に答えて、いろいろ佐々木さんから当事者としての御苦心のほどを承つたわけでございます。いろいろ御苦労なさつておられるだろうということは想像せられたのでありますが、私ども局外の者が拝…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第44号(1954/05/07、26期)

硫安工業合理化及び硫安輸出調整臨時措置法案に対する修正案につきまして提出者を代表いたしまして趣旨の弁明をいたします。この法律案はさきに農林委員会並びに本会議において可決されました臨時肥料需給安定法と…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 貿易振興に関する調査特別委員会 第3号(1954/12/16、26期)

対中共の貿易の問題につきまして、実は大臣にはいろいろと承りたい問題があるのでございますが、きようは非常に時間を制限されておりますので、ほんの一、二の点について御意見を承りたいと思います。結論的に申し…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22