木原津与志衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 31期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 31期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21)  5回発言   4185文字発言
 第17回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  1回発言   1636文字発言
 第18回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   1571文字発言
 第19回国会 35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 35)  7回発言  18021文字発言
 第21回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  26期通算  66回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 66) 14回発言  25413文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
            43回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 43)  8回発言  17170文字発言

 大蔵委員会
            20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20)  4回発言   2893文字発言

 運輸委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   4058文字発言

 経済安定委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   1292文字発言

 農林委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 経済安定委員会 第6号(1953/06/30、26期)

この法案の第八条、第九条によりましていろいろ計画が立てられて、でき上ればそれに対して予算の義務づけをやられるものと考えるのでございますが、近来立法で予算を義務づける場合におきましても、往々にしてその義…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第9号(1953/06/26、26期)

今日まで入つて来た外資は、大体二億二千四百万ドルだと承知していたのですが、これらの入つて来た径路は、国際復興開発銀行から日本開発銀行または輸出入銀行を通じて来た外資ですか。それから民間の径路によりま…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1953/06/27、26期)

この外資の受入に関する特別措置に関する法律案に関連して、愛知政務次官に二、三点お伺いするわけでございます。アメリカからの外資を導入するにつきまして、一昨々年のあの講和条約成立当時、時の政府は相当金額…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第22号(1953/07/15、26期)

富裕税法の廃止法律案について、二、三お尋ねいたします。これを廃止するということの趣旨の中に、なかなか税金をとることに追われて、把握しにくいからということが廃止の理由の一つになつておりますが、一体昨年度…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第42号(1953/10/08、26期)

外貨の運用の点について大平委員から質問がありましたからう関連してお尋ねいたしますが、大体政府の発表によりますと、外貨の保有が十億八千万ドルということでありますが、ある種の発表によりますと、このうち七億…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 法務委員会 第1号(1953/10/31、26期)

私がお尋ねしたいと思うことは、大体これまでに同僚の方の質問で尽きておるようですが、二、三点お尋ねしたいと思います。まず第一番にお尋ねしたいことは、保全経済会の理事長をしておられる伊藤斗福という人は日本…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1953/12/04、26期)

仲裁裁定に端を発して今回の国鉄の状態を提出したことは、これは私ども非常に遺憾に存じておるのであります。問題は仲裁裁定の完全実施の要求に対して、政府がこれに応じなかつたということに端を発しておる…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第37号(1954/05/14、26期)

私はさきに締結調印を見た日比間の沈船引揚げ協定並びにこれの実施に関しまして、外務、大蔵、運輸三省の方に若干お伺いしたいと思います。まず最初に条約関係についてお尋ねいたしますが、日本、フイリピンの沈船…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第7号(1954/02/17、26期)

右翼団体についてでございますが、大体明治、大正、昭和を通じて社会治安を撹乱したのは、ほとんど右翼の政治テロにあると思う。ところがいずれの右翼の団体におきましても、政治テロを目的とするというようなことは…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第9号(1954/02/19、26期)

きのうから質問を続けられておりますが、公職選挙法第百九十九条、政治資金規正法の、国と「請負その他特別の利益を伴う契約の当事者」の問題についてきのうの法制局長官並びに自治庁長官の御答弁に対しまして、どう…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第18号(1954/03/12、26期)

この裁判手続法を自動車の運転手について意見を聞いたのですが、非常にこの法律をこわがつているわけです。なぜこわがるかというと、従来スピード違反だとかあるいはちよつとした事犯を起しても大概軽微なものだと一…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第22号(1954/03/19、26期)

今の第三条第一項の質疑につきましては重複いたしますから、第二項の点についてちよつとお尋ねいたします。「前項の特定の政党等を支持させ、又はこれに反対させる教育には、良識ある公民たるに必要な政治的教養を与…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第23号(1954/03/20、26期)

それなら今の質問に関連してお尋ねするのですが、政党の政策でなくて、侍の政府の掲げておる政策を批判の対象としてやつた場合、その政府の母体となる政党との関係はどうなりますか。あなたはさつき政党の批判攻撃と…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第24号(1954/03/22、26期)

今私の質問を引用になりましたから、ちよつとその点についてお伺いするのですが、請求を待つて論ずるというのは、これは法律上明らかなように、検事が公訴を提起するとき、請求がなければならぬ。請求なくして公訴の…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 31期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22