春日一幸衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  2回発言  10078文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  1回発言   4218文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  2回発言  13698文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  1回発言   4550文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  1回発言   1058文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  7回発言  33602文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第16号(1953/07/02、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま上程されました、世にいう独占禁止法の改正につきまして、次の諸点につき政府並びに公正取引委員会に対し質問をいたすものであります。かつて、わが国経済は一部の財閥によつて独占せられ、その富は、大衆の貧困を外に、これら財閥と、これにつながる一群の権力者によつて藁断………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 本会議 第22号(1953/07/14、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題に供せられました日本輸出入銀行法の一部を改正する法律案並びに設備輸出為替損失補償法の一部を改正する法律案に関するただいまの委員長報告に対し反対いたすものであります。(拍手)以下、その理由について申し述べます。そもそもこの二つの法律は、プラント輸出の特性………会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 本会議 第9号(1953/11/07、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、中小企業に対する年末金融について、以下数項目にわたつて政府の方針をたださんとするものであります。さて国民凝視の中に開かれた今期国会は、わが党の強力なる長期審議の要求にもかかわらず、保守三党はこれをしりぞけて顧みず、緊急かつ重要なる幾多の事案を山積いたしましたまま、………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第12号(1954/02/24、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題となりましたしやし繊維品の課税に関する法律案並びにこれに関連する重要なる事柄について、次の諸点について政府の所見をたださんとするものであります。まず最初に、繊維課税の創設を初めとし、ここに税制の大改革を行わんとする政府は、一体国民の租税負担能力をいかに………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第46号(1954/05/10、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、この中小企業の危局に対し、政府はいかなる対策を講ぜんとするものであるか、この際次の諸点について緊急質問を行わんとするものであります。今や、中小企業の窮迫は日とともに激化し、破産倒産は全国各種業態に続出いたしまして、事態はまさに恐るべき段階に至つたと思われるのであり………会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 本会議 第2号(1954/12/01、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、政府の財政政策並びに補正予算案を中心といたしまして、以降の諸点について政府の所見をたださんとするものであります。まず第一は、補正予算案の性格とその意義についてであります。そもそも吉田内閣の政策の基本は、外にはアメリカ一辺倒、内には独占資本の奉仕に骨がらみとなつて、………会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 本会議 第4号(1954/12/15、26期)

ただいま議題となりました昭和二十九年の年末の賞与に対する所得税の臨時特例に関する法律案について、大蔵委員会の審議の経過並びにその結果について御報告申し上げます。この法律案は、昭和二十九年の年末の賞与について五千円を限り所得税を課さないこととするものでありましてその趣旨とするところは、現下の経済事情に………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 44回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員 32) 33回発言 148971文字発言
 第17回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  7) 11回発言  56897文字発言
 第18回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  8回発言  32407文字発言
 第19回国会 95回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 95) 66回発言 413729文字発言
 第20回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言   5081文字発言
 第21回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  3回発言  27833文字発言

  26期通算 170回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 24 委員146)122回発言 684918文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 大蔵委員会
           139回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 24 委員115)110回発言 670571文字発言

 議院運営委員会
            24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24) 10回発言   7676文字発言

 労働委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   4125文字発言

 決算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   2546文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 通商産業委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 大蔵委員会理事(第16回国会)
 大蔵委員会理事(第17回国会)
 大蔵委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第39号(1953/10/28、26期)

大体官房長官のお話によりますと、第二次補正に関するものについては、通常国会の初頭で審議されたいようにいろいろ諸般の準備を進めておるというようなお話でございましたが、そういう御研究をお進めになつておるの…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 決算委員会 第15号(1953/07/20、26期)

私は一事不再議の原則は当然あらゆる会議を通じて尊重されなければならぬと思います。少くとも本委員会がこの委員会の権威において決定したことが、総理によつて全然拒否されるというようなことは、これは国会の権威…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第2号(1953/05/27、26期)

ただいま上程されました法律案につきましては、いずれにいたしましても、重税に悩む国民大衆が基礎控除、扶養控除を初めとして減税の方向に向いつあることは、まことに慶賀にたえないところであります。しかしながら…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第6号(1953/06/23、26期)

三点ばかり簡単にお尋ねをいたします。この信用金庫の名称を使用すべからずという法律に関係するわけでありますが、現在そういう名前を使用することによつて、信用金庫の業務に悪い影響を与えていると思われるとこ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第7号(1953/06/24、26期)

昨日の継続になりますが、労働金庫法が成立しなかつた場合、これをどうするかという問題について、一応御答弁を伺つておきたいと思います。次は、この商号に関する規定でありますが、少くとも商法は商事基本法であ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第8号(1953/06/25、26期)

折れて出れば話がわかるという、こういうことでは問題の解決ができぬと思う。たとえば脱税者が発見された、その脱税者がまことに済みませぬと言つたら、大蔵当局はその脱税者を容赦するかというのです。有田委員は、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第9号(1953/06/26、26期)

この四千万ドルの開発銀行から借りる金の用途としては、何なんですか。午前十一時十八分休憩会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1953/06/27、26期)

この金庫の文字を制限しようということは、庶民金融を助長育成するためなのか、それともまた信用金庫業者から猛烈な陳情を受けたから、その陳情をかなえるためなのか、一体どちらなんですか。そもそも労働金庫という…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第11号(1953/06/30、26期)

井上さんから御質問になつたかもしれませんが、なつていれば御答弁はいりませんが、実はいろいろ話されております通り、電力の発電コストは、安い水力発電を対象とする外資導入を得るならば、日本の資材なり労働力な…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第12号(1953/07/01、26期)

関連質問……。今泉監理官にお伺いをいたしますが、例の工業塩については、現在法律によつて特別の価格が指定されておるのであります。ところが、これはもつぱら大企業がその適用を受けるものであつて、中小企業につ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第13号(1953/07/02、26期)

食糧庁長官にお伺いいたしますが、ただいまの小川君の質問に対する御答弁によりますと、砕米その他不良米の払下げが行われる場合、すべてこれはそれぞれの消費目的があるわけであります。従つてその消費責任者並びに…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第14号(1953/07/03、26期)

ただいま関連しております問題は賠償の問題でありますが、フィリピンは、いずれにいたしましても役務賠償では満足しない。のみならず、役務賠償はこれを排撃をいたしております。フィリピンの新聞の論調等を読んでみ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第16号(1953/07/07、26期)

それでは、日本輸出入銀行法の一部を改正する法律案に関連をいたしまして、概略輸出入銀行にお伺いをいたしますが、この法律によつて融資をせんとする資金の限度額についてお知らせを願いたい。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第17号(1953/07/08、26期)

旧軍工廠等の払下げ、並びに戸川認可等をめぐりまして、国民は多くの疑惑を持つております。委員会の活動によりまして、こうした疑惑が逐次解明されて行くということは非常に喜ばしいことでありますが、なお、私はこ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第18号(1953/07/09、26期)

ただいま井上委員からお話のありました点でありますが、昨日も全国の中小企業者の大会が行われて、そこでこの電話料金の問題について指摘されました。電話が払底しておるのは非常に困るが、その困り方にも増して料金…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第19号(1953/07/10、26期)

ちよつとお伺いをいたします。先日の御答弁によりますと、二十八年度において二百四十億、これが五箇年間に償還されるという計画に基く融資だと言われた。大体この輸出入銀行の融資せんとする限度額は幾らであるか、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第20号(1953/07/11、26期)

資料の提出要求でありますが、ただいま田中さんのお言葉によりますと、こんにやくの需要というものは、その原料のものプラス・アルフア、そしてあるだけ食つてしまうのだと思います。そこで問題となることは、現在の…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第22号(1953/07/15、26期)

議案の審議が遅れておるから、早く審議をしてくれと言つて促進しておりながら、審議の過程において行方をくらますということは、まことにけしからぬ。ひとつ委員長から厳重政府委員を戒告しておいていただきたい。…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第23号(1953/07/16、26期)

関連いたしまして、先般来管財局長と私どもとの間でいろいろ応酬のありました例の賠償機械であります。これを中小企業者が今回交換して入手いたします。そうした場合に、今まで中小企業法人なりその経営体においては…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第25号(1953/07/18、26期)

私はやはり福岡銀行のストライキに関連しまして、別の角度から大蔵当局の所見を伺いたいと思つておりますが、この福岡銀行のストライキは、金融事業に携わる労働者のスト権のテストーケースにも相なるものと私は考え…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第26号(1953/07/21、26期)

それでは主税局関係でお尋ねいたしたいと思います。実は先般もちよつと触れたのでありますが、今回の改正によりまして、給与所得者については勤労控除が認められておるわけなんです。ところがこの営業所得の中におき…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第28号(1953/07/23、26期)

ちよつとタイトルをかえまして伺います。先般南満洲鉄道株式会社の本柱の社屋をアメリカ合衆国政府へ売り渡されておる問題について、報告書の資料の提出を求めまして、ここにこれをいただいたのでありますが、これに…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第29号(1953/07/24、26期)

この際大工、とび、左官、屋根師、こういうような日雇い的な稼ぎによつて所得を得ておるところの諸君に対する課税方式について、御意見を承りたいと思うのであります。まずわかりやすく申しますならば、大工の中に…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第30号(1953/07/25、26期)

私も同一の問題について質問をいたし、同一の疑惑を強くしたのでありますが、昨日食糧庁長官からの御説明によりますと、農林省では、前金でなければ米は出さない、通産省では、荷物が着いてからでなければ金が払えな…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第31号(1953/07/28、26期)

私は、まず最初に所得税法の一部を改正する法律案につきまして、渡辺主税局長にお伺いをいたしたいと思います。その第三条の二であります。これは今まで名義人に課せられておつたような場合もあつたのだが、今回この…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第32号(1953/07/29、26期)

私は、従来中小企業に対する金融という問題が、今まで金融機関があまりにその融資を行うに当つて独善的でありまして、当然産業に奉仕するための金融機関が、逆に産業に君臨しておるというような形があつたのでござい…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第34号(1953/07/31、26期)

管財局にお伺いをいたしますが、国有財産にして、現在民間に使用せしめておるものがたくさんあると思うのであります。それは当時それぞれの事業計画書を提出して、その事業計画の用途に供するために使用許可が与えら…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第39号(1953/08/07、26期)

ただいま井上さんから、本委員会に管財局長の出席を求めて、新聞記事に関する真相をお伺いする動議が提出されました。さらにまた福田さんから、ただいま千葉委員長が大蔵省において会見中だから、この委員長報告を待…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第40号(1953/09/08、26期)

関連して、同じく税制の問題についてお伺いをいたしたいのでありますが、一体諮問機関はどういう権限を持つておるものか、これをひとつお伺いをいたしたいのであります。そこで問題となつておりますのは、十一大銀…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第41号(1953/09/10、26期)

ただいま総裁の御意見によりますと、日本経済の明暗は、一にかかつて物価のことにかかつておる、こういうことでございます。そこで物価の騰貴をあらゆる手段を尽して押えなければならぬ。インフレーシヨンの抑圧策が…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第43号(1953/10/09、26期)

私もこの公庫の代理所、これの設定のあり方について疑義がありますので、この点について二、三御質問申し上げたいと思います。もとよりこれは国会の附帯決議の示すところでありますので、私ども当然それに対して一半…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第45号(1953/10/27、26期)

中小企業金融の問題について二、三お伺いをしたいと思います。まず最初に、過ぐる九州の水害、それから第十三号台風に基く災害、これらの罹災者を救済することのために、国民金融公庫、それから中小企業金融公庫、そ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第7号(1953/07/03、26期)

関連をいたしまして、失業対策について伺います。ただいま小坂労働大臣は、多賀谷君の質問に対して、法が規定する範囲内のことは当然行わなければならない、こういうことを言つておられる。しからば貴殿は、大体この…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 議院運営委員会 第5号(1953/11/03、26期)

対韓政策について、各党の政策があると思います。従つて、この決議案を通じて賛成討論をするということになれば、勢い党の政策に触れて来ると思います。そこで、改進党と左派がやつてほかがやらないということになり…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 議院運営委員会 第6号(1953/11/04、26期)

官房長官の可能であろうという見通しは、私は間違つていると思う。たとえば、三公社、五現業の裁定案については労働委員会に付議されて、これはしよせん継続審議になるであろうという見通しの上に立つております。こ…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 大蔵委員会 第1号(1953/10/31、26期)

この前の委員会でもちよつと断片的に触れられたと思いますが、例の保全経済会の問題であります。その後地方行政委員会や、あるいはまた新聞によりますと、本日の法務委員会等でこの問題がさらに深く検討を加えられる…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 大蔵委員会 第2号(1953/11/02、26期)

議事進行について。別の法律案で特別鉱害復旧特別会計の災害復旧のための交付金の財源をいろいろ考慮される法案を上程されておられますが、それについては、ただいま並行審議されております農業災害の場合の補填金と…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 大蔵委員会 第3号(1953/11/04、26期)

河野次官にお伺いをいたしますが、この特別鉱害に関する借入金に対しては法律案が一億二千万円出ております。そこでお伺いをいたしたいことは、この資料によりますと、今回の風水害によつてこれら炭鉱地帯が受けた被…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 大蔵委員会 第4号(1953/11/06、26期)

その前に議事進行でちよつと。十一月一日の法務委員会の会議録によりますと、保全経済会の問題に触れまして、古屋委員から次のごとき言葉が発言されておるのであります。それは「今の大蔵省の消極的な態度をとるに至…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 大蔵委員会 第5号(1953/11/07、26期)

ずつと一部始終伺つておりましたが、私は井上さんの説が筋が通つていると思います。ただいま管財局長も、この書類の取扱いに手落ちがあつた。このことは率直に言つておられますし、さらにその責任はみずから負うもの…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 大蔵委員会 第8号(1953/11/25、26期)

深沢参考人にお伺いをいたしますが、本日参考人として本委員会へ御出向き願いました事柄は、もつぱら法務委員会における古屋君の言動によつて提起されたものであります。その内容は、ただいま福田委員との質疑応答に…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 大蔵委員会 第9号(1953/11/26、26期)

私はこの際委員長に強く要望いたしたいのであります。本日のこの大蔵委員会は、年末金融の重大かつ緊急性にかんがみまして、特にその議題を明示して、十日も前から本日のこの委員会を招集することがそれぞれ関係筋に…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1953/11/27、26期)

坂口総裁にお伺いをいたしますが、大蔵省から出されております年末金融対策要綱のロ項の中では、あなた方に対する年末金融の措置として、災害関係融資に消耗いたしました十八億五千万円の補完として、あなたの方が開…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 大蔵委員会 第11号(1953/11/28、26期)

いつも日銀総裁は時間が短かいので、中央銀行として国民のための金融がいかにあるべきかという根本義に触れて深くその論議をしたいと思うのですが、いつも立話みたいなことになつてしまつて、これでは話ができない。会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 議院運営委員会 第2号(1953/12/01、26期)

それでは法律案の取扱いについてお尋ねいたします。この裁定案が第一次臨時国会におきまして付議されましたが、そのときには予算という裏づけは何もなかつた。それで社会党左右両派から予算の組みかえ要求案を出しま…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 大蔵委員会 第1号(1953/12/01、26期)

なお関連いたしまして、漁船再保険特別会計の法律を審議する資料といたしまして、李ラインが一方的に宣言されて、爾来当該地域において拿捕された漁船並びに船員等の保険金支払いに要する金額の総計並びにその明細、…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 大蔵委員会 第2号(1953/12/02、26期)

小滝次官にお伺いをいたしますが、この漁船が拿捕されたものが、結局そのままほとんど抑留された形になつております。これは国際法上、国際慣例の上において一方的な措置であることは明確であろうと思いますが、そう…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 大蔵委員会 第3号(1953/12/03、26期)

本日この委員会において、議案としてわれわれが審議しております問題は、きわめて重要な問題でありまして、全国十数万に及ぶ多くの被害を受けておられる人々の立場を考えて、これが善後策について当事者であるあなた…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 大蔵委員会 第4号(1953/12/04、26期)

ただいま局長のお話によりますと、この裁定のベースが民間企業に比べて高いとか安いとか、いろいろお話があつたと思うのでありますが、私は今、われわれが審議しておるこの場においては、そういうような比較検討をす…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 大蔵委員会 第5号(1953/12/05、26期)

不穏当な言葉をお取消しするということであり合するので、これは関係者といたしまして、了承できる分は了承せねばならぬと思うのでありますが、特に権力の府にある大臣のお言葉といたしまして、特に政府のやり力が不…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 大蔵委員会 第6号(1953/12/07、26期)

それでは国税庁長官にお伺いします。十二月六日の日本経済新聞の報ずるところによりますと、国税庁は今般滞納整理の方針を決定いたしまして、現在の滞納総額の一千十六億円の滞納処理方法といたしまして、特に新しい…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 大蔵委員会 第7号(1953/12/08、26期)

ただいま管財局長の払下げ価格に関しまして、一説には高過ぎるという非難もあり、また低過ぎるという非難もいろいろあるかと仰せられておりますが、私これに関連してお伺いしたいのは、やはりその国有機械の払下げに…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第6号(1954/01/21、26期)

ちよつと伺いたいのですが、六百坪の敷地のものを二千万円でわけてもらう。それはどの程度のものであるか、皆目見当がつかないのですが、二千万円でその三分の一になるか、五分の一になるか、幾ら買えるかわからない…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第7号(1954/01/26、26期)

それで、長谷川君の発言に関連してでございますが、予算委員会重点主義で審議がなされるという点、また私の申し上げたいことは報道に関することですが、予算委員会の質疑応答はあまねく報道される。けれども、予算の…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第11号(1954/02/10、26期)

先ほどの椎熊氏の発言に関連いたしますが、重要法案については、さきの国会対策委員長会議で、本会議で趣旨説明を行つて、質疑応答の後委員会に付託するということになつておつた。この中に大蔵省関係の税制改革案の…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第22号(1954/03/04、26期)

ただいま山本委員の御質問に、犬養さんはこういうことを答えておられます。それは、有田君の逮捕許諾を求めたことに対する院議のことですが、これをあなたがお受取りになつて大臣室の机の上に置いた、しかしこれは、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第24号(1954/03/09、26期)

私は、ことごとくの理論が衆議院規則に沿つてないと思う。二百三十六条に、「議長は、速かにこれを会議に付さなければならない。懲罰の動議が散会後に提出されたときは、議長は、最近の会議においてこれを議題としな…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第31号(1954/03/20、26期)

こういうことなんです。このニュースはどこから出たのだという副総理の質問に対して、佐竹氏は、これは三、四日すれば外電でわかる、こういうことです。従つて三、四日すれば、無責任な発言だつたか、責任ある発言だ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第1号(1953/12/11、26期)

御答弁申し上げます。問題はしよせんこの予算ということに関連いたしますが、それはその財源をどう見て行くかということにあろうと思うわけであります。今回の第二次補正の中には、税の自然増収というものが一定額見…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第4号(1954/02/03、26期)

株主相互金融のことについて銀行局長にお伺いをしたいと思うのであります。これは緊急の問題でありますので、ひとつ御容赦を願いたいと思うのですが、二月二日の新聞によつて報道されたところによりますと、今回東京…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第5号(1954/02/04、26期)

先般来本会議におきまする大蔵大臣の施政方針演説の場合には、アメリカにおける池田・ロバートソンの共同コミユニケ等によりまして日本がかつて受けておつたところのイロア、ガリオアの援助、これはわが国の債務であ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第7号(1954/02/11、26期)

本日の新聞の報道するところによりますと、会計検査院の検査の結果が一部載せられておりましたが、いずれこの全貌は国会に報告されて後問題になる機会もあろうと思いますが、大蔵省関係の分として、特に専売公社東京…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第8号(1954/02/17、26期)

最初にお伺いをいたしたいと思いますが、今次のこの一連の改正法律案は、その基準となすところのものが、かの税制調査会の答申書に依存するところが多いと思いますが、この税制調査会なるものは、一体いかなる基準に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第9号(1954/02/18、26期)

今のことに関連して……。私もきわめて同感なのです。現在ここに出席できない理由は、予算委員会の審議に云々というような口実で御出席に相なつておりませんが、そもそもわれわれが審議しているこの法案は、これを否…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1954/02/19、26期)

本年度の税収入、特に所得税の収入、これが予算には二千八百五十億でありましたか、見込まれてありますけれども、これは例年の例によりますと、二十七年度においては百九十六億八千百万円の補正をして、結局実収は当…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第11号(1954/02/23、26期)

いずれこの繊維消費税の問題は、ただいま井上君の質問に答えられた局長の御答弁の論旨は、首尾一貫を欠き、引出された比喩もまことに乱離骨灰であつて、日ごろ聡明な渡辺局長とも思われない。いずれにしても、この問…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第13号(1954/02/25、26期)

植木副大臣にお伺いをするのでありますが、本日租税特別措置法の一部を改正する法律案が上程されましたが、ここの中には大きな手落ちがある。これは昨年十二月の臨時国会において、織物の輸出の場合に第一次加工、第…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第14号(1954/02/26、26期)

関連して……。株主相互金融は、これは金融法規のらち外の問題だ、こういうふうに言つておられる。今そういうふうに言われたのじやないのですか。私は今お尋ねの第一点の、二年前に今考えておるような法案を出して…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第15号(1954/03/03、26期)

砂糖会社が粗糖を輸入して、それを少数の限られた会社の精製によつて、これが白砂糖として最高価格で売られておる、そこで製糖会社が厖大な利潤を上げておることが、ようやく社会的な非難の的になつて来ておるわけで…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第17号(1954/03/05、26期)

河野銀行局長にお伺いいたしますが、昨日の夕刊所報によりますると、またもや問題の例の不渡り手形が新記録、一日でもつて三千四百五枚に達したという報道がありますが、中小企業の金融はまことに憂うべき状態に、む…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第18号(1954/03/09、26期)

私は山本委員の質問のあり方について重大な疑義がありますので、この点をひとつ明確にいたしたいと思うのであります。現在のわが国の政治は政党政治でありまして、吉田自由党内閣が責任をもつて政治を行つておると理…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第19号(1954/03/10、26期)

金融事情調査のために動議を提出いたします。動議の目的は、現在金融事情が非常に窮迫いたしておりまするし、わけても中小企業金融が特に危局にさらされておることは、先般本委員会において私が述べた通りであります…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第20号(1954/03/11、26期)

まず最初に今回の租税特別措置法についてお伺いをいたしたいと思うのでありますが、この措置法によりまして、個人の長期の定期預金、その他配当、所得に対する税率の軽減、こういうものを初めといたしまして、金持ち…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第21号(1954/03/12、26期)

佐々木さんにお伺いをいたしますが、ただいまの御説明によりますと、日銀の貸出しが八百億ふえた、このふえた原因はいろいろあるが、なかんずく政府の指定預金が引揚げされた、このことは、やはりその足らざるところ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第22号(1954/03/16、26期)

この際金融措置に関する動議を提出いたします。最近の金融引締め政策の強化に伴う金融梗塞にかんがみまして、先般本委員会において、金融機関の代表者からそれぞれ参考意見を聴取したのでありまするが、この際中小企…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第23号(1954/03/17、26期)

久々にお伺いいたします。やはり糖価の問題について大臣にお伺いをしたいと思うのでありますが、ただいまの井上委員の質問に対して、社会党は生活必需物資に対しては統制の考え方で、あなた方はそうでない方法でとい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第24号(1954/03/18、26期)

主税局長にお伺いをいたしますが、二十九年度の租税及び印紙収入予算の説明書の十四ページによりますと、この法人税法の中で、更正決定増差分というのを初めから三百四十一億七千二百万円、これは二十九年度実際申告…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第26号(1954/03/23、26期)

国民金融公庫法の一部改正法律案に関連をいたしまして、ひとつお伺いをいたしたい。その前に私が局長に申し上げたいことは、あなたは中小企業金融に対してはなはだ熱意が低調であるというよりも、むしろ冷酷無慙では…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第27号(1954/03/24、26期)

大臣と政務次官は見えぬのですか。なおこの問題はあらゆる議案に先がけて審議せなければならない事柄と考えられておりまするので、さらに昨日の委員会以来各委員の一致した御意見のごとくに考えられているわけであ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第28号(1954/03/25、26期)

ただいまの小川委員の発言に関連をいたしまして、某製糖会社に対して日銀から一名、国税庁から一名、こういうような諸君がそこの重役に就任をしておられるということを述べられたのでありますが、このことは折しも砂…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第29号(1954/03/26、26期)

日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題となりました所得税法外八法案に対しまして、強く反対の意を表明するものでございます。以下その理由について申し述べたいと思いますが、私の討論は、昨日の理事会では…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第31号(1954/03/30、26期)

社会保険診療収入に対する所得税課税のあり方についてお伺いをいたしたいのであります。私どもの調査するところによりますると、昭和二十六年度並びに二十七年度においては、この医師に対して課税上特別の措置がとら…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第33号(1954/04/01、26期)

山口教授にお伺いをいたしたいのでありますが、私どもは大体計画経済を経済の基本的な考え方に置こうと主張しておる党の立場において、こういうふうな方向に向いて行くということについては、基本的には賛成であのま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第34号(1954/04/02、26期)

為替局長にちよつとお伺いしたいと思うのであります。きのう参考人の御意見をいろいろ承つておるうちに、次のような問題に疑義を生じて参つたのであります。たとえば政府手持ち外貨がこの十二月末において九億七千万…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第35号(1954/04/06、26期)

一、二お伺いいたします。この法案の第二条第二項に禁止さるべき預かり金の定義がここに明記されてあると思うのでありますが、それ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第36号(1954/04/07、26期)

ただいま藤枝君によつてこの条文を読んでいただいたのでありますけれども、さらに頭が錯乱して参りまして、そのわからなさの度を加えたばかりであります。これは私どもが別にその事実を歪曲して申し上げておるわけで…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第37号(1954/04/08、26期)

ただいまの井上委員の質問に対する御答弁に関連をいたしまして、次の二つの事柄が新しく問題となつて提起されると思うのであります。その一つは、自治庁の計算によりますと、自由党の修正案によつて六十七億八千万…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第38号(1954/04/09、26期)

関連をいたして……。それでは大平委員にお伺いいたしたいのであります。昨日来われわれが本案を審議しております過程において、政府当局に、この修正によつてどの程度の減収を来すかということを伺つたら、これはあ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第39号(1954/04/13、26期)

日本社会党両派を代表いたしまして、ただいま議題になりました交付税及び譲与税配付金特別会計法案に対しまして、強く反対の意思を表明するものであります。以下その理由について申し述べます。この法律案は、先般…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第40号(1954/04/14、26期)

国民金融公庫にちよつとお伺いいたしたいのでありますが、公庫が、現在金融機関からほとんど見捨てられるにひとしいところの庶民金融の大きな任務を背負つて、そういう方向へ非常に能率的に金の貸出しを行つておられ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第41号(1954/04/15、26期)

この際林野庁長官に、関連をいたしまして北洋材の問題並びにパルプの輸入問題について、農林当局はどういう努力をしておるか、お伺いいたしたいのであります。申し上げるまでもなく、最近国内の木材資源は大分枯渇…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第42号(1954/04/16、26期)

この際教授にひとつお伺いいたしたいのでありますが、この法律が過剰投資、二重投資に与える影響てついてただいまお述べいただいたのでありますが、もう少しその影響を詳細に、具体的に教えていただきたいと思うので…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第44号(1954/04/21、26期)

ただいま井上委員の御質問に関連をいたしまして二、三の事柄をお伺いをいたしたいと思うのでありますが、ただいま論議されました満鉄ビルの払下げの問題でありますが、これはたしか十五国会でありましたか、すでに相…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第45号(1954/04/22、26期)

大臣にお伺いをいたしたいのでありますが、ただいまの井上委員の質問に対しまして、われわれ社会党が頭からアメリカに対して公正な認識を欠いておるというような断定のもとに半ば叱責されたような御意見がありました…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第46号(1954/04/23、26期)

ただいま議題となりました両法案に関係をいたします重要な事柄について、ひとつお伺いをいたしたいと思うのであります。この両法案は、いずれも戦争中におきまして戦争経済遂行のために当時政府によつて接収されたと…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第47号(1954/04/26、26期)

議事進行について。会期も迫つておるので、本委員会で論議されました事柄でなおペンデイングになつている問題が幾つかあると思います。法案に関係する事柄もあり、関係していない事柄等もありますが、委員長におかれ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第48号(1954/04/27、26期)

若いわゆる明治時代の官員さんなるものが、官吏の威厳を備えるためにサーベルを下げた。鉄道官吏までも当時は礼服にはサーベルを下げておつたものであります。ところがどうもやはり官僚主義の風潮がまただんだんと高…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第51号(1954/05/07、26期)

それではまず第一問でありますが、この法律の第一条の中には、何々の旨の誤解を生じさせるような仕方を用いて云々、こういう誤解という言葉がこの法律の条文に使つてあるわけであります。これは私は非常に危険ではな…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第55号(1954/05/14、26期)

それではこの第二条に関連をいたしまして、法務省並びに銀行局にお伺いをいたしますが、二条二項の終りの方に書いてあります「これらと同様の経済的性質を有する」という「これらと同様の経済的性質」なるものの中に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第57号(1954/05/19、26期)

第一番に開発銀行にお伺いをいたしますが、仄聞するところによりますと、今月末にあなたの方が中小企業金融公庫に引継がれるかつての復金の貸付、その他見返り資金等の貸付にかかるところの債権があると思いますが、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第59号(1954/05/21、26期)

中野委員にお伺いをいたしたいのでありますが、冒頭に、わが党といたしましては、この法律の趣旨並びに処理方針に対しては大体賛成であるのであります。こういう財源の乏しい折から日銀の地下室で長年にわたつて惰眠…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第62号(1954/05/27、26期)

ただいま井上委員によつて提議されました問題は、これは国会の権威に触れる問題であり、のみならず、これはまつたく議員の政治活動の生命に触れる問題であろうと思います。まず国会における表決権というものをめぐり…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第63号(1954/05/29、26期)

ただいま委員長の御見解が表明されましたが、これは国会における審議を委員長は何と理解しておられるか、まことに了承いたしかねる事柄ばかりであります。そもそも政府与党が政府原案を支持するは、政党政治の基本…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第65号(1954/06/02、26期)

植木次官にお伺いいたしますが、本日の日本経済新聞の報道するところによりますと、今回金融機関の中小企業向け貸出しについては、貸倒れ準備金の損金算入限度率を、現行の千分の十から中小企業に対する融資に対して…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第68号(1954/08/10、26期)

国税庁長官に伺うこともたくさん残つておりますが、時間も大分迫つておりますから、金融問題に入つて、長官にも一つ伺いたいことがありますので、まず銀行局の方に質問をいたしたいと思います。この金融問題の解決…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第69号(1954/08/11、26期)

議事進行について。実は本委員会は一箇月間にわたつて本委員たちが国政調査をいたしまして、その調査に基いての重要な国事について、この委員会を開いて質問をしようということで、昨日来それぞれ大蔵省当局に出席を…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第70号(1954/09/09、26期)

私は日本銀行総裁の更迭説が行われておりますので、この事柄に関連をいたしまして、大臣の御見解を承りたいと思うのであります。申し上げるまでもなく、日本銀行は国家経済総力の発揮を目的としてつくられたところ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第71号(1954/09/10、26期)

その問題について関連質問を継続いたしたい予定でおりますが、伺うところによりますと、山本博士が吉田内閣打倒のための緊急戦術会議に御出席のようでありますから、継続質問を御留保願つて、山本博士に譲ります。…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第72号(1954/09/11、26期)

関連して……。第一に、本委員会が開かれておるのだが、大臣も出てないし、また政務次官も出てない。わけでこの国民金融公庫に関連する銀行局長も出ていない。これは井上委員が質問しておられることも、公庫に対する…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第73号(1954/09/28、26期)

外資法に関係する事柄につきまして、まず第一番に東條為替局長にお伺いをいたしたいと思うのでありますが、本委員会はこの法律に関係する事柄について、すでに数回にわたつていろいろと議をいたしておりますし、その…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第74号(1954/10/11、26期)

税制上の諸問題につきまして渡辺主税局長に二、三の点についてお伺いをいたしたいと思います。ようやく予算編成期に入つておりますので、これの裏づけとなります税金の事柄について、いずれ税制各般にわたつての御検…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第75号(1954/10/12、26期)

ただいま委員長から、山本政務次官は他の委員会から出席を求められておるので、退出したいという要求があるが、これを許可したいという御相談がございました。しかしながら本日の本委員会は、かねて質問通告によつて…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第76号(1954/10/26、26期)

東条為替局長にお伺いをいたしますが、ただいま小川委員の質問に対する御答弁によりますと、品質についてはアメリカ側に一日の長あり、このような品質の程度においては技術の向上というこの条項に照しては、特にこの…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第77号(1954/10/27、26期)

それでは大臣にお伺いをいたしたいと思うのでありますが、本日の新聞の報道によりますと、例の東証のストライキは、警察官吏の警棒を伴う介入によりまして、労働者側は涙とともにこのピケツト・ラインを解いて、そう…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第78号(1954/11/10、26期)

平井参考人には御多忙中特に本委員会に御出席をいただきましたことについて深く敬意を表するものであります。まず冒頭に一、二の点について御理解を願つておき、ついで御質問をいたしたいと思うのでありますが、本委…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第79号(1954/11/11、26期)

これは関連質問と申しますよりも、問題をひとつ明確にしておかなければならぬと思いますので、特に発言を求めたわけであります。ただいま井上委員によつて述べられました意見によつて尽きておるわけでありますが、問…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第80号(1954/11/24、26期)

それでは第一番目にお伺いいたしたいことは、この「金融引締下の中小企業金融対策要綱」の中の第一項の第一番でありますが、今回この申合せによりまして全国銀行協会では、中小企業金融に対する特別資金わくの自主的…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第81号(1954/11/25、26期)

渡辺主税局長に、退職積立金についてちよつとお伺いをいたしたいと思うのであります。現在は、企業が従業員の退職金を積立てる場合には、法人税法によりまして、退職引当金に対する損金算入制度というのがあるわけで…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 大蔵委員会 第4号(1954/12/04、26期)

専売公社の経理に関する問題について質問をいたしたいと思います。今回の補正予算の中に専売公社の納付金を五十二億三千万円にわたつて削減をせんといたしておるのでありますが、これは一体どういう理由に基いてこ…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 大蔵委員会 第1号(1954/12/14、26期)

ただいま議題となりました昭和二十九年度の年末の賞与に対する所得税の臨時特例に関する法律案について、両社会党を代表いたしましてその提案の趣旨について御説明申し上げます。この法律案は、昭和二十九年の年末…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 大蔵委員会 第2号(1954/12/21、26期)

指定預金制度につきまして阪田局長にお伺いをいたしたいと思うのであります。今朝の新聞の報ずるところによりますと、会計検査院がこの二十日に大蔵省に対して現行の指定預金方式は会計法違反の疑いがあるという通告…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 大蔵委員会 第3号(1955/01/24、26期)

まず最初に大工、トビ、左官、板金、こういうような比較的労務を提供することによって所得を得ておるような人々に対する課税のあり方が、現在国税局によりましてはまちまちに行われておるのであります。これが、当事…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 26期(1953/04/19〜)  1本提出

質問主意書一覧

前国税庁長官の公職選挙法違反事件に関与せる大蔵省職員の身分及び使氏名並びにその違反内容の報告を求むるの質問主意書
第16回国会 衆議院 質問主意書 第4号(1953/05/27提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22