伊東岩男衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   1342文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   1154文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  2回発言   2496文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第38号(1953/08/07、26期)

ただいま議題となりました、国立国会図書館法第十一条第二項の規定による図書館運営委員会における審査の結果を簡単に御報告申し上げます。まず、本年度の予算について申し上げたいことは、国会図書館新営費として約一億円が新たに計上されたことであります。これは開館以来の懸案であり、本院におきましても各党派一致の要………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第60号(1954/06/02、26期)

ただいま議題となりました国立国会図書館法第十一条第二項の規定による図書館運営委員会における審査の結果を、きわめて簡単に御報告申し上げます。まず国会図書館本庁舎建築の問題について申し上げますと、第一期工事八千坪の建築を四箇年で完成せしめる計画に基き、昨年度の予算において初年度新営費八千五百万円が計上せ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 23回出席(長  6 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  0回発言      0文字発言
 第17回国会  7回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言
 第18回国会  4回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第19回国会 42回出席(長  4 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 38) 12回発言  45906文字発言
 第20回国会  3回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言    748文字発言
 第21回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  3)  0回発言      0文字発言

  26期通算  84回出席(長 13 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 69) 13回発言  46654文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 運輸委員会
            28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 28)  3回発言  19632文字発言

 郵政委員会
            26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 26)  0回発言      0文字発言

 農林委員会
            17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 15) 10回発言  27022文字発言

 図書館運営委員会
            13回出席(長 13 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 図書館運営委員会委員長(第16回国会)
 図書館運営委員会委員長(第17回国会)
 図書館運営委員会委員長(第18回国会)
 図書館運営委員会委員長(第19回国会)
 図書館運営委員会委員長(第20回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 農林委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第8号(1954/02/09、26期)

まず運輸大臣に鉄道の新線建設問題についてお尋ねいたししたいと思います。本件については大分論議されたのでありますが、私は今日はごく実際問題について堀り下げてお尋ねしたいと思います。私の見解では、日本国…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第16号(1954/02/22、26期)

私は議事進行促進の立場から、ごく簡潔に運輸科学技術振興の問題、航空問題、気象施設、港湾問題についてお尋ねいたします。お答えは簡潔でよろしゆうございますが、責任ある御答弁を願いたい。詳細のことあるいは小…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第21号(1954/03/04、26期)

私は港域法に関連いたしましてお尋ねを少ししたいと思いますが、先日貿易港と税関の関係についてお尋ねいたしましたけれども、所管外ということではつきりしたお答えがないのであります。そこできようは関税部長ある…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 農林委員会 第73号(1954/10/12、26期)

ごく最近の作況指数の御提出を願いたいと思います。御提出の九月十五日現在のこの指数は問題になりません。こんなものを基礎にして災害対策もできませんし、あるいは供出割当の一つにもならないと思いますので、委員…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 農林委員会 第74号(1954/10/14、26期)

加藤国務大臣には、今回の台風及び冷害対策について、内閣の本部長として今後非常なる御苦労を願わなければならないので、私は特に敬意を表し、かつこれを多とするものであります。私は簡単に御質問いたしまするが…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 農林委員会 第75号(1954/10/19、26期)

この対策要綱通りに実施してもらうことを特に希望いたしますが、しかしこの要綱によると、大半は特別措置をするという意味であります。特別措置は多くは立法化が必要だと思うのでありますが、農林省はこれらのことに…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 農林委員会 第76号(1954/10/20、26期)

さきの委員会において質問がありました大淀川第一発電所の堰堤の撤去及び堰堤に基因する災害の完全補償については、先ほど御答弁がありましたように、私ほか三名の委員からそれぞれ質問をいたしたのでございますが、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 農林委員会 第77号(1954/10/21、26期)

簡単に農林大臣にお伺いし、かつお願いしたいと考えております。北海道の災害状況を御視察になつた感想については、ただいまよく承知いたしましたので、むろん徹底した対策ができ得ると考えておるのであります。今…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 農林委員会 第80号(1954/11/13、26期)

食糧庁長官に簡単にお尋ねいたします。私遅刻いたしましたので、前の質問者の要旨もよくわかりませんが、供出割当の補正の問題であります。これは新聞紙上で見ますると、実際の収穫高が少ければ補正するというふうに…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 農林委員会 第81号(1954/11/18、26期)

私の問わんとすることは芳賀委員からほとんど尋ねられたのでありますから、きわめて率直に簡単に、二、三大臣にお尋ねしておきたいと思います。大臣のただいまの御答弁を聞いておると、私どもの最も熱烈に主張してお…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 農林委員会 第82号(1954/11/19、26期)

本年の災害の原因として河川や堤防の崩壊による損害の多かつたことは大体御承知の通りでありますが、特に宮崎県のごときはかつてない非常なる大災害でございました。そこで一体今までの河川堤防の方針で、今後多々ま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 農林委員会 第83号(1954/11/29、26期)

わくの中で予算処置をされた農林省の苦心は認めるけれども、これでは災害対策はできるものじやありません。そこで金融処置もしてここに提案するということになつているようでありますが、これはいいとして、それ以外…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 農林委員会 第5号(1954/12/06、26期)

議事進行について。吉川久衛君外百二十一名提案にかかわりまするただいま委員長から宣言された法案につきまして、私は議事進行について一言述べておきたいと思うのであります。本案はこの委員会を中心にして各党の…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書

質問主意書提出数

 26期(1953/04/19〜)  3本提出

質問主意書一覧

鉄道新線建設に関する質問主意書
第19回国会 衆議院 質問主意書 第6号(1954/01/30提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

日南法務支局存続に関する質問主意書
第19回国会 衆議院 質問主意書 第14号(1954/03/17提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

沿岸漁民救済及び密漁船取締に関する質問主意書
第19回国会 衆議院 質問主意書 第18号(1954/05/13提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22