小笠公韶衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

26期本会議 - 27期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   3597文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言   3597文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第28号(1953/07/25、26期)

私は、自由党を代表いたしまして、ただいま議題となりました私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、禾蒼夙長の報告に賛成の意を表せんとするものであります。(拍手)終戦以来、わが国経済は海外よりの援助、特需等にささえられて次第に回復して参つたことは、いまさら言うまで………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

26期委員会 - 27期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員  1)  8回発言  11941文字発言
 第17回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  2)  3回発言   3966文字発言
 第18回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第19回国会 26回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 25 委員  0) 14回発言  19623文字発言
 第20回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  2)  1回発言   1631文字発言
 第21回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  6)  0回発言      0文字発言

  26期通算  68回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 56 委員 11) 26回発言  37161文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 経済安定委員会
            59回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 56 委員  2) 25回発言  34280文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言

 貿易振興に関する調査特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 通商産業委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   2881文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 経済安定委員会理事(第16回国会)
 経済安定委員会理事(第17回国会)
 経済安定委員会理事(第18回国会)
 経済安定委員会理事(第19回国会)
 経済安定委員会理事(第20回国会)
 経済安定委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 経済安定委員会 第2号(1953/06/19、26期)

ちよつと資料について伺いたいのでありますが、賃金水準のことで具体的数字をひとつお示し願いたいと思います。本日はこれにて散会いたします。次会は公報をもつてお知らせいたします。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 経済安定委員会 第5号(1953/06/29、26期)

簡単に一言伺いたいのですが、本法案を通覧いたしまして、中心点は第八条並びに第九条にあると考えます。第八条において、「国の財政の許す範囲内においてこれを予算に計上しなければならない。」第九条において補助…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 経済安定委員会 第11号(1953/07/06、26期)

私は条文の一、二について、特に解釈についてお尋ねをいたしたいと思います。条文を追いまして笛二条の第四項において、競争の定義を書いてありますが、「国内における」というのが前にあつたのであります。今度はそ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 経済安定委員会 第13号(1953/07/08、26期)

私は高島さんにひとつお伺いしたいのです、高島さんの立場はよくわかるのでありまして、ただお話をよりよく理解するために用語について一言お伺いしておきたい。あなたのお話の中に労働者、農民、中小商工業者、これ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 経済安定委員会 第15号(1953/07/14、26期)

ただいま問題になつております点でありますが、御説明を聞きますと、不正当な差別待遇を受けた場合と、不当に差別待遇を受けた場合と同じではないですか。それはさておきまして、新しい六項というか、これは不公正な…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 経済安定委員会 第17号(1953/07/16、26期)

関連して。たとえば物価が上昇傾向にあると断定せられたようでありますが、個人の家計費の膨脹はサービス料の上り方が相当含まれると思うのですが、一般的に物の小売価格が上つて来る理由はどこにあるか。逆に申しま…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 経済安定委員会 第19号(1953/07/24、26期)

私は自由党を代表いたしまして、ただいま議題になつておりまする私曲独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、先ほど提案になりました修正部分を含めて賛成の意を表すでありま…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 経済安定委員会 第22号(1953/07/31、26期)

日程第二の御母衣発電所建設計画変更に関する請願につきまして、紹介議員が不在でありますのでかわつて御説明申し上げます。本請願の要旨は、昨年政府が発表いたしました電源開発基本計画の中で、岐阜県の御母衣発…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 経済安定委員会 第2号(1953/11/03、26期)

私は資料の要求なんですが、日本の経済安定のむずかしい一つの大きな要因は、先ほど小林委員からもお話の通りでありますが、そのうちの賠償の問題なんですが、東南アジアその他に対する輸出振興の問題にいたしまして…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 経済安定委員会 第3号(1953/11/06、26期)

ちよつと委員長にお願いしておきますが、今の資料、まとまつたものがあるそうでございますから非常にいい資料だと思いますので、配布していただくようにお願いいたします。それから歩積み預金、両建預金については…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 通商産業委員会 第4号(1953/11/07、26期)

私はただいまの中小企業安定法第二十九条の発動要請に対する首藤委員の質問に対する岡田長官の答弁につきまして、一応重ねてお伺いをいたしておきたいと思うのであります。書類が三件出て、一生懸命に検討中であるが…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 経済安定委員会 第4号(1954/02/19、26期)

ちよつと資料について伺いたいのですが、二十九年度産業資金供給見込表の第二の中小及び国民両公庫でありますが、これについて、設備資金、運転資金をわかつて、片方の中小は百億が設備、運転は十億、国民は同様に十…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 経済安定委員会 第5号(1954/02/23、26期)

今の数字でちよつと関連して伺いたいのですが、表の三ページ、二十八年計のところで十二月末外貨保有高が九億七千七百万ドル、それから二十八年計に一億九千三百万ドルというマイナスが出ているのですが、このマイナ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 経済安定委員会 第8号(1954/03/12、26期)

一番最後のページの特約予定需用家調査というところですが、需用家の負荷調整によつて吸収する範囲というものは相当多いようですが、二割ないし三割安くなる、これはコスト計算の関係からですか、それだけの余裕があ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 経済安定委員会 第10号(1954/03/19、26期)

簡単にお伺いしますが、ただいまお話の紡績二十番手のもので内地物は幾らしておりますか。参考人各位には長時間にわたりまことにありがとうございました。厚く御礼を申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 経済安定委員会 第11号(1954/03/23、26期)

時間もありませんから簡単に事務的なことを一つ二つ伺いたいのでありますが、二十九年度の総括原価は二千百億という数字でありまして、純不足二百四十六億、これが値上げの根本になつておりますが、総括原価の中で水…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 経済安定委員会 第13号(1954/03/30、26期)

事務的な、簡単なことですが、二ページ目の需給想定のところに、一として、水力発電量の見積過小というのがあります。私が伺いたいのは、この前平井参考人から、過去十年の平均をとつたという説明を伺つておるのであ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 経済安定委員会 第15号(1954/04/06、26期)

私は一つ二つお教えを願いたいのですが、まず第一に経済審議庁に伺いたい。この前松尾調整部長から外貨の位置につきまして説明があつたのですが、新年度に入り、新年度当初におきます外貨ポジシヨンはどうなのかとい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 経済安定委員会 第16号(1954/04/10、26期)

私簡単に御説明だけ伺いたいのですが、一番最初の御説明の昭和二十九年度企業者別電源開発資金見込というのがありますが、電力会社の分で小計が七百三十億というのが出ておりまして、あと開銀三百五十億、国内資金千…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 経済安定委員会 第17号(1954/04/13、26期)

私は一、二お伺いしたいのですが、第一点は最近の金融の引締めの影響を受けまして、預金の増勢率が相当減つて来た。各種金融機関の中でも、特に中小企業専門の金融機関と見られる信用協同組合あるいは信用金庫あるい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 経済安定委員会 第20号(1954/04/23、26期)

一、二お教えを願いたいのですが、まず御説明のありました全国銀行預金貸出しの増加状況の問題であります。大勢はこれを了承いたすのでありますが、一口当りの平均貸出し金額はどうなつておるかということを伺いたい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 経済安定委員会 第21号(1954/04/27、26期)

ただいまのお話の中でちよつと伺いたいのは、一般的な問題でありますが、一流会社におきます受取手形のうち三〇%が割引不能だというお話でありますが、その不能の原因を――輸入金融の問題は別といたしまして、増産…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 経済安定委員会 第23号(1954/05/11、26期)

簡単に一言だけ伺いたいのですが、先ほどお話の中で、要するに貿易、輸出振興が国家的要請でありながら、これに対する具体的施策が足らぬ。要するに総合的な施策ということに尽きると思いますが、しからば具体的な施…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 経済安定委員会 第27号(1954/05/25、26期)

私は通産大臣に一、二点のことについてお伺いいたしたいと思つております。当委員会といたしましては、今国会開会以来、中小企業金融の状況を中心とする金融の影響関係、並びに貿易関係その他の面につきまして、いろ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 経済安定委員会 第28号(1954/05/28、26期)

請願紹介議員がおりませんので、私がかわつて御説明申し上げます。まず離島航路整備に関する請願、第七九八号であります。本請願の趣旨は、香川県小豆郡豊島村は、瀬戸内海に浮ぶ離島で、天然資源に恵まれておりま…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 経済安定委員会 第2号(1954/12/03、26期)

私はひとり数字だけを伺いたいのです。国際収支の付表の二十一表でありますが、そこで見ると六月以後の国際収支はプラスになつて来ておるのです。そのプラスの合計が一億六千万ドル、それから四、五のマイナスが二千…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22