有田八郎衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:26期(1953/04/19-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

26期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   6312文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言   6312文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第10号(1953/06/19、26期)

私は、吉田総理大臣の施政演説中、日本の防衛問題に対し少しく所見を述べ、これに対する政府の所信をお伺いいたしたいと思うのであります。国が軍備を持たなければならぬという理由は、言うまでもなく他国の侵略に備えんがためであります。今日の国際情勢において最も警戒を要する相手は、率直に言つてソ連であると思います………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

26期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  7回発言  17490文字発言
 第17回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  3回発言   3295文字発言
 第18回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  26期通算  33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 33) 10回発言  20785文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 厚生委員会
            18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)  4回発言  11344文字発言

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
            13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  5回発言   6906文字発言

 外務委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   2535文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第1号(1953/05/29、26期)

これから会議を開きます。私が年長者でありますので、委員長が選任されますまで、衆議院規則第百一条第三項によつて、委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第7号(1953/07/10、26期)

それでは、私からごく簡単に御報告を申し上げます。私は、七月六日の晩東京を立ちまして、七月七日の朝舞鶴に着いたのであります。その前日に白山、白龍の両船が舞鶴に到着いたしておりましたので、私どもの舞鶴に…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1953/07/25、26期)

この間の六月十九日の本会議におきます私の質問に対して、総理は、「現在の保安隊にしてもあるいは防衛にしても、でき得べくんば現在の程度でとどめておきたい。これを漸増するということもわれわれは考えております…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第18号(1953/07/11、26期)

私は、今回提案されております未帰還者留守家族等援護法案について、政府の意見を承りたいと思いますが、大臣並びに政府委員諸君は、非常にお忙しい中でありまするからして、私の質問はきわめて簡単に述べるつもりで…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第19号(1953/07/16、26期)

前会のときに二、三の点について御質問して、なお数点質問の残りがございますから、ごく簡単でありますが、お尋ね申し上げます。この第十一条に留守家族の手当を打切る終期のことがありますが、第一に、「未帰還者…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第23号(1953/07/22、26期)

援護法案の第十一条についての質問であります。ここに留守家族に対する手当は、未帰還者が帰還したと同時になくなるということになつておるのであります。しかしこれは未帰還者が帰ると同時に留守家族の手当もなくな…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第24号(1953/07/23、26期)

私は未帰還者留守家族等援護法案に、ただいまの修正意見を付する、そういう条件をもちまして賛成の意を表するものであります。ただこの第十三条に「この法律の施行後三年を経過した日以後においては、過去七年以内…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第1号(1953/10/29、26期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、委員長が選任されますまで、規則第百一条三項により、委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第2号(1953/10/31、26期)

関連して。今厚生大臣から仰せになつた第二の問題でありますが、私は戦争犠牲者の問題については多年非常に関心を持つて来たのであります。従いまして、この在外同胞の帰還促進の問題、また戦犯者の釈放の問題につい…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第3号(1953/11/04、26期)

私から一言つけ加えさせていただきます。それは、この時間を継続してもらいたいというこに対して、長谷川、臼井両委員から今お話があつたことは、私、まつたく同感であります。ただ一言私から申し加えておきたいこと…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

26期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:26期(1953/04/19-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22