押谷富三衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 28期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   3877文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言   3877文字発言

本会議発言一覧

第19回国会 衆議院 本会議 第35号(1954/04/10、26期)

私は、自由党を代表して、ただいま提案されております、犬養法務大臣に対する不信任案につき断固反対の意見を表明せんとするものであります。(拍手)およそ一国の大臣宰相に対する不信任案のごときは、その結果のいかんを問わず、提案することそれ自体によりまして、国の内外に相当大きな影響を及ぼすことを考えてもらわな………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 28期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 31)  4回発言  12449文字発言
 第17回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  3回発言   5564文字発言
 第18回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第19回国会 71回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 13 委員 58)  8回発言  16954文字発言
 第20回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  9)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言    150文字発言

  26期通算 125回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員111) 16回発言  35117文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
            89回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 89) 10回発言  27407文字発言

 決算委員会
            13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員  3)  3回発言   5301文字発言

 議院運営委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  1回発言    349文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言    150文字発言

 懲罰委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  1回発言   1910文字発言

 内閣委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 行政監察特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 図書館運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 文部委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 懲罰委員会理事(第19回国会)
 決算委員会理事(第19回国会)
 決算委員会理事(第20回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1953/06/26、26期)

関連して。田嶋君その他の方からお尋ねになりました自殺者の関係につきまして、関連して一、二点お尋ねをいたしたいと思います。実は私は、川上長蔵君が自殺せられた五月三十一日の朝、まつたく偶然の機会で浦和に…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第29号(1953/08/03、26期)

ちよつと関連してお尋ねいたしますが、かつて外務省の当局から国会に御発表に相なりましたのは、行政協定に定められておる裁判権の問題について、やがてNATO協定が批准を受け、効力を生じたならば、その協定通り…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第32号(1953/08/06、26期)

まず検事総長にお尋ねをいたしたいと存じます。問題は先月の二十九日、大阪地方裁判所の法廷において、いわゆる吹田事件の審理公判が開かれた際に、法廷において被告の一人が朝鮮の休戦協定成立に対する演説をぶち…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第34号(1953/09/25、26期)

この休会中に国政調査のために、大阪を中心とする関西一円で調査をいたしたその途上、調査線に浮び上りました問題で、特に裁判所関係で重要な事柄がありますから、この機会に最高裁判所の方々にお尋ねをいたしたいと…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 法務委員会 第1号(1953/10/31、26期)

保全経済会の問題につきまして、法務大臣あるいは国警長官、警視庁の当局、検察庁の当局にお尋ねをいたしたいと思います。最近非常に大きな問題となつて波紋を描いております保全経済会の問題でありますが、これは…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1953/11/01、26期)

保全経済会の実態については、いまだ大蔵省当局におかれても把握しておられないらしい。真相はおわかりでないらしいのでありますが、しかし保全経済会が十五、六万という不特定多数の大衆から零細な資金を集めて、そ…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 法務委員会 第7号(1953/11/07、26期)

一、二点簡単に伺います。保全経済会は貸金を営んでいるようなこと、金融をやつたようなことを御承知ではありませんか。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第17号(1954/02/23、26期)

今の椎熊君のお話もしごくごもつともでありまして、私どもも、その点については十分研究をいたしたのであります。衆議院規則百四十九条にあります条件というのは、いわゆる条件であつて、期限ではない。これは法律的…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 決算委員会 第44号(1954/09/06、26期)

理事会の開会は、常に他の常任委員会におきましても委員長の職権によつてやられておることでありまして、委員長が三十分間くらいを限つて開こうじやないかというお話は、これは委員長の職権で当然それに従つて委員会…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 決算委員会 第51号(1954/09/18、26期)

私は自由党を代表いたしまして、ただいま杉村君提出にかかる吉田総理告発に対して断固反対の意思を表明するものであります。吉田総理が証人の喚問に応ぜられないというだけでは、もちろん法規では告発ができないの…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 決算委員会 第58号(1954/11/29、26期)

杉村君の動議がありましたが、さような決議は議事法の関係から見まして有効なものとは考えられませんから、自由党を代表して反対の意思を表明いたしておきます。本日はこれで散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 懲罰委員会 第2号(1954/06/11、26期)

懲罰事犯の内容につきましては、昨日高橋英吉君から詳細御説明に相なつたのでありますが、ただいま瀬戸山委員からのお尋ねがありましたので、堤ツルヨ君、山口シヅエ君の関係につきまして、私より補足して御説明を申…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第20号(1954/03/17、26期)

犯罪者予防更生法の一部を改正する法律案の関係で三、三の事実について確かめたいと存じます。日本が独立をいたしましてから相当長い期間を経過いたしておるのでありますが、この独立、自由、平和、こういうような…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第44号(1954/04/24、26期)

加藤新法務大臣におかれましては、今回犬養前法務大臣御退任の跡を襲われまして、法務行政、検察行政の最高責任者の地位におつきに相なつたのでありますが、前法務大臣御退任前夜の状況をお考えになりましても、法務…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第73号(1954/09/24、26期)

今最後に田嶋君が尋ねられた点はきわめて重要な点でありますから、基本的な問題としてこの際検事総長の御意見を伺つておきたいと思います。すなわち今国会において問題になつておりまするのは、国会の国政調査権と職…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号(1954/12/15、26期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条によりまして、委員長が選任せられるまで委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 28期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22