細迫兼光衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

26期本会議 - 27期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   3994文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  1回発言   4391文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   2281文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  3回発言  10666文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第11号(1953/06/23、26期)

私は、日本社会党を代表いたしましてここに上程せられました公労法の一部改正案などの審議にあたりまして、その関連問題について、緒方副総理並びに小坂労働大臣に対しまして若干の質疑を試みようとするものであります。(拍手)すなわち、われわれは今ここに公労法における労働者の失地回復を試みようとしておりまするが、………会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 本会議 第2号(1953/12/01、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、総理大臣並びに関係閣僚に対し若干の質問を試みようとするものであります。まず、本臨時国会の中心題目でありますところの人事院勧告、仲裁裁定の問題に関して、大蔵大臣、法務大臣、労働大臣その他関係閣僚諸君。そもそも、この人事院勧告、仲裁裁定なるものは、百数十万の公務員、公………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第43号(1954/04/30、26期)

私は、ただいま上程せられました議案のうち、国連軍の地位に関する協定、及び合衆国軍隊及び国連軍の共同行為から生ずる請求権に関する議定書の件につきまして、日本社会党を代表しまして、協定承認に反対の立場から意見を開陳いたしまして、諸君の御同調を求めんとするものであります。(拍手)この協定の中には、労務や資………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

26期委員会 - 27期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 58回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員 54) 26回発言  20092文字発言
 第17回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言   1665文字発言
 第18回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  1回発言    143文字発言
 第19回国会 55回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 53) 29回発言  75062文字発言
 第20回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   5081文字発言

  26期通算 121回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員112) 58回発言 102043文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            57回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 57) 29回発言  79497文字発言

 法務委員会
            26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員 22) 10回発言   6591文字発言

 決算委員会
            23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23) 12回発言   9635文字発言

 水害地緊急対策特別委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  3回発言   2670文字発言

 内閣委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  3回発言   2454文字発言

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   1196文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 法務委員会理事(第16回国会)
 内閣委員会理事(第17回国会)
 内閣委員会理事(第18回国会)
 内閣委員会理事(第19回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第2号(1953/06/17、26期)

私は法務委員会に籍を置いておる者でございますが、政府委員に御答弁をお願いいたしたいと思うのです。それは、法務委員会におきましては、この戦犯者釈放の問題について、それ専問の国民使節団を送りたいという考え…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 決算委員会 第4号(1953/06/24、26期)

ちよつと。いろいろ所管がかわりまして、建設省の御説明によれば、すつきりしたいために所管をかえたというような御説明でありましたが、事実は、いろいろな経過が、あたかも事をこんがらかすためにやつたような印象…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 決算委員会 第5号(1953/06/26、26期)

条例によつたので、特別安いとは思わなかつたというような御趣意の御答弁でありますが、それではお伺いしますが、その賃料のほかに、なぜ会社から五百万円の寄付をとられたのか、これはこの賃料で貸しておつたのでは…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 決算委員会 第6号(1953/06/29、26期)

労働省の方にお聞きしますが、一体労災保険の会計の収支は従来どういうふうになつておりますか。赤字が出ておるかどうかという大ざつぱのところでけつこうですから御説明願いたい。かつかつにやつて行けますか。―…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 決算委員会 第12号(1953/07/13、26期)

迂遠な質疑でありまして、また話が小さくなりますが、荏苒このまま放置いたしますれば、物価の変動による損失も莫大でありますが、利子だけでもなかなかばかにならぬのであります。こういうものは確認せられた後にお…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 決算委員会 第13号(1953/07/15、26期)

われわれは国政に関する長さをなすべき権限を持つております。この権限に基き、また国民の負託にこたえる義務遂行のためにこの審議を進めておる。なおこうした決算の承認を求めておきながら、その説明に要を欠くとい…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 決算委員会 第15号(1953/07/20、26期)

関連して。ただいま吉田委員からの御質疑によつてもなお副総理ははつきりした態度を御表明にならないのでありますが、アメリカから送つてもらつた援助物資に対する国民感情などという言葉も出ました。まつたく国民と…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 決算委員会 第16号(1953/07/21、26期)

交通公社関係の問題につきまして、次会に交通公社の責任者の御出席を求めて参考人として喚問すること、及び今御答弁がありました切符の売上金を預け入れておるところの特別口座の通帳を持参して出て来られることを、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 決算委員会 第18号(1953/07/23、26期)

切符を委託販売しました場合の切符代金、これは他の収入と混合して銀行に入れるとかいうような処置がとられておりますか。あるいはまた特別な口座でも設けて保管してございますか。。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 決算委員会 第19号(1953/07/24、26期)

会計検査院にお尋ねいたします。とにかくここに石炭のクレームによつて、五十六万円という損失を国は負うたわけであります。これを法律的に見ますれば、その責任の所在は明らかでありまして、もし検収するに際して過…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 決算委員会 第22号(1953/07/30、26期)

ああいう複雑な分担方法の建築でありますから、いかなる技術者といえども金銭に見積つて、これをどれほど国鉄が負担すべきか、あるいは会館が負担すべきか、その計算がむずかしいということはわれわれでも想像できま…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 決算委員会 第23号(1953/07/31、26期)

運輸大臣にお尋ねいたします。先日副総裁にこの鉄道会館との間の契約の性質について、吉田委員からこれは公的契約であるかあるいは私的な契約であるかということについて質問がありました際に、副総裁は公的な契約と…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 決算委員会 第28号(1953/08/06、26期)

副総理にお尋ねをいたします。私の記憶によれば、アメリカの要路の人がガリオア援助の代金と申しますか、これは日本に対する債権と心得る。そうしてその債権取立ては、あらゆるほかの債権――その意味するところは賠…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第8号(1953/07/13、26期)

重複したら恐縮ですが、すべて災害復旧工事は、旧態に復するだけでは足りないと思うのです。よろしくこの際に拡大強化して、再び災害を繰返さないように努めなければならぬと思います。すなわち木橋はコンクリート橋…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第9号(1953/07/14、26期)

ただいまの関連事項でありますが、私どもが北九州に参りましたのは、国会の権限に属する国政調査のために参つたのであります。その使命を持つ者に対しまして、オフ・リミツトだということを言われるにつきましては、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第13号(1953/07/18、26期)

ただいま特別立法の話が出ましたので、この際動議を提出したいと思うのであります。われわれ過日現地に派遣せられました委員の報告によりましても、およそのサゼスチヨンを実は提出しておるつもりなのであります。ど…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1953/05/27、26期)

終ります。この際、お諮りいたします。両案はいずれも討論に付すべきでありますが討論はこれを省略し、ただちに採決するに御異議はありませんか。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1953/06/30、26期)

法務大臣にちよつとお伺いします。田中官房副長官はあなたの直接の監督すべき系統の地位にはないと存じますが、しかし内閣の構成員の一員として、国務大臣として、この内閣の一公務員がとつた処置が妥当であると考え…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第11号(1953/07/11、26期)

政治犯の問題でございますが、いずれこれの具体化は引渡し条約においてなされることと思うのでありますが、引渡し条約における御方針、態度を、ちよつと先ほどはつきりとは聞き漏らしたのでありますが、列挙主義はと…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第16号(1953/07/17、26期)

団規法違反被告事件で拘禁されております松本三益氏について毒殺の疑いがあるという問題が、きのうのこの委員会においても、また新聞にも、きのうの東京地方裁判所における公判の模様として出ておるのでありますが、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第17号(1953/07/18、26期)

さつそく御調査くださいまして感謝いたしますが、当時松本氏からこれに関する調査の要求がなかつたといたしましても、今や新聞紙も伝えるような公な事実になつておりますから、当局としても徹底的に解明なさることが…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第21号(1953/07/23、26期)

その点に関連してちよつと。逐条説明書の六ページを見ますと、裁判所が口頭による意見の陳述を許すであろうということを書いて、まあいいじやないかという理由をつけておられるように思うのですけれども、この口頭に…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第27号(1953/07/31、26期)

小川説明員の御説明は依然としてわれわれを納得せしめない。ただ釈放せられればそれで法律的なあなたの御用は済んだといつてもいいのです。しかし矢部さんのところに少年が行きそうな状態であるならば、それでいいで…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第30号(1953/08/04、26期)

ちよつと三橋君に聞きたいのですが。先ほど古屋委員の質問に対してあなたは証言されたと思うのですが、ソ連の代表部え行かれてとまられたのはいつでありますか。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第31号(1953/08/05、26期)

われわれの委員会が証人に来てもらつた意味は、もちろん鹿地亘事件についての事実を詳細に知るためでありましたが、私が板垣喚問を主張しました点は、鹿地亘は道路上から強力をもつて強奪せられたというような状態ら…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第32号(1953/08/06、26期)

ただいま取上げられておりますところのこの種事件についての裁判長の処置に対しては、私は具体的な事実を知りませんから、結論的な私の判断を申上げることは差控えますが、いろいろと質疑応答の中に察せられます事実…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 内閣委員会 第1号(1953/11/02、26期)

質疑の要旨は、国において工事を施行するという御説明でありましたから、もちろん末端の部分的なところにまで直接やられるのであろう、下請なとにまわされるのではないだろうということはもちろんでありますが、念の…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1953/12/07、26期)

日本社会党を代表いたしまして、一言意見を開陳いたします。天下周知の通り、わが党は保安庁、保安隊等の存在そのものに、根本的に反対しておるものであります。しかしながら、この法律案につきましては、勤労者の…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1954/02/01、26期)

今日の前に迫っておるMSAの問題から、中国との貿易制限の問題が今後の交渉の話題になつておるということを聞くのですが、元来MSA援助の問題というものは、いわばアメリカにおいてMSAの制度ができておりまし…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1954/02/03、26期)

関連いたしましてお尋ねいたします。いまだ事実が確定しないから方針を表明すべきものがないとおつしやるが、そういうことは政治家として私は責任ある態度としてはいけない態度だと思います。あらゆる事態の発生に対…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1954/02/20、26期)

次官にお尋ねいたします。ソ連との貿易のことでございますが、業者では木材の輸入などずいぶん熱望せられているやに聞くのであります。これに対しましてソ連からは船の修理などの注文があるようでございますが、あち…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1954/03/06、26期)

お伺いいたしますが、最近新聞紙の伝えるところによりますれば、巡視艇か何か海上保安庁の船が韓国との間のいろいろな問題に刺激せられた結果と思いますが、武装をするという情報が見えるのであります。これは従来の…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1954/03/10、26期)

時間がたいへんおそくなりまして、政府委員のお方にも御迷惑をかけますが、私も重要な会議を実は犠牲に供しておるのであります。遠からずMSAの問題が委員会に上つて参りますと、その機会を失うかもしれませんので…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1954/03/13、26期)

私は日本社会党を代表いたしまして本件について賛成の意を表明いたします。別に反対すべき理由もございません。根本的にはわれわれは交通その他国際的な利用をもつともつと伸張したい考えを持つておりますが、この程…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1954/03/15、26期)

法制局の方から政府委員が出ておられますか。従来交戦権の問題につきましては、この文字は、法律上の用語としてはなはだあいまいであつて、およそこれの含む意味としては二つに一わけられる。一つは、独立国の固有…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1954/03/16、26期)

先日承つておりますと、今の段階においては別に仮想敵国というものを想定しておらない、こういうような御返答でございましたが、私はこのMSA及び自衛隊の構想は、明らかに仮想敵国を想定しておると認めなければな…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1954/03/19、26期)

河野君との問答におけるギヴ・アンド・ギヴの問題なのですが、例のMSA法五百十一条の資格六つの中で、第五にうたわれております自国の防衛力の増強、これに対応するものが例のMSA協定の第八条の「自国の防衛能…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第21号(1954/03/20、26期)

上林君の持ち時間の一部を拝借いたしまして簡単にに御質問いたします。MSA協定と自衛隊の関係でございますが、この問題についてのいきさつを少しく復習しておきますと、MSAの五百十一条の(1)の(5)「自国…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第24号(1954/03/24、26期)

局長にお尋ねいたしますが、前文にはごらんのように「国際連合憲章の目的及び原則に従つて」ということことがうたつてありまして、大きくMSA協定は、国連憲章のわくでしぼられておるわけでございます。この国連憲…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第25号(1954/03/25、26期)

副総理にお尋ねいたしたいと思います。私がかつて総理に憲法を擁護する義務が総理大臣としてはあるはずであるが、どういうお考えであるかという質問をいたしました際に、その通り憲法を擁護するつもりだという趣旨の…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第26号(1954/03/26、26期)

MSAを受けておる諸外国の顧問団員の数であります。これについては先ほども御発言がありましたし、また前にもたしか戸叶さんだと思いますが、資料を要求せられたのに対しまして、秘密に属するからといつて御発表が…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第27号(1954/03/27、26期)

先ほど佐々木委員にお答えになりました御答弁は、少し第八条の読み違いではないかと思うのでお尋ねをいたします。日本国政府は自由世界の防衛力の発展に寄与する、どういう範囲で寄与するかといえば、人力、資源及び…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第28号(1954/03/29、26期)

おとといの議事進行の状態を見てはなはだ遺憾に思うのでありますが、あたかも委員長はわれわれが議事進行を阻害するがごとくに誤解せられての運営だつたと思うのでありますが、私どもは実際他意ございません。非常に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第29号(1954/03/30、26期)

委員会の論議を顧みまして私はここに日本社会党を代表いたしまして発言をいたします。われわれはこの瞬間実に重大な岐路に立つております。すなわちMSA協定をのむかのまないか、私は衷心から日本のためにこのMS…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第32号(1954/04/07、26期)

他の委員諸君の質問を聞いていなかつたので重複しては恐縮でありますから、もし重複しておりましたらその旨御注意くださつて、簡単に御答弁願いたいと思います。イギリスが国際小麦協定を脱退いたしましたが、その事…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第33号(1954/04/10、26期)

一点関連いたしましてお尋ねいたします。先ほど外務大臣のお言葉の中にもありました、アリソン・アメリカ大使の発表になつたというそれに関してであります。せつかく遺憾の意を表せられておるのでありますが、しかし…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第36号(1954/04/16、26期)

大平教授にお尋ねした方が適当かと思われますが、通告のことに触れられましたが、これは通告と申しましても別でありまして、今度の危険地域の設定を国際水路協会ですか、協定ですか、あれへ通告することになつて、通…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第41号(1954/04/26、26期)

協力局長にお尋ねいたします。国際連合軍との間の関係の基礎をつくるものとして、吉田・アチソン交換文書というものがあるが、一アメリカ代表者との交換文書というようなものが、そこまで広く規定する法律上の効果を…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第43号(1954/04/28、26期)

外電の伝えるところによりますと、フィリピン政府の与党たるナシヨナリスタ党の有力議員のレクト氏が、日本政府とは言わないが、日本側はフイリピンの議員に対しまして一千五百万ドル買収した。こういう状態であるな…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第45号(1954/05/06、26期)

私は、ガリオア、イロアについて、アメリカとこの十一日から何か交渉が始められるというような新聞記事などもありますので、次官にお尋ねいたしますが、御責任の持たれる範囲におきまして責任ある御答弁をいたしても…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第47号(1954/05/08、26期)

関連して。猪俣議員の質問に対しましての御答弁を聞いておりますと、標記及び通知というものが犯罪の要件では必ずしもないということに相なるのでありまして、言葉をかえていえば、標記、通知のないものは、すべてこ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第50号(1954/05/15、26期)

一つお伺いをいたしますが、新聞によることですから確かかどうかわかりませんが、この艦艇を借りましたあかつきにおいての海軍力は東洋第一になるのだというようなことがいわれておりますが、東洋諸国における海軍力…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第51号(1954/05/17、26期)

先日東洋諸国における海軍力の状況の資料を請求いたしておきましたが、まだ御配付にあずかつておりませんが、できておりますでしようか。これも私いたずらに請求したわけではないのでありまして、外務大臣のお話によ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第52号(1954/05/18、26期)

保安庁次長にお尋ねをいたしますが、いただきました資料によりますと、大体におきましてわが国が保有しております艦艇に比較いたしますと、これよりも有力であろうかと思われるのは中華民国及び中共、これに限られま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第53号(1954/05/21、26期)

私は外務次官並びに法務次官、入国管理局次長、これらの方々に質問をいたしたいのでありますが、二十一日すなわち今日、在日朝鮮人統一民主戦線の議長団の一人であります李浩然氏が、管理局長の出入国許可証を得まし…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第60号(1954/09/16、26期)

緒方副総理に簡単に質問いたします。いよいよ吉田総理大臣の御外遊が二十六日からと開議決定に相なつたということを承るのでございますが、その外遊目的など、従来われわれは耳にしていないのであります、これを国民…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第1号(1953/12/11、26期)

先ほどの木村長官の御答弁では、国の交戦権という憲法上の言葉の内容につきまして、あたかも戦闘行為をする権利、これを除外した拿捕権とか何とかいうことをもつて内容の全部としておらるるかのごとくであつたのであ…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1954/12/16、26期)

ビルマとの平和条約を審議いたします前に、重光外務大臣の御意見の発表に対しまして、一般的な基本的な外交問題について質問をいたしたいと思います。昨日のお話によりますれば、アジアという言葉は使われておりまし…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 26期(1953/04/19〜)  1本提出

質問主意書一覧

韓国によるだ捕漁船並びに抑留船員確認に関する質問主意書
第17回国会 衆議院 質問主意書 第7号(1953/11/04提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22