滝井義高衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   2623文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言   2623文字発言

本会議発言一覧

第19回国会 衆議院 本会議 第22号(1954/03/20、26期)

私は、日本社会党両派を代表いたしまして、ただいま議題となりました昭和二十八年度一般会計予算補正(第3号)に対しましては、政府はただちにこれを撤回し、わが社会党両派の共同組みかえ案の方針と内容に即しましてこれを組みかえ、すみやかに再提出すべきであるとの動議を提出し、以下簡単に趣旨を弁明せんとするもので………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 78回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 40 委員 38) 38回発言  90315文字発言
 第17回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  6)  4回発言  18863文字発言
 第18回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  5回発言  15690文字発言
 第19回国会105回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員105) 54回発言 285152文字発言
 第20回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  2回発言  12324文字発言

  26期通算 208回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 44 委員164)103回発言 422344文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 厚生委員会
            73回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 73) 50回発言 261061文字発言

 地方行政委員会
            50回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 50) 26回発言  61225文字発言

 水害地緊急対策特別委員会
            46回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 44 委員  2) 21回発言  58436文字発言

 予算委員会
            38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 38)  5回発言  39456文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   2166文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 水害地緊急対策特別委員会理事(第16回国会)
 水害地緊急対策特別委員会理事(第17回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第12号(1953/07/03、26期)

ただいま議題になつております国民健康保険再建整備資金貸付法の一部改正に関連して二、三の点について御質問いたしたいと思います。現在市町村の財政において一番がんになつておるものは何だ、こういう質問をかつ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第2号(1953/07/01、26期)

もしそういう御確認ができたといたしますならば、ちようど今中村委員から御主張になりました通り、今度の水害というものは前の台風第二号とは非常に性格も異なつておりますし、また委員会の構成そのものにおいても、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第3号(1953/07/03、26期)

ただいまの御説明で、農地等が川原になつているというような事情はよくわかりましたが、いま一つお尋ねいたしたいのは、市内に相当火山灰が入つたということを聞いておりますが、中小商工業者の状態はどういうぐあい…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第5号(1953/07/06、26期)

今災害救助関係の御説明がありましたが、過去において全県にわたつて災害救助法を適用した例があれば、それをちよつとお話し願いたいと思います。なお、被害金額の少い場合でも、たとえば山くずれというような場合…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第6号(1953/07/08、26期)

緒方中央本部長にお尋ねいたしますが、今までに政府がこの九州の豪雨災害に対して出しておるところは、いわゆる直轄河川に対する予備金の支出が六月三十日に六億、公共災害復旧のためのつなぎ資金が七月の一日に十億…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第8号(1953/07/13、26期)

今災害救助法関係の御質問がありましたが、少しつつ込んでお聞きいたしたいと思います。現在あの災害の起つた当時に、百万人、二十六万世帯の人々が災害救助対象になつたということでございます。現在そういう人たち…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第9号(1953/07/14、26期)

今の塚田大臣から御説明になりました罹災救助七億三千万円、防疫対策一億八千万円が今後支出増になる計算の基礎は、在来の災害救助法に基いて計算した額でしようか。もう一つは、中小企業庁の方がおいでになつてお…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第10号(1953/07/15、26期)

簡単に、今松前委員からいろいろ御質問がありましたので、重複しない点だけ、ちよつと一点お尋ねいたしたいと思います。今度の九州の水害に対して、保安庁の保安隊あるいは警備隊が出て非常に活躍されたことについて…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第11号(1953/07/16、26期)

文部関係の御質問を二、三いたしたいと思います。まず、今度の九州の水害において、相当程度の学校並びに学童の被害並びに罹災があると思うのでありますが、現在学童の罹災はどの程度であるか、お知らせ願いたい。…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第12号(1953/07/17、26期)

さいぜん大月さんから御説明になりました十五億の配分の問題でございますが、先般来われわれのもらつた資料によれば、三億円の留保があつたはずだと思うのでございます。商工中金が四億、地方銀行が四億、相互銀行が…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第14号(1953/07/20、26期)

ちよつと銀行局長にお尋ねします。福岡銀行には、石炭鉱業向けの運転資金供給の財源として十億の国庫余裕金の一部を預託いたしておると思うのでありますが、そういうものはスト中にはどういうようにやられておるのか…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第16号(1953/07/22、26期)

二回ばかり委員会あるいは懇談会を開いたのでございますが、問題点は、現在の災害救助法は非常に多くの欠陥を持つておりまするため、当然これを改正しなければならないというので、種々その改正点について検討いたし…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第17号(1953/07/23、26期)

今熊谷委員からいろいろ金融の問題について御質問がありましたが、幾分食い違つておる点もあると思うので、午後の委員会で大蔵大臣にもお尋ねしなければならぬと思いますが、すでに昨日の大蔵大臣の御説明では、指定…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第18号(1953/07/24、26期)

今労働金庫、あるいは労使双方の責めに帰さない休業について、割合深くつつ込んだ質疑応答があつたのでございますが、実は労使双方の責めに帰さない休業について、先般来私は再三にわたつて、当委員会において、御質…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第21号(1953/07/30、26期)

今あなたの報告されたそれらの案件は、すべて参議院との了解事項になつておるものですね。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第22号(1953/07/31、26期)

厚生委員会の申入れ事項をこの際追加をしておきたいと思います。一、災害救助法に基く救助基準中炊出費を一人一日八十円に増額すること。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第25号(1953/08/07、26期)

今の政令事項の問題はきわめて重大であります。従つて、これは単に農林省だけの問題ではないと推定せられるのであります。従つて、当然政府の方においても、政令事項をどこにするかということは、統一的な見解を閣議…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第28号(1953/09/08、26期)

今綱島委員あるいは舘林委員の質疑に対する緒方副総理の答弁は、きわめて抽象的でありまして、われわれ満足することができません。幾分重復する点があるかと思いますが、重ねてなおお尋ねいたしてみたいと思うのです…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第33号(1953/10/05、26期)

関連して。今綱島委員からいろいろ根本的な問題について御質問がありました。しかし、質問もきわめて抽象的でありましたが、答弁も抽象的でありました。従つて前回の九月の初旬の委員会等においては、本物の大蔵大臣…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第39号(1953/10/15、26期)

これは建設だと思いますが、公共十木施設災害復旧事業費国庫負担法の第五条で、公共団体がやる場合に、国が十分復旧の補助をするわけでしよう。そうすると、私は今度はこういう地すべり等は国がやる場合があると思う…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 地方行政委員会 第3号(1953/05/30、26期)

平衡交付金の同じその問題ですが、具体的になるわけですが、四、五、六月分については当然これは義務教育費半額国庫負担法によつて、たとえば東京、大阪というような平衡交付金を現実にもらつていない府県についても…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 地方行政委員会 第4号(1953/06/01、26期)

ただいまの床次氏の地方財政確保に関する動議に対しまして、日本社会党を代表いたして賛成をいたすものであります。今簡単にその賛成の理由を申し述べたいと思うのであります。民主政治の健全な運営、発展を期する…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 地方行政委員会 第5号(1953/06/23、26期)

ちよつと初めに帰りますが、地方財政確保に関する床次委員の提案に対して、私たち賛成をいたしたものでございますが、今日大臣の御答弁を聞きますと、二十九年に少くとも地方財政の赤字を片づける、二十八年にはその…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 地方行政委員会 第6号(1953/06/26、26期)

先ほどの北山委員の御質問に対しまして、防火用水槽などは、大体建設省の都市計画の一貫として一億くらい出してやつておるという御説明でありましたが、実は消防施設強化促進法案の第三條の「消防の用に供する機械器…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 地方行政委員会 第7号(1953/06/30、26期)

今国警の方の御説明をいろいろ聞きましたが、私たち、災害というものは忘れたときにやつて来るということを、今まで聞かされておつたのですが、最近はどうも災害は忘れぬうちにたびたびやつて来る。ところがどうも日…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 地方行政委員会 第9号(1953/07/04、26期)

この消防施設強化促進法案によりますと、国が補助金を三分の一だけ市町村に出すことになつておりますが、こういうことになりますと、残りの三分の二を当該市町村が負担しなければならぬということになるわけでありま…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 地方行政委員会 第11号(1953/07/08、26期)

今委員長はたくさん議題に上せましたけれども、一応地方財政法だけに限つて質疑応答をして、それに対する結論を出すようにしていただきたいと思います。それから一つお願いをいたしたいのでございますが、地方債の…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 地方行政委員会 第12号(1953/07/09、26期)

地方財政の赤字の問題に関連がありますので、議題になつておる平衡交付金の問題について、長官に意向をただしたいと思いますが、シヤウプ税制勧告の根本的な思想というものは、現在地方団体には大体三つの段階がある…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 地方行政委員会 第13号(1953/07/10、26期)

今の質問に関連するんですが、昨日来私は地方財政平衡交付金というものは、過渡的な処置であると理解しておつたのでございますが、シヤウプの思想とは、日本は独立国となつたので、かわつて来たと見えまして、平衡交…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 地方行政委員会 第15号(1953/07/13、26期)

今左右両派で、お前の方は芸者がどうした、お前の方は青野がたたいた、どうしたということですが、それでは議事進行ができません。今までの大石さんの発言で大体問題がはつきり出て来たように思います。ただいま道路…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 地方行政委員会 第17号(1953/07/17、26期)

ちよつと関連して質問させていただきたいのでありますが、今のようなぐあいで助役がもし教育長を兼ねるということになりますと、教育と行政というものが混淆して来ることになるわけなんです。大体教育と行政とわける…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 地方行政委員会 第18号(1953/07/18、26期)

関連して……。そうしますと、それは昨日私がお尋ねをいたしたときの答弁とは少し違います。現在日歩を譲つて、教育長の免許を持つている人を兼任さした場合に、あとになお教育長のいない相当の町村がある、そういう…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 地方行政委員会 第19号(1953/07/20、26期)

簡単に一つだけお尋ねいたします。七百四十四條の十一項の解釈ですが、これはちよつと文章を読んでもなかなかわかりかねるので、簡単にはつきり説明していただきたいと思います。加藤 精三君  藤田 義光君会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 地方行政委員会 第21号(1953/07/23、26期)

ちよつとお尋ねいたします。固定資産税の中の償却資産に関する問題で、特に炭鉱における坑道の問題でございますが、現在固定資産などの償却資産のこの坑道の問題の決定は非常にむずかしいので、小さな市町村において…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 地方行政委員会 第24号(1953/07/28、26期)

今度われわれが審議しておりまする地方財政平衡交付金法の一部を改正する法律というものは、義務教育費国庫負担のあれでは五百四十億というものが、今までの平衡交付金の中から出て行つてしまつて、そのためにここに…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 地方行政委員会 第25号(1953/07/29、26期)

固定資産税の問題でちよつとお尋ねしたいと思います。新しい税法ができて三年になるわけでありますが、現在われわれの家屋に課せられている固定資産税というものは年々歳歳上つて来る。そうするとこの上つて来る状態…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 地方行政委員会 第30号(1953/08/05、26期)

参議院から出ておる町村合併法案については、一応異存がないと思つておりますが、問題は現在のやはり客観的な地方自治の進み方というようなものを考えてみますと――現在たとえば大きな都市と言わなくても、十万、十…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 地方行政委員会 第35号(1953/10/14、26期)

先に自治庁から伺います。先般の閣議で町村合併のために内閣が基本的な方針を決定いたしたようでございます。すなわちこの町村合併促進法が効力のある今後三箇年間の期間において、おおむね現在の一万百六十一の町村…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第3号(1953/11/03、26期)

長い間理事会その他でもめましたが、さきに理事会で決定をせられました諸案件並びに政府提出の諸案をこの際審議していただきたいと思うのでございますが、その前に、まだなお三、「四議員立法として提出せられるもの…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第5号(1953/11/07、26期)

原さんにいろいろお尋ねいたしたいのですが、まず第一にお尋ねをいたしたい点は、三党協定によりまして、今後災害復旧の状態を十分調査をして、そうして百五十七億の融資を出すということになつておりますが、まずこ…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 地方行政委員会 第1号(1953/10/31、26期)

最後に一つ申し上げたい。今各委員の方といろいろ御質疑をいただいたのですが、少しわからない点がありますので、あとで資料を要求いたしたいと思うのです。今一九五四年の沖繩の関係の方の予算が大体十七億B円だ、…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 地方行政委員会 第5号(1953/11/05、26期)

三党協定による百五十七億の「資金運用部資金等」という「等」は一応例外といたしても、資金運用部からとにかく百五十七億の金は出ない。しかも現実に七十六億しか資金運用部に金がない。もしこれを全部出してしまう…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 地方行政委員会 第1号(1953/12/02、26期)

関連して……。今横路君の質問を通じて、公募公債の状態は大体はつきりいたしたのでございますが、その答弁の中で、公募公債が二百三十五億円だと答弁された。これはおそらく当初予算の二百億と、災害関係の二十億と…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 地方行政委員会 第2号(1953/12/03、26期)

ちよつと東京都の万にお尋ねしたいのですが、東京都の課税の方式は、所得を決定する場合に、地方公共団体として独目の立場から、各個人の総所得を調査しておると思われるのですが、今の発言では、国税の方の所得金額…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 地方行政委員会 第3号(1953/12/04、26期)

今のことに関連しますが、今総務部長さんの御説明では、一%くらいの欠員が予算上現在ある、従つてこのくらいの人件費ならばまかなうことが可能であるという御説がありましたが、今度提出されておる二十八年度の第二…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 地方行政委員会 第5号(1953/12/07、26期)

今横路さんからいろいろ質問がありましたが、一、二関連して単位費用の測定についてお尋ねしたいと思います。昨日人事委員会で無級地を一級地に引上げる措置をやつたのでございます。しかもこれは永年にわたつて引…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 地方行政委員会 第6号(1953/12/08、26期)

ちよつと関連して奥野税務部長にお尋ねしますが、保安隊の問題と非常に似ておる事態があるのです。それはたとえば筑豊炭田における炭鉱地帯の問題です。これはたとえばAならAという市に、四つぐらいの炭鉱があると…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第6号(1954/02/16、26期)

一、二点お伺いいたしたいのですが、それは犬の引取手がなければ、予防員が政令の定むるところによつてこれを処分することができるのです。その場合には肉は肥料にし、皮は他に利用する、こういう御説明でしたが、現…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第11号(1954/03/04、26期)

児童福祉法の一部改正と身体障害者福祉法の一部改正と二つにまたがる問題でございますが、この法律の改正で大きな主眼をなしているものは育成医療と更生医療の問題だと思うのであります。ことに育成医療、更生医療と…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第13号(1954/03/11、26期)

先に小委員長に、一、二点この修正案に疑問がありますのでお尋ねをして、それから楠本部長にお尋ねしたいのですが、との清掃法の三条では、「この法律で「汚物」とは、ごみ、燃えがら、汚でい、ふん尿及び犬、ねこ、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第16号(1954/03/18、26期)

あへん法案に関連して一、二質問申し上げたいと思いますが、昭和二十年に連合国総司令部の覚書によつて、けしの栽培が禁止をされたわけであります。その後昭和二十三年に麻薬取締法ができて、麻薬の使用等は相当厳重…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第17号(1954/03/20、26期)

一、二点関連して質問しておきたい。最初に大臣の御答弁で、この二十三人の漁師の治療の主体は、日本の医学陣でやつて行かれるということを言われたわけです。ぜひそうしていただきたいと思いますが、問題は、今後わ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第18号(1954/03/22、26期)

今の都築先生の御説明で非常に裨益されるところが多かつたわけなんですが、現在現地に非常にたくさんの調査団と申しますか、そういうものが行つております。ちよつと新聞で名前を拾つてみましたが、静岡大学、東大、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第19号(1954/03/23、26期)

先般医薬関係審議会設置法案について大臣に御質問いたしたわけでありますが、その際来年の一月一日から実施せられる新しい医薬分業規定の法律は、占領中にできた法律である。一面サムス分業といわれて、アメリカの占…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第20号(1954/03/24、26期)

今長谷川委員からいろいろ御質問があつた中で、一点落ちておるところがありますので、御質問いたしたいと思います。それは五十八条に関連する問題ですが、今までは生活協同組合の設立の認可というのが比較的気やすく…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第21号(1954/03/25、26期)

日米合同調査会の会議を昨日持たれましたが、その主体はいずれにあるかということが一つ。いま一つは、この日米合同調査会議でアメリカ側からいろいろ情報がもらえると思うのでございますが、日米相互防衛援助協定…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第23号(1954/03/27、26期)

らい予防法の一部を改正する法律案に関連して、国立癩研究所が今度できるようになつておるのですが、その位置及び内部組織は大体どういう状態になるのか、これをひとつ御説明願いたい。なお定員は現在十名でござい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第24号(1954/03/29、26期)

身体障害者福祉法の一部を改正する法律案の中の身体障害者福祉司についてでございますが、この福祉司の任務というのは相当専門的な、ある程度心理学あるいは医学等の知識を必要とするわけでございますが、これはいた…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第25号(1954/03/30、26期)

厚生大臣が御出席でございますので、大臣に、メーデーで皇居前広場使用の件についてお尋ねいたします。先般来木村厚生次官から総評の柳本メーデー実行委員会の事務局長に場対して、正式に文書で使用まかりならぬとの…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第26号(1954/03/31、26期)

前二回の質問を通じまして大体大臣の答弁を総合して考えてみますと、サムス分業というものは日本の医療の方向から考えると、これは大体正しいものである。なぜそれが正しいかといいますと、医療の合理化をこの分業に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第27号(1954/04/01、26期)

昨日主として医療に対する国民の経済的負担力というものを一応お聞きいたしましたところ、大体国民所得の三%前後、こういうことでございました。それからさらにその三%に該当するであろうと推定せられる千五百億円…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第28号(1954/04/02、26期)

一昨日以来の質問に引続いてやりたいと思います。昨日医者の一箇月の平均的な稼働点数四千九百点ということについて久下局長に確認を求めたのでありますが、ちようどいなかつたので、速記を見たら大体はつきりいた…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第29号(1954/04/03、26期)

私昨日少し腹を立ててやめましたが、きようはまだたくさん残つております。たとえば技術者の問題、分業と社会保険の問題、分業後における製薬業のあり方、分業後における薬局のあり方というような基本的な問題の討議…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第31号(1954/04/06、26期)

私は日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題となつております医薬関係審議会設置法案に関しまして、一応法体系を整えるという意味において賛意を表したいと思うのでございます。わが党といたしましては、一応…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第32号(1954/04/07、26期)

大体佐藤委員からおもな点の御質疑があつたようでございますので、一、二点重複しない点だけお尋ねいたしたいと思います。まず厚生年金制度を考える場合に、やはりその時代の背景というものをわれわれは考えなけれ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第37号(1954/04/16、26期)

ただ一点だけお聞きしておきたいと思います。それは健康保険の被保険者と厚生年金の被保険者の関係ですが、厚生年金は七百六十七万の被保険者があるという御説明があつたのですか、健康保険は現在幾らありますか。政…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第38号(1954/04/20、26期)

厚生年金の方ですが、第六条の一項の二号で「前号に掲げるもののほか、国、地方公共団体又は法人の事務所であつて、常時五人以上の従業員を使用するもの」こういうことがあるわけですが、「国、地方公共団体又は法人…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第41号(1954/04/23、26期)

先般当委員会において、多分三月二十日であつたと思いますが、皇居前広場の使用に関して、たびたび問題が起るので、具体的な使用許可の限界及び葎こういういろいろの紛争の起らないように、大臣の解決の方針を至急決…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第42号(1954/04/28、26期)

三ページの「都道府県ハ市町村ニ対シ市町村が前項ノ規定ニ依リ行フ鼠族、昆虫等駆除ニ関シ計画ノ樹立、実地ノ指導其ノ他必要ナル措置ヲ講ジ及政令ノ定ムルトコロニ依リ之ニ必要ナル人員ヲ置クベシ」という、これの必…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第46号(1954/05/14、26期)

大蔵省が来るまで待ちます。そこで今度はイロハからお尋ねをしたいのですが、現行の十一円八十三銭という単価の構成要素は何と何であるか、それぞれいかに評価をされて積み重ねられたものであるか、この点をお伺い…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第48号(1954/05/20、26期)

関連して。今警視総監のいろいろな御説明で大体大要はのみ込めたのでございますが、第三国人が非常に覚醒剤の製造に関与をしておるというお話もあつたのです。これは国警の刑事部長さんにもお尋ねしなければなりませ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第49号(1954/05/25、26期)

今長谷川先生からいろいろ結核の実態調査の全貌に関連して質問がありましたが、重複しない二、三の点についてお尋ねしたいと思います。長谷川さんに対する御答弁の中に、結核対策というものについては、この実態調査…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第50号(1954/05/26、26期)

いろいろ法律の内容についてはこの次お伺いしたいのですが、根本的な問題をひとつ伺いたい。さいぜん柳田さんも触れましたが、水利権の問題です。現在日本の都市近郊を流れておる河川を調べてみると、年々いわゆる流…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第52号(1954/05/28、26期)

ちよつと関連して最後にお尋ねいたしておきたいのですが、日本の今の一年間の製造は三百九十グラムと申しましたが、その内訳――それがアンプレにどのくらいなつて、錠剤にどのくらいなつておるか、それをちよつとお…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第53号(1954/05/29、26期)

精神衛生法の一部を改正する法律案の六条の二に、「国は、営利を目的としない法人が設置する精神病院及び精神病院以外の病院に設ける精神病室の設置及び運営に要する経費に対して、政令の定めるところにより、その二…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第54号(1954/06/01、26期)

今の審査問題に関連して、一般的なことを少し御質問申し上げておきたいのですが、今柳田さんからの御質問に対して、監査の対象となるものは府県の審査委員会の結果、それから患者の実地調査、主としてこういう二つの…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第55号(1954/06/02、26期)

先般水利権の問題の質問をしておりましたが、その後一、二残りがありますので、質問を続けさせていただきたいと思います。まず第一に水道と消防との関係でございます。政府提案の水道法案の二十五条に、消火栓を上…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第56号(1954/06/03、26期)

私は関東財務局管財部長さんにお尋ねしたいのですが、財務局とそれから板橋区長との契約ですね、これは契約するにあたつては、その家屋の貸付の目的ということがはつきりうたわれておるわけなのです。従つてその目的…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第57号(1954/08/11、26期)

今柳田、岡両委員からいろいろ御質問がありましたので、重複する点を省略して、簡単に二、三の点を御質問いたしたいと思いますが、問題はやはりパーセントの問題だと思うのです。輸入病変米の措置に関する覚書によれ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第58号(1954/08/12、26期)

今四人の先生方からいろいろ科学的な詳細な御説明をいただいたのですが、昨日来私たちが厚生大臣やその他の方々にいろいろ質問をした点とは、まつたく先生方の御意見が異つておることを発見してちよつと唖然としてお…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第59号(1954/08/13、26期)

大臣がおられないので、大臣に対する質問はあとに保留させていただきまして、現在日本の医療行政の中で一番大きな比重を占めるのはこれは結核対策だと思うのでございます。この日本の結核医療行政というものは、制度…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第60号(1954/10/01、26期)

今いろいろ御説明をいただきましたが、どうも総括的なものを見ますと、診察とか投薬とか注射、処置というものについて費用から換算した点数というものが出ているわけです。私たちはやはり技術料というものを評価する…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第61号(1954/10/02、26期)

さいぜん厚生大臣の答弁の中で、久保山さんの解剖にはアメリカの方も立ち会つたというお話があつたのですが、そういうようにアメリカ自身が日本の二十三人の漁夫の被爆について関心を持つておるとするならば、おそら…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第62号(1954/10/04、26期)

少し専門的にもなりますが、大臣がちようどいませんけれども、どなたでもけつこうですから、大臣にかわる御答弁をいただきたいと思います。この診療報酬体系を一読した結果直感することは、現在の日本の医療制度とい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第63号(1954/10/05、26期)

今の答弁は、昨日私が要求したことに幾分関係があるかもしれぬけれども、具体的に関係がない。時期の推移に応ずる修正というものが、この二十七年を基礎にした医療費体系には加えられなければならぬ。すなわち時期の…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第64号(1954/10/06、26期)

昨日の質疑の際に、一応きよう必要とする資料的なものを要求し、同時に個人的にもあとで要求をいたしておつたのでございますが、薬務局や医務局で準備ができておると思いますので、質問に入りたいと思います。まず…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第65号(1954/10/07、26期)

少しつつ込んで御質問したいと存じます。まず岡本さんにお尋ねいたしますが、現在各地方公共団体で国民健康保険をやつているところは、昨年以来二割の医療給付費の国庫負担ができたために、今まで各市町村の一般会計…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第66号(1954/10/08、26期)

神崎先生に一、二点お尋ねしたいのですが、私たちが今ここで議論をしております場合に、総医療費という概念が論議をされていないわけです。先生はこの際総医療費というものはどういう概念とお考えになるか、これをお…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第67号(1954/10/09、26期)

今高橋委員から御質問があつた点はきわめて重大な点を含んでおりますので、ちよつと関連して二点ばかりお尋ねしたいのですが、大臣の談話は、私はここに共同、政治十一号、二十九年十月七日のを持つておりますが、「…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第68号(1954/10/11、26期)

それは重大なんですよ。実は私はそれをあとで質問しようと思つたのですが、幸い出て来ましたから関連させていただきますが、昨日も大臣は、往診料は診察料の中に含まれるという重大な発言をした。しからば六・二〇三…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第69号(1954/10/12、26期)

関連。大臣は、あらゆる方法をもつて協力をしてもらうような方法をとつて行く、最善の方法、できなければ次善の方法をとる、こういうことでございました。大臣も多分御存じだろうと思いますが、この出て来ておる新医…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第70号(1954/10/14、26期)

質問中でございますけれども、ちようど副総理の出席を要請いたしておりましたところ、非常に御多忙中にもかかわらず御出席いただきましたので、長谷川先生に非常に失礼でございますが、簡単に五点だけお尋ねをいたし…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第71号(1954/10/15、26期)

大臣がおいでたら、大臣に対する質問があるのですが、それは古屋委員が先に申出がありますので、古屋委員が終つてからでけつこうでございます。これは主として保険局長にお尋ねをいたしたいのですが、医務局におい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第72号(1954/11/19、26期)

先般十月に二週間にわたつて新医療費体系の審議を真摯な態度でやつたのでございます。本日、われわれの手元に出しておりますこの資料は、当委員会には付託をしないということを大臣が明言をされております。従つてこ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第73号(1954/11/20、26期)

新医療費体系に基きましてできまた点数の主としたねらいというものは、現在の社会保険の欠陥を少くとも補正をする方向に向いておらなければならぬと思います。現在の社会保険の一つの大きな欠陥は何かと申しますと、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第31号(1954/03/30、26期)

関連して……。今春日委員から社会保険の課税の問題に関する重要なポイントについての御質問が行われましたが、私社会保険の問題を割合に専門的に当つておりますので、一、二点質問しなければならぬと思います。三年…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 地方行政委員会 第40号(1954/04/07、26期)

ちよつと大蔵当局にお尋ねしたいのですが、現在地方財政の赤字が三百八十億あるわけなんです。もしこの六十七億というものがほんとうに一般合計から地方財政に移らないということになれば、これは大問題なんです。で…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第10号(1954/02/11、26期)

現在の日本は、冷厳な事実として非常に国土が狭く、資源が少く、人口が多い。この現実を無視しては、日本の政策は私は立たないと思う。この現実の日本に対して盛んに宣伝せられておることは、外敵の侵略の脅威でござ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1954/03/02、26期)

ただいまいただきました自衛隊法案要綱、防衛庁設置法案要綱ともに極秘の刻印が押されておりますが、現在日本にはまだ防衛機密法もなければ軍機上の機密もないのでございますが、なぜこれに極秘の刻印を押さなければ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第27号(1954/03/20、26期)

ただいま議題となつております昭和二十八年度一般会計予算補正(第3号)につきまして、日本社会党を代表いたしまして反対の意を表明するとともに、社会党両派の提出による編成替を求める動議に賛成するものでござい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第29号(1954/04/14、26期)

松原委員の関連で、松原委員が申したところの地方財政、兵器産業等について御質問いたしたいと思います。まず予算の自然成立に伴う地方財政の問題にについて、特に大蔵大臣に御答弁願いたいと思います。今度吉田内…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 厚生委員会 第4号(1954/12/06、26期)

ただいま提出せられました特別措置法の内容については、私これで異議ないと思うのですが、この国民保険の現在のいろいろの実態について、関連して一、二お答え願える部分はお答えを願い、ここでお答えできない部分は…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1954/12/03、26期)

昭和二十九年度の予算を組む当初から、大蔵大臣は自信満々補正予算を組まないという主張を再々繰返して来られたのでございます。ところが今日、一応災害対策費は別といたしまして、こういう補正予算を組まなければな…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22