大橋武夫衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  7回発言  24809文字発言
 第17回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第18回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第19回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員 13)  5回発言  19896文字発言
 第20回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  2回発言   1965文字発言
 第21回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  3)  4回発言  14634文字発言

  26期通算  59回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員 43) 18回発言  61304文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
            27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27)  7回発言  28948文字発言

 労働委員会
            25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員  9)  8回発言  21888文字発言

 予算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言   8981文字発言

 決算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 懲罰委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   1487文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 労働委員会理事(第19回国会)
 労働委員会理事(第20回国会)
 労働委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 懲罰委員会 第4号(1953/08/07、26期)

私は、篠田君の問題につきまして、本件は、懲罰事犯として、国会法第百二十二条第一号により、公開議場において戒告すべしとの動議を提出いたします。その理由を簡単に申し上げますと、当日予算委員会におきまして…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第17号(1953/07/18、26期)

今回の刑事訴訟法の改正案につきまして、人権擁護の必要から、この改正を企図されておるということにつきましては、まことにけつこうだと存ずるのでございます。しかしながら現行刑事訴訟法の旧刑事訴訟法とかわつて…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第18号(1953/07/20、26期)

ちよつとその条文に関連して伺いたいのですが、今度は不利益な供述を強要されることがない旨というと、利益なる供述は強要してもよろしいように聞える。これはどうも作文としても非常にまずいと思うのです。おそらく…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第19号(1953/07/21、26期)

議事進行について……。きよう明日で質疑をできるだけ終了したいという御趣旨はけつこうだと思いますが、私はこの間質問の中で資料の提出を法務当局に要求いたしました。なお資料の提出をまつて質問を留保いたしたの…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第21号(1953/07/23、26期)

この問題は条文の運用の問題ですが、どうも岡原さんの解釈はわれわれの解釈とたいへん違うのではないかと思うので、ひとつ解釈をつき合せてみたいと思うのです。「捜査のため必要があるときは、」ということは、これ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第23号(1953/07/25、26期)

私前回の質疑をいたしました際に、法務当局に対しまして資料の提出を要求しておきましたが、これにつきましては、いまだに資料の提出がないことは、まことに残念であります。しかしながら、他の同僚諸君に対しまする…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第30号(1953/08/04、26期)

議事進行について。瀬口君は病人で今休んでおられるようですが、もう大体休まれたのじやないか。あまり長くお待たせするのもどうかと思います。三橋君にお尋ねしますが、あなたが最初鹿地に会われたのは、昭和二十…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1953/12/17、26期)

最初にお伺いしたいのは、あなたが株の売買のために預かつておられた総資金額は平均どのくらいの金額に上つておりますか。そうすると、今のあなたのお話を伺いますと、現在の経済状態においては保全経済会の経営と…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第43号(1954/11/16、26期)

協力局の局長にお出かけを願いたいと思いましたが、せつかく課長がおいでになりましたので、この際質問をいたしたいと思います。あるいは課長はまだ内容を御存じなかつたかもしれませんが、先日米軍の基地におきま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第44号(1954/11/17、26期)

ただいま高野参考人の御意見はよくわかりましたが、その中で一つだけ伺つておきたいと思うことは、高野さんから仰せられたお言葉の中で、次官通達が、ピケ・ラインそのものが暴力的なものであるように述べておるが、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第45号(1954/11/18、26期)

先般労働大臣から、次官通牒についての御説明を承つたのでございますが、また昨日は当委員会におきまして、各界から参考人として出席していただきまして、それの意見をも聴取いたしたのであります。これらの参考人諸…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第46号(1954/11/19、26期)

この問題につきまして、ちよつと伺つておきたいと思いますが、最初に組合側にお答えを願いたい点が一つあります。それは、この組合側からお出しになりました書類を拝見しますと、ピケを張られる際に、ピケ隊が道路上…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 労働委員会 第1号(1954/12/01、26期)

私は衆議院各派を代表いたしましてただいま議題となりました労働組合法の一部を改正する法律案について、提案の理由を御説明いたします。本法案は、労働組合法に基く地方労働委員会の委員の定数に関するものであり…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 労働委員会 第2号(1954/12/03、26期)

私は自由党を代表いたしまして、この問題につきまして、政府の御見解を承りたいと存ずるのでございます。ただいま若山参考人から、遺族ことに未亡人並びに遺児の諸君の就職の問題につきまして、切々たるお言葉をも…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1954/12/22、26期)

私は鳩山総理大臣にまずお伺いをいたしたいと存じます。多年の懸案でございました鳩山内閣が成立をいたしたのでございまするが、政界の長老であり、また党の創立者でおありになりまする鳩山氏の内閣が今日成立を見た…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1954/12/23、26期)

ただいまの政府の御答弁を拝聴いたしておりますと、憲法第九条の改正といたしまして、自衛のため相当な必要な自衛力を持てる、また憲法第九条はいかなる戦力をも禁止した趣旨はないのだ、こういう御説明であります。会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 労働委員会 第2号(1954/12/16、26期)

関連して。ただいま労働大臣は、違法でない限り警察力を使わないのだ、それが民主党の新しい労働政策である、この点において自由党の取締り一点張りと違う、こう言われましたが、一体自由党内閣が、いつ適法な正しい…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 労働委員会 第3号(1954/12/17、26期)

大蔵大臣に対しまして、労働委員会に御出席を仰ぎまして質疑をいたしたいというので、一昨日以来、労働委員長から大蔵大臣に出席方を要求いたしておつたのであります。しかるに、昨日当委員会の開かれまするまでの間…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22