大平正芳衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  1回発言   1291文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言   1291文字発言

本会議発言一覧

第21回国会 衆議院 本会議 第4号(1954/12/15、26期)

私は、ただいま上程せられました昭和二十九年度の年末賞与に対する所得税の臨時特例に関する法律案に対し、自由党を代表して、原案に反対、委員長報告に賛成の討論を述べんとするものであります。両派社会党は、去る臨時国会におきまして、補正予算案の成立前、すでに年末賞与二万円以下を免税にせんとする法律案をわれわれ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 40回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 40) 16回発言  26525文字発言
 第17回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  6回発言   8862文字発言
 第18回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  0回発言      0文字発言
 第19回国会 73回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 73) 21回発言  26991文字発言
 第20回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  1回発言    483文字発言
 第21回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  2回発言   1533文字発言

  26期通算 136回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員129) 46回発言  64394文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 大蔵委員会
           135回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員128) 46回発言  64394文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 大蔵委員会理事(第20回国会)
 大蔵委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第7号(1953/06/24、26期)

ちよつとお話は違いますけれども、小額通貨の整理に関する法律案に関連しまして一点承りたいと思います。予算委員会の劈頭、同僚の本間委員から大蔵大臣に対しまして、この法律案に関連して、デノミネーシヨンという…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第9号(1953/06/26、26期)

ただいま問題になつておる外資導入の法律案につきまして、大蔵当局に伺つておきたいと思います。第二条によりますと、日本開発銀行または日本輸出入銀行が当事者である場合には、政府が保証契約をすることができる。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第12号(1953/07/01、26期)

私は閉鎖機関令の一部改正法律案と、塩業組会法案に関連いたしまして、二、三の点を質問いたしたいと思います。まず閉鎖機関でございますが、今度この改正法律案が出まして、提案の理由を拝聴いたしますと、まこと…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第15号(1953/07/04、26期)

今の内藤委員が言われたゼロ二つをのけるという問題ですが、この間私が政務次官に御質問申し上げたら、政務次官の御意見では、貨幣価値の根本に触れるような問題で非常に慎重にしなければならない、その気持はよくわ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第18号(1953/07/09、26期)

今の稲田委員の御質問の点ですが、閉鎖機関令の今度の改正案の中で、在外債権債務の差額と政令で定める金額とを留保すれば、国内財産についての処分は認めようというような改正になつておる。この点は、この間管財局…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第22号(1953/07/15、26期)

関連して……。今井上委員が御質問いたしました年金額改訂の三法案に関連して伺いますが、この改訂に要する費用の負担、これは国が現実に負担する。ところが地方共済組合の場合には、地方公共団体、専売、国鉄、電信…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第26号(1953/07/21、26期)

国家公務員等に対する退職手当の臨時措置に関する法律の一部改正案につきまして、若干問題点を伺つておきます。この法律が今月末に失効するので、その効力を延期した点については、本委員会の各位におかれましても大…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第27号(1953/07/22、26期)

主税局長と国税庁御当局がお見えになつておるようですから、徴税の問題に関連しまして、徴税のやり方について二、三伺つてみたいと思います。最近の徴税状況を見ておりますと、徴税当局の方でもよほど民主的に御苦…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第28号(1953/07/23、26期)

それでは、まず修正案文を朗読いたします。塩業組合法案に対する修正案会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第32号(1953/07/29、26期)

ただいま議題になりました国家公務員等に対する退職手当の臨時措置に関する法律の一部を改正する法律案の修正案につきまして、その趣旨弁明をいたしたいと思います。修正案の案文はお手元に差上げてありますので、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第34号(1953/07/31、26期)

ただいま議題になつております資金運用部資金法の一部を改正する法律案に関しまして、若干疑問の点をただしたいと思います。巷間伝えられるところによりますと、地方公共団体の起債の認可の全責任につきましては、地…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第37号(1953/08/04、26期)

ただいま議題となつております国家公務員等退職手当暫定措置法案につきましては、すでに当委員会におきまして、政府原案に修正を加え、全会一致をもつて可決し、十分審議を重ねて参りましたので、この際質疑を省略し…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第38号(1953/08/06、26期)

はなはだ恐縮ですが、地方行政委員長の話合いはどうなつておりますか。起債の件について、委員長とお話し合いがあつたようですが、現在どういう結果になつておるのでしようか。本日はこの程度で散会いたします。次…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第41号(1953/09/10、26期)

関連いたしまして副総理に三肩お尋ねしたいのですが、米価の問題は、保守三派の共同修正で、われわれが伺つているところでは、生産者米価は基準米価を七千五百円にして、あと八百円の完遂奨励金をつける。超過供出奨…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第42号(1953/10/08、26期)

二、三お伺いしたいと思います。先ほどの御説明では、輸入貨物の予算の中で、原綿であるとか、パルプであるとか、カリ塩であるとかというような輸出用原材料に相当重点を置いておられる、こういうことで、品目により…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第44号(1953/10/12、26期)

岡松さんの御意見、青砥さんの御意見を聞いておりますと、今の法人税なり所得税なり、制度それ自体の問題というよりも、むしろ税率の問題が両方の眼目のように伺うわけでありますが、税率を御要望のように下げた場合…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 大蔵委員会 第1号(1953/10/31、26期)

ただいま両小委員会の経過並びに結果につきまして、井上委員から御発言がございました。資金運用部資金法の問題につきましては、その通りわれわれは異存はないのであります。ただ塩につきまして、本委員会の結論をく…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 大蔵委員会 第3号(1953/11/04、26期)

鉱害関係について二、三お尋ねしておきたいと思いますが、特別鉱害復旧の法律は臨時措置法になつております。これは一体いつごろになつたら床状が固定してこういう必要がなくなるのか、この法律をざつと見てみますと…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 大蔵委員会 第6号(1953/11/17、26期)

ただいま古屋議員のお発言のうちに、保全経済会というのは匿名組合ではない、大蔵省当局の方は匿名組合であるという非常に重大な御意見を承つたのですが、われわれも保全経済会のことにつきまして各方面から問合せが…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 大蔵委員会 第7号(1953/11/18、26期)

税制調査会の答申そのものは、御熱心に御討議されて非常に御労苦を多とするのであります。これは井上さんがおつしやつたように、政府の方で御検討中だというのでありますが、これを読みますと、なおついていない重要…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 大蔵委員会 第8号(1953/11/25、26期)

先ほどの民事局長の御答弁の中に、保全経済会の現有の財産が、今の段階において散逸するのを防止する。これがさしあたつてみなが関心を持つておるところでありますが、その法律的な手段としては、破産法上の破産の申…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 大蔵委員会 第9号(1953/11/26、26期)

今日は年末金融対策についての問題を審議しておるのですけれども、今年の年末金融対策というものは、どうも資金の時期的な調整をやるとか、年末の取引の決済の潤滑をはかるというような問題を越えた非常にやつかいな…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第1号(1953/12/11、26期)

私は自由党を代表いたしまして、ただいま提出になっております昭和二十八年の年末の賞与に対する所得税の臨時特例に関する法律案に遺憾ながら反対の討論を展開いたしたいと思います。同僚の親愛な諸君の提案に相成…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第6号(1954/02/10、26期)

関連して。先ほど理財局長から特別減税国債の現在までの消化の状況、これが年度末まで参りましても若干未消化のものが残るというお話がございましたが、そういたしますと、開発銀行の方の金繰りが狂つて来るじやない…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第7号(1954/02/11、26期)

ただいまの塩脳部長のお話の中に、小名浜の加圧式の工場の試験は成績がよくて、東北、北海道方面に普及して行こうというお話がありましたが、加圧式の工場として建てられて、この工場は一応工業化して大丈夫だという…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第20号(1954/03/11、26期)

関税の問題を二、三お尋ねいたします。一つはわが国がガットに仮加入したということでありますが、仮加入というのは正式な加入とどういうように違うのですか。それから仮加入いたしまして、わが国は一体どういう利益…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第21号(1954/03/12、26期)

年末の状態はアブノーマルな状態だとわれわれは思う。去年の十月末の数字を見ますると、日銀の貸出しは三千四百九十五億になつております。そのうち割引が千六百九十三億、貸付が千七百八十四億という数字が私の手元…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第29号(1954/03/26、26期)

骨牌税法の一部を改正する法律案及び国税収納金整理資金に関する法律案に対する修正案を申し上げます。案文はお手元に差上げてありますから、朗読を省略させていただきます。本修正案の内容をかいつまんで申し上げ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第32号(1954/03/31、26期)

先ほど銀行局長から、金融制度懇談会のいろいろな御意見を拝聴したのですが、この法律を見ますと、よほど政府は遠慮されたというか、各金融機関に気がねしたというか、できるだけ当りさわりのないようにしたいという…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第33号(1954/04/01、26期)

簡単にひとつ山口教授にお伺いしたいのですが、先ほど先生は、日本の金融機関の在来の組織、仕組みがアメリカ占領軍によつてめちやめちやにされた。それに対して先生自身もたびたびプロテストされて来た、こういうお…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第35号(1954/04/06、26期)

株主相互金融の問題につきましては、われわれも慎重にいろいろ苦心して考えてみたのです。ところが去年の三月に銀行局長が声明をしまして、大蔵当局といたしましては、株式会社というのは自由設立になつておりまして…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第36号(1954/04/07、26期)

ただいま議題になりました入場税法案に対する修正案を御説明申し上げます。修正案の条文はお手元に御配付申し上げておりますので、それによつて御了承願いたいと思います。修正部分は四箇所ございます。一つは税率…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第37号(1954/04/08、26期)

今度の修正案による税収の見込みでございますが、この税収の見込みにつきましては、御承知のようにこれはあくまでも見積りでございまして、いろいろの想定に基いて見積りを立てておるわけでございまして、従来も税の…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第38号(1954/04/09、26期)

それでは私が……。ただいま井上委員の御質問の要旨は、要するに予算が編成され、成立を見た後において、予算の実質的な修正になるような修正案を、与党側において作案してなぜ提出したかということに対する御詰間で…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第39号(1954/04/13、26期)

入場税法案に対するわれわれの修正によりまして、昭和二十九年度におきまして幾ばくの税収が的確に確保されるかということについて、提案者側の答弁にニュアンスの相違がございまして、各位の御審議に支障をお招きい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第41号(1954/04/15、26期)

ちようどいい機会ですから、関連して長官に伺つておきたいですが、町村合併促進法というのがございまして、これで合併を促進さすために可能ないろいろな援助を与えることになつたのでございますが、この中に国有林の…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第48号(1954/04/27、26期)

補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律案について二、三伺つておきたいと思います。この法律案を見まして率直な感じといたしましては、補助金というのはどういうものか、交付を受ける手続と、交付を受ける…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第50号(1954/05/06、26期)

法務当局に伺つてみたいと思うのですけれども、日歩三十銭で押えて行く、これが処罰を受ける限度ということで、あなたのおつしやることは、利息制限法等との関係において、非常に論理的だ思いますが、ただ三十銭とい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第58号(1954/05/20、26期)

先日の本委員会におきまして政務次官に対しまして若干質疑をしておきましたが、少し残つておりますので、二、三引続いて御質疑を申し上げたいと思います。私がこの法律案を拝見した場合にまず考えましたことは、先…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第63号(1954/05/29、26期)

ただいま御質疑を拝聴しておりまして感じたことにつきまして、政府に要望しておきたいと思うのです。ただいままでの災害復旧費の配分というものは、河川災害についても農業土木災害についても、大蔵省としては何年…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第74号(1954/10/11、26期)

ただいまの質問に関連して、二つばかり専売公社と大蔵省に伺いたいと思いますが、専売公社の方で今度の災害対策といたしまして、いち早く総合的な対策を立てていただきましてありがとうございました。そこで災害対策…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第75号(1954/10/12、26期)

先ほど本名君の災害関係の予算措置の質問に対しまして、山本次官から十五号台風に若干推計を加えまして、本年度災は七百三十億、それを査定されて七割にして、そのうち七割が国庫負担となつて本年度中に施行する、そ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第78号(1954/11/10、26期)

ただいま井上委員と政府当局との間の質疑応答を拝聴いたしておりますと、どうもあいまいな点があるのでございます。つまり農地として払い下げるという原則を貰いてもらいたい。やがてこれを他に転用して高価で転売す…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 大蔵委員会 第4号(1954/12/04、26期)

ただいま議題となりました法律案に対する修正案の趣旨弁明を行いたいと思います。修正案の案文はお手元に印刷して差上げてございますから、この際朗読を省略さしていただきます。修正の要点を申し上げますと、第一…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 大蔵委員会 第1号(1954/12/14、26期)

社会党両派の諸君から御提案になりましたこの法律案につきまして、二、三の点について大蔵大臣に所見を伺いたいと思います。年末が差迫りまして、零細所得者の年越しにつきまして私どもも社会党の諸君と同様に深甚…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 大蔵委員会 第2号(1954/12/21、26期)

会計検査院の池田さんにお伺いいたします。きのう大蔵省に御注意を喚起した事柄は、内地の国庫金の指定預金だけをいうのですか。それとも政府保有外貨を外銀やあるいは為替銀行等に預託いたしておりますが、ああいつ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22