赤沢正道衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  1回発言   2903文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言   2903文字発言

本会議発言一覧

第17回国会 衆議院 本会議 第6号(1953/11/03、26期)

私は、改進党を代表いたしまして、今回政府提出の補正予算案に、しぶしぶではありまするけれども同意をいたし、社会党両派の共同組みかえ案に反対をいたすものであります。去る六月三十日災害対策特別委員会が設置せられまして以来、六、七月の西日本災害の救済と復旧を中心に、夜に日を継いで特別立法の起案に着手いたした………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員 22) 14回発言  45884文字発言
 第17回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言    846文字発言
 第18回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   2023文字発言
 第19回国会 38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 38)  8回発言  25657文字発言
 第20回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言     40文字発言
 第21回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言

  26期通算  79回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員 68) 25回発言  74450文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 建設委員会
            56回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員 55) 14回発言  36890文字発言

 水害地緊急対策特別委員会
            17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員  7)  9回発言  18385文字発言

 予算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言  16584文字発言

 法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   2591文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 水害地緊急対策特別委員会理事(第16回国会)
 建設委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 建設委員会 第11号(1953/07/14、26期)

きのう特別委員会での御発言の中に、治水に関して、河川の改修計画に遊水地帯の設定が伴つているというお言葉がございまして、たいへん安心いたしたわけでございますが、これは実は私研究してみたいと思います。当委…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第16号(1953/07/24、26期)

私、特別委員会の方の建設面の小委員長を、実は昨日から申しつかつた次第であります。と申しますのは、特別委員会の方の議事のまとまりが非常に悪い。これは、いろいろ原因もあるのでございますけれども、まあとにか…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第17号(1953/07/25、26期)

昨日に引続きまして質問をいたします。昨日申しました通り、本常任委員会と水害地対策特別委員会の建設部会とが、ちぐはぐなことを論議しておつても、かえつて弊害が伴うと思いますので、私、水害地対策特別委員会に…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第19号(1953/07/30、26期)

前会に引続きまして、その後の特別委員会の建設に関する部の進行状態について、御報告の意味で、さらに御説明をいたしたいと思います。大体この水害対策特別委員会の両院協議会での申合せとして、とにかく会期の延…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第2号(1953/07/01、26期)

その件につきましては、現地に行つておる委員の諸君が非常に多いのでありまして、九州出張中にそう簡単に片づけるというような取扱いをしていただいては、はなはだ迷惑なさる委員もあると思いますので、お考え願いま…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第7号(1953/07/10、26期)

きわめて簡単に、災害対策本部長としての大野国務大臣に、二点についてお伺いいたします。まことに災害国と申しますか、四月以来雪解けの水、さらには凍霜害、続いては二号台風、今度は九州の大水害、いずれもまだ始…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第8号(1953/07/13、26期)

大臣の御都合もあるようでございますから、きようは簡単に二つばかりお尋ねいたします。今細迫先生から質疑がありましたが、どうも河川の改修計画そのものに大きな誤りがあるのじやなかろうか。私らが仕事の面を見…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第9号(1953/07/14、26期)

国鉄の副総裁にお尋ねしたいと思います。昨日関門隧道開通についての速報をわれわれ委員会でちようだいいたしましたことを喜んだ次第でございます。私ども、水害の直後、当委員会から現地に調査班として北九州へ派遣…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第11号(1953/07/16、26期)

緒方副総理に一言お願いを申し上げまして、御所見を承りたいと思います。なおたいへんお急ぎのようでございますので、大蔵大臣にもあわせてこのお願いをいたして、なお御所見をお伺いいたします。ただいま冒頭に、二…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第22号(1953/07/31、26期)

ただいま議題となりました昭和二十八年六月及び七月の大水害による公共土木施設等についての災害の復旧等に関する特別措置法案につきまして、建設小委員会における本案立案の経過について御報告申し上げます。御承…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第23号(1953/08/04、26期)

九条に挿入さるべき漁港施設及び漁場については、実は本日承つた次第でございまして、衆議院としては、まだ小委員会では協議はいたしておりません。これにつきましてどういう場合を御想定になつておるものか、提案者…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第24号(1953/08/06、26期)

参議院において上程されて通過いたしまして本院にまわつております昭和二十八年六月及び七月の大水害による災害地域内のたい積土砂の排除に関する特別措置法案につきまして、次のように修正いたしたいと思います。…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第25号(1953/08/07、26期)

せつかく気象台の台長さんがお見えになつておりますので、御意見を承ります。ただいまお話を伺つておりますと、治山治水であるとか、これは主として建設省の仕事であります。さらに通信の面が非常に大事だとおつしや…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第18号(1953/07/21、26期)

改進党を代表いたしまして、ただいまの三派共同の修正案に賛成の意を表するものであります。わが党といたしましては、多年唱道いたしております公約の大部分が取入れられまして、はなはだ満足に思つておる次第でご…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 建設委員会 第3号(1953/11/02、26期)

関連して。今小災害という言葉がひよつと出ましたので、一つだけお伺いいたします。この前の水害対策委員会で、府県市町村の小災害について、現行法の十万という金額を切り下げるということに議がまとまつておつた。会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 建設委員会 第2号(1953/12/07、26期)

大体質問も尽きたようですが、道路局長にちよつと伺いたいと思います。大体あなたの御所管は、国道並びに地方道、そのほかに道路がたくさんあるようでございます。農道もあれば林道もある。それから最近有料道路がで…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第1号(1953/12/11、26期)

二、三その点につきまして問いただしておきたいと思います。大体この問題は、私は会社の問題ではないと思う。会社はあくまで営利会社としてできておるわけですから、これは十分もうけるようにおやりになつたらいいと…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第5号(1954/02/01、26期)

おもに自治庁の方なんだが、大蔵次官にお尋ねいたします。この前の委員会でも論議の中心になつたわけでございますが、道路整備法の裏づけになるガソリン税の問題でございます。大体われわれといたしましては、この問…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第9号(1954/03/08、26期)

ちよつと関連して。建設大臣はきようは何か非常にお疲れの体に見受けるのですが、今村瀬委員から御質問になつた点は、私この前予算委員会で、大蔵大臣を相手に相当つつ込んで話し合つたわけなんです。あなたもいら…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第12号(1954/03/13、26期)

先ほどの志村委員の御質問に関連したことですけれども、今までうつかり読んでいたのですが、十七条の第一項の第三号に「自ら居住するため住宅を必要とする者に対して住宅を建設して賃貸する事業を行う会社その他の法…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第13号(1954/03/16、26期)

私は改進党を代表いたしまして、ただいま上程になつております住宅金融公庫法の一部を改正する法律案に賛成をいたすものであります。ただいま御指摘になりましたように、かかる法律ができるのがおそ過ぎたという感…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第21号(1954/04/15、26期)

改進党を代表いたしまして道路整備五箇年計画の一部改正に賛成いたすものであります。この法律の立法の趣旨に関しましては、今田中委員からも発言がありましたが、今回この一部改正措置を、われわれは遺憾ながらの…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第30号(1954/05/13、26期)

この法案について、二点だけ明らかにしておきたい点がございますので、ひとつお答え願います。この法案の附則の一項、二項におきまして、日本国に駐留するアメリカ合衆国軍隊の行為による特別損失の補償に関する法…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1954/02/17、26期)

本委員会ではもういろいろな問題が論議し尽されたわけでございまして、私がただいまから御質問を申し上げることはあるいは二重になるかもしれませんが、責任上二、三の点について……。水害の復旧の跡始末につきま…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 建設委員会 第3号(1954/12/07、26期)

原案及び修正案に関する討論はこれを省略して、ただちに採決に入られんことを望みます。ただいまより採決いたします。まず昭和二十九年七耳の大雨並びに同年八月及び九号の台風による公共土木施設等についての災害…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22