伊藤好道衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  1回発言   5545文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  2回発言  21089文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  3回発言  26634文字発言

本会議発言一覧

第17回国会 衆議院 本会議 第6号(1953/11/03、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、政府提出の一般会計予算補正(第1号)に反対し、社会党共同提出の組みかえ要求の動議に賛成の討論を申し上げたいと存じます。(拍手)政府、与党を初め、改進党などの諸君は、口を開けば救農々々と叫んでおられるようでありますが、はたして政府提出のこの補正予算案は救農のための予………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第6号(1954/01/28、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、総理大臣以下関係閣僚に対しまして、その施政方針について若干の質問をいたしたいと存じます。私は、まず政府のいわゆる再軍備政策に関しまして、率直、端的にお尋ねいたしたいのでございますが、近ごろ総理大臣は、戦力なき軍隊という、われわれの常識をもつては理解することのできな………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第18号(1954/03/11、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題となつておりまする、わが国にとつて最も重大なる問題である日米相互安全保障協定、いわゆるMSA協定に関しまして、吉田総理を初め関係閣僚に対し、四つの協定を通じて若干の基本的な問題に限り質問いたしたいと存じます。(拍手)いわゆるMSA協定は、ただいま外務大………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  2回発言  14574文字発言
 第17回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第18回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言   6169文字発言
 第19回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  1回発言   7256文字発言
 第20回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

  26期通算  49回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 49)  4回発言  27999文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            39回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 39)  4回発言  27999文字発言

 経済安定委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言

 昭和28年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外6件特別委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

 農林委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1953/05/29、26期)

私は日本社会党を代表いたしまして、政府の暫定予算三案に反対し、両派社会党の出しました編成がえの動議に賛成するものでございます。簡単にその理由を申し上げます。六月の暫定予算は、同じ暫定予算という名前が…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1953/06/24、26期)

私は主として財政経済、金融関係のことに集中して、政府に御質問をいたしたいと思います。そこで最初に、世界経済の最近の情勢をどのように政府は見ておられるのでありますか、これは予算編成の大きな前提条件になり…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1953/12/05、26期)

私は一番最初に二、三総理大臣にお尋ねいたしたいと思います。その最初は、今問題となつております公務員あるいは現業官庁の賜暇戦術なとによる、要するに期末手当ないしベース・アップに対する運動についての政府の…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1954/03/02、26期)

私は総理大臣に最初にお尋ねいたしたいと思います。過日私どもは日本の新聞に載りました外電によつて承知したのでありますが、総理は外国の新聞記者にお会いになつて、その席上において、私どもから見ると注目すべ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22