須磨弥吉郎衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

26期本会議 - 27期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   9506文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  1回発言   8594文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  2回発言   7943文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  4回発言  26043文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第9号(1953/06/18、26期)

一昨日以来この議場において繰広げられたる政策論議に対して、私は熱心に耳を傾けました一人であります。しかし、不幸にして、吉田内閣総理大臣を初め閣僚諸公の施政演説には、少からず失望の感を禁じ得なかつたのであります。(拍手)私は、ここに改進党を代表いたしまして、もつぱら外交並びに国防の若干の問題につきまし………会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 本会議 第3号(1953/10/31、26期)

一昨日の外務大臣の演説等に関連いたしまして、私は、ここに改進党を代表いたしまして、当面の重要問題について政府の方針をただしたいと思うのであります。まず第一、吉田総理大臣に対しましてお伺いをいたしたいのでございまするが、今日の状況におきまして、われわれの最も大きな関心は、何と申しましても防衛の問題だろ………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第32号(1954/04/01、26期)

ただいま上程されました原子力の国際管理に関しまする決議案につきまして、私は、衆議院各派を代表して、その趣旨を弁明いたす次第でございます。(拍手)現前の世界にくまなくおおいかぶさつておる一つの気分は、いかんともしがたいという困惑であり、混迷の感であります。しかも、それは、はつきりとは名状しがたいけれど………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第3号(1953/12/24、26期)

私は、改進党を代表いたしまして、ただいま議題となりました奄美群島行政権返還に関しまする日米間協定について賛成の意を表するものでございます。(拍手)この機会におきまして、わが党のこれに関しまする所見をいささか述べたいと思うものであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

26期委員会 - 27期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 34) 18回発言  43350文字発言
 第17回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  3回発言   8558文字発言
 第18回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  3回発言   3076文字発言
 第19回国会 58回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 58) 18回発言  49402文字発言
 第20回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

  26期通算 105回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員105) 42回発言 104386文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            94回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 94) 38回発言  85951文字発言

 内閣委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  1回発言  14007文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   2062文字発言

 厚生委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言    123文字発言

 労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 水産委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   2243文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1953/05/27、26期)

ありません。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1953/06/26、26期)

ただいま外務大臣からごひろうになりましたこの文書について二、三御質問いたしたいと思います。第一点は、こちらから出しました覚書の前文におきまして、「前記の援助を日本に供与する用意あるものと承知し、」こう…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1953/06/27、26期)

昨日の終りにおいて御質問を申し上げまして日米通商航海条約の中に占領中の既得権を認めている事例についてお調べを願つた次第でございますが、それに対するお答えをちようだいしたいと思います。もう一ついでにお…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1953/07/01、26期)

この前の二十七日の会で、大臣がこの次にお答えすると言われました通商条約の問題について、お答えを求めます。それから対日条約の批准につきましては、ずつと要請しておりますが、不幸にしてこの前のフイリピンの…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1953/07/04、26期)

関連質問をお許し願います。忘れて参りまして手元にないのでございますが、在外公館のうち、東アフリカでモンバサをおやめになり、ナイロビにおつくりになる御計画であつたように覚えておりますが、さようでございま…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1953/07/10、26期)

今日は外務大臣の御出席がないから、小滝政務次官に伺いたいのでございますが、けさの情報によりますと、アメリカの議会におけるダレス国務長官の証言によりますと、わが日本の保安隊は十個師団増設の計画をもつて予…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1953/07/13、26期)

群馬県の知事さんにお伺いをいたします。先般安中において合同委員会が出張して何か現地におけるお話があつたけれども、それはとうとう満足なる結果を得るに至らずしてやんだと仰せられたのでありますが、群馬県には…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1953/07/15、26期)

ただいまの御説明はその通りだろうかと思いますが、十一日にそれがあつて、さらに十三日にこれを解説いたしたものを私はラジオで聴取いたしておるのであります。それによりますと、アメリカの方では、日本の防衛軍と…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1953/07/18、26期)

順序といたしまして、木村保安庁長官にまず伺いたいのでございます。今回のMSAの交渉の往復の文書並びに今回外務大臣とアリソン大使との間に交換されました演説の両方を見ますときに、明らかにわが国の防衛のため…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1953/07/21、26期)

大臣にお伺いいたしたいと思いますが、十八日の本委員会におきまして、木村長官もおいでになり、私がお尋ねをいたしました結果、だんだんMSA交渉が進むに従いましては、保安庁法の第四条の改正も必要となるであろ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第25号(1953/08/01、26期)

きようは、外務大臣にいささかお尋ねをいたしたいと思います。この間から当国会の最も大きな問題の一つでございました防衛に関する論議につきまして、いろいろ進展をいたした次第でございますが、ただいま私から繰返…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第28号(1953/08/07、26期)

中共との貿易を促進することに関します全院こぞつての議決が先般通つたのでありますが、その後の様子を見ておりますと、六日に、アメリカの大新聞の一つであるクリスチャン・サイエンス・モニターは、はつきりとその…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第29号(1953/09/04、26期)

まず保安庁長官にお尋ねいたします。午前中の御答弁の中に、日米安全保障条約によりまする義務がだんだん発効いたしまして日本から駐留軍が引いた場合にも、日本はあたかもアメリカの空軍及び海軍だけには、たよつて…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第30号(1953/09/17、26期)

保安庁次官に伺いたいと思います。この前九月四日の本委員会で、保安庁長官より日本の防衛計画について研究中だというお言葉がありましたが、さようでございましようか。こちらで感じられます点は、統一政府をつく…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第31号(1953/10/19、26期)

きわめて簡単にお伺いをいたします。今回おまわりになりました諸地域は、国民感情が非常に盛り上つておることは報道されておる通りと思います。特に今回おまわりになつたその途次におきまして、その国民感情が実はわ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第32号(1953/10/28、26期)

外務大臣からお尋ねいたしたいと思います。MSA問題については、大臣は九月の末ごろには調印の運びになるであろうという御観測を以前には申しておられたのでありますが、それが今日までだんだん延び延びになつて来…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第14号(1953/07/06、26期)

改進党を代表いたしまして、健康保険法の一部を改正する法律案、厚生年金保険法の一部を改正する法律案、船員保険法の一部を改正する法律案、国民健康保険再建整備資金貸付法の一部を改正する法律案、以上四つの法案…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第18号(1953/07/09、26期)

ただいまの福田委員の御質問並びに関係の各位のお答えによりまして、ほぼ明らかになつて参つた次第でありますが、私もきようは朝鮮銀行並びに台湾銀行の問題についてお尋ねをいたしたいと存じます。ただいま愛知政務…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1953/11/03、26期)

私は改進党を代表いたしまして、今回の議定書の締結に賛成の意を表するものでございます。この協定は、わが国における国連軍の刑事裁判権に関するものでありまして、まさにわが国に不利ならざるものと認めまして、賛…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1953/11/04、26期)

前田次官にお伺いしたいのですが、先ほどから大分同僚の質問によつて尽されておるわけでありますが、きようこの機会をお借りしてお伺いしたいのは、軍隊というものの定義であります。これは私は外務省におりましたと…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1953/11/07、26期)

まず最初に私は戦犯の問題についてお尋ねをいたしたいと思います。ただいままでフイリピンを初めとしまして、戦犯の釈放がだんだん行われたのでございますが、今なお多数の戦犯が巣鴨におるわけでございます。アメリ…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1953/12/03、26期)

先般のロバートソン会談の発表の中にございました中共貿易でございますが、中共貿易の問題はまつたくやかましくなつて来つつあるのであります。私どもの見ておりますところでは、アメリカの考え方が、朝鮮の休戦以来…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1953/12/05、26期)

私は改進党を代表いたしまして、今回議題となつております日米通商航海条約第八条の留保に関することは、相互平等の原則を守り得るものと信じまして賛成の意を表します。その理由はまず第一といたしまして、この日…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1953/12/07、26期)

私は改進党を代表いたしまして、今回のガツトに加入することは、わが国の貿易振興について裨益するところありと認めまして、これに賛成の意を表します。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1954/02/03、26期)

ただいまの御報告に関連して、一点お尋ねをいたしたいと思います。外電の伝えるところによりますと、このMSAの調印と同時に、さらにトン数の多少多いところの艦船の借入れについて、また協定をするというような報…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1954/02/10、26期)

本日は小笠原諸島に関しまする問題でございますから、私がこれからお伺いいたしますことは、多少間接的なことになるようでもありますけれども、小笠原島の問題は要しますにわが国の旧領土の問題でございますから、私…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1954/02/24、26期)

緊急質問をいたします。MSAの協定は、私どもとしては、かねて大臣の御説明の通り、今月中くらいに調印を終える、またアリソン大使等もお帰りのようでありますから、さような手はずであると期待をいたしております…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1954/03/06、26期)

私は改進党を代表いたしまして、岡際連合総会の定めた条件を受諾して国際司法裁判所規程の当事国となることについて、賛成の意を表します。幾多の国際問題がありまするうちには、どうしてもこの国際司法裁判所に訴…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1954/03/18、26期)

ただいまのいろいろなお話まことに同感であります。御答弁の中にも非常に同感の点がございますが、きわめて模糊としてつかまえ得ないものがあるわけでございます。わが日本は一回二回ともこの原子爆弾の犠牲とたり、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1954/03/19、26期)

ちよつと関連して。食糧庁長官にちよつとお伺いしたいのですが、今度のMSA 余剰農産物の協定を実行して入つて参ります小麦五十万トン、大麦十万トン、こういうものは厚生委員会であるいは問題になつておるのかわ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第21号(1954/03/20、26期)

きわめてこまかい問題でございますけれども、重要な条約協定案でございますから、私の見たところが違つておりますればそれでよろしゆうございますが、二、三お答えを願いたいと思うのであります。この四つの協定書…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第25号(1954/03/25、26期)

今回MSAの四つの協定が締結されますことは、日本の外交及び内政体制の転換の一つの大きな現われであると思わなければなりません。申し上げるまでもなく、政治は指導精神によるべきでありまして――私の見るところ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第38号(1954/04/21、26期)

私は原子力の問題につきまして、ことに三月一日のビキニにおける実験以来、日米間にややともすると誤解もしくは猜疑が起りつつあるような情報をいろいろ耳にするのでございますが、これはわが国の外交といたしまして…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第41号(1954/04/26、26期)

私は簡単にお伺いいたしたいと思いますが、先般ベデル・スミス国務次官から井口大使に、原子力実験に関連いたします病状あるいはその他についての話があつたという報道があつたのでありますが、その後さらに国務省の…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第43号(1954/04/28、26期)

本委員会にかかつております秘密保護法案についてでございますが、これは一見いたしましたところでも、いかにもアメリカから援助を受けたものだけに関しまして秘密防護を企図しておるのであるが、日本全体に関します…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第49号(1954/05/13、26期)

この前岡崎外務大臣に対して、ジユネーヴ会議に関しますわが国の関心は非常に大きなものである。待つてわれわれの方としましても、いろいろなことを知るための情熱もありますが、同時に注文等については、随時その国…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第50号(1954/05/15、26期)

この協定はMSA協定に基くもので、大体においてさしつかえないと思いますが、ちよつと全般にも関しますし、伺いたいのでございますが、ここに侵略によるという言葉があるわけであります。侵略によつて損傷をこうむ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第52号(1954/05/18、26期)

私は改進党を代表いたしまして、この艦艇貸与に関する協定の承認に賛成の意を表するものでございます。ただここに二、三申し述べておきたいと思いますことは、この協定によりますとその名目ははつきりと艦艇貸与協…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第53号(1954/05/21、26期)

他の問題に入る前に先般来の懸案でございますが、外務大臣に質問をいたしました外務省の諸情報を集めたゼネヴア会議に関する調査報告の要項があつたらこの際御報告を願います。まず第一には、今度の、ゼネヴア会議…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第60号(1954/09/16、26期)

関連。ただいま安藤国務大臣の並木委員に対するお言葉の中に、久保山氏が死ななかつたのであるということを申されしまして、死んだならば思い返さなければならなかつたというようなふりにとれるお言葉がございました…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第29号(1954/04/28、26期)

防衛二法案の質疑応答が本委員会で相当長く行われておるのでありまして、それを聞いておりますと、この二法案に関しまするいろいろの点についてまだ明瞭を欠くような点がございまするために、私は本日さような点と思…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第22号(1954/03/03、26期)

私は三党の防衛折衝にちなみまして、きようは総理大臣がおられませんから、副総理からまずお答えを願いたいのでございます。昨年の十二月五日から一昨日、三月一日まで十七回の折衝を続けまして、三派の間で大体保安…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

26期質問主意書 - 27期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22