小泉純也衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  1回発言    635文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言    635文字発言

本会議発言一覧

第17回国会 衆議院 本会議 第1号(1953/10/29、26期)

私は、改進党を代表いたしまして、議長発議に賛成をいたし、社会党の反対の主張に反対の意を表明するものであります。(拍手)御承知のごとく、今回の水害、冷害は未曽有の惨害でございまして、これら罹災者はその復旧対策の樹立のすみやかならんことを渇望してやまざるものであるのでございます。この緊急を要する事態の解………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員 16)  4回発言   1652文字発言
 第17回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  2)  3回発言  11908文字発言
 第18回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  1)  2回発言   1247文字発言
 第19回国会 50回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 21 委員 29)  4回発言  12559文字発言
 第20回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  1回発言    361文字発言

  26期通算 103回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 54 委員 49) 14回発言  27727文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 電気通信委員会
            55回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 54 委員  1)  8回発言  25355文字発言

 議院運営委員会
            48回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 48)  6回発言   2372文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 電気通信委員会理事(第16回国会)
 電気通信委員会理事(第17回国会)
 電気通信委員会理事(第18回国会)
 電気通信委員会理事(第19回国会)
 電気通信委員会理事(第20回国会)
 電気通信委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第4号(1953/06/13、26期)

開会式当日だからということで……。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第34号(1953/08/04、26期)

自動車のことに関連いたしまして、九段宿舎の全員の希望を、代表してお願いしておきます。九段宿舎から出ますバスは、第一議員会館の前にとまつて、それから衆議院の正玄関に参りますが、第二、第三の議員会館には行…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第39号(1953/10/28、26期)

改進党におきましては、一昨日の本委員会で園田委員が改進党を代表いたしまして、一週間の提議をいたしたことは皆様御承知の通りでございます。本日の委員会におきましても、改進党といたしましては、既定方針に従い…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 電気通信委員会 第16号(1953/07/21、26期)

ただいまの御質問にお答えいたします。当然われわれといたしましては、二十五億の問題の解決は、次の国会において政府の責任において解決さるべきものという前提に立つて、修正案を提出したのでありまして、今までの…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1953/10/29、26期)

きようアメリカからお帰りになつた方もありまして、昨日からのいきさつをおのみ込みになつていないから、そこに多少相違が出て来ると思う。先ほど渡辺委員長代理から報告がありました通り、昨日来、総理大臣、外務大…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 電気通信委員会 第1号(1953/10/30、26期)

第三班の視察結果につきまして、概略を御報告申し上げたいと存じます。第一は、日本電信電話会社及び国際電信電話株式会社関係の事業経営状況であります。会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 電気通信委員会 第6号(1953/11/07、26期)

今の斎藤君の質問と大臣の御答弁に関連いたしまして、私は一言将来のために、私の希望と申しますか、念を押しておきたいと思います。先ほどのお言葉の中に、人員は減らす場合があり得るというような御意思の現われを…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 電気通信委員会 第3号(1953/12/05、26期)

ただいま自由党の橋本理事がら提案になりました郵政大臣、大蔵大臣、日本電信電話公社総裁及び全国電気通信労働組合中央執行委員長に対する善処を要請するの決議書は、目下きわめて、妥当な措置と考えられますので、…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 電気通信委員会 第4号(1953/12/07、26期)

同僚斎藤委員と正力参考人との間にかわされました質問応答に関連をいたしまして、私は一言お尋ねいたしたいと思うのであります。今日までにおける日本テレビと郵政省関係、また電電公社との内交渉についての応答が…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第4号(1953/12/23、26期)

申し上げるまでもないと思いますが、その祝賀決定案は、各党の賛成でやるのですから、討論などはやらないということに御了解願いたいと思います。いで御了承を願います。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第76号(1954/06/15、26期)

議長席でなく、座長の席を下に置くというのでしよう。それなら司会者が上の大臣席ではおかしいと思います。やはり横の方に……。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 電気通信委員会 第16号(1954/03/23、26期)

ただいま議題となりました放送法第三十七条第二項の規定に基き、国会の承認を求めるの件に関し、私は改進党を代表して本議案に承認を与えるに賛成の意見を述べるものであります。電波科学は、最近における科学技術…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 電気通信委員会 第27号(1954/10/08、26期)

第二班の調査結果につきまして、御報告申し上げたいと存じます。調査は東海、近畿の両地方につきまして、所轄の電気通信局、電波管理局及び名古屋、大阪、京都の各地所在の関係諸施設の視察を中心といたしまして、…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 電気通信委員会 第3号(1955/01/21、26期)

私は議事進行について一言申し上げます。NHKの予算の問題に関しましては、政府におかれては、総選挙後に特別国会で期間的にも十分間に合うという見通しを持って改正案を出さなかった、委員会の方といたしましては…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22