国会議員白書トップ衆議院議員高橋等>26期国会活動まとめ

高橋等衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

24期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   2067文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言   2067文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第26号(1953/07/22、26期)

私は、自由党を代表いたしまして、恩給法一部改正に対し、修正案及び修正案を除く政府原案に賛成討論を試みるものであります。顧みますれば、昭和二十七年、第十三国会におきまして戦傷病者戦没者遺族等援護法を制定し、終戦以来久しきにわたつて顧みられなかつた遺族、傷痍者に対する補償の一端を暫定的に措置いたしました………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

24期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 19 委員 10)  9回発言  15080文字発言
 第17回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  3)  4回発言  10933文字発言
 第18回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  2)  2回発言   2105文字発言
 第19回国会 62回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 15 委員 47) 18回発言  33539文字発言
 第20回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  2回発言    405文字発言
 第21回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

  26期通算 109回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 40 委員 69) 35回発言  62062文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 厚生委員会
            47回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 45) 13回発言  20269文字発言

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
            24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 21 委員  3) 11回発言  22591文字発言

 内閣委員会
            20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員  8)  9回発言  18012文字発言

 懲罰委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  3)  2回発言   1190文字発言

 議院運営委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

 決算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 人事委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 農林委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 内閣委員会理事(第16回国会)
 厚生委員会理事(第16回国会)
 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会理事(第16回国会)
 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会理事(第17回国会)
 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会理事(第18回国会)
 懲罰委員会理事(第19回国会)
 厚生委員会理事(第19回国会)
 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会理事(第19回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第4号(1953/06/23、26期)

それでは、私は平野さんと阿部さんにお伺いをいたしたいと思つたのでありますが、大体平野さんにお伺いを申し上げれば事足りるかと思いますので、簡単に二、三の問題についてお伺いいたしたいと存じます。今朝の新…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第5号(1953/06/24、26期)

私は、昨日日中友好協会の代表の方、日本平和連絡会の代表の方に質問を試みたいと考えて、平野さんに若干の質問をいたしまして、あとは阿部さんに聞いてくれ、こういうことであつたのでありますが、本日は御出席がな…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第24号(1953/07/23、26期)

私はただいま議題となりました法律案につきまして、自由党を代表して修正案に賛成し、修正案を除く政府原案に賛成をいたすものであります。時間の関係上省略させていただきますが、昨年度実施せられました戦傷者戦…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第11号(1953/07/08、26期)

大蔵省設置法の一部改正について三、三の点でお伺いいたしたいと思います。この改正に伴いましての定員の増加あるいは定員をどういうふうにわけられるのか、及びこれに関する予算の点についてまず伺いたい。次に長…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第12号(1953/07/09、26期)

ごく簡単にお伺いしたいと思います。この定員法改正資料の中で増員になります総数と減員になります総数は幾らくらいになつておりますか、お伺いしておきます。本日はこれにて散会をいたします。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第14号(1953/07/11、26期)

私は緒方副総理に対しまして、大きな問題について御質問申し上げ、その他の点は政府委員の方から御説明を承りたいと思います。戦傷病者戦没者遺族等援護法が第三次吉田内閣当時の国会において審議せられました際、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第15号(1953/07/15、26期)

ただいま戦傷病死の問題につきましていろいろ御質問があつたのでありますが、これは今後恩給法を適用いたして行く上において問題が多いと考えます。現在援護法の裁定過程におきましても、非常に問題が多い関係で、戦…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第16号(1953/07/17、26期)

議事進行について。副総理が多忙でまた席を抜かれると困りますので、できますれば副総理の方の質問を先にしていただいたらどうかこ思いますが、お諮り願いたいと思います。なお今度の法案につきましては、先ほど副…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第18号(1953/07/21、26期)

修正案の共同提案の一人として、御説明いたします。なるほど鈴木さんの御指摘になりましように、内縁関係にあれば恩給がもえる、その姓のままであればもらえる、他家へ婚姻して姓をかえた場合にはもらえない。一見不…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第2号(1953/10/31、26期)

私は、簡単に厚生大臣に希望を申し述べまして、なお政府部内におきまして善処していただきたいことが一つございます。それは、援護法が実施せられまして今日まで一年有余の期間がたつております。その間厚生省におき…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第3号(1953/11/04、26期)

ただいまの長谷川君の要望は、委員会としてNHKの方に希望をお願いするということにしていただきたいと思います。参考人には、御多忙中御出席になり、お話くださいまして、まことにありがたく、委員長より厚くお…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第4号(1953/11/06、26期)

私は、恩給の裁定、ことに遺家族関係の裁定等、援護法によります年金の裁定の問題につきまして、内閣恩給局及び厚生省に対しまして、それぞれ御質問を申し上げてみたいと思うのでありますが、本日は実は副総理の御出…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 厚生委員会 第2号(1953/11/02、26期)

関連して。ただいま異議申立てに関しまする審査会のお話が出ておりますが、それに関連しまして一点希望を申し述べまして、大臣の御考慮をお願いいたしたい点があるのであります。それは援護審査会の構成メンバーをな…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第1号(1953/11/30、26期)

この際動議を提出いたします。委員長の互選は、投票を用いずに、山下春江君を委員長に推薦いたしたいと思います。よつて山下君が委員長に当選いたしました。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第2号(1953/12/04、26期)

ただいまから、舞鶴に参りましてソ連地区帰還者の受入れ援護状況を調査いたしました結果を簡単に御報告申し上げます。昭和二十五年春以来中絶しておりましたソ連地区残留同胞の引揚げが三年ぶりに行われ、去る十二…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第3号(1954/03/02、26期)

私は、日本赤十字社が李徳全さんを社賓としてお迎えになる目的につきてまして、もう一度お確かめをいたしておきたいと思う。先ほど来いろいろなお話が出いるのでありますが、この点ははつきりとさしておいていただき…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第6号(1954/03/16、26期)

私は、遺家族保障の問題について、三点にわたつて主として厚生大臣及び恩給局長にお伺いをしておきたいと思います。まず最初に、当委員会におきましては、戦地において戦病死をした人または内地入営中病死をされた…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第7号(1954/03/25、26期)

午前中から引続きまして皆様方のいろいろなお話を承りまして、非常に感慨を新たにいたしております。また、引揚げられましてまだ時間が非常にないこの時期にわざわざおいでを願つて、ただいま承れば、酒井さんあたり…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第3号(1954/01/29、26期)

いろいろ伺いたいこともあるのでございますが、非常にお急ぎのようでございますから、さしあたつての問題を一件だけ申し上げまして、大臣の処置をお願いしたいと思うのであります。それはただいまいわゆる軍人、遺家…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第6号(1954/02/16、26期)

狂犬病に対しまする大衆の協力が少いために、野犬の捕獲その他について不便なことがたくさんあるというようことを伺うのでありますが、狂犬病の周知と大衆の協力を求めることに対していかなる方策を従来講じておられ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第10号(1954/03/02、26期)

狂犬病予防法の一部を改正する法律案に対しまして修正案を提出いたしたいと思います。まず趣旨弁明をいたします前に修正案につきまして朗読をいたします。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第17号(1954/03/20、26期)

広島、長崎の原爆の洗礼を受けましてからすでに九年になりますが、今眼前にそれに数十倍すると伝えられますビキニのいわゆる水爆実験の猛威を目のあたりに見、またそれが私たちの生活に遇然にも影響を及ぼしましたこ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第22号(1954/03/26、26期)

政府委員に若干質問をいたしたいと思います。まず第一にお伺いいたしたい点は、第三十四条の関係であります。軍務に服しておつて、それによつて戦病死というか、病死をいたしまして、なお公務とみなされないで、弔…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第23号(1954/03/27、26期)

戦傷病者戦没者遺族等援護法の一部を改正する法律案に対しまして修正案を各党一致で提案いたすことになりました。その修正案の御説明を申し上げたいと思います。まず案文を朗読をいたします。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第65号(1954/10/07、26期)

しばらく休憩をしていただきたい。午前十時五十七分休憩会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第66号(1954/10/08、26期)

私は、簡単に神崎さんと水越さんにお伺いいたしたいと思うのですが、最初に神崎さんにちよつとお伺いをいたしてみたいと思います。この新医療費体系につきまして、いろいろ有益な御意見を拝見いたしましてありがたく…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第67号(1954/10/09、26期)

私は厚生大臣に、一昨日の新聞に出ておりました医薬分業に関しまする厚生大臣談話のことにつきまして質問をいたしてみたいと思います。私がここで読み上げたりします材料は、十月七日付の東京新聞の夕刊でございます…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第75号(1954/11/26、26期)

援護法関係の問題について一点だけ御質問いたしたいと思います。恩給法が改正になりまして、そのために大部分の軍人の遺族は恩給の適用を受けることになつておるのでございまするが、船員その他援護法で年金を受けと…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 懲罰委員会 第2号(1954/06/11、26期)

大体瀬戸山君の質問に対しまする提案者の御答弁で事犯の輪郭ははつきりいたしたのでありますが、本日はこの懲罰に付された人々が御出席になつておりません。そこで私は、週刊読売の六月二十月号へ堤ツルヨさんがいろ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 懲罰委員会 第3号(1954/06/12、26期)

私は、昨日の瀬戸山委員からの質問に対しまする提案者のお答えにつきまして、念のためにもう一度お答えをお願いいたしたいと思うのであります。それは、本委員会は不幸にして懲罰に付せられたる人々が出席をいたしま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第6号(1954/02/24、26期)

大体前の質問で恩給裁定促進に関する要望は尽きたのでありますが、ただいま復員局に旧軍人恩給と遺族扶助料の書類がどのくらいたまつておりますか。それから恩給局長に伺いたいのですが、旧軍人の恩給と遺族扶助科…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第35号(1954/05/19、26期)

ただいまの御質問、御要望に関連いたしまして、特に大臣及び厚生当局にお願いいたしておきたいのです。それはこの援護法の年金の裁定にいたしましても、戦病死その他のものはたいへんに遅れております。これらにつき…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第36号(1954/05/20、26期)

修正案の趣旨の説明を申し上げます。昨年八月一日以降軍人遺家族、傷痍軍人に対しまして恩給法が復活施行いたされましてから相当の月日がたつておるのでありまするが、その間受給者の方面では、一日も早くこれが支…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第1号(1954/12/02、26期)

この際動議を提出いたします。委員長の互選は、投票を用いずに、園田直君を委員長に推薦いたしたいと存じます。委員長園田直君に本席をお譲りいたします。会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 厚生委員会 第3号(1954/12/03、26期)

関連して次官にお伺いいたします。なるべく簡単に結論だけお答えください。ただいまのお話ですと、よしんばこの法案が参議院の修正通り通過をいたしましても、あなたの方では国会でいろいろ指摘された問題についてな…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

24期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22