山手満男衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  1回発言   6148文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言   6148文字発言

本会議発言一覧

第18回国会 衆議院 本会議 第2号(1953/12/01、26期)

私は、改進党を代表して、総理大臣及び内閣閣僚に、主とし、て経済問題を中心にお尋ねをいたしたいと思います。第一に私が伺いたいのは、経済自立の問題でございます。ただいまも岡野通産大臣からお話がありましたが、現在のわが国の経済界に現われた現象を二、三拾つてみますと、まず第一に、財政規模は吉田内閣の治下過去………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27) 15回発言  49333文字発言
 第17回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   4044文字発言
 第18回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  0)  5回発言  16235文字発言
 第19回国会 58回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 58 委員  0) 32回発言 104916文字発言
 第20回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言

  26期通算  98回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 68 委員 30) 53回発言 174528文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 通商産業委員会
            98回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 68 委員 30) 53回発言 174528文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 通商産業委員会理事(第18回国会)
 通商産業委員会理事(第19回国会)
 通商産業委員会理事(第20回国会)
 通商産業委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第3号(1953/05/29、26期)

日本の産業界が知らないうちに日々非常な困難な状態に陥りつつあることは、もうみんなが認めておるところであるし、非常に憂慮をしておるところであります。こういう窮状を打開するために、抜本的な手を打たなければ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第4号(1953/06/01、26期)

金曜日の日にもいろいろ甲し上げたのでありますが、私どもは貿易そのほかの問題について、通商産業省の政策に関係することが非常に危険な状態に瀕して来つつあるという事態であつて、一刻もゆるがせにできないという…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第5号(1953/06/22、26期)

予定をしておつた鉱工業地帯の整備促進法はどうしたのですか。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第7号(1953/06/25、26期)

今の問題に関連するのですが、駐留軍の方で発注しておる砲弾そのほかで、正式には今統計を申されました中に入つておるだろうと思うのでありますが、いわゆる特需になつておつて、砲弾の引取りだけは保安隊がしておる…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第8号(1953/06/27、26期)

時間がありませんので次会にいたしますが、この際一、二伺いたいと思います。一番初めに要望しておきたいと思いますことは、今永井君からのお話で企業の合理化の内容云々という問題がありましたが、それは例の企業…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第9号(1953/07/02、26期)

貿易の面、特に外貨を通じていろいろな問題が起きておりますので、われわれにはわからない点もあるから、主として大臣にお伺いをしたいと思いますが、大臣がまだ御出席になられませんので、次官からまずお答えを願い…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第12号(1953/07/06、26期)

関連して。今長谷川君からいろいろお話がありましたように、人絹糸の国内製品の割高という点を問題にしたわけでありますが、これは一八絹糸だけの問題じやない。綿糸もそうですし、いろいろなもの全部そうです。モー…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第14号(1953/07/08、26期)

ただいま、議題となりました中小企業等協同組合法の一部を改正する法律案について、その提案の理由を御説明いたします。終戦後七年有半を閲しまして、待望の独立を迎えましたが、政治上の独立を確立いたしますため…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第20号(1953/07/18、26期)

私は、蛇足のようでありますが、もう一ぺん簡単にお聞きをしておきたいと思います。法案の第一条でありますが、「中小企業者の行う事業の振興に必要な長期貝金であつて、一般の金融機関が融通することを困難とする…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第21号(1953/07/21、26期)

今の長谷川君の質疑に関連して一、二点私はお伺いをしておきたいと思います。銃弾あるいは砲弾が種々許可制になつて、指定をされて行くわけでありますが、たとえて言えば砲弾なら砲弾で一社が指定になる。そうすると…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第22号(1953/07/22、26期)

ただいま議決されました商工会議所法案に附帯をいたしまして、附帯決議を本委員会でいたしたいと思います。お手元に配付いたしました附帯決議案文をまず朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第23号(1953/07/23、26期)

ただいま小川委員のお説の通りでございまして、この法案を慎重だ審議をしていただき、慎重に御検討をいただいて御賛同を得たいと思つているわけでございまして、逐条的にもいろいろ問題はあろうと思いますが、ぜひ御…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第24号(1953/07/24、26期)

私は三善さん、安並さん、いわゆる元請会社の関係の方からまず伺つてみたいと思います。先ほどからいろいろお話があつたのでありますが、向うとの契約、JPAとの関係等いろいろ問題があるようでありますが、従来…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第28号(1953/07/29、26期)

一応そういうふうに思われると思いますけれども、「各組合員の探険契約の種類、」とあげておきましたのは、やはりこれはこういう保険をかけておるのだ、こういうことをはつきりさせた方がいいであろうということで、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第29号(1953/07/30、26期)

お忙しいのに御出席をいただきましてありがとうございました。簡単に一、二お尋ねしておきたいのであります。今鈴木先生は、協同組合や何かでも、こういうものを認めた方がいいのか、あるいは保険業法一本で行つたの…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 通商産業委員会 第1号(1953/11/04、26期)

ぼくは留守をしておつて、こういう申合せなんかをされたことについては承知しておらないのですが、どうも中小企業金融公庫法を審議いたしましたときの気分が一朝にしてうせてしまつて、こういう申合せになつたのでは…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 通商産業委員会 第2号(1953/12/03、26期)

大臣から通産行政の全般にわたつて一応のお話を承りましたが、私は今の日本にとつて大臣のお話のように経済の自立ということが優先されなければ何にもできない。これは根本問題であるとこう考えておるのでありますが…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 通商産業委員会 第3号(1953/12/04、26期)

私は昨日の私の質問に引続いて、実は二十九年度の予算における、主として産業投資の関係について、大臣か官房長から説明をさすという予定の約束をいたしておりましたが、私はこれは単にここで説明を聞くだけでなしに…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 通商産業委員会 第4号(1953/12/05、26期)

今砂糖の話とかバターの話が出たのですが、結局これは輸入物資であるし、外貨の割当の問題が当然からんで来ておるわけでありますが、さつきからのお話のように、非常に計画性がない。政府が朝令暮改をやるということ…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 通商産業委員会 第5号(1953/12/07、26期)

私は二、三お伺いしてみたいと思います。まず中小企業金融金庫の坂口さんにお伺いをいたしたいと思いますが、実は先般中小企業庁の長官から公庫の金融の現状について伺つて、大体のことは承知をいたしておるのであり…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 通商産業委員会 第6号(1953/12/08、26期)

磁硫鉄鋼なんかに話が飛びましたが、私はその前に関連質問をしようと思うのです。それは石油の問題ですが、さつき次官、鉱山局長から御説明がありましたが、ちよつと私了解の行かない点があるのです。というのは、で…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第2号(1953/12/15、26期)

関連して。今の局長の御説明ですが、それは非常に問題があるのです。それは一応二重価格の問題になつて来るのですけれども、出血輸出をしているというか、国内よりか安く売つている商品はあに硫安のみならずで、たく…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第3号(1953/12/16、26期)

関連して。今長谷川委員の質問がありまして大臣から御説明がありました。私は大臣の説明はそれで一応了承をいたします。ただ大臣が自由主義経済の中で相当計画性を持つてやるのだという話があつて、政府もそういうふ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第5号(1954/02/01、26期)

きようぼくはやらない予定だつたのですが、今長谷川君がたまたま触れた問題で、大臣からもつと明確な答弁があると思つて聞いておつたのですが、御答弁がなかつたので一点だけきようはお聞きをしておきます。それは私…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第6号(1954/02/02、26期)

私は少し大臣にお聞きをしてみたいと思うのですが、先般の本会議における施政方針演説で、新大臣は、新しい事態に即応するために国際収支の均衡を回復し、正常な、均整のとれた経済を確立することが非常に急務である…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第8号(1954/02/06、26期)

長谷川委員の質問に関連をして、私はよくわからない点もありますので、一言お尋ねをしておきたいと思います。というのは、最近通産省にも参りましても非常な異風景として感じられることは、外貨の割当を獲得するとい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第10号(1954/02/12、26期)

石油の話が出ましたから私も石油に関連をして一、二お伺いをしておきたいと思いますが、それは例の四日市の海軍燃料廠の処理の問題であります。御承知のように四日市の海軍燃料廠の問題につきましては、数年間にわた…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第11号(1954/02/13、26期)

ぼくは加藤委員の質疑に関連をいたしまして、ぜひ一点伺つておきたいと思います。それはさつきの輸出振興の問題とからんでのプラント輸出の問題でありますが、この問題は先般私が質疑をいたしまして、御説明を聞いて…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第15号(1954/02/24、26期)

ロンドンに行かれて、長日月非常な御苦労をされたことに対して敬意を表します。私ども勉強不足でよくわからないので、少し局長から御説明を承つてみたいと思つております。表面的にはこの協定はうまく行つたというふ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第16号(1954/02/26、26期)

この問題は通商局長からこの席で御説明を聞いたことから端を発しておると思うのでありますが、今の大臣の御答弁は少し甘くて違つておるように私は印象づけられておるのであります。というのは、イランからは石油を直…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第21号(1954/03/12、26期)

私はこの際大臣から承つておきたいと思います。それは外貨予算の編成を急いでおられるようでありますが、非常に票が重大になつて参りまして、日本の産業界は相当以上に神経をとがらしておるようであります。そこで明…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第22号(1954/03/16、26期)

大臣に外貨の関係でお尋ねをいたしたいと思います。先般大体のお話は承つておりますが、外貨引締めと並行して資金統制がされて、金融がうんと引締められております。そのために問屋あるいは小中企業者が非常に困難な…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第23号(1954/03/19、26期)

中小企業金融公庫の問題でございますが、いろいろ実地に貸し出しておる状況を見ますと、われわれも、どうもこれじやいかぬという点が多々あると思いますが、さつき同僚委員からもお話があつたかと思いますが、要は私…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第24号(1954/03/23、26期)

私は時間もありませんので大臣に簡単にお尋ねをいたしておきたいと思います。それは例の四日市の海軍燃料廠のその後の処置、いろいろ御配慮いただいておるようでございまして私は誠意ある大臣の御処置に信頼をいたし…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第26号(1954/03/26、26期)

先般来この公庫法の一部改正に関係をいたしまして、本委員会で公庫の運用の問題について種々論議がかわされました。その問題点は、もう少し窓口に参ります一般中小企業者の声にこたえて、気やすく迅速に公庫資金を流…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第29号(1954/03/31、26期)

地方行政委員会において今般政府が提案をいたしました税法の改正に関し、事業税、固定資産税、自動車税、不動産取得税等々について、種々修正案を小委員会まで設けてつくつておりまして、その修正案がほぼ妥結に至ろ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第30号(1954/04/02、26期)

きようは与党の諸君から珍しくこういう活発な議論が出たので、ぜひ私も一、二関連して御質問を申し上げたいと思います。帝石の問題でありますが、最近非常に人事そのほか、主導権の問題について業界が荒れておる、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第31号(1954/04/06、26期)

関連して。人造石油の問題について今鉱山局長のお話を聞いたのでありますが、ヨーロツパ各国の実情は局長のお話とは相当相違しておつて、地下の資源の開発にはもちろん積極的に努力をいたしておりますが、ドイツのご…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第32号(1954/04/07、26期)

関連して。これは昨年あたりもたびたび聞いておるのですが、日本からの輸出品にクレームがついて非常な国際的な不信を買つておる事実をいろいろ聞いております。たとえて言えば、昨年の上期において、薄板鉄板をアフ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第33号(1954/04/09、26期)

石油関係の法案も出ておりますし、この際懸案の四日市旧海軍燃料廠の処理の問題に関してその後の経過の御説明をいただき、いろいろこの委員会で決定をいたしました方針そのほかについてもこの法案の審議と並行して結…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第44号(1954/05/07、26期)

私は改進党を代表いたしまして、本法案及び修正案に対して強い希望意見を申し述べて、賛成の態度を表明したいと思います。硫安工業のような重要産業におきまして、国内価格と輸出価格とが大きな開きがある、しかも…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第46号(1954/05/12、26期)

関連して。この問題は木材利用小委員会でも種々問題になり関係者を招致して検討いたし、その結果についてはまず大多数の議員が賛成をいたし、私も技術を導入することについて賛成をいたした者の一人でありますが、い…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第51号(1954/05/20、26期)

各派の御了解を得て附帯決議案を提出をいたします。まず最初に案文を朗読いたします。附帯決議会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第53号(1954/05/22、26期)

ちよつと関連して……。私はこの航空機製造法案について冒頭に質疑をする予定であつたのですが、同僚議員に質疑を譲つたわけでございます。時間が少しありますから簡単に大臣に承つておきたいと思いますが、まず一番…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第54号(1954/05/24、26期)

業界の皆さん方に多数おいでをいただいて、貴重な御意見を承つたこの際に、二、三お伺いしてみたいと思います。まず私は藤井さんにお伺いをしたいのでありますが、ただいま御公述がございました、非常に濫立が起き…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第55号(1954/05/25、26期)

私どもはこの法案に賛成でございます。航空機の製造を私どもは単に兵器の製造というふうに考えたくないのであつて、今日科学の進歩とともに、航空機の、交通そのほかいろいろな面に寄与しております役割というものは…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第56号(1954/05/26、26期)

私は、改進党及び両派社会党共同して砂利採取法案に対する修正案を提出し、その提案理由の説明を申し上げます。お手元に配付しておりまする修正案をまず朗読をいたします。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第59号(1954/05/31、26期)

電気、貿易のことをきようやることになつておりますが、会期もありませんし、一、二懸案になつておつた問題を大臣にお伺いをいたしておきたいと思います。それは例の四日市の旧海軍燃料廠の問題でありますが、大臣…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第62号(1954/08/12、26期)

久方ぶりの委員会でありますから、いろいろ国会終了後に起きている事態に即して質問したいと思いますが、まず第一に大臣にお伺いしたいことは、その後政府の金融統制、デフレ政策が順次滲透して参りまして、新聞紙上…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第63号(1954/08/13、26期)

きようは少し各論的にいろいろお尋ねをしてみたいと思います。まず中小企業庁の長官及び金融公庫、商工中金の皆さんにひとつお尋ねをいたします。まず記内長官にお伺いいたしますが、このデフレ経済下において中小…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第64号(1954/08/14、26期)

私は時間がないから、ごく簡単に労働省及び通産当局にお尋ねをいたしておきたいと思います。広くデフレ下の中小企業と労働問題をやりたいと思つておりましたが、時間がございませんので、私は近江絹糸の争議の問題に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第65号(1954/09/09、26期)

私は大臣にお伺いをいたしますが、さつきからの小委員長に対する御答弁、あるいは先般の小委員会における大臣の御説明を聞きましても、どうも私は了解が行かないのであります。私は大臣からいただいたこの改訂要綱を…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第66号(1954/09/10、26期)

先般政府よりこの委員会において発表をされましたところの電力料金改訂に関する政府の発表に対しまして、この委員会を通じていろいろわれわれも政府の意のあるところを調査をし、お聞きをいたしました。党においても…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22