加賀田進衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   4506文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  1回発言   1874文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  2回発言   6380文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第27号(1953/07/23、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、去る七月十八日人事院総裁より衆参両院議長並びに吉田総理に対して提出された国家公務員給与水準の改訂及び給与準則の制定に関する勧告に対して政府はいかに対処しようとしているかの諸点について質問をいたしたいと思うものであります。(拍手)現在、国家公務員は、国家公務員法のわ………会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 本会議 第4号(1953/12/07、26期)

私は、両派社党会を代表いたしまして、ただいま議題となりました一般職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案並びに特別職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案に対する両派社会党の共同修正案につきまして、その提案の理由並びに要旨を御説明申し上げんとするものであります。(拍手)今回政府の提出………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 15 委員  1) 12回発言  16696文字発言
 第17回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  3回発言  10821文字発言
 第18回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  0)  4回発言  14984文字発言
 第19回国会 33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 31) 13回発言  30356文字発言
 第20回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  5回発言  12610文字発言

  26期通算  71回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 29 委員 42) 37回発言  85467文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 人事委員会
            71回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 29 委員 42) 37回発言  85467文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 人事委員会理事(第16回国会)
 人事委員会理事(第17回国会)
 人事委員会理事(第18回国会)
 人事委員会理事(第19回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 人事委員会 第3号(1953/06/18、26期)

期末手当の問題でございますけれども、すでに政府も御存じだと思いますが、公務員は夏季手当という名称のもとに一箇月分の要求を、人事院等を通じて政府に強く要望されております。すでに六月十五日に支給する〇・五…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第4号(1953/06/19、26期)

大蔵大臣にお伺いいたします。夏期の期末手当の問題ですけれども、これはすでに一箇月以前から、各公務員には今次の夏季手当を一箇月分支給してもらいたいという強い声があるわけであります。大蔵大臣も期末手当に関…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第5号(1953/07/02、26期)

今森君の方からもいろいろ御意見がありましたが、ぜひそうした人事院に関連するいろいろな勧告の問題等は、当委員会を通じて対外的に発表するように、ひとつ今後十分留意していただきたいと思います。なお勧告の問…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第6号(1953/07/15、26期)

もうすでに人事院の勧告の問題が切迫して参つておりますが、先週の土曜日に、参議院の理事会において決定いたしました事項に基いて、人事院と折衝の結果、今週中に人事院勧告をするという回答があつたと聞いておりま…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第7号(1953/07/22、26期)

今実施時期の問題に対して質問がありましたので、関連して質問いたしたいと思います。今の説明では、新しい給与準則ではいろいろの調査その他に対して、矛盾あるいは困難性があるという説明でありますけれども、この…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第8号(1953/07/23、26期)

森君と同じような希望になりますけれども、いろいろ御説のあつたように、参議院で予算が審議中で、法的にはこれが通過しなくては、実質的に支給することはできないだろうと思うのです。従つて私の希望は、一ページの…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第9号(1953/07/24、26期)

この勧告の詳細な内容に対しましては、相当厖大なものであつて時間がかかると思いますが、ただ本質的な問題について総裁にちよつとお尋ねしたい。前の委員会でもいろいろ問題になりました実施期日の問題であります。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第10号(1953/07/25、26期)

今少し内容的にも御説明がありましたけれども、まず最初に、昨日の提案理由の御説明は特に概念的な点が多いので、現在の教職員の給与と、この法案の決定された後におけるものと対照して、直接どういう相違が起つて来…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第11号(1953/07/27、26期)

岩手県の軽石さんにお尋ねをいたしたい。今の参考意見の中で、高等学校と中小の学校でとつている教員の職務内容が異なるということであります。当然少々異なつているだろうと思います。その異なつた対象として給与と…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第12号(1953/07/28、26期)

私はきよう文部省関係、文部大臣にも質問いたしたいと思いましたが、これは人事院との関連性もありますので、明日出席のときに質問いたしたいと思います。今桜井君への答弁の中で、この提案は多数の者、二十四名の方…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第13号(1953/07/29、26期)

ちよつと議事進行について……。昨日横路君から要求されました資料が提出されましたので、この資料に対する御説明を願いたいと思います。第四は、同じく専門学校を卒業した場合でありますが、中学校を卒業して一年…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第16号(1953/10/06、26期)

質問じやないのですけれども、大蔵省の給与課長だけでは、いろいろ基本的な問題を質問しても、答弁が困難だろうと思うので留保したいと思います。人事院勧告もすでに提示されていますが、勧告の調査資料は三月現在で…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 人事委員会 第1号(1953/11/04、26期)

公務員の給与は、すでに本年の第十六国会において人事院から勧告されているわけです。いろいろ今次の五つの現業と三つの公社との仲裁裁定との関連の問題がありますので。政府としてこの仲裁裁定の進行状態と公務員の…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 人事委員会 第2号(1953/11/16、26期)

先日の要求によりまして、人事院から資料が提出されました。大体今年の三月から九月までの賃金その他生計費の統計表が出て参つております。これに基いて二月以降十一月現在において、人事院として新たに給与問題に対…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 人事委員会 第5号(1953/11/28、26期)

まだ臨時国会も開会されていないし、政府としての明確な最終的な態度をわれわれとしては知り得ないのですが、聞くところによりますと、一月以降人事院勧告を実施し、その内容に対しては地域給の問題とからんで、いろ…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 人事委員会 第1号(1953/12/01、26期)

官房長官は提案だけであといないようですか、この提案の中でも、財政の許す範囲において人事院勧告を尊重するということが言われておりますが、従来もよく尊重という言葉が使われておりましたか、人事院の勧告は、五…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 人事委員会 第2号(1953/12/02、26期)

質問に入る前に浅井総裁が出席だつたら伺いたいと思つておりましたが、昨年の十一月の一万二千八百二十円ベースのときにも、浅井副総裁に対して質問いたしまして、確認いたしたのでありますが、給与局長からあらため…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 人事委員会 第3号(1953/12/03、26期)

具体的な質問に入る前に、人事院総裁でも給与局長でもけつこうですが、お伺いをいたしますが、今次の勧告は、いわゆる新しく俸給表をつくるということ、あるいは期末手当、勤勉手当を年を通じて二箇月にすること、そ…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 人事委員会 第5号(1953/12/05、26期)

正示次長にちよつとお尋ねしますが、通常国会も間近に控えて、大蔵省としてはすでに二十九年度の本予算の骨子はきまつておると思うのですけれども、今のいろいろのお話の中でも、各省の要求は異常なもので、異常な決…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第4号(1954/03/13、26期)

今局長のお話では、町村合併に基いて地域給の再検討をしなければならないことが、勧告が遅れている理由ではないという御答弁があつたわけですが、そういう町村合併の進行に基いて地域給の研究はなされておるけれども…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第6号(1954/03/20、26期)

内容に関してはいろいろ説明もありましたが、まず局長にお尋ねいたします。人事院は、御承知のように国家公務員法に基いて公務員の労働条件その他が適正であるかないかということを審議するわけですけれども、突如地…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第8号(1954/03/23、26期)

今、受田委員からの要求に基いて、浅井総裁から、わが党の地域給対策の質問と答弁の新聞発表に対する回答があつたのであります。その回答については、今、人事官は、私はその点について知らないという答弁がありまし…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第11号(1954/04/02、26期)

私は各条項にわたる質疑は後刻に譲りまして、一般的の問題に対して質問をいたしたいと思います。この法案は昭和二十三年十一月十日に吉田総理自体の手によつて人事院に提出されまして、人事院の根本的改正が行われ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第15号(1954/04/20、26期)

今加藤国務大臣が、今度の改正に基いて人事院の独立性が縮小されていないという答弁ですけれども、この法案の改正されたときには、人事院に対して独立性を特に与えなくちやならないといつて、総理府の外局を内閣の所…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第17号(1954/04/23、26期)

それに関連してちよつと御覧問いたしたいのですが、五現業と国家公務員との給与状況に対するアンバランスに対して、是正されるということはわれわれとしても非常に喜ばしいことでありますが、特にその点が顕著に現わ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第19号(1954/05/07、26期)

この問題は大体公労法に基いて団交で決定された線に沿うて勤務諸条件を主務大臣によつて決定するという説明がありましたが、そういたしますと危惧されることは、たとえば賃金問題において団交の決定されない前にこの…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第20号(1954/05/10、26期)

加藤大臣に関連して質問いたしたいと思います。法案の提案理由の説明の中では、今申し上げたように、国家公務員法が適用され、一般職の職員の給与に関する法律が適用されているということで、団交権を持つ五現業のい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第22号(1954/05/18、26期)

提案者に違つた立場から質問いたしたいと思います。提案理由の中にもあるように一般職の職員の給与に関して、昨年七月十八日の人事院勧告が本年一月から実施された、その調査の基礎は昨年三月現在に基いて勧告がな…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第25号(1954/06/01、26期)

勤務地手当の勧告に基いて一、二点人事院に質問いたしたいと思います。総括的な質問は他の委員からもありましたので、簡単に質問いたします。今度の勧告の中で町村合併に基いて特に地域に対して引上げをしなければ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第31号(1954/10/08、26期)

大体数回にわたつて、地域給の問題が審議されて参りましたが、最終段階も遠くない、確定案の作成も近いとわれわれは信じておるわけであります。なお県間のいろいろの問題に対して、最終的ににらみ合せて是正しなくち…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第32号(1954/10/09、26期)

浅井総裁が見えてないので簡単にお尋ねいたしたいと思います。人事院は先般七月十九日に国家公務員法二十八条に基いて政府並びに国会に公務員の給与に関する報告がなされて参つております。これを見ますと、この報告…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第36号(1954/10/30、26期)

私は、この機関紙に関する見解を、千葉県の教育委員会に出すまでの経過についていろいろ質問いたしたいと思います。この理由書の中にあります通り、本年の八月十九日の人事院総裁の発言でも、従来国家公務員でもこ…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 人事委員会 第1号(1954/12/14、26期)

非常に含みのある御答弁でありましたけれども、今月の六日、先刻もお話申し上げた通り、吉田内閣もすでにあと余すところ命のない時期でありまして、自由党が与党であつたのでありますけれども、全会一致で人事委員会…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 人事委員会 第2号(1954/12/15、26期)

昨日に引続いて三好国務大臣にお尋ねいたしたいのですが、昨日受田委員長から官房長官に対して、給与の引継ぎがあつたかどうかということに対しては、何らないという答弁であつたのでありますが、昨日任命された三好…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 人事委員会 第3号(1954/12/17、26期)

今の総裁の答弁の中で、特に総裁にお願いしたいのは、団交権のある職員と団交権のない職員という区分の上に立つて、特に当面、期末手当の不均衡ということが問題になつておりますが、ももろん団交権のある職員は、団…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 人事委員会 第7号(1955/01/19、26期)

桜井委員の質問に続いて二、三御質問いたしたいと思います。調達庁の方々は、二十四年の一万一千五百名の職員が現在三分の一に減っておる、職員の雇用問題に対して、その人員を削減するという技術に対しては相当熟練…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 人事委員会 第8号(1955/01/21、26期)

大体文部省として義務教育の国庫負担金の三億弱程度を各地方団体に支給したというのですが、これはやはり日直、宿直費の前渡しの財源としての意味の上に立って支給されたわけですね。そういう意味じゃないのですか。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22