松平忠久衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 32期(1969/12/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 32期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   4038文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  1回発言   5789文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   7435文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  3回発言  17262文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第37号(1953/08/06、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま政府から中間的説明がありましたMSAの適用について若干の質疑をいたして、政府の所信をたださんとするものであります。申すまでもなく、わが国がMSAに基く援助を受けるかいなかということは、非武装、不戦の憲法を持つわが国としては、その国家的性格に重大なる影響を及………会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 本会議 第9号(1953/11/07、26期)

私は、ただいま外務大臣から説明がありました池田・ロバートソン会談の内容並びにこれに関連する防衛関係の諸問題について、日本社会党を代表いたしまして、数項目にわたつて質問をいたし、政府の所見をたださんとするものであります。(拍手)吉田総理は、去る第十六回特別国会において、六月十九日、有田八郎議員の質問に………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第27号(1954/03/26、26期)

ただいま文部委員長から報告がありました教育公務員特例法の一部を改正する法律案に対する保守三党の修正案、義務教育諸学校における教育の政治的中立の確保に関する法律案に対する保守三党の修正案並びにこの修正部分を除いた政府原案に対して、日本社会党を代表いたしまして反対の討論を展開せんとするものであります。(………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 32期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19)  4回発言  10087文字発言
 第17回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   1954文字発言
 第18回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言   2433文字発言
 第19回国会 37回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 29 委員  8) 17回発言  57681文字発言
 第20回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言

  26期通算  62回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 31 委員 31) 24回発言  72155文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文部委員会
            54回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 29 委員 25) 23回発言  70430文字発言

 補助金等の臨時特例等に関する法律案特別委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言   1725文字発言

 外務委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  0回発言      0文字発言

 人事委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 外務委員会理事(第19回国会)
 文部委員会理事(第19回国会)
 文部委員会理事(第20回国会)
 文部委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 文部委員会 第4号(1953/06/26、26期)

昨日の大臣の四大方針について若干御質疑申し上げたいと思います。この四大方針の中を見ますと、教育の根本方針ともいうべき、大前提と申しますか、民主主義について一言も触れておらないのであります。どういうわけ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第13号(1953/07/18、26期)

ただいまの御説明にちよつと関連して御質問申し上げます。起債の方針について、先ほど辻原委員の質問に対するお答えの中で、この起債のプライオリテイというか優先順位は、大体老朽校舎に優先をして、その残りの分に…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第15号(1953/07/21、26期)

この青年学級振興法案について、文部当局にまずお尋ねしたいと思うのですが、現在日本全国において青年学級と称するものは一体どのくらいありますか。それから人数にしますと一体どのくらいあるかということと、それ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第17号(1953/07/23、26期)

非常に重大であり、かつこの問題は現実の問題として教師が非常に困る場合があると思うのです。従つてもう少し、確かめておきたいと思うのでありますが、現行の憲法において再軍備を否定している。従つて教師が九十九…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 文部委員会 第1号(1953/11/02、26期)

先般国政調査のために、私と小林代議士が岩手県、宮城県、山形県三県に、主として僻地教育の視察に参つたのでありますが、簡単に御報告申し上げます。九月一日岩手に参りました。盛岡から約五十キロほど離れました…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 文部委員会 第1号(1953/12/05、26期)

それでは次会にいたします。会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 文部委員会 第2号(1953/12/08、26期)

私はまず大臣にお尋ねしたいと思うのですが、大臣は文部大臣に就任されてからいわゆる文部省の四大方鈍というものを宣言されました。その第一項において、愛国心を養つて行く基礎となる道徳教育の涵養、こういうこと…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第3号(1954/02/13、26期)

学校給食法のことに関連しましてご質問申し上げたいと思います。去る十二月のたしか五日と八日であつたと思うのですが、衆議院の各党の有志の懇談会がありまして、当時すでに政府で内定しておつた外米百六十万トンを…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第5号(1954/02/17、26期)

去る十二日の閣議において公務員の人員整理ということが議題になつたのでございます。新聞の報道によると、教職員については、小、中学校の整理人員の大体の数としては三万四百十三名というものがあるわけであります…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第6号(1954/02/19、26期)

関連して。今の自治庁の方の御説明ですが、半額国費で負担する予算の積算の基礎について御説明があつたように伺つたのですが、それは地方の財政計画を立てる上において自治庁として教育予算をお立てになるときに、文…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第7号(1954/02/23、26期)

最近大蔵省において補助金等の整理に関する法律案というものを出したいというので、一両日中に提案するというようなことを聞いておるのですが、これは本委員会に非常に重大な関係があるのではないか、こういうふうに…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第13号(1954/03/05、26期)

この地教委の任意設置の法律案に関して若干御質問申し上げます。現在、県教委と地教委のこの二つの機関を比べてみると、県教委の方は割合にうまく行つているが、地教委の方はまことにうまく行つておらぬ、こういう…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第15号(1954/03/11、26期)

自治庁の方がおいでになりますのでお伺いしたいのですが、今度の六・三建築十四億四千万円ですが、それに対する見合いの起債というものが大体半分ですから十四億四千万円ある。そのほかのつまり六・三制の単独起債と…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第16号(1954/03/12、26期)

第三班の調査は青森県におきまするところの警察機関の教員の調査に関する事例、それから岩手県におきまする姉体中学校並びに一関小学校における偏向教育の事例に関する調査であります。第一の青森県における警察官…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第18号(1954/03/16、26期)

関連して――ただいまの大臣のお話大体わかつたのですが、金の出し方です。今年の七百億の予算の中から三十八年度の分もお出しになる、こういうわけですか。そこで、赤字が出た帳じりの問題をどうするかという問題…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第19号(1954/03/17、26期)

今回提出されました二法について若干総括的な質問を大臣にいたしたいと存ずるのであります。その第一といたしまして、教育の地方分権ということについて大臣のお考えをお聞きしたいと思うのであります。きのうの高…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第20号(1954/03/18、26期)

昨日の質問が今日なお残つておりますので、そのあとの部分について大臣にお伺いしたいと思うのであります。今度の二法案の持つ内容は、大体この法案自体のあいまい性ということと、それからこれに刑罰規定をもつて…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第23号(1954/03/25、26期)

修正案について提案者にお尋ねしたいのであります。この「当分の間」ということを、先ほどの説明によると輿論の圧迫というか、輿論の動向によつて当分の間ということをきめたわけであります。輿論を無視することがで…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第26号(1954/04/20、26期)

今の点でちよつとお伺いしたいのですが、アメリカが日本へ進駐して来た九月三日だつたかと思いますけれども、その数日後に日本の原子力の研究について向うから参りまして、嵯峨根博士その他が尋問にあつて、当時の研…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第30号(1954/05/06、26期)

ただいま提案になりました盲学校、ろう学校及び養護学校の生徒、児童等に対する修学の奨励に関する法律案、この中で養護学校を抜かした盲学校、聾学校につきましては、政府からもほぼ似たように提案が出ております。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第31号(1954/05/12、26期)

ただいまの、学校等に及ぼす影響の補償に関する法律並びに政令に関連して御質問申し上げたいと思うのですが、今の問題は駐留軍による騒音その他の被害というものですが、最近これと関連してわれわれ若干陳情を受けて…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第32号(1954/05/21、26期)

大臣の委員会に対する態度について、各委員から大臣の反省を求める発言があつたのであります。私もこれに関連して若干申し上げたいと思います。ことに今日の場合においては、最もはなはだしい例である。一体福井政務…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第34号(1954/05/26、26期)

ただいま上程になりました学校給食法案について、私は日本社会党を代表しまして若干の意見を申し上げたいと存じます。この学校給食という制度は、ほとんど先進各国にある制度であります。児童、生徒に対して学校で…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 補助金等の臨時特例等に関する法律案特別委員会 第11号(1954/03/24、26期)

文部大臣にお尋ねいたしたいと思います。第四条に産業教育振興法というのがありますが、これも「当分の間、適用しない。」ということになつております。これは、御承知のように、日本の産業教育が衰えているというの…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 32期質問主意書

質問主意書提出数

 26期(1953/04/19〜)  1本提出

質問主意書一覧

常磐相互銀行不正融資に関する質問主意書
第19回国会 衆議院 質問主意書 第1号(1953/12/11提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 32期(1969/12/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22