木村武雄衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 36期(1980/06/22-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

25期本会議 - 26期本会議 - 28期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  1回発言   3695文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   5978文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  2回発言   9673文字発言

本会議発言一覧

第17回国会 衆議院 本会議 第9号(1953/11/07、26期)

私は、自由党を代表して、以下数点に関し吉田総理大臣に質疑を試みたいと思います。池田特使は吉田首相個人の特使であつて政府の代表ではない、池田・ロバートソン共同声明は池田、ロバートソン個人の声明であつて何ら政治的拘束力なしと答弁して、衆議院の質問を苦しくも切り抜けた現政府は、三日間の会期延長でもろくもそ………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第19号(1954/03/12、26期)

私は、自由党を代表して、ただいま提案されました法案に対し、内閣総理大臣と保安庁長官に主として御質問申し上げます。およそ世の指導者、一国の総理大臣にとつて一番大切なことは、情勢判断を誤らないことであります。戦前、日本の指導者は、世界の情勢判断を誤つて戦争に突入し、さらに講和の時機を誤つて無条件降伏をい………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

25期委員会 - 26期委員会 - 28期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27)  7回発言  13947文字発言
 第17回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言
 第18回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第19回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 34)  1回発言     78文字発言
 第20回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  26期通算  69回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 69)  8回発言  14025文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 地方行政委員会
            25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25)  1回発言     78文字発言

 法務委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  4回発言   5383文字発言

 郵政委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  0回発言      0文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  1回発言    937文字発言

 外務委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  2回発言   7627文字発言

 内閣委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 文部委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 外務委員会 第31号(1953/10/19、26期)

このたび東南アジア地区に外務大臣がおいでになりましたことは、日本と東南アジア地区の人心をなごやかにする意味合いにおいては非常に有意義であつたと思います。その点に関しまして日本の外務大臣が行つたというだ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第32号(1953/10/28、26期)

簡単に三点についてお伺いいたします。最初に池田特使の資格の問題でありますが、日本の外交といえば、七、八割は日米外交だろうと思います。その米国に使いされる特使として池田さんをなぜ選ばれたか、こういう問…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第5号(1953/07/24、26期)

次点から何人くらい可能性があるのですか。それから、今の条文の中で「当該再選挙の行われる区域、選挙運動の期間等に応じて政令で特別の定をすることができる。」という、政令で特別の定めをすることができる内容…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第18号(1953/07/20、26期)

この法案とも関係がありまするし、過般の委員会で中村高一委員から出席を願われながら、保留になつておりまする福永官房長官の出席を要求しておきます。委員長はすみやかに官房長官と連絡をとられまして、なるべく早…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第23号(1953/07/25、26期)

私は自由党を代表して、改正案並びに五派の共同提案になつております修正案に賛成の意を表するものであります。民主政治の基調は人権の尊重にありますが、現行刑事訴訟法をこのままにしておつては、真の人権尊重は…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第25号(1953/07/29、26期)

福水官房長官の出席を要求しておるのですけれども、いまだ何らの音さたがありませんが、どうなつておりますか。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第26号(1953/07/30、26期)

福永官房長官にお尋ねいたします。数日来官房長官の出席を求めております。特に昨日は出席を要求して、お尋ねいたしましてから三時間有余官房長官の居所きわめて不明だつたのであります。君子である以上は出処進退を…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 地方行政委員会 第12号(1954/02/17、26期)

西村君から答弁延期の動議が出ているのです。加藤君の質問に対しても、答弁はこの次にゆつくりやる、同様中井君の質問に対しても、答弁はこの次ゆつくりやるように……。本日はこれをもつて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 28期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 36期(1980/06/22-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22