首藤新八衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 29期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   2966文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言   2966文字発言

本会議発言一覧

第19回国会 衆議院 本会議 第55号(1954/05/25、26期)

私は、ただいま議題となりました首藤新八君外二十三名共同提案による有機合成化学工業の振興に関する決議案に対し、提案者を代表して、決議案を朗読の上、趣旨弁明をいたし、各党一致の御賛成をお願いいたす次第であります。まず決議案を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 29期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 28 委員  7)  8回発言  24878文字発言
 第17回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  1)  2回発言   9089文字発言
 第19回国会 36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 36 委員  0)  4回発言   5903文字発言
 第21回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  0回発言      0文字発言

  26期通算  78回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 69 委員  9) 14回発言  39870文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 通商産業委員会
            68回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 67 委員  1) 12回発言  39045文字発言

 水害地緊急対策特別委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言    808文字発言

 貿易振興に関する調査特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言

 内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 運輸委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 議院運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言     17文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 通商産業委員会理事(第16回国会)
 通商産業委員会理事(第17回国会)
 通商産業委員会理事(第19回国会)
 貿易振興に関する調査特別委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第18号(1953/07/24、26期)

去る十八日和歌山県に発生いたしました水害は、まつたく言語に絶する惨状でありまして、先般の九州における被害と何ら相違なきのみならず、むしろ部分的には和歌山県の被害の方が深刻でありますことは、政府も十二分…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第5号(1953/06/22、26期)

今の官房長の御説明の中の予算の問題ですが、自転車振興費の四億というものは、前年度はあつたのですが、今度はそれを削除して、公庫の貸付け八十億の中に繰入れたことになつておるのですが、その点をひとつ承りたい…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第15号(1953/07/10、26期)

今回の改正が、非常に困難を来しておる金融の疏通に相当効果があるという考え方から、私はこれに賛成するのでありますが、ただいま加藤委員から言われておつた保険料の問題、すなわち従来七割五分が八割になる。そう…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第17号(1953/07/15、26期)

私は率直に聞きますが、第二条の「「中小企業者」とは」という条項で、農業協同組合、農業協同組合連合会以下水産、森林という組合が対象になつておりますが、こういう組合は大体農林金融公庫の方で対象とすべきで、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第19号(1953/07/17、26期)

今度の金融公庫に対して一般財政資金から百億出すということに相なつておるのでありまするが、これは昨年の十一月に議員提案の決議によつて中小企業に対する金融の操作をする決議案を出したのでありまして、これに政…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第22号(1953/07/22、26期)

ただいま議題となりましん木材防腐特別措置法案の提案理由を似説明申し上げます。まずわが国の木材需給に関する現状を見まするに、昨昭和二十七年度においては、需要量の合計約一億石に対して、一方供給量は、森林…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第23号(1953/07/23、26期)

お答えいたします。御質問の通りに、前国会では政府提案にすべきであるということで閣議の決定もいたしておるのであります。しかしながら法案の内容が政府を相当制約するような箇所もありますので、また一部には行政…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第33号(1953/10/13、26期)

私はこの際中小企業に関連いたして、金融公庫の問題並びに信用保険の問題、さらに安定法の問題等等につきまして、休会中私が見聞したことで、われわれの考え方と非常に違つた面に走つておる点あるいは実態に即しない…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 議院運営委員会 第9号(1953/11/27、26期)

それでけつこうです。会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 通商産業委員会 第4号(1953/11/07、26期)

私は中小企業安定法並びに中小企業金融公庫、交易問題等につきまして責任ある答弁を願いたいという考え方から、大臣、政務次官並びに繊維局長、中小企業庁長官の御出席をお願いしたのでありますが、大臣と繊維局長が…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第20号(1954/03/10、26期)

関連して。今の同僚伊藤君の御質問の料金問題についてちようどよいときですから関連質問いたします。現在の公益事業体で、ガス会社ほどサービスの悪いしかも独占事業は、ほかに比類がないということにわれわれ大き…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第23号(1954/03/19、26期)

ただいま次長から御説明を承つたのですが、この問題の一番重要な点は価格の問題と私は了解する。海外で処分をする場合一番危険なことは、どうせクレームがついた品物であるから、販売するとすれば相当安値でなければ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第46号(1954/05/12、26期)

関連して……。私はこの問題は木材小委員会で十二分に論議されて、すでに結論は出ておつたというふうに了解しておつたのでありまして、今日までこの問題について通産省が最後の断を下さないという点に、むしろ不可解…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第65号(1954/09/09、26期)

私も関連質問をいたします。きようはちようど公園部長も見えておるので、非常に幸いと思うので、公園部長にお尋ねいたします。今同僚始関委員の質問を私は聞いて、厚生省はまださような愚を繰返しているのかという感…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 29期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22