国会議員白書トップ衆議院議員犬養健>26期国会活動まとめ

犬養健衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  4回発言   3218文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  1回発言     90文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  4回発言  18737文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  9回発言  22045文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第6号(1953/05/29、26期)

世耕さんにお答え申し上げます。ただいま、選挙取締りの、いわゆる行き過ぎの有無についての御注意なり、御叱正なわ、つつしんで承力ました。このたびの総選挙に際しましては、選挙に臨む前に、私どもは、検察庁及び国警の各地方職員に対しまして、いわゆる検挙件数の多きを誇つてはいけない、重点主義と申しますか、公明選………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 本会議 第10号(1953/06/19、26期)

お答えをいたします。政府は、諸般の情勢にかんがみまして、今警察法改正案の再検討を慎重にやつておる次第でございます。ただいまお話の、民主的で、国民に親しまれ、かつ権力にこびない、能率的な警察をつくれということは、私どもは異存はないのみならず、賛成でございまして、これらを主眼点として研究中でございます。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 本会議 第17号(1953/07/04、26期)

ただいま本院においてなされました御決議は、戦犯問題に携わります法務省といたしましても深き感激をもつて拝聴いたしました。このたびフランス共和国とフイリピン共和国のとられました日本人戦争犯罪受刑者に対する特赦の処置は、受刑者はもちろん、家族はもとより、全国民が満腔の感謝をもつてその好意を迎えたことと存じ………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 本会議 第35号(1953/08/03、26期)

ただいま本院においてなされました御決議を、深き感慨をもつて拝聴いたしました。戦犯処理につきましては、最近に至つて相次いで海外より朗報が参つておりまして、関係各国のとられましたこの好意ある措置に対して満腔の感謝を表明するとともに、これによつて釈放せられた戦争受刑者とその御家族の心中を推察いたし、ともに………会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 本会議 第2号(1953/12/01、26期)

御指名を受けましての御質問でございますが、仲裁裁定に対する政府の態度が違法であるかどうかということは、ただいまの件務省の範囲になつておりませんので、この点御了承を願いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第7号(1954/01/29、26期)

お答えをいたします。保全経済会あるいは造船融資に関する、いわゆる汚職事件というような問題は、ただいま東京地方検察庁で捜査中でございますが、政治的圧迫などを加えたことは毛頭ございません。私は一年間法務委員会に出ておりまして、その中には社会党の委員の諸君もおられましたが、私の法務省における仕事に対する心………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第10号(1954/02/16、26期)

今般提出いたしました警察法案につきまして、提案の理由並びにその内容の概略を御説明いたします。現行の警察法は、戦後早々にして占領政策の一環として施行せられたものでありまして、戦前のわが警察制度を根本的に改革して民主警察の理想を高揚した点においては確かに画期的な意義を有してはおりますが、何分にも忽忙の間………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第12号(1954/02/24、26期)

お答えを申し上げます。椎熊さんが言及せられましたように、われわれは院議に対して尊重の念を持たなければなりません。すでに院議が決せられました以上、これに対して司法部の捜査方針について便宜であるとか不便宜であるとかいうことは、今後四十八時間後に発せられるべき勾留状の内容を見ない前に申し上げることは政府と………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第16号(1954/03/06、26期)

お答えをいたします。鈴木議員よりの御質問中、私が不当に検察庁を圧迫したというお話の説明の途上、検事総長談話をお読み上げになりましたので、まことに恐縮でございますが、その談話の正しい文章を読み上げて御了解を得たいと思います。すなわち、全文を読み上げますならば、「有田議員の逮捕以来、法務大臣よりできるだ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22