西村直己衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 30 委員  5)  5回発言   4071文字発言
 第17回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  1回発言   1454文字発言
 第18回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第19回国会 51回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 32 委員 18)  7回発言  28919文字発言
 第20回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  1)  1回発言   4774文字発言

  26期通算 101回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 76 委員 24) 14回発言  39218文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            73回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 71 委員  1) 11回発言  28088文字発言

 地方行政委員会
            17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  1回発言  10748文字発言

 昭和28年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外6件特別委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  1)  1回発言     41文字発言

 人事委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言    341文字発言

 運輸委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 予算委員会理事(第16回国会)
 昭和28年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外6件特別委員会理事(第16回国会)
 予算委員会理事(第17回国会)
 予算委員会理事(第18回国会)
 予算委員会理事(第19回国会)
 予算委員会理事(第20回国会)
 予算委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 昭和28年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外6件特別委員会 第2号(1953/05/21、26期)

動議を提出いたします。投票を用いず、尾崎末吉君を委員長に御推薦いたしたいと思います。委員長尾崎末吉君に本席を譲ります。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第2号(1953/06/05、26期)

ちよつと――おとといは打合せ会に正式に各党からそれぞれお出になつておられたように私は拝見します。その際は、きようは参考人を呼んで参考人側の意見を十分に聴取する、しかし参考人の意見を基本にしてきよう態度…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1953/05/29、26期)

ただいま議題となりました昭和二十八年度一般会計、特別会計、政府関係機関の暫定予算につきまして、自由党を代表いたしまして政府原案に賛成をいたし、社会党の編成がえを求めまする動議には不賛成の意を表明いたす…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第12号(1953/06/27、26期)

ただいま議題となりました昭和二十八年度一般会計、特別会計、政府関係機関暫定予算につきまして自由党を代表いたしまして政府原案賛成、社会党の編成替を求める動議には反対の意を表明いたします。今回の暫定予算…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1953/07/02、26期)

長代理 河本敏夫君。いうことで進んでおるのでございます。会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1953/11/03、26期)

ただいま議題となつております補正予算案に対しまし自由党を代表して、政府の原案に賛成、両派社会党提案の共同組みかえ案につきましては、反対をいたします。災害地の窮状に思いをいたしますれば、災害対策にでき…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 地方行政委員会 第62号(1954/05/14、26期)

保守三党共同提案によります警察法案に対する修正案、及び警察法の施行に伴う関係法令の整理に関する法律案に対する修正案の提案理由と、その内容の概要を御説明申し上げます。まず警察法案に対する修正案の提案理…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1954/02/22、26期)

私はこの際国会の権威を保つために政府並びに委員長に質問申し上げたいと思うのであります。実は今朝来の中曽根君御発言を聞いておりますと、まるで検察庁の検事の一歩手前のようなことを、しかも証拠もはつきりなく…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1954/02/23、26期)

昨日来問題になつております各種の汚職等の問題で、国会が建設よりはむしろ民主政治をただ、けなして参る、傷つけて参るというような印象が、非常に国民に深く与えられておるのであります。ある発言に至りましては、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1954/03/01、26期)

第三分科会における審査の経過並びに結果について御報告いたします。第三分科会は二月二十五日より二十七日まで三日間会議を開き、外務省、経済審議庁、通産省及び農林省所管大臣より説明を聴取し、次いでこれに対…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第24号(1954/03/17、26期)

昨日来の問題になつておりますが、まぐろ採取に参りました漁船が、ビキニ環礁近くにおいて相当の被害を受けて帰つて参つておる、この事実につきましてまずお伺いをいたしたいのであります。今日までに判明をいたしま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第26号(1954/03/19、26期)

私は佐竹議員は古くから存じ上げておって、人格高潔の士であると存じておりますけれども、本日のこの席における発言につきましては、非常に遺憾に思います。先般来、いかにして国会の審議の権威というものを保つかと…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第27号(1954/03/20、26期)

私は自由党を代表しまして、ただいま議題となつております補正(第3号)案に対して政府原案に賛成、社会党の組外動議には反対をいたします。特別法案が否決をいたされましたため、昭和二十八年十二月から昭和二十…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1954/12/22、26期)

持時間も非常に少いのでありますから、簡単でありますが、要点を総理に御質問いたしたいと思います。第一にお伺いしたいのは、平和的共存の問題であります。――共存、御存じありませんか。それでは、御説明する時…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22