井堀繁雄衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

26期本会議 - 27期本会議 - 29期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   6400文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  1回発言   5212文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  2回発言  11612文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第11号(1953/06/23、26期)

ただいま議題となりました地方公営企業労働関係法の一部を改正する法律案について、その提案の理由を御説明申し上げたいと思います。本改正案は、その内容におきまして、ただいま多賀谷議員から提案の御説明がありましたところの公共企業体等労働関係法の一部を改正する法律案と、その提案の趣旨がほぼ同様でございまするの………会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 本会議 第7号(1953/11/04、26期)

ただいま議題になりました仲裁裁定につきまして、二つの角度からお尋ねをいたそうと思うのであります。一つは、仲裁裁定に関する政府の態度と、それがやがて影響いたしまする民間産業、ことに産業並びに労働政策についてお尋ねをいたそうと思うのであります。次は、具体的な事実について一、二お尋ねをいたすのであります。………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

26期委員会 - 27期委員会 - 29期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  9回発言  79493文字発言
 第17回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  5回発言  28478文字発言
 第18回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  6回発言  29647文字発言
 第19回国会 42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 37 委員  5) 29回発言 195994文字発言
 第21回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言

  26期通算  84回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 38 委員 46) 49回発言 333612文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 労働委員会
            79回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 38 委員 41) 48回発言 318289文字発言

 議院運営委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 厚生委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言  15323文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 労働委員会理事(第19回国会)
 労働委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 労働委員会 第5号(1953/07/01、26期)

ちよつと一箇所だけ伺つておきたいと思いますが、今課長さんの御答弁の中で、日雇い労務者の給与の基準について、一応賃金の形式を主張されております。労務の対価として、反対給付として支払うという考え方を主張さ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第7号(1953/07/03、26期)

先ほども風水害に対する労働者の救援については、かなり強い御回答があつたようでありますが、残念なことには、非常に抽象的であります。われわれといたしましては、この当面しております非常な大きな範囲にわたる労…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第9号(1953/07/07、26期)

ただいま上程されております電気事業及び石炭鉱業における争議行為の方法の規制に関する法律案、俗にスト規制法といわれております法案について、お尋ねをいたしたいと思います。前にちよつとお願いをいたしておき…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第10号(1953/07/09、26期)

前々回の委員会であつたと思いますが、倉石委員の質問に対しまして、中西政府委員から答弁がありまして、問題の中心がある程度明らかになつておりまするので、その問題についてさらに明確にしたいと思います。中西…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第15号(1953/07/23、26期)

明日通産大臣と労働大臣の御出席を願つてお尋ねいたしたい点がございますので、この点は明日にまわしまして、事務当局に一、二お尋ねをいたしておきたいと思います。それは最近の労働基準法の監督行政について、種…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第16号(1953/07/24、26期)

ただいまの多賀谷委員の質問に関連してでありますが、前回私から質問申しました場合に、労働大臣は、事務当局に十分検討せしめてというお話でした。今の説明によりますと、府県にこれを融資して、府県から労働金庫へ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第18号(1953/07/31、26期)

本請願の要旨について御説明申し上げます。今回政府が国会に提出した電気事業及び石炭鉱業における争議行為の方法の規制に関する法律案は、労働関係の公正な調整をはかるものでなく、公共の福祉に名をかりた片手落ち…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第20号(1953/08/06、26期)

私も駐留軍関係については、参考人その他にお尋ねいたしたい点がございますが、政府側の御都合があるようでありますから、先に私の質問をお許しいただきます。さきに本委員会で審議されました近江絹糸紡績の不当労…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第23号(1953/09/04、26期)

労働金庫法が去る国会で両院を通過いたしまして、いよいよ施行されるのも間近だと思うのでありますが、この金庫法が通過いたしましたことによつて、今後労働者に与える福利は、決して少いものでないと思うのでありま…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 労働委員会 第3号(1953/11/03、26期)

仲裁裁定へ持ち込まれる事前の労組と当局の間の団体交渉のいきさつについて、ちよつとお尋ねをいたしたいと思います。元来公企労法の精神からいえば、局地で団体交渉で円満裏に解決することが望ましい性質の労働条件…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 労働委員会 第6号(1953/11/09、26期)

関連して。ただいま、高橋委員の質問の中で、予算上資金上の理由で、裁定をそのまま承認しがたいという意味で提案したことについて、お尋ねがあつた。それについて資金上予算上の内容の問題についてでありますが、先…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 労働委員会 第7号(1953/11/10、26期)

たいへん時間もおそいことでありますから、ごく簡潔に一、二お尋ねをいたしたいと思います。駐留軍労務契約につきましては、その使用主が極東軍、労務の供給者が政府でありますので、雇い主は当然政府の立場を具備…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 労働委員会 第8号(1953/11/11、26期)

中小企業の労働対策についてお尋ねいたしたいと思います。通産省、労働省、法務省にお尋ねをいたしたいのでありますが、通産省はお見えでないので、労働省と法務省にお答えをいただこうと思います。御案内のように…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 労働委員会 第9号(1953/11/24、26期)

国政調査のため、去る九月十五日、滋賀県下の労働事情につき、現地を視察し調査を実施いたしたのでありますが、そのうち特に先般来問題となつておりました近江絹糸彦根工場の労働関係につき、その概況を御報告申し上…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 労働委員会 第2号(1953/12/02、26期)

大体今まで参考人のお話を伺つておりますと、英連邦軍のもとに雇用されております労働者の雇用状況と、米駐留軍のもとにある労働者の雇用の状態との相違が、大体うかがわれるようであります。なお、陳信書にも明記さ…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 労働委員会 第3号(1953/12/03、26期)

ただいま労働大臣から、去る十一月二日に国会に提出されました当時の仲裁裁定は、実施不可能の理由から改められた経過の発言があり、さらに大蔵大臣の今の御答弁を伺いますと、十一月二日当時には予算上困難であつた…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 労働委員会 第4号(1953/12/04、26期)

今度の国会に政府が補正予算を出しておりますが、その中で三公社五現業の関係のものが九十三億ちよつとになつております。仲裁裁定を実施するということにして予算を組むとすれば、これとどれだけの相違が出て来るか…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 労働委員会 第5号(1953/12/05、26期)

私は日本社会党を代表いたしまして、持永委員の提出されておりまする自由党案に反対いたし、山花委員の提案いたしておりまする社会党案に賛成いたすものであります。その理由を申し上げます。政府は労使関係の安定…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 労働委員会 第6号(1953/12/07、26期)

この問題は前回もお尋ねいたしまして、その後回答をいただく約束になつて、そのままになつておるのですが、この失対事業をめぐる問題は、今後の失業対策の基本的な政策の一つになつて来ると思いますので、そういう意…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 労働委員会 第7号(1953/12/08、26期)

参考人にお尋ねいたします。五日、六日の朝日、毎日、読売等の新聞記事によりますと、女子工員で十大才程度の人々が、労働組合のもとにあつて罷業に参加したいという強い意思があるにもかかわらず、親たちがしやにむ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第32号(1954/04/07、26期)

厚生大臣にお尋ねいたしたいと思います。大臣はたびたび他の委員の質問に答えられる中で、本法の改正は根本的な改正に触れたかのごとき言説がありましたが、これは私どもにとりましては奇異な響きを感じたわけであり…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第5号(1954/02/17、26期)

小坂労働大臣から、昭和二十九年度の吉田政府の労働政策について所信の発表がございましたが、その中で私どもの非常に心配にたえない事柄は、今年の吉田政府の全般にわたる政策の中で、いずれを見ましても、労働問題…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第6号(1954/02/19、26期)

ただいまの丹羽委員の質問に対する政府委員の答弁でありますが、その中で賃金の解釈の問題について、ノーワーク・ノーペイに対する労働省の見解はある程度明らかになりました。正常な場合における労使の賃金に対する…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第7号(1954/02/24、26期)

過日の委員会で労働省に調査をお願いし、その結果を御報告してもらうことにいたしておきました沼津市の日本名産株式会社の労働紛争をめぐる不当労働行為もしくは基準法の違反等について、その結果を御発表願いたい。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第8号(1954/02/26、26期)

一般に特需と呼ばれております連合軍もしくは米軍の特需に伴いまして、多数の労働者が役務を提供して、かなり多額のドルの収入に貢献しておりますことは、御案内の通りでございます。昨年来、この特需のもとにおける…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第9号(1954/03/03、26期)

参考人にちよつとお尋ねをいたします。あなた方のお住居はどういうところで、また食事はどういうぐあいに――たとえば雇い主と一緒に食事をされておるのか、あるいは別な場所で集団的に食事をさせられるのか、そうい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第11号(1954/03/10、26期)

仲裁裁定によります現業庁のうちで、四現業庁におきましては、団体交渉を通じて、仲裁裁定と昭和二十九年度の予算施行との関係等を勘案いたしまして、労働組合側から、仲裁裁定が当初の意図したものとはたいへん食い…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第13号(1954/03/17、26期)

今私の手元に当局から出されている資料では、大阪管理局のものだけでおりますが、解雇処分をした各当局のそれぞれの資料の提出を委員長から要求してもらいたい。それでは質疑によろしゆうございますか。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第14号(1954/03/24、26期)

ただいまの事実問題に対する質疑応答の中で、やや明らかになつて来たと思うのでありますが、荷物の愛護もしくは運転の保全といつたような日常業務に関する問題で、それぞれ見解が異なつたり、あるいは扱い方に対する…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第16号(1954/04/02、26期)

時間がないそうで、たいへん恐縮ですが、今後審議する上に非常に重大だと思います一点がありますので、ごく簡単にお尋ねしておきたいと思います。東京管理局長としての解雇理由について、だんだん御説明がありまし…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第17号(1954/04/09、26期)

特需の問題につきましては、再々特需の実態についての資料を要求いたしておるのでありますが、遺憾ながらまだ資料を得ることができないので、審議に非常に支障を来しておるわけです。このことは前会にも希望しお尋ね…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第18号(1954/04/15、26期)

労働省にお尋ねをいたしたいと思いますが、ただいま参考人から、るる御説明がありましたので、事情は明らかなように、賃金の支払いが遅延しておるという事実も、きわめて重大でありますし、次に問題になりますのは、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第19号(1954/04/16、26期)

今度の年末闘争を通じて、国鉄経営に重大な影響を与えた事情を詳しく述べられて参りましたが、その実害は、金額に見積つてどの程度だと思いますか、その点をお答え願いたい。そこで、お尋ねをいたしたいのですが、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第21号(1954/04/23、26期)

松重参考人に一、二お尋ねいたしたいと思いますが、労働協約を締結されました時期はいつであるか。それから当時の従業員の数、あるいはわかりますならば当時の従業員の種類、組合員の数、それから締結しました相手方…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第22号(1954/05/12、26期)

労働基準法施行規則及び女子年少者労働基準規則改正に関する中央労働基準審議会の答申が行われたようでありますが、その答申の内容並びにそれに対する労働省の御所見をまず伺つておきたい。まず第一番目の第五条関…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第23号(1954/05/14、26期)

その前に、一昨日のこの委員会で、標準賃金と職種別賃金等実態調査の事柄について、基準監督局の考え方と労働統計調査部長の考え方、あるいは通牒等について、二、三お尋ねをいたしましたところ、非常に重大な点に食…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第24号(1954/05/19、26期)

ただいま議題となりました最低賃金法案及び最低賃金保障金融公庫法案について、その提案理由を御説明申し上げます。最低賃金制度の目的といたしますところは、労働者の生活を安定し、それによつて労働資質の向上を…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第25号(1954/05/21、26期)

今の御質問に関連して伺いますが、この十二条の削除を諮問された趣旨については、たびたび伺い、今も質疑応答で明らかになつたのですが、ここで一つお尋ねをいたしたいのは、中小企業の労働保護を、こういう法規で徹…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第26号(1954/05/25、26期)

たいへん時間がかかつておりますので……。暫時休憩いたします。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第27号(1954/05/26、26期)

駐留軍労務者の問題も、特需に関係いたします労働者の問題も、かかつて行政協定の十二条の二項と五項に関する点に私はあると思います。そこで、この二項と五項について、はつきりただしておきたいと思います。十二…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第30号(1954/06/01、26期)

ただいま労働者福利共済団体法案要綱という資料に基いて、労働省の所見を伺つたのでありますが、もうちよつと詳しくお尋ねをいたしたいと思います。それは今御指摘になつておりましたように、零細企業、ことに常時五…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第31号(1954/07/28、26期)

今の問題に関連して、大事なところですから、はつきり労働省の見解をただしておきたいと思います。亀井基準局長の説明なり、質問に対するお答えからはつきりいたしておりますのは、基準法違反の事実を知りながら、証…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第32号(1954/07/29、26期)

本日は事実問題を二、三確認いたす意味でお尋ねしたしたしと思います。まず人権擁護局長にお尋ねをいたしたいと思いますが、先ほど参考人が、それぞれ要求書の項目順に事実について説明があつたようであります。そ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第33号(1954/07/30、26期)

労働省にお尋ねをいたしたいと思いますが、最近賃金の遅欠配が全国的に蔓延いたしまして、相当の金額が労働者の生活を脅威するに至つておりまする現状を、われわれは部分的には承知いたしておりますが、全体的な数字…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第34号(1954/07/31、26期)

議事進行――本日出席されている参考人その他から、もつぱら人権に関係したことについて供述書が委員長の手元に提出されておりますが、記録に残す意味で朗読をしていただき、それを中心に質疑をせられんことを要望い…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第37号(1954/09/06、26期)

近江絹糸の労働争議につきましては、最近新聞の報道するところによりますと、堀田住友銀行頭取を初め、財界の三方が、労働大臣、中労委等のあつせんを希望して努力しておられる模様が出ておりましたが、この労働争議…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第39号(1954/10/05、26期)

関連して、今の課長の発言の中で、非常に重大な関心を持つ一点があるので、お尋ねいたします。なるほど三十二条によつて銀行の経理、財産に対する監督を厳重にしてほしいという国民の声は強い。その点についての主張…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第40号(1954/10/06、26期)

銀行局長に、重要な点だけはつきりさしておきたいと思います。機能銀行課長から、かなり詳しい説明を伺いました。要約いたしますと、銀行経営の公共性にかんがみて、銀行の従業員の給与に重大な制約を加えるような処…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第41号(1954/10/07、26期)

失業対策で一番問題になるのは、従来の失対事業法それ自身が、今日の失業対策には抜本的な改正を要請されておるのではないかと思うのであります。また運営の上に、いろいろな支障が折り重つておるのではないかと思う…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 29期質問主意書

質問主意書提出数

 26期(1953/04/19〜)  3本提出

質問主意書一覧

中小企業に関する質問主意書
第18回国会 衆議院 質問主意書 第6号(1953/12/01提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

生活保護法による扶助に関する質問主意書
第19回国会 衆議院 質問主意書 第7号(1954/02/16提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

国民所得に関する質問主意書
第19回国会 衆議院 質問主意書 第13号(1954/03/12提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22