佐藤虎次郎衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

25期本会議 - 26期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   4557文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言   4557文字発言

本会議発言一覧

第19回国会 衆議院 本会議 第32号(1954/04/01、26期)

私は、自由党を代表して、ただいま上程されておる原子力の国際管理に関する決議案に賛成せんとするものであります。世界の文化人や平和主義団体の仲間から、かかる決議案と同様な趣旨が論議され提案されたことは、すでにしばしば繰返されたことで、あえて異とするには足りませんが、一国の国民の総意を代表する国会の名にお………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

25期委員会 - 26期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 19 委員 11) 10回発言  18894文字発言
 第17回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言    705文字発言
 第18回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第19回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 19 委員  2)  5回発言  12098文字発言
 第20回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  1回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

  26期通算  57回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事 43 委員 13) 16回発言  31697文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 建設委員会
            41回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事 39 委員  1) 11回発言  25927文字発言

 水害地緊急対策特別委員会
            13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  9)  4回発言   5559文字発言

 議院運営委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言    211文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 建設委員会委員長(第21回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 建設委員会理事(第16回国会)
 水害地緊急対策特別委員会理事(第16回国会)
 建設委員会理事(第17回国会)
 建設委員会理事(第18回国会)
 建設委員会理事(第19回国会)
 建設委員会理事(第20回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第36号(1953/08/07、26期)

本会議においては、反対の方には十分時間を与えて、数で押し切つてもいかぬから、十分な論議を議場にわいてやつていただくということで、この会を進行願いたい。三日間会期を延長することに賛成の諸君の挙手を求め…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第1号(1953/05/27、26期)

ただいま与党の内海君から大分つつ込んだ意見が出ましたが、前回の委員会においても相当この問題をお願いしてあつて、御無理を重ねて二万四千キロまでに持つて来たように見えるということは、一応私どもとしては了承…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第5号(1953/06/25、26期)

大蔵委員会より申入れのあつた財政問題に関しましては、私ども委員会といたしましては、財政制度の根本に何ら支障なきものと認めつつ本案を審議して参つたのでありますが、この大蔵委員会の申入れに対しまする一つの…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第11号(1953/07/14、26期)

ただいま逢沢君から御質問がありましたが、私も逢沢君と同じように業界の一員であつたのであります。なるほど最低価格をきめるということは、最も必要性を感ずるであろうと思いますが、いま一歩進んで、私が考えます…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第21号(1953/08/06、26期)

関連して。十一万八千幾らか橋梁があるでしようが、そのうちの四〇%か四%かは、自動車も通れない老朽の危うい橋だというのです。それについては、ただいま同僚から御質問があつたようですが、むしろ予算措置にお困…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第25号(1953/09/10、26期)

ちようど政務次官もおられますから、建設当局に一応お尋ねいたします。世の中に、とかく遅々として進まずということわざがありますが、二十八年度の予算も、もう通過いたしまして八月一日から実施しなければならない…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第14号(1953/07/20、26期)

ただいま銀行局長からいろいろ説明があり、答弁がありましたが、大体このたびのこの西日本を襲いました風水害というものは、国会におきましても、政党政派を超越いたしまして、一日も早くこの罹災者の不安を取除くよ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第16号(1953/07/22、26期)

ちよつと大蔵大臣に伺つておきますが、災害に対しまして中小企業、農林、水産、炭鉱、建設、すべての部面の要求があります。そこで、ここであまり論議してもしかたがないと思いますが、私どもが、農林は農林、水産は…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第28号(1953/09/08、26期)

委員長に一言根強い要望があります。それは、私どもこの委員会というものは党派を超越してというのが前提で、災害地を一目にも早く復旧し、二の悩みを取除くというのがこの委員会のねらいであつたということを、みな…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第33号(1953/10/05、26期)

ただいま十三号台風によりますところの特別立法に包含するかしないかという問題は、院議によつて、この災害緊急特別委員会に付託されるのでありますが、今日私どもがこの陳情団の諸君の実情をながめ、同時に十三号台…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 建設委員会 第6号(1953/11/09、26期)

ただいま大分同僚かな適切な御質問と御答弁を要求しておりますが、これはこの問題のみをとらえて論議しておるのでなく、今後に残る大きな課題になつて来る、かように私は解釈しております。ゆえにこの高速道路、これ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第3号(1954/01/27、26期)

ちよつと大臣に、これは小さい問題ですけれども、やはり大きいと思いますから、お尋ねしておきたいのですが、これを見ますと、直轄道路改修費が昨年は三十六億、本年は三十三億で、二億九千万円ばかり減つておるよう…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第4号(1954/01/29、26期)

それでは大蔵当局に一つだけ伺つておきますが、この道路整備臨時措置法が衆参両院ではつきり満場一致できめてあるわけです。建設委員会のみで、これを改廃とか改正するということが容易ならざる問題であることは、あ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第5号(1954/02/01、26期)

ちようど官僚の古手でない党出身の塚田大臣が見えておりますから、ひとつお尋ねいたしたい。議員立法というものは、国民の声でできたものと思いますが、この議員立法を尊重してくださるかどうか、それを承りたいと思…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第11号(1954/03/11、26期)

実は私今まで発言をいたさずにおりましたのですが、田中社長には、もう二十年もお世話になつている者でございまして、率直に申し上げますと、こういう計画自体を田中社長がやるということは、私は夢にも知らなかつた…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第42号(1954/09/24、26期)

ただいま村瀬君、瀬戸山君から、計画方針についてただしましたが、私は災害地の一人、いわゆる村瀬君も瀬戸山君も災害地の一人でありますから、特に熱意を持つて意見をただしたのであろうと思いますが、要はその災害…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22