小山倉之助衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:26期(1953/04/19-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

26期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   8422文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言   8422文字発言

本会議発言一覧

第19回国会 衆議院 本会議 第15号(1954/03/04、26期)

私は、改進党を代表して、昭和二十九年度予算各案に対し、三党協定になる修正案並びに修正部分を除く政府原案に賛成の意を表し、社会党の予算組みかえ案に反対するものであります。(拍手)本予算は、編成の途上において、わが党の自立経済五箇年計画に基く財政緊縮の構想をも十分考慮に入れたインフレ是正の予算であります………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

26期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 38)  4回発言  12690文字発言
 第17回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言   9842文字発言
 第18回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  1回発言   7942文字発言
 第19回国会 54回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 54)  5回発言  30080文字発言
 第20回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言    280文字発言
 第21回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   1098文字発言

  26期通算 110回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員110) 13回発言  61932文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            65回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 65) 10回発言  58979文字発言

 人事委員会
            40回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 40)  1回発言   1220文字発言

 大蔵委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言    635文字発言

 水産委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   1098文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 人事委員会 第11号(1953/07/27、26期)

私は山之内さんのお話を伺つたのですが、どうも前半の御議論はまことにけつこうでありまして、大分敬服したのですが、最後のお言葉に対しましては、まことにへんぱな御議論であるように思われる。あなたは科学者であ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第42号(1953/10/08、26期)

そういうことになりますと、非常なスペキュレティヴなものということになりはしませんか。もう一つは、たとえば思惑輸入をして、貿易会社が非常に損害を受けておるのですが、そういうことがあり得るとわれわれは心配…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1953/06/24、26期)

大蔵大臣にお伺いをいたしますが、今回の二十八年度の予算は、不成立予算を踏襲したのでありまして、この時局に沿う予算ではないのであります。ところがこの不成立予算は、ちようど政局の波瀾から、政府の案というよ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1953/06/26、26期)

私は外務大臣にお尋ねいたしますが、五百十一条の問題が日本の主権を認めたというのは、どちらかというと吉田内閣の政策を裏面から援助しようというので、特にこの文句を入れたんじやないかと疑う点があります。サン…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1953/11/02、26期)

私は大蔵大臣に御質問いたしまして、やがて最後に総理大臣の御意見を伺いたいと思つたのでありますが、時間の都合上繰上げて総理大臣に質問を申し上げたいと思います。実は私は日本の今置かれておる立場は非常に重…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1953/12/05、26期)

総理大臣にお尋ねいたしたいのでありますが、私は前国会、前前国会におきましても総理大臣の御意見を伺つたのでありますが、その後多少総理大臣の御心境がかわつたようにも見えるのでございまして、私どもの予想して…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1954/02/05、26期)

私のは今澄君とは違いまして、保全経済会の問題よりはもつと重大な、国家に関連のある問題であります。それは御承知の通りロシヤのスパイ、ラストボロフの、最近ニッポン・タイムズに二日間にわたつて暴露された事件…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1954/02/10、26期)

長い間の吉田内閣のインフレ対策は、弟一にこのインフレーシヨンを阻止するという点から出発しておるのでありまして、大蔵大臣からは数次にわたつてインフレーシヨンをどうして収束せしむるかという点について、いろ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1954/02/23、26期)

通産大臣にお伺いいたしますが、近来石油の値段が非常に高くなつて参りました。これがために農業においてもあるいは漁業においても、石炭から重油に転換した工業においても、非常な困難をなめておるようでありますが…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第25号(1954/03/18、26期)

ただいま中村再から言われたように、日本の三百六十円は向うでは四百四十円あるいは四百四十五円というふうに見ておるようであります。しかるに五千万ドルのうち、グラントとして来るのが三百六十円に換算されておる…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第29号(1954/04/14、26期)

私は、MSA問題を中心として質疑を試みたいと存じます。このMSAを中心とした外務委員会における質問応答は、まことに傾聴に値すべき重要なる問題に触れておるのでありまして、私は敬意を表する次第でありますが…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1954/12/04、26期)

私は新党同志会を代表いたしまして、ここに上程に相なりました昭和二十九年度純正予算の中の三案に対して賛成の意を表するものであります。本補正予算案は本予算編成の後に生じた諸般の事情の変化に順応して、財政…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1954/12/16、26期)

私はここに議題となつておる決議案につきまして、実はただいま承知したようなわけでありまして、皆さん方のいろいろな議論をお伺いするいとまもないのであります。私は海岸地帯で生れた者でありまして、ことに三陸地…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

26期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:26期(1953/04/19-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22