舘林三喜男衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

25期本会議 - 26期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   3265文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  1回発言   3538文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  2回発言   6803文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第32号(1953/07/30、26期)

ただいま議題となりました一般職の職員の給与に関する法律、すなわち給与法の一部を改正する法律案に関する委員長報告に対し、私は改進党を代表いたしまして賛成の意を表するものであります。本法律案は、教育職員について、いわゆる三本建の給与体系を新たに打立てんとするものであります。すなわち、給与法において、これ………会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 本会議 第4号(1953/12/07、26期)

改進党提案の一般職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案に対する修正案並びに特別職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案に対する修正案につきまして、改進党を代表してその趣旨弁明をいたします。修正案のおもなる内容は、政府提案の公務員給与の改訂、すなわちべース・アップをこの際しばらく見送………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

25期委員会 - 26期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 44回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員 36)  7回発言  18549文字発言
 第17回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  7)  2回発言   3492文字発言
 第18回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  0)  1回発言   2693文字発言
 第19回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員  3)  2回発言  12374文字発言
 第20回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

  26期通算  80回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 32 委員 48) 12回発言  37108文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 人事委員会
            37回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 32 委員  5)  5回発言  18488文字発言

 水害地緊急対策特別委員会
            33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 33)  4回発言  11800文字発言

 決算委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  3回発言   6820文字発言

 予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 人事委員会理事(第16回国会)
 人事委員会理事(第17回国会)
 人事委員会理事(第18回国会)
 人事委員会理事(第19回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 決算委員会 第31号(1953/09/04、26期)

鉄道会館の問題につきましては世上いろいろ疑惑があるようでありまして、これを明確に究明することはこの決算委員会の最も重大なる任務だと思います。しかるにかかわりませず、ただいま委員長の言明あるいはまた有田…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 決算委員会 第32号(1953/09/11、26期)

ただいま委員長がこの決算委員会は鉄道会館の問題で、今世論が深くこの点に注がれているから、これをすみやかに正すことが本来の委員会の使命である。従つていわゆる東京新聞の記事等に関する問題で、派生的なことに…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第11号(1953/07/27、26期)

私は小野さんにちよつとお尋ねいたしたいと思いますが、あなたの意見では、教員の給与体系は一本建が理想である。あるいは小、中学校、高等学校、大学という二本建が理想的である。御趣旨はよくわかりましたが、ただ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第7号(1953/07/10、26期)

今度の水害につきましては、いち早く大野国務大臣が現地に参られまして、本部を設置いただきましたために、精神的にもあるいはまた応急の事務を運ぶ点からいつても非常に敏速に行きまして、地元といたしましてはこそ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第8号(1953/07/13、26期)

厚生大臣にちよつとお伺いいたします。ただいま災害救助法関係のことにつきまして御説明いただきましたが、まつたくお話の通り、災害救助法が施行された場合に、府県の負担が、現在は地方税の百分の一ということにな…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第28号(1953/09/08、26期)

重複を避けまして、簡単に予算の問題につきまして御質問を申し上げたいと思います。今まで二十四の法律の実施につきましていろいろ検討しております最中に、大体この災害の復旧は今後三年間でこれを完成する、すな…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第31号(1953/09/11、26期)

時間が限られておりますので、副総理に二項目につきまして簡単に御質問申し上げます、…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 決算委員会 第2号(1953/11/02、26期)

関連して。――公共性の非常に高い国家に関連する事業につきましては、いろいろやり方があるだろうと思いますが、たとえば昔の国鉄のように純粋の国有国営、あるいはまた終戦前後に一時構想として考えられました営団…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 人事委員会 第1号(1953/11/04、26期)

私は待命制度につきまして、ほんとうに簡単に一、二点について御質問申し上げます。この待命制度は、先ほどもいろいろ質問もありましたが、ねらうところはなかなか行政整理がむずかしい、それで何とか簡単にやる一つ…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 人事委員会 第6号(1953/12/06、26期)

地域給の問題につきましては、すでに当委員会において最も重点を置いて審議されたところでありまして、この地域給は、終戦後のインフレの激化に伴いまして、給与体系が混乱している最中に、いわば生活給的な性格をも…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第3号(1954/03/10、26期)

私も解釈上のことにつきまして、二、三簡単にお伺いしたいと思います。今まで特別職につきましては、明治二十年の官吏服務紀律の第七条に、「官吏ハ本属長官ノ許可ヲ得ルニ非サレハ営業会社ノ社長又ハ役員トナルコト…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第10号(1954/03/30、26期)

ただいま提案されておりまする国家公務員法の一部を改正する法律案につきまして二、三点おもな点を御質問申し上げます。まず第一に、この法案の提案者は人事院でももろちんありませんし、政府そのものでありますが…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22