松田竹千代衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   3229文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   7442文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  2回発言  10671文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第17号(1953/07/04、26期)

私も、MSA問題について、自由党を代表して数点について質問いたします。(拍手)もし重複した点がありましても、私があらためてただしたいのでございまするから、ごしんぼうくだすつて、お許しあらんことを願います。米国は、欧州諸国の経済復興を目ざして、いち早く、その豊富なる経済力にものを言わせて、いわゆるマー………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第8号(1954/01/30、26期)

大阪府第五区選出議員といたしまして、私は、その全責任において、つとめて重複を避けながら、数点総理大臣とその政府に伺いたいのであります。私は、総理の施政演説を承り、またここでたびたび総理の御答弁の様子を伺いまして、一種異様の感に打たれたのであります。そして、思い出したことは、夜郎自大なる言葉を生んだと………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 13 委員 13)  6回発言  16992文字発言
 第18回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言    334文字発言
 第19回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  4回発言   6133文字発言
 第21回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  26期通算  45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 13 委員 32) 11回発言  23459文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文部委員会
            14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  3回発言   5138文字発言

 内閣委員会
            14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  7)  4回発言  11828文字発言

 行政監察特別委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  2)  2回発言    475文字発言

 外務委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   5023文字発言

 労働委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 郵政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言    995文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 内閣委員会理事(第16回国会)
 行政監察特別委員会理事(第16回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 外務委員会 第29号(1953/09/04、26期)

朝鮮休戦は世界でおおむね歓迎の意をもつて迎えられたのはきわめて自然でありますが、その後世界、特にアジア各地において次々に起つておる諸種の事態は、まつたく平和の風が吹いて来るような感じもない、いつ何どき…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第1号(1953/05/29、26期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、委員長が選任されますまで、衆議院規則第百一条第三項により委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1953/06/27、26期)

木村長官はお急ぎのようですから簡単にいたしますが、長官はどういう御了解をもつてMSAを受諾なさらんとするのか。MSA、この法律を日本に適用するというのは、どういうふうに御了解なさつておるか。これの起り…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第10号(1953/07/07、26期)

この前の議会の場合にもこれは大体通過した問題だと今伺つたのですけれども、私はこの問題についてついぞ検討するいとまを持ちませんでした。実は終始内閣委員でなかつたので、私が出席しておらなかつたときに説明が…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第12号(1953/07/09、26期)

私は議事進行について一言申し上げたいと思います。大分委員会において質疑応答があつたのでありますが、何分にも保安庁は大きな国費を使う仕事である。しかるに本委員会の質問は多く保安隊は軍隊であろうか、軍隊で…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第13号(1953/07/10、26期)

木村保安庁長官に一つ、二つだけこの機会にただしておきたいと思いますことは、私は、保安隊員を、横須賀でも、また私は富士におりますので冨士でもしばしば見かけるのですが、その他各地で保安隊の様子を伺い、保安…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第1号(1953/12/01、26期)

これより会議を開きます。私は年長者でありますので、委員長が選任されますまで、規則第百一条第三項により、委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 決算委員会 第43号(1954/08/23、26期)

私は日本自由党を代表して本決議案に賛成の意を表せんとするものであります。この黄変米問題が世上に伝わるや、国民は非常な衝撃を受けた、いな愕然としたのである。これは当然のことである。三度々々食う米の飯に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第3号(1954/02/13、26期)

関連して……。先刻来教育予算の面ついていろいろ質問があつたのでありますが、この点については文部大臣は格別の精神、気魄を持つてひとつ努力せられんことを望みます。ただ先刻来お話のあつた学校給食問題について…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第21号(1954/03/19、26期)

私の質問はきわめて簡単に切り上げたいと思います。そこでこの場合まず議事進行に関して一言申し上げたい。本委員会は文教に関する委員会である。そこで文教委員会らしく私は終始してもらいたいと思う。(「ヒヤヒヤ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第24号(1954/03/26、26期)

私は日本自由党を代表いたしまして、ただいま議題となつておりまする義務教育諸学校における教育の政治的中立の確保に関する法律案並びに教育公務員特例法の一部を改正する法律案並びに保守三派の共同提案にかかる修…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22