柳田秀一衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   3508文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言   3508文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第6号(1953/05/29、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、現在問題になつております在日中国人の送還問題、あわせてソ連抑留邦人の引揚げについて、いささか、政府、特に岡崎外務大臣にお尋ねいたしたいと思います。(拍手)今次中国からの同胞帰国に関しましては、中国紅十字会の好意により、今日まですでに約一万五千名近くの帰国者を迎える………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員 36) 15回発言  44474文字発言
 第17回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員 10)  4回発言   7535文字発言
 第18回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  4)  3回発言   7641文字発言
 第19回国会 68回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員 58) 40回発言 155178文字発言
 第20回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言   2403文字発言

  26期通算 141回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 27 委員114) 64回発言 217231文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 厚生委員会
            91回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 91) 49回発言 202619文字発言

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
            32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 27 委員  5) 12回発言  13864文字発言

 水害地緊急対策特別委員会
            15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  2回発言    637文字発言

 議院運営委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言    111文字発言

 労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会理事(第16回国会)
 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会理事(第17回国会)
 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会理事(第18回国会)
 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会理事(第19回国会)
 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会理事(第20回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第2号(1953/06/17、26期)

ただいまの受田君の質問に関連して外務当局にお尋ねしますが、マヌスからお帰りになつた方のお話を聞きましても、マヌスにおけるところの一般の給与、あるいは作業状況というようなものが、われわれが想像しておつた…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第3号(1953/06/22、26期)

そこでちよつと、今の受田さんと佐藤さんの質問に関連するのですが、政府は最初、生存者名簿で五万九千名、状況不明者一万七千名と踏んでおられた。そこで、今度帰つて参りました一万五千は、生存者名簿のうちの何名…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第10号(1953/08/04、26期)

議事進行に関して……。本委員会は海外同胞の引揚げ及び遺家族援護の委員会でございます。せつかく法務大臣もおいでになつておりますから、戦犯の問題に関連して、この機会に十分質問したいということはわかりますが…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第11号(1953/08/06、26期)

それに関連して、次長にお尋ねしますが、援護局へ参りましたときに、相当面会を制限しておるのです。ところが、先般横、浜ヘモンテンルパから帰つて参りましたときは、国民的の圧倒的な歓迎を受けておるわけなんです…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第38号(1953/10/26、26期)

原則は、外食券があつても、そういうまぎらわしいものは一切やめようということで、ただここに寝とまりしている議員があるのじやないかと思いますが、そういう特別な部類に関する限り、庶務小委員会でよく検討すると…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第8号(1953/06/27、26期)

厚生年金保険法について少しお尋ねいたします。政府の方でこの厚生年金制度をこのたび一部改正されましたが、本法は戦時中の立法であり、本法を制定した当時と、社会的の背景が全然異なつておる関係上、すでに各方面…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第12号(1953/07/03、26期)

ちよつと局長にお尋ねいたします。国保の予算案で一割五分の給付の国庫補助ですが、これは昨年の十二月の国会における決議案にも医療給付の少くとも二割、こういうことになつておるのであります。われわれは医療給付…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第14号(1953/07/06、26期)

ただいま上程になりました健康保険法の一部を改正する法律案外三件に対しまして、われわれ日本社会党は賛成するものでありますが、特に健康保険法及び厚生年金に対しては幾多の不満がありますので、その二、三を申し…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第15号(1953/07/07、26期)

昨日も杉山委員から御指摘があつたのでありますが、本改正案で、社会保障制度審議会長の有田八郎氏及び社会保険審議会長末高信氏両方から出ております答申案は、いずれも三者構成をうたつてあるわけでありますが、そ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第17号(1953/07/10、26期)

医師等の免許及び試験の特例に関する法律案ですが、大体この法律案の要旨はわかるのです。問題は、二回受けて二回だめならば、その人はもう受験の資格がないという点に一つ問題があろうかと思うのでありますが、二回…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第18号(1953/07/11、26期)

私は日本社会党を代表いたしまして、遺憾ながら本案には賛意と表するわけには参りません。現行社会保険審査会の三者構成の民主的制度を、官製化するというようなことは根本的にその趣旨において逆行しておる思います…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第22号(1953/07/21、26期)

直接日雇労働者健康保険法案に関連してはおらぬのですが、この機会にお尋ねしておきませんと、社会保険についてあとで質問する機会がないように思いますので、保険局長にお尋ねいたしますが、聞くところによりますと…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第25号(1953/07/24、26期)

この歯科医師が死亡診断書を交付することが法的にできるできないというようなことは、従来の旧法の場合にはどうなつておりましたか。もう一つただいま口腔がんをどうするかという問題について御質問がございまして…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第27号(1953/07/27、26期)

私は日本社会党を代表いたしまして、われわれ両派社会党提案の日雇労働者健康保険法に賛成いたし、政府提案の同名法案には反対せんとするものであります。本法案に関しましては、先国会におきましても、わが党は法…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第28号(1953/07/29、26期)

私は先般、北海道に起りました保険医四十五名の大量不当処分に関してお尋ねしたのでありますが、その節には、久下局長より、なお詳細な報告を聞いておらないというような御答弁もありました。しかしこのように国会に…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第2号(1953/10/31、26期)

私は直接大臣の御答弁を願いますが、本委員会が昨年の十二月に発足いたしましてから大体一年、たまたまけさの新聞によりますと、中国からの引揚が、今次の第七次船で一応集団帰国というものは打切つて、あとは個別的…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 厚生委員会 第2号(1953/11/02、26期)

第一の生活保護費に関してちよつと伺いますが、これの摘要に「冷害による増加」となつておりますが、これは冷害だけですか。水害、風水害はどうですか。なおそれに関連しまして、これもきようここで尋ねるのもこれ…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第3号(1953/11/03、26期)

私は、ただいまの八木委員に引続きまして、昭和二十八年六月及び七月の大水害により被害を受けた地方公共団体の起債の特例に関する法律等の一部を改正する法律案に対する修正案を提出いたします。まず案文を朗読い…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第5号(1953/11/07、26期)

先ほど次長から説明を受けましたが、十月六日に大蔵省からわれわれに配付された資料によると、被害報告額が二千七百八十二億、それを、大蔵省の方で、過去三箇年間の大体の実績平均によつて、査定見込額を二千十一億…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第3号(1953/12/07、26期)

皆さん、長らくの間、ほんとうに筆舌に尽せない御苦労を重ねてお帰りになつたのでありますが、先般私も委員長その他同僚諸君にお供いたしまして皆様のお帰りを舞鶴にお迎えに参りました。そこで、皆様のお喜びのさ中…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第5号(1953/12/09、26期)

島津、工藤御両氏は、中国と引続きソ連にお使いされまして、御大役を果されまして、まことに私ども国民としても感謝にたえないのであります。そこで、一、二点お尋ねしたいのですが、島津社長が先般中国に行かれま…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 厚生委員会 第2号(1953/12/04、26期)

関連して。今国立予防衛生研究所の問題で自由党の青柳君から御質問がありました。私もまつたく同感であります。ただ少しく観点をかえて御質問をしてみたいと思います。青柳君も言われましたように、予研の設立の目的…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第3号(1954/03/02、26期)

私は、ただいまの本委員会の決議には、日本社会党を代表し満腔の賛意を表するのです。そこで、一応政府にお尋ねしてみたいのですが、この中国からの帰国の問題は何に主眼を置くか。これは、私はあくまでもやはり留守…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第11号(1954/05/29、26期)

議事進行について……。一昨日の本会議で、懸案の中国紅十字会代表の招請問題が全会一致をもつて本会議を通過したことは、まことに御同慶にたえないのであります。慣例によりますと、当然所管大臣より院議を尊重して…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第14号(1954/09/06、26期)

議事進行について。この引揚者の収容施設ですが、先般当委員会から派遣せられまして御視察を願つたと思いますから、まずその視察の結果を御報告していただいて、その結果かくかくとの御判断が出ると思いますから、こ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第15号(1954/09/07、26期)

関連して。そうすると、最初の表の中の、ある時期の生存資料のあるもので、資料年次を書いてあるところのソ連関係集計一万七百七十九、この中にはうしろの表の生存資料のうちの二千二百八から二千四百七十四というも…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第1号(1953/12/11、26期)

政務次官にお尋ねいたしますが、聞くところによりますと、今回の行政整理で厚生省は厚生省内部において機構の簡素化と申しますか、あるいは簡素化に名をかりての圧縮のようなことを御計画なさつておられるように思う…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第3号(1954/01/29、26期)

ちよつと委員長にお尋ねします。きようは十時から参議院で本会議がありますが、大臣わざわざこちらに御出席願つたのでありますけれども、大臣の御予定はどういうようになつておりますか。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第10号(1954/03/02、26期)

ちよつと関連して。今の四百六十億ですが、これは無審査を幾らに置いての額ですか。なお最後に一つお尋ねしておきますが、現在簡易保険の運用の運用委員と申しますか、それはどういう構成になつておりますか、その…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第11号(1954/03/04、26期)

ちよつと質問しておきますが、私のところにこんな陳情が来ております。傷病恩給受給者が戦時中公務により病を得て長い間療養生活を続けながら、未復員者給与法の適用者にはこのたびの法改正によつて医療給付が行われ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第12号(1954/03/09、26期)

この日雇い労働者の健康保険に関しましては、過ぐる前々国会に本案が上程されましたときに、われわれ社会党といたしましては、本案のごとき名は日雇労働者健康保険法でありますが、その実は、はなはだしくその名にそ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第15号(1954/03/17、26期)

ビキニ環礁で原子実験がりました際に、たまたま公海に出漁中の漁船が、その原子被害をこうむつて帰つた事件があります。この問題は、国際法上も、あるいは原子力管理の問題、あるいは原子兵器禁止の問題、あるいはそ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第17号(1954/03/20、26期)

私は一昨日とりあえず本委員会においてビキニ環礁の問題に関しまして、衛生立法上、あるいは衛生行政上、あるいは医療対策上、あるいは患者の厚生対策というような面に対して緊急質問したのでありますが、その際にも…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第18号(1954/03/22、26期)

都築先生にお尋ねしたいのは、放射物質の内容が明かにならなくても、アメリカの方から治療法を十分に心得たお医者さんが来るんだから、それによつて適当な治療ができることになると思う、こういう意見も今一部にある…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第19号(1954/03/23、26期)

関連して……。岡委員が先の委員会から引続き数回このヒロポン禍に関する質問を展開しておるのですが、私もまつたく同感であります。今大臣の答弁によりますと、問題は漸次結論に参りまして、結局岡委員の言うごとく…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第20号(1954/03/24、26期)

私はビキニ環礁における第五福竜丸の被災事件について、いささか外務当局に質問したいのであります。要求いたしておりました外務大臣が、弾丸道路の視察のために十二時まで来られないとかいうことでありますが、外務…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第21号(1954/03/25、26期)

今の岡君の質問に関連して少しお尋ねいたします。自由主義国の一環としてむしろ協力しなければならぬというような今のお言葉でありましたが、私は少くとも原爆に関しては、世界中で皮肉と申しますか、不幸と申します…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第40号(1954/04/22、26期)

最近京都におきまして国会議員が遺族大会に出席をいたしましたところ、退席を命ぜられたという非常なる不祥事件が発生いたしましたにつきましては、われわれ遺家族援護の問題に対して、従来より超党派的に、真に戦争…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第41号(1954/04/23、26期)

それでは具体的にひとつ伺います。たとえば駐留米軍が、皇居前広場において分列式等を行いたいという場合は、厚生大臣はどう処置されますか。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第42号(1954/04/28、26期)

私はこの機会に水道行政に関して、少し厚生省の意見を聞いておきます。水道行政は御存じのように、排水道に関しては厚生省が主管しておりますが、一般水道に関しましては、なお古色蒼然たる法律によつて、従来内務省…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第44号(1954/05/11、26期)

委員長にお願いしておきましたが、厚生関係でまだ審議すべき問題点が残つておる。一応大体法律案の審議は済んだと思いますが、最近問題になつておりまするヒロポン禍の問題等に関しては同僚岡議員から発言がございま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第45号(1954/05/13、26期)

私は、結論は最近各地で保存血液の血液銀行あるいは乾燥血漿を製造するところの乾燥血液会社のごときもの、あるいはその他各医療施設で直接患者に輸血する場合、こういうような血液を供給する機会が非常にふえて参つ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第48号(1954/05/20、26期)

私は最近大きな社会問題になつておりますところの覚醒剤による、特にヒロポンによる幾多の犯罪事犯、特にこの覚醒剤が日本の青少年に及ぼしている害毒について、かつて中国は阿片によつて中国全体が虫ばまれておりま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第50号(1954/05/26、26期)

この水道の設置主体は府県を含めた自治体になつておりますが、かつて陸海軍等が陸海軍用に布設した水道が現在あるはずです。そういうものもおそらく無償貸付の形において、経営の主体は自治体だと思いますが、水道の…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第51号(1954/05/27、26期)

水道によりまして伝染病が集団的に発生いたしますと、そのもたらす災禍が非常に大きいのでありまして、これは日本あるいはその他の諸外国においてもずいぶんと例があり、しかも水道の分布の地域によつてはつきりとこ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第54号(1954/06/01、26期)

保険局長にお尋ねいたしますが、私は昨年北海道で起りました保険医の監査に対して、保険局長にいろいろと申し上げたが、そのときに申したように、保険医の中に不正な人なしとは決して言わないのでありまして、多くの…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第57号(1954/08/11、26期)

問題になつております黄変米の配給の件でありますが、まず厚生大臣にお尋ねいたします。厚生大臣は先般、三月六日ですか、婦人議員が大臣に面会を求めたときも、あるいは昨日の参議院の委員会においても、現在の厚生…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第58号(1954/08/12、26期)

議事進行について。四人の先生のうちお二人済んだのですが、ずつと続けておやりとなりますか。それとも時間の関係で途中で休憩を設けますか、設けられないとすると、先生方に対する質問は休憩前のところで一段落つけ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第59号(1954/08/13、26期)

長谷川君の質問に関連して。これは非常に大事なことで、患者諸君がすわり込みをやる以前の問題です。本年の四月三十日の朝日新聞の投書を読んでみます。「私たちの療友会員であつたTさんは、退所後半年もたたぬとい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第60号(1954/10/01、26期)

ただいま岡議員から資料の要求並びに質問がありましたが、きようわれわれは質問には入らない、従つてただいまの資料の提出は、これは委員長よりしかるべくおとりはからい願いたい。なおこの問題は非常に重大な問題で…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第61号(1954/10/02、26期)

ちようどお彼岸の中日の午後六時五十五分、第五福竜丸の無線長久保口愛吉さんが遂に逝去されました。この一報はひとしく八千五百万のわれわれ国民が、真に哀悼の痛恨やるかたなき感慨に打たれたのであります。私はこ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第63号(1954/10/05、26期)

その前に議事進行について一言……。この厖大な資料をわれわれいただきまして、とうていこれを全部精密に検討する時間的の余裕はなかなかないのであります。しかしながらその乏しき時間をさいて、われわれはできる…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第64号(1954/10/06、26期)

よく統計を論ずるときにこういうことがいわれます。統計とはまことらしきごまかしを数字をもつて表わしたものなり、こういう一つのアイロニーがある。これは一つのアイロニーですが、大臣は今初めてお聞きになつたか…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第65号(1954/10/07、26期)

議事進行について……。われわれは十月一日以来新医療費体系を審議しておることは委員長御存じだと思う。この新医療費体系について厚生大臣はこれを医薬分業とは可分のものだと言つております。これは少しおかしい。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第66号(1954/10/08、26期)

ちよつと委員長にお願いいたします。昨日と本日と参考人をお招きいたしまして、われわれはこの新医療費体系について各角度がらこれに対する問題点をお聞かせ願つた。われわれ委員といたしましては、日本の医療を大き…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第67号(1954/10/09、26期)

ちよつと関連して。きようはたいへん重大なことを承りました。私に先般の委員会で大臣にこの現在の一点単価が構成されておるものは、分子の方は二十四年九月の医療経費に関する実績調査を二十七年一月現在の物価賃金…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第68号(1954/10/11、26期)

最初に医務局長にお尋ねして、あとで保険局長にお尋ねいたします。あとの質問者が大分残つておりますし、委員会も大分日を重ねましたので、ごく簡単にお答えを願いたい。医務局長はこの統計から出て来た数字でそう大…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第69号(1954/10/12、26期)

関連ですが、それでは厚生大臣は、本日そういうようなある特殊の病院の払下げ等に関する委員会が今どこかで開かれておるのを御存じですか。次に重ねてお尋ねいたしますが、厚生大臣はかつて外務次官でおいでになつ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第70号(1954/10/14、26期)

緒方さんは十一時までというお約束でありますので、一点だけごく簡単にお尋ねいたします。この厖大な新医療費体系は、厚生省の説明では、これを手段、方法にして医薬分業に持つて行きたい、こういうことであります…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第72号(1954/11/19、26期)

私はごく簡単に大臣にお尋ねします。先般新医療費体系が出て参りましたときにも質問しましたが、あの新医療費体系は、結局百五十五の病院と、二百十七の診療所から抽出された結果出て参つたのですが、その当時はどち…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第73号(1954/11/20、26期)

この問題は大事でありますから関連して伺いたい。そこで特にということでありますから今の薬務局長の意味深長な答弁で大体わかりましたが、厚生省においてはその特にを何らか省令あるいはその他の措置において、こう…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第74号(1954/11/25、26期)

黄変米の問題は八月でしたか、委員会を開きまして厚生当局の態度等を聞いたのでありますが、最近新聞を読みますと、白い黄変米は無害であるとか、つき直せば配給できるとかいうような記事が出ておりまして、これは必…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第1号(1954/12/14、26期)

この際動議を提出いたします。委員長の互選は、投票を用いずに、園田直君を委員長に推薦いたしたいと思います。委員長園田直君に本席を譲ります。会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 厚生委員会 第1号(1954/12/17、26期)

私は冒頭に新大臣に御祝詞を申し述べたい。と申しますのは、われわれの尊敬しておりました後藤新平氏の女婿であられる鶴見さんが厚生大臣になられた。後藤さんの伝記を読んでみても、いかに卓越された政治家だつたか…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22