赤城宗徳衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言    712文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  1回発言   2587文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  2回発言   1653文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  4回発言   4952文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第27号(1953/07/23、26期)

ただいま議題となりました昭和二十八年度における期末手当の支給の特例に関する法律案について人事委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、本法律案の趣旨を簡単に御説明いたします。国家公務員に対しましては、期末手当として本年六月十五日に給与月額の半月分を支給したのでありますが、最近にお………会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 本会議 第4号(1953/12/07、26期)

私は、自由党を代表し、両派社会党の修正案及び改進党の修正案に反対し、委員長報告に賛成の討論を行わんとするものであります。地域給制度は、敗戦後生計費に著しい地域差を生じた際に、その生活費の均衡を得させようとして設けられた制度であります。しかしながら、生計費の地域差が少くなつた今日においては、地域給を存………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第51号(1954/05/18、26期)

ただいま議題となりました国の経営する企業に勤務する職員の給与等に関する特例法案について、人事委員会における審議の経過並びにその結果を御報告申し上げます。まず、提案の趣旨等について簡単に申し上げます。郵政、国有林野、印刷、造幣及びアルコール専売の事業を行う企業に勤務する職員は、公共企業体等労働関係法の………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第52号(1954/05/20、26期)

ただいま議題となりました特定の公務員の営利企業等への関与の制限に関する法律案につき、人事委員会における審議の経過並びにその結果を御報告いたします。まず、この法律案の提案の趣旨及びその内容の概要を申し上げます。内閣総理大臣その他の国務大臣等、国の重要な職にある者については、その職責の重大性と職務遂行の………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 18回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 15 委員  1) 11回発言  29882文字発言
 第17回国会  5回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事  4 委員  0)  3回発言   5544文字発言
 第18回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  0)  3回発言   9355文字発言
 第19回国会 37回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 34 委員  1)  7回発言  10554文字発言

  26期通算  66回出席(長  0 代理理事 5 代理 0 理事 59 委員  2) 24回発言  55335文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 人事委員会
            65回出席(長  0 代理理事 5 代理 0 理事 59 委員  1) 24回発言  55335文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 人事委員会理事(第16回国会)
 人事委員会理事(第17回国会)
 人事委員会理事(第18回国会)
 人事委員会理事(第19回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 人事委員会 第1号(1953/05/28、26期)

理事はその数を七名として、委員長において御指名せられんことを望みます。川島委員長 ただいま赤城君提出の動議に御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第3号(1953/06/18、26期)

午前中、本委員会で田中政府委員から答弁があつたのですが、〇・五夏季手当を予算に組もうとすれば、国家公務員あるいは政府機関あるいは地方公務員、こういうものに対してどれくらいの予算額を必要とするのか、ある…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第5号(1953/07/02、26期)

資料の要求をいたしたいと思います。すなわち公務員の給与に関する調査についてであります。これは国家公務員一般職と特別職、それから政府関係機関の職員、それから地方公務員、この三つにわけまして公務員の人員と…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第6号(1953/07/15、26期)

関連して質問いたしますが、今度の給与勧告について、その勧告のべース・アップの中に地域給が含んでおるかどうか、こういうことをちよつとお聞きしたい。というのは、去年の勧告は一万三千五百十五円でしたが、本俸…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第7号(1953/07/22、26期)

ちよつと資料についてお尋ねしたいのですが、六十五ページの代表官職総括表ですが、これは現行で行きますと、細則というか、通牒できまつておるのですが、給与準則になると法律の中に入りますか。しからば実施時期…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第9号(1953/07/24、26期)

ただいま議題となりました一般職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案につきましてその提案理由並びにその要旨を御説明申し上げます。教育職員は、それぞれの職域において人格の完成を目ざし、健全な国…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第10号(1953/07/25、26期)

今度の三本建の表において、同一学校を出て高等学校へ就職しようと中、小学校へ就職しようと、初任給においては別にかわりはない、こういう建前をとつております。それからちよつとつけ加えますれば、今度三つに俸給…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第11号(1953/07/27、26期)

教員の特別俸給表をつくるべきだということは、御承知の通り今に始まつたことではなくて、給与法の中にも勧告しろというようなことが書いてあるわけでございます。そういう関係でありますので、今急に研究をして、人…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第12号(1953/07/28、26期)

ただいまのお話でありますが、二千九百二十円ベースのときにもやはり細則によりまして、大学の方は俸給が別の体系になつておりますので、あのときにすでに原則に幾分変化が来ておると思います。本法案につきましては…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第13号(1953/07/29、26期)

第一の、師範学校卒業者の場合であります。これは旧師範学校であります。十八才で中学を卒業して二年たつて二十才のときに師範学校を卒業する、そうして三十六才の場合をとつたわけでありますが、教員生活が十六年、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第17号(1953/10/14、26期)

この間参議院と懇談会を開いて、両方で大体は一致しておりますが、まだ結論は一致したという形に行つておりませんから、きよう開きまして大きな大綱だけでもまとまればまとめまして、その結果予算の折衝等両方で強く…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 人事委員会 第1号(1953/11/04、26期)

地域給に関する小委員会における経過等を、一応御報告申し上げます。地域給小委員会は、去る七月一日、田中好君外九名が小委員に選定されました。同時に不肖私が小委員長に就任いたしました。爾来小委員会を開くこ…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 人事委員会 第4号(1953/11/18、26期)

ちよつと地域給のことでお尋ねいたしたいと思うのでございますが、御承知の通り、七月の給与準則とベース・アツプの勧告の際には、本俸と扶養手当について一三・九%アツプする、こういう勧告で、地域給は含まれてお…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 人事委員会 第5号(1953/11/28、26期)

私はこの際動議を提出いたしたいと思います。というのはこの委員会で一つの決議を得たい、こう思うのであります。まず決議案の案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 人事委員会 第2号(1953/12/02、26期)

人事院当局に前提としてお尋ねしたいのですが、現在ベース、ベースと言われておりますが、現在のベースは何円ベースということになつておりますか。一体どれくらいになるのか、一万五千四百八十円にならないではな…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 人事委員会 第6号(1953/12/06、26期)

私は社会党両派提案の修正案に反対いたし及び改進党提案の修正案にも自由党を代表して、反対いたすものであります。社会党案の俸給表から地域給を切り離そうとする方針には、一応賛意を表します。しかしながらこの…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 人事委員会 第7号(1953/12/08、26期)

非常勤職員に対する年末手当の措置について、人事院当局に簡単にお尋ねいたしておきたいと思います。非常勤職員、すなわち常勤的非常勤職員及び常勤的労務者の年末手当につきましては、昨年十二月十五日に通牒とい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第2号(1954/02/26、26期)

本案を審議するにつきましての資料の要求をいたしたいと思います。すなわち本案に関連するような外国の立法例がありましたらば、その外国の立法例の資料を御提出願いたいということと、また国内法におきまして兼職禁…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第9号(1954/03/25、26期)

塚田長官にお尋ねしますが、昨年末内閣に臨時行政改革本部を設けられたようでございます。多分そこで行政改革の問題と行政整理の問題を取上げられたことと思うが、これに対して結論を得たのでありますか、あるいはま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第19号(1954/05/07、26期)

関連して……。労働協約の線を侵さないという確言があつたようですが、ただちよつと懸念されるのは、第三条二項の「職員の給与は、一般職の職員の給与に関する法律の適用を受ける国家公務員及び民間事業の従業員の給…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第20号(1954/05/10、26期)

加藤大臣にお尋ねしたいと思います。主として予算に関係してのお尋ねでありますが、二十九年度の予算は本法案が出る前に議決されておりますので、この法律が通ることを予想して組まれてはいないのじやないか、こうい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第25号(1954/06/01、26期)

資料も今渡つたのて、ありますが、人事院当局に対して少しお尋ねしたいことがございます。今度の勧告には、経費がついてないわけでありますが、経費をつけるとすればどのくらいの予算額を必要とするか、それをまず第…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第30号(1954/09/11、26期)

小委員長の選任は、選挙の手続を省略して小委員の田中好君を小委員長に推薦いたしたいと思いますのでお諮り願います。それではこれから懇談会に入りたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第31号(1954/10/08、26期)

最終案が出たときたは、一応また諮りますか、大蔵省との折衝はあとにしますか。なお将来地域給を全廃する方法につきまして、専門員に研究さしておりますから、明日もう一回会を開いてお聞きとり願いたいと思います…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22