国会議員白書トップ衆議院議員松永東>26期国会活動まとめ

松永東衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   5385文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24) 10回発言  11429文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26) 11回発言  16814文字発言

本会議発言一覧

第19回国会 衆議院 本会議 第20号(1954/03/13、26期)

私は、日本自由党を代表して、きわめて簡潔に二、三の質問を特に総理大臣に試みたかつたのであります。ところが、病気のゆえをもつて本日御欠席になつた。幸い緒方副総理がおいでになつておりますので、副総理にかわつて御答弁を願いたい。先年保安隊の創立以来、憲法第九条の規定にその保安隊が違反するかどうかという問題………会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 本会議 第6号(1955/01/21、26期)

これより会議を開きます。褒賞制度拡充に関する決議案(大野伴睦君外二十一名提出)(委員会審査省略要求事件)会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 本会議 第6号(1955/01/21、26期)

御異議なしと認めます。日程第二、公職選挙法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整理等に関する法律案を議題といたします。提出者の趣旨弁明を許します。公職選挙法改正に関する調査特別委員長久保田鶴松君。会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 本会議 第7号(1955/01/22、26期)

これより会議を開きます。一 国務大臣の演説会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 本会議 第8号(1955/01/23、26期)

これより会議を開きます。一 国務大臣の演説に対する質疑会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 本会議 第9号(1955/01/24、26期)

これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 本会議 第2号(1954/12/11、26期)

このたびはからずも諸君の御推挙によりまして議長の席を汚すことになりましたことは、議員として光栄これに過ぐるものはありません。もとよりその任ではありませんが、誠心誠意その職責を全うすべく努力いたす考えであります。現下の国情まことに憂慮にたえないものがあることは諸君御承知の通りであります。しかしながら、………会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 本会議 第2号(1954/12/11、26期)

前議長堤康次郎君から発言を求められております。これを許します。堤康次郎君。会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 本会議 第3号(1954/12/14、26期)

これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 本会議 第4号(1954/12/15、26期)

これより会議を開きます。副議長辞職の件会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 本会議 第5号(1954/12/17、26期)

これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員 10)  3回発言   2413文字発言
 第17回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  1)  2回発言   1538文字発言
 第18回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第19回国会 54回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 52)  2回発言   5522文字発言
 第20回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  1回発言    724文字発言

  26期通算  93回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 23 委員 70)  8回発言  10197文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 地方行政委員会
            74回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 19 委員 55)  3回発言   6086文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  6)  4回発言   3957文字発言

 水害地緊急対策特別委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  1回発言    154文字発言

 内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 地方行政委員会理事(第16回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第16回国会)
 地方行政委員会理事(第17回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第17回国会)
 地方行政委員会理事(第18回国会)
 地方行政委員会理事(第19回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号(1953/05/29、26期)

これより会議を開きます。私が年長者であるというゆえで、衆議院規則第百一条によりまして、委員長が選任せられるまで委員長の職を汚すことにいたします。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第5号(1953/07/24、26期)

私は熊谷の選挙について伺いたいのです。熊谷の市会議員の選挙が無効の判決を受けたことは聞いておりました。その無効は全部無効ですか。あれはたしか開票場が第一と第二とあつて、第二開票場が無効だというふうに聞…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第1号(1953/06/30、26期)

これより会議を開きます。私が年長者であるというゆえで、委員長が選挙せられますまで、衆議院規則第百一条第三項によつて委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1953/10/31、26期)

ちよつと一、二点お伺いしたいのですが、一体今度出された通牒、すなわち二十八年六月十八日の通牒と判決との関係はどうなるかということであります。こういう通牒が出されて、その後裁判をなすべき判決がこの通牒に…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 地方行政委員会 第3号(1953/11/03、26期)

自由党を代表いたしまして、きわめて簡単に賛意を表したいと思います。敗戦の結果とはいいながら、奄美大島、沖繩、小笠原等が長い間非常な悲惨な生活を忍んで来られたことを同胞の一員として、われわれはほんとう…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 地方行政委員会 第62号(1954/05/14、26期)

本法案につきましては、もうすでに同僚委員各位から詳細な質問が連日続けられ、あらためて申し上げる必要はないと思います。そこでちようどきようは緒方副総理も御出席でありますから、この法案の大綱について御所見…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 地方行政委員会 第63号(1954/05/15、26期)

最後に私はきわめて簡単に所信を披瀝して、三派修正案並びに修正部分を除く原案に賛成の意見を申し述べたいと思います。私は今国会に提案せられた原案を精読いたしまして、実は一驚を喫したのであります。それはま…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1954/12/03、26期)

この法律の随所に現われている総括主宰者、これはどういう定義を持つておるか。それはつまり全選挙区の総括主宰者を言うのか、あるいは数郡にまたがつておる場合には一郡の総括主宰者を言うのか、そのうちの一村の総…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22