国会議員白書トップ衆議院議員逢沢寛>26期国会活動まとめ

逢沢寛衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 41回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員 33) 11回発言  16701文字発言
 第17回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言    912文字発言
 第18回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第19回国会 43回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 43)  4回発言   5323文字発言
 第20回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言    158文字発言

  26期通算  91回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員 83) 17回発言  23094文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 建設委員会
            61回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 61) 15回発言  21133文字発言

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
            19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19)  1回発言    158文字発言

 水害地緊急対策特別委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  0)  1回発言   1803文字発言

 内閣委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 電気通信委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 水害地緊急対策特別委員会理事(第16回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 建設委員会 第8号(1953/07/03、26期)

先ほど来の同僚諸君のお話で、大体尽きたのでありますが、私はただ一、二点だけこの機会に大臣の所信を明らかにしていただきたと思います。今回の九州に起りました災害にあたりまして、さつそく現地に出張し、親しく…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第9号(1953/07/07、26期)

ただいまの説明で、土地收用法の一部改正に関する点は、大体適正だと思いますが、この土地收用法のよつて起るゆえんは、ちようど昨年でしたか、改正にあたつていろいろその所見が述べられたのですが、究極のところは…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第10号(1953/07/09、26期)

私は大体においてこれは賛成いたします。が、今日の改正はきわめて微温的で、真に核心に触れていないと思うのです。そこで適当の機会にさらに核心に触れるような改正をせねばならぬと存じております。しかしながら、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第11号(1953/07/14、26期)

ただいま議題になつております建設業法の一部改正に関する法律案は、大体において私はこれでいいと思います。しかしながら、いま一段と突き進んだことを、なぜこの機会にやらないのかといううらみがあるのであります…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第12号(1953/07/16、26期)

私は先般の委員会で、大体の所信は伺つておいたのですが、大臣はおいでにならなかつたのであります。これは記録を見ていただけばわかります。今田中委員からお話のあつたようなことなので、重複は避けますが、今田中…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第15号(1953/07/22、26期)

本案につきましては、すでに本委員会におきましても熟知しておる要件でありますから、質疑並びに討論を省略いたしまして、ただちに採決に入られんことの動議を提出いたします。ついては本案につきまして採決に入り…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第18号(1953/07/28、26期)

関連して、ただいま話題になつております問題であります。実は私どもも議員提案の賛成者の一人になつておりますが、その後いろいろの陳情があります。そこで、私どもがサインをした当時の事情と昨今の事情とは、非常…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第20号(1953/08/03、26期)

時間も相当たつておりますから、私は率直簡明にお尋ぬいたします。まず伊東さんにお尋ねいたしますが、あなたの公述の中に、市がやることによつて市民に便利になるというお話があつたのであります。まずどういう点が…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第21号(1953/08/06、26期)

今のに関連質問があります。先ほど同僚委員から、ダム工事などの遂行の場合には、土地あるいは家屋その他の私有財産の買収に対して遺憾なきを期して行く、そうして工事に着手するようにしたらどうか、こういうお話が…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第24号(1953/09/09、26期)

関連して……。さきに二号国道について、岡村委員の方から五箇年計画に対する質問があつたのですが、私はこの関連の点を、この機会にちよつと道路局長に伺つておきたいと存ずるのであります。それはこの二号国道は、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第4号(1953/07/04、26期)

ただいまの御説明で大体了承いたしたのですが、復旧ということが一番の問題なんです。この復旧にあたつて、被害の点から言つたらそうでないかもしれませんが、運輸省としては一番重大なことだと思うのですが、関門ト…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 建設委員会 第6号(1953/11/09、26期)

ただいま瀬戸山君の方から、概要の御質問がありましたが、私はこのもくろみ書を拝見しまして、疑義がありますのは、こういうような重要地点、しかも東京都内におけるきわめて重要な地域にこうしたことをやることに対…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第1号(1953/12/11、26期)

ただいまの御答弁を聞いておりますと、この倉庫の中に二メートルないし三メートルといいますか、未完の道路をつくつて、その通路によつて操作をする、こういう考え方に違いありませんね。そういたしますと、それ以外…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第11号(1954/03/11、26期)

ただいまのに関連したことですが、先ほど来お話のありました木材資源にしても、また地下資源にしても、たいへんなものがここに埋蔵されておる、これがこの道路の開発によつて有効に使用することができるという御説明…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第22号(1954/04/17、26期)

私、先ほどちよつと席をはずしておりましたが、高田委員の方から、二条の建設機械の抵当の範囲があまりに狭きに失する、従つて大業者に対する偏重になつて、中小業者をむしろ圧迫する、こういうような質問のように拝…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第43号(1954/09/25、26期)

関連して。田子倉ダムの補償のことについて、ただいま大体の意見はわかつたのですが、私は根本的のことについて、あるいは答弁ができないかと思いますが、一切の事務を管理しておられる方だから一応聞きたいと思う。会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第1号(1954/12/02、26期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、委員長が選任されますまで、規則第百一条第三項により、委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22