国会議員白書トップ衆議院議員坊秀男>26期国会活動まとめ

坊秀男衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  2回発言   5821文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  2回発言   5821文字発言

本会議発言一覧

第19回国会 衆議院 本会議 第28号(1954/03/27、26期)

私は、自由党を代表して、ただいま議題となつておりまする所得税法の一部を改正する法律案ほか租税関係者案に対し、委員長報告通り賛成の意を表明せんとするものであります。以下、簡単にその理由について申し述べます。およそ国家財政におきまして、歳出の面を別といたしますならば、税金は安ければ安いほど善政と言うべき………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第42号(1954/04/27、26期)

ただいま議題となりました四法律案について、大蔵委員会における審議の経過並びに結果につきまして御報告申し上げます。まず、物品の無償貸付及び譲与等に関する法律の一部を改正する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 71回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 43 委員 28) 10回発言  16642文字発言
 第17回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員  6)  3回発言   1563文字発言
 第18回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  0)  1回発言    292文字発言
 第19回国会 65回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 65 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第20回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  0回発言      0文字発言

  26期通算 165回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事130 委員 35) 14回発言  18497文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 大蔵委員会
           130回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事128 委員  2) 11回発言   6425文字発言

 水害地緊急対策特別委員会
            29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 29)  3回発言  12072文字発言

 決算委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  4)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 決算委員会理事(第16回国会)
 大蔵委員会理事(第16回国会)
 大蔵委員会理事(第17回国会)
 大蔵委員会理事(第18回国会)
 大蔵委員会理事(第19回国会)
 大蔵委員会理事(第20回国会)
 大蔵委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第18号(1953/07/24、26期)

私は、和歌山県水害の報告を申し上げるに先だちまして、災害が勃発するや、国会におきましてはきわめて御同情ある御配慮を賜わりましたことを、和歌山県民にかわりまして厚く感謝の意を表するものでございます。さ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第21号(1953/07/30、26期)

私は和歌山、奈良等の水害を親しく見て参つたのでありまして、以下申し述べますことは、あるいはすでに九州の委員の諸君によつて質問をされたかどうかということは、私には今日わからないのでありますが、しかしなが…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第26号(1953/08/10、26期)

時間もたいへん切迫しておりますし、副総理はお忙しというお話でありまするので、私は、ただ一点だけ副総理にお伺いいたします。今やこの災害の復旧のために二十数法律案が全部成立しようとしておりますることは、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第11号(1953/06/30、26期)

ただいま議題となつております国際復興開発銀行等からの外資の受入に関する特別措置に関する法律案につきましては、質疑も大体尽されたと思われますので、この際質疑を打切り、討論を省略してただちに採決に入られん…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第17号(1953/07/08、26期)

私は日銀総裁に一般的な質問をしたいと思つたのですが、時間がありませんから、ただ一点関連質問をします。先ほど同僚有田委員に対して、日銀総裁は、相互銀行の為替取扱いの問題について御説明がありました。大蔵省…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第19号(1953/07/10、26期)

相互銀行に関連して銀行局長にお伺いいたしたい。ただいま銀行局長の答弁によりますと、他店為替の取扱いにつきましては日本銀行でも大蔵省でも今基準を考えている。その基準の中の大きな問題は資金量の問題であり、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第22号(1953/07/15、26期)

関連して……。ただいま大蔵大臣の福田委員の質問に対するお答えによりますれば、今度相互銀行法を改めて、相互銀行に対して為替業務を取扱わすという法律をきめるが、法律はきめても、その実施にあたりましては、わ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第25号(1953/07/18、26期)

ただいま議題となつております二十六法案中、相互銀行法の一部を改正する法律案、並びに先ほど提案趣旨の説明を聴取いたしました国有財産法第十三条の規定に基き、国会の議決を求めるの件及び国有財産法第十三条の規…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第43号(1953/10/09、26期)

井上委員の御質問に関連して、銀行局長に一点お聞きしておきたいと思います。ただいま災害地の金融等につきまして、中小企業の面において、国民金融公庫に対しては、災害に関して別わく等の措置をとつておられるとい…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第45号(1953/10/27、26期)

災害を含めて、年末の中小企業金融について、国民金融公庫の資金をいかなる形においても増額してもらいたいということを私考えておりまして、関連質問をしようと思つておりましたが、千葉委員長から非常に適切なる御…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 大蔵委員会 第4号(1953/11/06、26期)

議事進行上申し上げたいと思います。本問題は、究極のところ、その対象とするのは小松製作所の払下げ問題で、これは言うまでもないことであるのでございますが、私は議事進行上、この問題は二つの処理の方法を考えな…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 大蔵委員会 第8号(1953/11/25、26期)

関連して。両参考人の方に証人として御出向き願うことにつきまして、はからずも対立意見が出たわけでございますが、私は両参考人の方がお互いにお話をなされる、なされぬということは、これは別問題であつて証人とし…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 大蔵委員会 第11号(1953/11/28、26期)

全国相互銀行協会の島崎常務理事さんに一点簡単に伺います。相互銀行の内国為替取扱いの問題につきましては、前国会におきましてこれの法律案を本委員会で審議いたしまして、国会を通過したのでございますが、そのと…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 大蔵委員会 第4号(1953/12/04、26期)

ただいまの春日委員からの発言でございますが、良識とか常識とかいうような言葉の争いではないと思います。大蔵大臣がここに見えられまして、時間がきわめて短かい間に質疑応答が行われまして、大蔵大臣の発言に対し…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22