平岡忠次郎衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  2回発言   7815文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  1回発言   3140文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  3回発言  10955文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第28号(1953/07/25、26期)

私は、日本社会党両派を代表いたしまして、ただいま上程の税制改革案の一環をなす砂糖消費税法の一部を改正する法律案並びに富裕税を廃止する法律案に対し反対の意見を表明せんとするものであります。(拍手)敗戦により、その直後、日本経済の実勢は麻痺状態となりまして、遂に悪性インフレヘと移行したのであります。この………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 本会議 第35号(1953/08/03、26期)

私は、日本社会党を代表して、ただいま議題となりました法人税法の一部を改正する法律案、租税特別措置法の一部を改正する法律案並びに所得税法の一部を改正する法律案の各案に対し反対の意見を表明せんとするものであります。まず、私は、法人税法の一部を改正する法律案並びに租税特別措置法の一部を改正する法律案に関連………会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 本会議 第4号(1954/12/15、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題となりました昭和二十九年の年末の賞与に対する所得税の臨時特例に関する法律案につき、委員長報告に反対し、原案に賛成の意思を表明せんとするものであります。(拍手)本法案は、大蔵委員会において、民主党、自由党の反対によりこれを否決すべきものとの結論が出された………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 29)  5回発言   6487文字発言
 第17回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言    580文字発言
 第18回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  1回発言   1471文字発言
 第19回国会 81回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 81) 15回発言  37815文字発言
 第20回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  3回発言   1400文字発言

  26期通算 129回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員129) 25回発言  47753文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 大蔵委員会
           124回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員124) 25回発言  47753文字発言

 補助金等の臨時特例等に関する法律案特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1953/06/27、26期)

銀行局長にお願いします。労働金庫についてでございますが、ただいま社会党の方の対策委員会での見通しでは、労働関係法案が非常に山積しておる。すなわち公労法、地公法、港湾労働法、珪肺法、スト規制法等、とても…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第14号(1953/07/03、26期)

為替局長に御質問申し上げます。この設備輸出為替損失補償法に関するものですが、きわみて率直にお尋ねします。この法案を提出した理由は、対英、対米為替レートの変動を予想して出されたということが、重大関心事で…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第29号(1953/07/24、26期)

主税局長に法人税率と法人の交際費の問題につきましてお伺いしたいと思います。昭和二十五年六月に朝鮮事変が勃発いたしまして、これを契機とし、特需の収入増を見込みまして、おそらく法人税は三五%から四三%に引…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第30号(1953/07/25、26期)

総裁に簡単に一言御質問します。中小企業金融公庫が発足いたしますと、国民金融公庫は零細者金融の本来の使命に立ち返るために、乙種の貸付をとりやめるというふうなことが、中小企業庁の金融指導要領ですか、何かに…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第31号(1953/07/28、26期)

前会の大蔵委員会管掌の諸事項調査のための採択動議に関連しまして、再度動議を提出したいと思います。それは財政及び金融制度調査小委員会をつくつて、小委員の人数を七名とする動議で、ございましてその委員の氏名…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 大蔵委員会 第3号(1953/11/04、26期)

ちよつと関連して……。まず次官に質問いたします。何か一般論的なお話なんですが、そうでなしに、印刷局の仲裁裁定だけに限定しまして、まず特別会計から二十八年度において一般会計の方に繰入れらるべく予定された…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 大蔵委員会 第5号(1953/12/05、26期)

簡単に質問いたしますが、全国百三十万人の地方公務員に対する期末手当の問題でございます。これは国家公務員の場合と同様、さきの夏季手当のときに〇・二五筒月分が操上げ支給になつております。従いまして、その残…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第11号(1954/02/23、26期)

関連して、たまたま私の名前に言及されたので……。昨年の多分八月三日の本会議でございます。そのときには、中小法人と大法人との間に、いわゆる法律的には平等ですが、実際上扱いとか実施の状態ということを考えま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第16号(1954/03/04、26期)

大蔵政務次官にお伺いします。ただいま議題になつております法律各案のうち、財政法第四十二条の特例に関する法律案に関連してでございますが、この提案の内容のうちに、安全保障諸費、それから連合国財産補償費の問…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第19号(1954/03/10、26期)

ただいま議題となつておりまする税制諸法案のうち、関税定率法につきまして最初御質問申し上げます。このたび関税法案と関税定率法改正案の二つがここに議題となつておりますが、まず関税定率法のうちの重要機械類の…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第21号(1954/03/12、26期)

一月末における全国銀行の預金と貸出しのポジシヨンを見ますと、預金におきまして大体二兆六千四百億、それから貸出しにおきまして二兆六千七百六十億ですか、ほとんど一緒で、むしろ逆に貸出しが三百五十億ほど多い…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第25号(1954/03/19、26期)

生活協同組合法改正の厚生省案が目下厚生委員会で審議されておりまして、その結果租税特別措置法中消費生活協同組合に対する課税につき、特別な措置をとらるべき旨が申し入れられておるのであります。その趣旨につき…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第32号(1954/03/31、26期)

本日本会議にMSA協定の承認を求める案件が出ております。このMSAが過ぐる三月八日に両国間に調印を見た際に、アリソン大使は、この協定は日米両国の合意によつてなされた、こういうふうに言うております。私は…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第33号(1954/04/01、26期)

土屋清先生にお伺いします。御三方とも積極的な賛成でございます。私どももこれに対しましてもちろん外国貿易に依存度の強い日本の現状におきまして、当然このことが強力に進めらるべしという観点に立つております。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第34号(1954/04/02、26期)

春日君の質問に関連しまして、きわめて簡単ですがお伺いしておきたいのです。この外国為替銀行法をただ見ただけでは、外国の銀行が日本におりまして、それが第四条の二項にうたわれておるような条件を備えて、ここで…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第39号(1954/04/13、26期)

参考人のどなたでもけつこうですが、この企業資本充実のための資産再評価等の特別措置法案が通過した場合、最終の利得者はだれか、こういう点で少し質問をしたいのであります。最近町村合併促進法というのができまし…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第40号(1954/04/14、26期)

関連して。今の問題ですが、たとえば保安庁経費というものが二十九年度において、数字が正確でありませんが、かりに六百億といたします。そうすると三十年の二月でも三月でもけつこうですが、その時分に未使用分が半…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第47号(1954/04/26、26期)

ただいま福田君の質問にかかわる国の所有に属する自動車の交換に関する法律案に関連しまして、二、三御質疑いたしたいのであります。先週井上さんとあなたの方との質疑関係で、かなりこの法律案提出の御意向が尽され…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第67号(1954/07/13、26期)

本日の議題の一つたる金融に関する件に関連しまして、私は大蔵省東条為替局長にお伺いしたいのであります。実は日米石綿社なる会社が設立が企図されまして、通産省は技術及び外資導入を大体許そうというような腹で…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第70号(1954/09/09、26期)

あとで詳しいことは河野さんからお聞きしますが、ただMOF勘定設定をめぐりましての論議が新聞にちよつと出ておりましたので、政府の最終的な見解というものがきまつておるかどうか、すなわち、もつと具体的に言い…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第71号(1954/09/10、26期)

銀行局長にお尋ねいたします。実は昨日大蔵大臣が中座いたしましたので、私の質問がそこで中断されておるのであります。七日の東京の一部の夕刊に出ているのでありますが、東京銀行が九月一日からMOF勘定を設定さ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第72号(1954/09/11、26期)

今春日君の質問に対するあなたの方のお答えにつきましては、許可の申請に対するパーセンテージの高下が論ぜられておりますが、しかし春日君が指摘されたように、許可された絶対数に対しまして御配慮いただきたい、こ…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 大蔵委員会 第1号(1954/12/14、26期)

動議を提出いたします。すなわち本法案に対する質疑はこの程度で打切りまして、ただちに討論採決に入られんことを望みます。討論の通告があります。これを許します。久保田鶴松君。会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 大蔵委員会 第2号(1954/12/21、26期)

池田さんにお伺いいたします。先ほど大平委員の質問に対しまして、昨日の警告の趣旨は内貨預託ばかりでなしに外貨預託の問題にも及ぶ、かような答弁がありました。そこでもう少しつつ込んでお伺いいたしますが、MO…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 大蔵委員会 第3号(1955/01/24、26期)

関連して。減税の対象は、低額所得者が一応対象になっておるとのことですが、減税の方式は基礎控除で行くか、勤労所得の税率の控除ですか、一五%から二〇%、あるいは二五%に上げるとか、そういう方式で行くか、そ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22