横路節雄衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   4921文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  1回発言   4875文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   3118文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  1回発言   4997文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  4回発言  17911文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第6号(1953/05/29、26期)

私は、日本社会党両派を代表いたしまして、昭和二十八年度一般会計暫定予算補正(第1号)、昭和二十八年度特別会計暫定予算補正(特第1号)及び昭和二十八年度政府関係機関暫定予算補正(機第1号)については、政府は撤回し、これをすみやかに組みかえ、再提出すべしとの動議を提出し、その趣旨弁明を試みんとするもので………会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 本会議 第9号(1953/11/07、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、去る十月三十日ワシントンにおいて発表された池田・ロバートソン共同声明に関して、吉田内閣の所信をたださんとするものであります。この共同声明の内容はきわめて多くの重大問題を含んでおり、国民ひとしくその成行きを注視している憲法改正問題、すなわち再軍備については、明確に本………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第24号(1954/03/23、26期)

私は、ここに、日本社会党を代表いたしまして、議事進行についての発言を求め、中曽根君の懲罰事案取扱いに関し議長に質問せんとするものであります。この中曽根君懲罰事案の一番の発端は、去る二月二十二日、予算委員会におきまして、中曽根君は次のような発言をせられているのであります。すなわち、名村造船から動いた金………会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 本会議 第5号(1954/12/04、26期)

私は、日本社会党両派を代表いたしまして、ただいま議題となつております昭和二十九年度一般会計予算補正(第1号)、特別会計予算補正(特第2号)、政府関係機関予算補正(機第1号)の政府原案に反対し、社会党両派並びに労農党が提出いたしました組みかえ動議に賛成の意を表明するものであります。(拍手)今回政府が提………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 47回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 47) 19回発言  91468文字発言
 第17回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  3回発言  32467文字発言
 第18回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  6回発言  51695文字発言
 第19回国会 50回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 50) 17回発言 136963文字発言
 第20回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言   1206文字発言
 第21回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  3回発言  26697文字発言

  26期通算 123回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員123) 49回発言 340496文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            68回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 68) 21回発言 136730文字発言

 地方行政委員会
            44回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 44) 20回発言 128752文字発言

 人事委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  5回発言  49793文字発言

 決算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言  24188文字発言

 文部委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 議院運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   1033文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 人事委員会 第2号(1953/06/05、26期)

今の門司さん、中村さんのお話ですが、委員長のお話は、各参考人からお話を聞いて、その最後に人事委員会としては期末手当についてきよう態度を決定する、そういう意味で、政府並びに人事院の方は来なくてもいいだろ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第12号(1953/07/28、26期)

提案者にお尋ねいたしますが、今度出されました一般職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案、これのうちの基本原則は、同一学校を出たいわゆる同一学歴、同一年数の者は、これは小学校、中学校、高等学校…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第13号(1953/07/29、26期)

ここに出されましたものは本来からいえば特殊なものなんです。なぜ特殊なものかといいますと、ここで旧制の師範学校と比較になるものは、専門学校卒業のうちの番号を打つてありますところの二と、旧制の大学を出た番…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 地方行政委員会 第2号(1953/05/29、26期)

自治庁の方で、あす赤字について説明していただくときに、できますならば――今おそらく自治庁としては、二十八年度の平衡交付金、その他起債の全額について、一応の目途を立てて、大蔵当局に交渉していると思うので…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 地方行政委員会 第3号(1953/05/30、26期)

ただいまの都道府県及び市より提出された資料に基く昭和二十七年度決算見込額の推計の赤字なんですが、今鈴木次長から都道府県の赤字のおもなるものは人件費へ給与費であるというお話でありまして、私もそうだと思う…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 地方行政委員会 第4号(1953/06/01、26期)

大蔵政務次官にお尋ねしたいのですが、きようの新聞ですか、六月十五日に出されます二十八年度の予算は、この前流れました予算よりは大体百億ぐらい圧縮されるような記事でございまして、そういうことから考えてみま…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 地方行政委員会 第15号(1953/07/13、26期)

栗原参考人にお尋ねをいたしたいのですが、今天下の代議士だというのが、大分問題になつているわけですが、あなたが車をとめて、巡査の方にお前は交通違反だと言われて、どういうことになりましたか。そのときに栗原…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 地方行政委員会 第18号(1953/07/18、26期)

初等中等教育局長にお尋ねいたしますが、あなたは昨年のたしか十一月の地方行政委員会で、当初文即省が大蔵省に要求した三十九億の金か十億何がしかに削られた場合、あなたの説明では本年、二十七年度は市町村教育委…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 地方行政委員会 第24号(1953/07/28、26期)

財政部長にお尋ねしますが、三月十四日、解散直前に年末の地方公務員の〇・二五に関して支給するように閣議決定をしてやつたわけです。これは前に同僚の西村委員から質問がありまして、あなたから答弁があつたように…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 地方行政委員会 第33号(1953/08/10、26期)

私も政府委員の方にお尋ねしたいのですが、今問題になつておりますところの主としてめん類を業とする者に対する税率を下げるという点ですが、これは私どもとしては、税を軽減する場合に、いわゆる大衆課税になつてい…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1953/05/28、26期)

最初に大蔵大臣にお尋ねをいたしますが、七月分の暫定予算と八月以降の本予算については、来月のいつごろまでにお出しになるのか。その点についてまず第一番にお伺いいたしたい。それから見本市の問題でございます…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1953/06/23、26期)

関連質問。法制局長官にお尋ねしますが、先ほど岡崎外務大臣はMSAの問題について、アメリカの法律によれば協定を結ぶ必要がある、それは条約の一種であると言われた。MSAとの関連において、もし軍事援助がその…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1953/06/26、26期)

関連して。私は岡崎外輪大臣にお尋ねしたいのですが、政府の方では、第五百十一条の(a)項の第(三)項と第(四)項だけの回答を求めておりますが、実際には第(二)項、第(五)項、第(六)項において、今後の経…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1953/07/02、26期)

私は最初に浅井人事院総裁にお尋ねいたしたいと思います。先月の二十八日、六月の暫定予算を審議する予算委員会におきまして、私から浅井総裁に、給与ベースの改訂それから期末手当の改訂等について御質問いたしまし…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1953/07/03、26期)

関連して。保安庁長官にお尋ねいたしますが、ただいま早急にというお話でございますが、すでに二十六日からきようまで一週間たつて、しかも二十八年度本予算の審議の重大な段階に立つておるわけでございます。そこで…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1953/07/04、26期)

ちよつと関連して郵政大臣にお尋ねいたしますが、実は郵政大臣の御苦労のほどは私はよくわかるのです。私も新聞で見まして、郵政大臣が閣議で今の全逓の調停案の総額三十五億幾らについて非常に努力をしたが、遺憾な…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1953/07/06、26期)

一番最初に経済審議庁長官にお尋ねをいたしますが、吉田総理は六月二十二日武藤委員の質問に答えてこういうように言われておるのであります。わが国の自衛力は、アメリカ軍の駐留を必要としないようになるまで漸増す…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1953/07/07、26期)

議事進行について発言の許しがありましたから……。今までの河野委員と岡崎外務大臣との質疑応答を聞いておりますと、岡崎外務大臣は、経済局長をして交渉に当らせている、こう言われておりますので、ぜひすみやかに…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1953/07/08、26期)

保安局長に質問をいたしたいのですが、六月二十二日、武藤委員の質問に答えて、保安局長は保安庁長官より警備計画の立案を命ぜられ、そしてこれが作業して、その立案したものについては保安庁長官に提出したと答弁し…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 地方行政委員会 第4号(1953/11/04、26期)

実はほんとうは大蔵省の理財局長に来てもらつて、資金運用部資金の全般的な計画をお尋ねしないと、自治庁の方でいろいろ立てられている地方財政計画について、立てたものが一体実施できるのかどうかという点が、はつ…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 地方行政委員会 第5号(1953/11/05、26期)

私理財局長にお尋ねしたいのですが、水害地緊急対策特別委員会に十月六日現在としてお出しになられました、昭和二十八年災害関係に対する応急復旧資金の融資額調べというのがございまして、その資金の内訳は、資金運…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1953/11/01、26期)

私は日本社会党を代表いたしまして総括質問をいたしたいと思います。今度提案されました補正予算はその前提としてやはり昭和二十九年度の日本の防衛計画、その内容が一体どういうものであるか、さらに公務員の年末…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 地方行政委員会 第1号(1953/12/02、26期)

財政部長にお尋ねいたしますが、ただいまお話のございました地方財政計画の中の、地方債関係を最初にお尋ねしたいと思うのですが、ただいまお話ございました点の中で、当初にきめられましたいわゆる政府資金でなしに…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 地方行政委員会 第4号(1953/12/05、26期)

財政部長にお尋ねしますが、実はこの平衝交付金の単位費用の算定についてなのでありますが、話を前にもどすようですが、去年の暮れに一箇月のほかに〇・二五を支給することに予算委員会が決議になりまして、二月四日…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 地方行政委員会 第5号(1953/12/07、26期)

私は財政部長にお尋ねをしたいのですが、昭和二十八年度の修正地方財政計画の中で、非常に大きな比重を占めております二十八年度の公募公債の状況、並びに昭和二十七年度の公募公債の借入れの結果等につきまして、資…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 地方行政委員会 第6号(1953/12/08、26期)

私は保安庁の経理局長にお尋ねいたしますが、八月の十日に終つた第十六臨時国会が、終りました後に、地方行政委員会といたしましてはそれぞれ委員が各地の地方財政の実態について調査のため本委員会から国会の承認を…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1953/12/03、26期)

小笠原大蔵大臣に今の点に関連してお尋ねしますが、衆議院の人事委員会における地域給の決議は大蔵大臣はまつたくそれは勘違いなさつております。衆議院の人事委員会における地域給に関する決議は五%、五級地、四級…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1953/12/04、26期)

最初に私は愛知大蔵政務次官にお尋ねしたい。それは愛知大蔵政務次官は九月三十日渡米以来、十一月十九日まで政府委員として日米交渉に当つて来たわけです。そうして去る十一月十九日帰国にあたりまして、十九日の午…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第24号(1954/03/09、26期)

今山本委員の申されたことに補足して申し上げますが、二月二十二日の予算委員会における中曽根発言は、大体三つにわかれておるのでございます。それを今速記録で見ると、その一つは、「この二つの二百五十万の性質は…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 決算委員会 第20号(1954/03/29、26期)

今の点に関連しまして開発銀行の方にお尋ねいたしますが、私この間他の委員会で委員長を通しまして資料を要求しましたら、私のところにこういう資料を出してくださいました。なお今の御質問の、今までの回収はどれ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 決算委員会 第22号(1954/04/02、26期)

最初に私は銀行局長と海運局長にお尋ねするのですが、新聞等を見ましても、利子補給法、利子補給対象船舶につきまして、契約が全部完了して、それぞれ支払いができるような態勢になつておるというお話なんですが、総…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 地方行政委員会 第3号(1953/12/15、26期)

次長にお尋ねいたしますが、実は地方の方では、やはり今度の年末手当については一・二五は財源措置をしていないのだ。一・一五しか財源措置をしていないというようなことを言つて、どうも地方公務員にはやりたがらな…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 地方行政委員会 第47号(1954/04/19、26期)

委員長にお願いいたしますが、法務大臣に来てもらわないと、今度の警察法の改正で一番中心になることは、政府の治安に関する責任を明確化するということと、それから警察の政治的中立というより政党的中立、この点が…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 地方行政委員会 第48号(1954/04/20、26期)

小坂国務大臣にお尋ねいたしますが、先ほど北山委員からも質問がありましたが、いわゆる警察の政治的中立に関してであります。この点につきましては、前の警察法と今度の警察法との違いは、今度の警察法案の中には第…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 地方行政委員会 第58号(1954/05/10、26期)

今の中井さんの質問に関しましては、ほんとうは先ほどの理事会等の結論がありますから、明後日ひとつ劈頭国警長官から諸外国の都市警察の実情について御報告願つて、それについて各委員から質疑があればあらためてや…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 地方行政委員会 第59号(1954/05/11、26期)

関連して長官にお尋ねしますが、今のは附則の十五の給与に関する経過規定なんです。これは非常に問題でして、これを読むといかにも現在の自治体警察は、都道府県の警察に編入された場合に、現在受けておる給与をその…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 地方行政委員会 第81号(1954/10/07、26期)

塚田自治庁長官にお尋ねしますが、この間台風第十五号によりまして青函連絡船の洞爺丸の遭難があつた。この点につきましては非常に大きな問題でありますので、政府もただちに石井運輸大臣を函館に出張を命じまして、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1954/02/02、26期)

私はこの際動議を提出いたしたいと思います。ただいま外務大臣の答弁にありましたように、今度の二十九年度の予算に関しましては、防衛支出金並びに保安庁経費等との関連におきまして、いわゆるMSA援助によるとこ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1954/02/05、26期)

私は木村保安庁長官にお尋ねをしたいのですが、先ほど午前中の、稲葉委員の質問に関連いたしまして、中曽根委員から質問があつたわけであります。私は木村保安庁長官の答弁につきまして、実は速記を調べたのでありま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1954/02/15、26期)

私は最初に緒方剛総理にお尋ねをいたしたいのですが、第十八臨時国会におきまして、吉田総理は予算の増額修正権やまた予算の増額を伴う議員立法は何とか抑制する方法を講じたい、こういうふうに言つておられます。ま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1954/02/17、26期)

ただいま法務大臣から、国と直接の契約者、あるいは国と特別の利益を伴う契約者の当事者で、いわゆる造船会社あるいは海運会社は当事者でないから、従つてこの該当はしない、いわゆる共犯関係等の事例があれば別だと…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1954/02/18、26期)

ただいま法務大臣は、公職選挙法百九十九条の弟二号、衆議院議員及び参議院磯貝の選挙に関しては国と請負その他特別の利益を伴う契約の当寺者である者というのにはこの金融機関は当らない、こう言つているのでありま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第24号(1954/03/17、26期)

私は委員長に最初にお尋ねいたしますが、今度の昭和二十八年度の第三次補正予算は、いわゆる義務教育費の国庫負担金が三十七億八千万円、これに対する歳入の点がからんでおるのであります。大体私がこれから質問いた…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第25号(1954/03/18、26期)

文部大臣にお尋ねいたしますが、今回の第三次補正予算でただいま提出されております義務教育費国庫負担金の増二十七億八千万円につきましては、その説明書にありますように東京、大阪、神奈川ということになつておる…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第28号(1954/04/13、26期)

吉田総理にお尋ねをいたしますが、去る二月の二十六日吉田総理が本予算委員会に出られまして、各党の代表者から造船汚職に関しての政治的な責任をそれぞれ追求されたのであります。そのとき吉田総理からいろい御答弁…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 地方行政委員会 第4号(1954/12/06、26期)

私は日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題になりました昭和二十九年七月の大雨、同年八月及び九月の台風並びに同年八月の冷害により被害を受けた地方公共団体の起債の特例に関する法律案につきまして、修正案…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 人事委員会 第4号(1954/12/18、26期)

私は根本長官にお尋ねしたいのです。いろいろ御苦労なすつておる点につきましては、われわれも今までの経緯等から考えまして承知いたしているのでありますが、私が長官にお尋ねしたいと思います第一点は、御承知のよ…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 人事委員会 第5号(1954/12/20、26期)

関連して。私は大蔵省の理財局地方資金課長にお尋ねをいたしますが、一体大蔵省理財局では、地方の公共団体に対しまして、人事院で指令を出されるという超勤手当、日直、宿直手当、夜勤手当等に関する第四・四半期の…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1954/12/22、26期)

私は第一番目に鳩山総理にお尋ねしたいのですが、総理は首班指名直後記者団との会見におきまして、政治を明るい清潔なものとして、国民大衆とともに親しみ合い、大衆とともに歩むとも言われておりますし、組閣後の政…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22