多賀谷真稔衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   3373文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言    520文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  1回発言    266文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  3回発言   4159文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第11号(1953/06/23、26期)

私は、ただいま議題となりました公共企業体等労働関係法の一部を改正する法律案につきまして、提出者を代表し、その提案理由及び改正せんとする主要な点について説明申し上げます。(拍手)終戦後、わが国の公務員は、労働三法の適用を受けて、いわゆる現業公務員はすべて争議権を持つていたのであります。ところが、昭和二………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第47号(1954/05/12、26期)

ただいま議題となりました労働基準法の一部を改正する法律案の労働委員会における審査の経過並びに結果を報告いたします。本案は労働基準法第五十二条の改正に関する参議院提出案でありまして、もともと同法第五十二条の立法趣旨は労働者の健康保持をその目的とするものでありますが、現行法においては歯科医による健康診断………会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 本会議 第3号(1954/12/02、26期)

ただいま議題となりました労働組合法の一部を改正する法律案の、労働委員会における審査の経過並びに結果を報告いたします。本案は各党共同の議員提出案でありまして、昭和二十九年十一月三十日本院に提出せられ、ただちに委員会における審査を行つたのでありますが、本案の目的は、現下の労働情勢を勘案して、労働委員会の………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22) 11回発言  59024文字発言
 第17回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  6回発言  22573文字発言
 第18回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  4回発言  14376文字発言
 第19回国会 47回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 38 委員  7) 37回発言 191173文字発言
 第20回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  3回発言   8592文字発言
 第21回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  2回発言   1641文字発言

  26期通算  92回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 42 委員 48) 63回発言 297379文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 労働委員会
            88回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 42 委員 44) 60回発言 289824文字発言

 議院運営委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言    540文字発言

 法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   1964文字発言

 通商産業委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   5051文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 労働委員会理事(第19回国会)
 労働委員会理事(第20回国会)
 労働委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 労働委員会 第7号(1953/07/03、26期)

緊急性がありますので、関連質問をさせていただきます。今度の風水害で、失業者でなくて仕事がない人がおるわけです。すなわち、炭鉱は、六月二十九日現在でも、西日本で全坑埋没が四十坑と数えられております。そ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第10号(1953/07/09、26期)

立法の根本的な問題については、いずれ法務大臣が見えてから聞きたいと思います。そこでこまかい点から、まず条文の解釈についてお聞きいたしたい。第三条の「鉱物資源の滅失若しくは重大な損壊」とありますが、こ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第11号(1953/07/10、26期)

通産大臣に対して、二点お尋ねをいたします。昨年の電産の争議の際の停電ストが違法であるかどうかという問題に関連してお尋ねをいたしたいのですが、十一月八日の岩木哲夫氏の質問に対して――その質問は池田通産大…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第13号(1953/07/16、26期)

大野国務大臣並びに労働局長にまずお尋ねいたしたいと思います。労働者に対する災害補償の面において、労働金庫から要請が出ておりますが、政府としては一体労働金庫に、いかなる方法でもけつこうですが、やる意思…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第16号(1953/07/24、26期)

西日本水害後の労働事情について、再度質問したいと思います。ことに二十条の適用並びに二十六条の適用についてであります。私は一昨日帰つて来たわけでありますが、この問題について、次のような問題が起つておりま…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第18号(1953/07/31、26期)

本請願の要旨を説明いたします。本請願の要旨は、失業問題はますます弱化しつつあるが、失業対策事業の予算は現在五十万人の完全失業者のうち、わずかその十六万人が収容されるのみで、単価も二百四十九円、資材費の…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第19号(1953/08/05、26期)

専売公社の関係にお尋ねいたしたいと思います。昭和二十七年十一月二十七日付の裁定のうち、第六項に掲げてあります業績賞与についてお尋ねしたいと思います。二十八年度の給与の支給に際して、二十七年度の決算にお…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第20号(1953/08/06、26期)

労働省に資料の提出をお願いいたします。駐留軍労働組合の争議中における米兵との衝突について、講和発効後いかなる事件が起つたか、労働省の関知する範囲においてお答えを願いたいと思います。さらにそれが刑事的な…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第21号(1953/09/02、26期)

中西労政局長にお伺いしますが、今度の問題は、資金上予算上不可能な問題ですか、ちよつとお尋ねいたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第22号(1953/09/03、26期)

通産大臣にお尋ねいたします。まず政府の石炭政策の根本的な対策についてお尋ねいたしたいと思います。石炭がちよつと余つて参りますと、国家管理制度というものを廃止いたし、さらに不足な告げると、舞台もひつく…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第23号(1953/09/04、26期)

関連して労働省と市警にお尋ねいたします。労働省に対しましては、今行われております日産のロック・アウト――八月五日から工場閉鎖が行われておると聞いたわけでございますが、かように一箇月以上にわたる長い工場…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1953/11/04、26期)

国警にお尋ねいたしたいと思いますが、労働組合の大衆運動に対する認識をどういうふうにお持ちであるか、お尋ねいたしたいわけであります。具体的に申し上げますと、労働組合は、警察から呼出しを受ける、あるいは検…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 労働委員会 第2号(1953/11/02、26期)

職業安定局長にお尋ねいたしたいのですが、昨年昭和二十七年に職業安定法施行規則が改正されて、その第四条の第一項第四号の改正についてお尋ねいたしたいと思います。基準法の第六条によりまして中間搾取を禁止す…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 労働委員会 第6号(1953/11/09、26期)

大臣はからだが悪いそうでありますので、ごく簡単に質問いたしたいと思います。先ほどの高橋委員の質疑に対しまして、政府は、何も国会に承認をしてくれとか、あるいは不承認であるとか、こういう意思表示はしてい…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 労働委員会 第7号(1953/11/10、26期)

簡単に質問をいたしたいと思います。造幣局と組合では、団体交渉でどういう協議がなされ、どういう経過になつておるか。団体交渉の面、要するに調停委員会にかける前の状態を、少しく報告していただきたいと思います…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 労働委員会 第8号(1953/11/11、26期)

食糧庁にお尋ねいたしたいと思います。今問題になつております八幡市の旭硝子牧山工場におきまして、争議が起りました。そうして十月七日に第二組合の結成と同時に保安要員をほとんどカン詰にいたしまして、そのほか…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 労働委員会 第9号(1953/11/24、26期)

食糧庁需給課長から、この前お願いしておきました調査を御報告願いたい。会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 議院運営委員会 第2号(1953/12/01、26期)

われわれは労働委員会を中心とする連合審査会で、ことに公聴会を開いてはつきりしましたことは、裁定の内容については審議できないということである。裁判所ではないから、裁定がいいとか悪いとか、あるいは民間企業…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 労働委員会 第2号(1953/12/02、26期)

二、三点浜田参考人にお尋ねいたしたいと思いますが、一体労務者と英駐留軍との間に、労働協約を締結してあるかないか、給与の協定もあるのかないのか、その点を第一点としてお尋ねいたしたいと思います。さらに第…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 労働委員会 第3号(1953/12/03、26期)

私たちがこの裁定に対する承認を求められてから、一箇月になるわけです。その間、労働委員会としてはいろいろ審議いたしましたが、結論的に申し上げますと、何を審議しているのかわからないといつた状態でございます…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 労働委員会 第4号(1953/12/04、26期)

関連して質問いたしたいと思います。実は単に大蔵省が給与に対して規制をしている通牒を発しておるだろうというのではなくて、法的に権限があるわけであります。大蔵省は、日本銀行法によりまして、日本銀行の予算に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第1号(1953/12/11、26期)

仲裁裁定実施に伴う労使間の紛争を見たわけですが、ことに年末手当について、かなり終結を見ておるところも多いと思うのですが、一体その状況はどういうふうになつておるか各公社及び現業別に御回答を願いたいと思い…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第2号(1953/12/15、26期)

英連邦雇用になつておる労働者の労務管理について、お伺いいたしたいのですが、その前に、国連軍に日本の施設並びに労務の提供をする根拠をお尋ねいたしたい。ところが、間接調達にいたしますと、現在英連邦が直接…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第5号(1954/02/17、26期)

今回中央労働基準審議会に諮問になつております基準法施行規則改正の要綱について、逐条的に基準局長から御説明願いたいと思います。第一の改正は、規則の第五条でございます。現行法におきましては、法律の第十五…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第6号(1954/02/19、26期)

参考人にお尋ねいたします。参考人の組合の名称と、八幡製鉄労働組合というのとの関連についてお答え願いたい。なお最も新しい枝光の焼成作業の具体的内容といたしましては、建物、機械設備、電話等の施設一切を業…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第8号(1954/02/26、26期)

労働基準法施行規則の面につきましては、本日は基準局長も見えていないようでありますので、次会にいたしまして、現実の労働基準行政の実施の状態について質問いたしたいと思います。実はこれは日本紡績高田工場の問…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第9号(1954/03/03、26期)

関連して。本件は初めて私は耳にしたわけですが、きわめて重大なる問題を含んでおると思うわけです。まず第一に、保養券を会議費に使つたというが、一体その保養券で役人が保養したのかどうか。あるいは保養券を他に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第10号(1954/03/05、26期)

今現業の労働組合の方から、意見を聞いたわけでございますが、当局側も見えておられますので、四現業の当局側からも一応御説明を願いまして、それから質疑に移りたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第11号(1954/03/10、26期)

先日現業の理事者側の方にも来ていただきまして、本委員会と今度の紛争の問題点を把握せんといたしたのでありますが、先ほど井堀委員からも御指摘がありましたように、造幣において四百二十円、印刷において二百二十…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第12号(1954/03/12、26期)

この際動議を提出いたします。ただいま文部委員会において審査中の義務教育諸学校における教育の政治的中立の確保に関する法律案及び教育公務員特例法の一部を改正する法律案、以上二法律案は、本委員会の所管事項と…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第13号(1954/03/17、26期)

関連して――吾孫子さんにお聞きしたいのですが、先ほど組織の責任者云々と言われました。また十七条は、必ずしも組織だけのことを書いているのではなくて、職員それ自体の判断をやはり入れる要素があるのだ、こうい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第14号(1954/03/24、26期)

事実問題について、組合側にお尋ねしたい。今井上説明員は、京都の駅では五十個積んだという話でありました。組合側の資料によりますと、京都では、車掌が満載の通告をしたので積込みを行わなかつたという資料が出て…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第15号(1954/03/31、26期)

当局側にお尋ねいたしますが、新潟鉄道局管内が、他の責任を問われない管内に比して、特に責任を問われたというのは、どういう点において違いがあつたか、お尋ねいたしたい。それから特に重要なことは、当局はいか…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第16号(1954/04/02、26期)

まず組合側の参考人にお尋ねしたいと思いますが、東京地方本部の戦術委員長並びに副闘争委員長並びに書記長は、その当時おられたのかどうか。あるいは外遊されたという新潟の例もありましたが、どういう事情にあつた…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第19号(1954/04/16、26期)

今の問題に関連して質問をいたしたいと思います。今吾孫子説明員は、十七条の問題から十八条の解雇ということになると、これは団体交渉事項ではないと言われておりますけれども、それはどういうところから来ている…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第21号(1954/04/23、26期)

政務次官が見えておりますので、時間の都合もあるかと思いますので、ごく簡単に緊急に質問いたしたいと思います。それは昨日の午前一時から、福岡県の板付の飛行場で、駐留軍労務者が争議をしておるわけでありますが…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第22号(1954/05/12、26期)

労働省にお尋ねいたします。今参議院の専門員の方から、詳細に説明がありましたが、ことに命令の改正ですが、労働安全衛生規則の四十八条の(ル)、(ヲ)というのを歯科医師の診断を要する、おそらくこういうように…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第23号(1954/05/14、26期)

三者意見の一致いたしたものについて、質問いたしたいと思います。まず第五条でありますが、第五条のうち、法第八十九条の第九号の問題であります。この第九号に規定してある中で「休職に関する定がある場合には、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第24号(1954/05/19、26期)

ただいま議題となりました最低賃金法案及び最低賃金保障金融公庫法案につきまして、その提案理由及び内容の概要について御説明を申し上げます。最低賃金制は、前世紀の末ニユージーランドに実施されて以来、イギリ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第25号(1954/05/21、26期)

第十二条についてお尋ねいたします。十二条を削除するという諮問が出ておるわけですが、これは法第百六条の規定に何ら規定しているところがない、こういう理由のようであります。この審議会の答申によりますと、「準…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第26号(1954/05/25、26期)

議事進行について。どうも委員会に初めて見えて事情のわからない方が、いろいろおつしやつておるのですが、実はこの出張をお諮りなさつた日に、やはり委員会で決定しておるわけです。札幌市交通局の争議問題について…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第27号(1954/05/26、26期)

失業問題はきわめて重ので、その資料を見ていただくとおわ要な問題であります。ところが大臣かりと考えますが、一五%の賃金を引は、警察法の関係があるということで下げることによりまして、現在石炭の常にお見えに…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第28号(1954/05/28、26期)

今炭界が非常に不況と言われ、ことに労働関係の問題としても、きわめて重大な深刻な問題を含んでおるわけで、ことに炭鉱企業は多くの労務者をかかえておりますので、中小企業の崩壊を中心としまして、失業戦線に放り…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第30号(1954/06/01、26期)

質問は審査の過程で行いたいと思いますが、委員長に要望しておきたいと思います。それは中労委がある条件を付して地労委に管轄指定をするということ、これは、何も地労委は中労委の下部組織ではないのでありまして、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第31号(1954/07/28、26期)

関連して。この問題は労働法以前の問題を多分に含みますので、明日には法務省の人権擁護局長に出頭願いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第32号(1954/07/29、26期)

参考人の方に二、三お尋ねいたしたいと思うわけでありますが、私たちいろいろ判例を見ましたり、また労働委員会の不当労働行為の事件についていろいろ調査を進めておりましたところ、帝国酸素という会社が、あるいは…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第33号(1954/07/30、26期)

今の問題に関連してお尋ねいたしたいと思いますが、金融に乗らないという問題であります。金融に乗らないということになりますと、要するに回収の見込みがなかなかつかない、危険度が非常に濃厚である、こういうこと…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第34号(1954/07/31、26期)

議事進行について。この前、中原委員からも質疑が出ておりまして、本日参考人が見えておりますので、ことに池尾、石田両参考人から、監督署及び安定所の饗応の事実について述べていただきたいと思います。まず池尾…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第37号(1954/09/06、26期)

局長にお尋ねいたしたいと思います。先ほど宮原委員からもご指摘がございましたけれども、失業者が稠蜜的に発生した町村に公共事業を与える、こういうことであります。しかし事実問題として、公共事業一つを決定いた…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第39号(1954/10/05、26期)

全銀連の方から参考人としてお述べになりました点について、当の責任者である谷村銀行課長にお尋ねいたしたいと思います。昭和二十九年八月三十一日にあなたの方から各財務局長あてに出された私信によりますと、これ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第40号(1954/10/06、26期)

調達庁にお尋ねいたしたいと思います。まずこの問題は、かなり長い間紛争を見ておるのでありまして、非常に遺憾に考える次第でありますが、軍側から公務員との均衡において、LSOの方には解雇手当――これはもち…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第41号(1954/10/07、26期)

私は職安局長に、職業安定法施行規則第四条に関連した問題について、具体的にお尋ねいたしたいと思います。今、問題といたしたいと思いますのは、日通立川支店におけるフインカム臨時要員の問題でございます。この…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第43号(1954/11/16、26期)

昨日の読売新聞にも「労働委員会に望む」という投書があつて、それは、このハウス・メイドの解雇の事件が取上げられたということは非常にうれしいことである。しかし、往々にしてこういう事件はうやむやに葬り去られ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第44号(1954/11/17、26期)

参考人の意見から、二、三点事実についてお伺いいたします。まず三越争議の場合に、あのピケは行き過ぎであつたというような東京地方裁判所の判決があつたやに聞くわけですが、そういうことは事実でごさいまましよ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第45号(1954/11/18、26期)

労政局長にお尋ねいたしたいと思いますが、今参考人の参考陳述をお聞き及びでありましようが、この件について質問をいたしたいと思います。今参考人からも提示がありましたように、公企労法の関係では、当然施行令…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第46号(1954/11/19、26期)

この前の委員会におきまして問題になつておりました作業所閉鎖が行われておるにかかわらず、さらにそれに対して仕事を始めるといつた人々を中に入れないということが、なぜ業務妨害になるか、こういう質問をし、それ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第47号(1954/11/26、26期)

まず組合の方にお尋ねいたしたいと思います。この前の参考の陳述をなされました際に、取引所のデモ行進を見て、デモがおもしろいからやつてみたいと言つただけで三名が解雇になつたというお話がありましたが、これは…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第48号(1954/11/27、26期)

会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 通商産業委員会 第4号(1954/12/06、26期)

今参考人からいろいろお話がありましたように、石炭鉱業は日本資本主義の発達の歴史にいまだかつて経験をしないような悲惨な状態に陥っておるようであります。今重油軽換が行われた理由に何か炭鉱ストライキが直接動…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 労働委員会 第1号(1954/12/01、26期)

私はこの際動議を提出いたします。ただいま議題となつております労働組合法の一部を改正する法律案は、その必要性もきわめて明白であり、条文もきわめて簡単でありますので、この際質疑、討論を省略してただちに採決…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 労働委員会 第2号(1954/12/03、26期)

まず国鉄の労働融合の委員長にお尋ねいたしますが、公共企業休等中央調停委員会が国鉄一般単位関係職員の昭和三十九年度の賃金改定に関する斡旋案というものの前文の中に「国鉄職員の現行賃金は、」といろいろ条件を…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 労働委員会 第2号(1954/12/16、26期)

労働大臣のあいさつ並びに所信につきましては、ぜひ質問をしたい点もありますけれども、内閣の性格が選挙管理内閣であり、当然とうてい政策の実行のできない内閣である関係上、私は質問いたしません。ただ、今焦眉の…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 労働委員会 第3号(1954/12/17、26期)

この際委員会が続いて開かれないような状態でありますので、労働省のどなたでもけつこうですが、一言……。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22