中村三之丞衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  1回発言   4567文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言   4567文字発言

本会議発言一覧

第18回国会 衆議院 本会議 第2号(1953/12/01、26期)

私は、改進党を代表し、すでに提出されております昭和二十八年度第二次補正予算を中心として、現内閣の財政方針に関してお尋ねいたしたいと存ずるのであります。吉田内閣は口に健全財政を唱えられておるようでありますが、その実不健全、不安定予算の編成に無益な努力を続けられているにすぎません。(拍手)政府はしばく予………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 45)  5回発言  22844文字発言
 第18回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第19回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 34)  3回発言  19921文字発言
 第20回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言   1320文字発言
 第21回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

  26期通算  90回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 90)  9回発言  44085文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            60回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 60)  7回発言  36668文字発言

 法務委員会
            28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 28)  0回発言      0文字発言

 昭和28年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外6件特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言   7417文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 昭和28年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外6件特別委員会 第3号(1953/05/23、26期)

本委員会に付託せられました暫定予算は、国会の解散によりまして、年度開始以前に不成立になつております。政府はその跡始末をしておられるようでありますが、これが国政、地方財政、国民生活の上に重大なる影響を来…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 昭和28年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外6件特別委員会 第4号(1953/05/25、26期)

私は、一昨日保留いたしてあります総理大臣に対する質疑をいたしたいと存じます。さきの吉田内閣は衆議院の連合多数に不信任せられました。不信任せられた政党内閣は、総辞職か解散の道を選はなければならない。吉…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1953/05/28、26期)

六月の暫定予算の審議がだんだん進んで来たのでありますが、暫定予算というものは一会計年度の中の一定期間であることは申すまでもありません。一定期間ということは、大体われわれの政治的判断において二箇月ないし…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1953/07/07、26期)

昨日来河野委員によつて行われた重大質問は、アメリカとの権利義務を正しくせよ、これが河野委員の根本的な考えでありまして、これは全国民の納得するところであると私は信じます。(「その通り」)従つて政府は冷静…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第23号(1953/07/14、26期)

予算審議もだんだん終りに近づいて参つたのでありますが、各政党は、予算案に対するその態度を決定しなければなりません。われわれ在野党には独自の政策があります。政府また予算編成の方針を有せられ、与党また政策…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1954/02/09、26期)

昨年の日本経済は朝鮮戦争の結果いかんによつて支配せられたのであります。朝鮮戦争が戦争ブーームであつて、いつかは反動量気の来るということは政治家として警戒しておかなければなりません。しかるに現内閣は朝鮮…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第22号(1954/03/03、26期)

私は改進党を代表し、昭和二十九年度予算各案に対し、三党の協定にかかる修正案並びに修正部分を除く政府原案に賛成の意を表するとともに、社公党両派の予算組替案に対しましては、遺憾ながら反対するものであります…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第25号(1954/03/18、26期)

われわれの手元にある大蔵大臣の説明によりますと、昭和二十八年度の第三次補正予算、二十九年度特別会計の補正、これはMSA協定に伴う経済援助資金の特別会計であります。大蔵大臣の説明によりますと、義務教育…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1954/12/04、26期)

私は日本民主党を代表いたしまして、補正予算に対する態度を明白にいたしたいと存じます。このたびの予算委員会は前例のないほど吉田首相の進退間髄に関して政局の問題が論議せられたのであります。われわれは救国…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22