山中貞則衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  1回発言   1105文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   3804文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  7回発言   2165文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  3回発言    570文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26) 12回発言   7644文字発言

本会議発言一覧

第17回国会 衆議院 本会議 第9号(1953/11/07、26期)

ただいま加藤君より提出されました、決算委員長の決算委員会における審査の中間報告を求むるの動議に対し、自由党を代表して反対の意見を開陳するものであります。(拍手)すなわち、国会法第五十六条の三に「中間報告を求めることができる。」と規定してありまするのは、諸君御承知のごとく、議院において議決の対象となる………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第22号(1954/03/20、26期)

ただいま提案されました大達文部大臣不信任案に対し、自由党を代表いたしまして断固反対の意を表明するとともに、若干の討論を試みんとするものであります。一言にしてこれを言えば、本不信任案は、笑止千万なる理由に基く不可解千万なるものと言うべきであります。すなわち、本不信任案提出の直接のきつかけとなり、その原………会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 本会議 第1号(1954/11/30、26期)

国務大臣の演説に対する質疑は延期し、明一日定刻より本会議を開きこれを行うこととし、本日はこれにて散会せられんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 本会議 第3号(1954/12/02、26期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、林讓治君外二十一名提出、国立競技場建設に関する決議案は、提出者の要求の通り委員会の審査を省略してこの際これを上程し、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 本会議 第4号(1954/12/03、26期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、日程第一とともに、佐藤洋之助君外二十四名提出、水稲健苗育成施設普及促進法案、及び第十九回国会本院提出、参議院送付、昭和二十九年四月及び五月における凍霜害等の被害農家に対する資金の融通に関する特別措置法の一部を改正する法律案の両案を追加して、三案を一括………会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 本会議 第5号(1954/12/04、26期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、内閣提出、昭和二十九年八月及び九月の風水害による被害小企業者に対する資金の融通に関する特別措置法案を議題となし、この際委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 本会議 第6号(1954/12/06、26期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、内閣提出、自衛隊法の一部を改正する法律案を議題となし、この際委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 本会議 第8号(1954/12/08、26期)

議事日程は延期し、明九日定刻より本会議を開くこととし、本日はこれにて散会せられんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 本会議 第9号(1954/12/09、26期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、参議院提出、町村合併促進法の一部を改正する法律案を議題となし、この際委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 本会議 第2号(1954/12/11、26期)

常任委員長の選挙は、その手続を省略し、議長において指名せられんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 本会議 第3号(1954/12/14、26期)

両院法規委員の選挙は、その手続を省略し、議長において指名せられんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 本会議 第5号(1954/12/17、26期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、この際、佐々木盛雄君提出、外交方針に関する緊急質問を許可せられんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 71回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 71) 13回発言   6401文字発言
 第17回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20)  2回発言   9487文字発言
 第18回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  1回発言    369文字発言
 第19回国会141回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員139) 24回発言  18553文字発言
 第20回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  1回発言      2文字発言
 第21回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  0回発言      0文字発言

  26期通算 271回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員269) 41回発言  34812文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 議院運営委員会
           146回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員146) 18回発言   2021文字発言

 文部委員会
            33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 33)  5回発言   1817文字発言

 行政監察特別委員会
            26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 26)  5回発言   9661文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
            14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  2回発言   1059文字発言

 懲罰委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  7)  2回発言   1696文字発言

 地方行政委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  6回発言  13983文字発言

 決算委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  2回発言   1959文字発言

 労働委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言

 水害地緊急対策特別委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言

 法務委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   2616文字発言

 予算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 内閣委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 経済安定委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 人事委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 運輸委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 通商産業委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 農林委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 懲罰委員会理事(第19回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第15号(1953/07/04、26期)

内灘問題と別個に、たとえば領土に関する決議案のような各会派が一致して出せる見通しのあるものは、なるべく早く調整されて出していただいた方がいいじやないかと思います。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第26号(1953/07/25、26期)

この間小会派に、小会派の性格上、内容の問題は一応不問に付した形で反対討論を許しましたところ、久保田豊君が立つて、労働者農民党を代表してという前置きをされて、非常紛に争したが、そのまま質問を続行したこと…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第29号(1953/07/29、26期)

討論時間十分ということは、各派前からわかつていることで念を押す必要もないと思いますが、あらためて念を押さなければならないということは、これがほとんど守られていない。常識で一、二分あるいは三分程度延びる…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第34号(1953/08/04、26期)

先ほど決定したことですが、中君に対する各議員一人当り三百円ということは、今までの申合せによつておることでしようけれども、公務死とも称していいような立場においてなくなられたので、金額の点について特別の考…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第36号(1953/08/07、26期)

鹿児島のはどうなりますか。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第38号(1953/10/26、26期)

普通の保健所による許可を受けているわけですね。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 決算委員会 第17号(1953/07/22、26期)

その結論については私も異議はございませんが、ただいま委員長の方からお諮りになりました、各種の部等を結成いたしまして綿密なる調査の過程を経て、それらの断を下さすべきかいなかが判明いたすだろうと思いますの…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 決算委員会 第18号(1953/07/23、26期)

ただいまの杉村委員の発言内容については私も賛成いたしますが、その前に、総裁の先ほどの新聞記者には会つていないという言明から、さらに考えてみて、かりに会つたとすればという言明、さらに考えてみれば会つてお…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1953/07/01、26期)

議事進行について。私の提案はもつと先にすべきだと思い、時機を失したつもりで黙つておつたのでありますが、委員の数が少くなつたのであらためて提案いたします。と申しますのは、現在の審議のあり方は、ここに出さ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第4号(1953/07/15、26期)

それでけつこうですが、そういう案ができましたならば、あらかじめ理事会を開いていただきまして、各党各派の態度があまり関係ないことが多いと思うのですが、どういう方向に持つて行くということを一応きめていただ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 懲罰委員会 第3号(1953/08/06、26期)

小林君の趣旨弁明についていろいろ論議があるのでありますが、要は、その表現が、事実を指摘しつつ非常に誇張したきらい、あるいは針小棒大のきらいがあつたために、こういう事態が起つたかと私は考えるのであります…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第1号(1953/05/27、26期)

理事の選任につきましては、手続を省略いたしまして、各党より連絡済みの氏名について、委員長に指名を一任することを望みます。伊藤 郷一君  坂田 道太君会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第3号(1953/06/25、26期)

ただいま御質問がありまして、大臣からも答弁があつたのでありますが、私どもは本問題につきましては、別個の観点かられを判断いたしておるのでありまして、たとえばただいま大臣が率直に会わなかつたからかかる問題…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 地方行政委員会 第1号(1953/10/31、26期)

二、三参考までにお尋ねをしておきたいと思うのであります。これは参考人よりもむしろ連絡事務局長の方がいいかと思いますが、十一月一日から琉球政府の大島群島に対する予算の配付が打切られたというような具体的な…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 地方行政委員会 第2号(1953/11/02、26期)

塚田長官に限つてですか。それから今いろいろ御指摘になりました点のうちで、将来当然日本政府になればめんどうを見てくれるから、今借りて済ましておくのだという考え方が、確かに現地に出ておるかと思うのであり…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 議院運営委員会 第4号(1953/12/05、26期)

ちつよつとここで関連して発言しておきたいことがあるのです。社会党右派の池田君が演説されましたときに、時間が十二分しか残つていないことを御承知で相当長時間おやりになつた。われわれこれについて、討論時間を…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第17号(1954/02/23、26期)

委員会では本日上程するようにきめて、委員会は散会しております。しかし、今おつしやる御意見は、有田君の問題の次にやれということでございますが、上程するならば一番最後、これは決算委員長の中間報告の場合など…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第18号(1954/02/23、26期)

この段階になつて、法務大臣を呼んで聞かなければならないという理由もまだお聞かせ願つておりませんし、私どもは何らそういう必要はないものと認めますから、一応反対いたします。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第19号(1954/02/24、26期)

これは異なことをおつしやる。一人だれかそういう人がおつたかもしれぬが、しかし中間報告書を作成するにあたつての前提条件というものは、一身上の弁明も質疑も行わないということで各党一致したものを出そう、各党…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第27号(1954/03/13、26期)

先ほど山本委員のおつしやつたように、紛糾もございました。しかしその事件に関する限り、事実の認定に相違があるわけはないということもありましたけれども、事実の認定そのものに対する判断は、それぞれの立つ立場…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第33号(1954/03/25、26期)

わが党は原田憲君です。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第47号(1954/04/17、26期)

これは趣旨弁明だけ一人にまとめるということにお話を願いたい。それでは、本会議は午後一時半から開会いたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第55号(1954/05/10、26期)

保岡君が当選して参りまして、常任委員会がきまらずに困つておりますが……。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第61号(1954/05/20、26期)

あれは椎熊さんがそう言つたので、それならあとに延ばすと言つたのです。次に、残りました国務大臣の不信行為に関する緊急質問ですが、これは採決によつてやりたくないと思いますけれども、意見も尽きたと思います…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第66号(1954/05/29、26期)

本日、奄美群島復興特別措置法案が満場一致で可決されましたので、各党の議員提出でありますし、参議院の関係もあり、会期中に上げたいと思いますから、緊急上程をぜひともおはからい願います。本日の本会議は四時…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第76号(1954/06/15、26期)

協議会の最後に、議長が議長としてあいさつするのでしよう。座長たる議長が、議長としてのあいさつをするのでしよう。なお、議運は一応休憩にいたしておきます。この事態がいかなる事態になり行くかによつて、また…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第2号(1953/12/17、26期)

下村証人のお話の中で、大蔵省からあなた方の審査会が諮問を受けられたときに四百数十坪の原案であつたのに対して、大部分の、ほとんどと言つていいくらいの委員が、ちよつと奇異な感に打たれたという話があつたよう…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第3号(1953/12/18、26期)

緊急動議の許可がありましたので、発言いたします。参考人のお話に対する質疑はこのあたりで打切られたいと思うのであります。理由は、本特別委員会が取上げました目的は、古屋貞雄君外五名から提出の理由書によつて…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第4号(1954/02/01、26期)

先ほどからの質問の及ばなかつた点、及びもつと聞きたい点について二、三簡単に御質問を申し上げます。まず第一に、証人は保全経済会所有のビルを有償で借りておる、こういうふうに言われたのでありますが、家賃は…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第5号(1954/02/02、26期)

証人のお話では、仏教保全経済会は、保全経済会と最初は関係がないというようなお話であつたのでありますが、実際には保全経済会のピンチを救つたものは仏教保全経済会であるとまでいわれている状態であります。私ど…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第7号(1954/03/09、26期)

一点だけ関連してお尋ねしておきますが、これは後日前に証人として喚問いたしました平野証人の証言に関して偽証等の疑いも濃化するおそれもあるものでありますから、念を押して聞いておきたいと思うのでございます。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 地方行政委員会 第4号(1953/12/19、26期)

大臣にお尋ねいたします。先ほど中川アジア局長から床次委員の質問等に関連して、いろいろと説明があつたのでありますが、大臣が、御退席なさる前に二、三点お伺いいたします。第一はいよいよ復帰が確実視されて参つ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 地方行政委員会 第69号(1954/05/26、26期)

開会されても別段さしつかえありませんが、各委員会において、法案の全部に対して逐条質疑等の疑義があるわけ、ではないと察せられますので、各委員会の了承あるいは疑義を持たれる点等について、委員長あたりに本委…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 地方行政委員会 第70号(1954/05/29、26期)

提出されました正誤表について御説明申し上げます。奄美群島復興特別措置法案印刷物中、四ページ一行「製糖等」は「製糖、水産等」の誤り、四ページ八行の次に次の一項が入るべきの誤り、「3 第一項の復興計画に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 地方行政委員会 第71号(1954/05/31、26期)

参議院に皆様の御協力で送つていただきました奄美大島の法案でありますが、現在の参議院の主管委員会である地方行政委員会が、その他の重要法案で相当混乱難航いたしておりますために、願わくば各党のそれぞれの立場…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 懲罰委員会 第3号(1954/06/12、26期)

私は三綱義三君の最もそばにいて目撃したのでありますが、三鍋君は議場外に議長を拉致した多数の人々の中の一人ということは、私も断言いたしかねますが、ただ目撃いたしましたのは、議長の洋服の左のえりを右手でつ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第5号(1954/02/17、26期)

これは質問でありますが……。ただいま田中委員からも議事進行の動議が出ましたし、この問題につきましてさらに理事会等を開きまして、あらためて御相談をすることにし、なお文部大臣に対しまする質疑は、本日相当…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第16号(1954/03/12、26期)

ただいまの小林君提出の動議に反対いたします。審議を続行いたします。辻原君。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第22号(1954/03/20、26期)

この際両法案に対する一切の質疑は終結されんことを雌みます。時に午後十時八分会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1954/02/08、26期)

庵美大島復帰が実現いたしました後の所管事項について二、三お尋ねをいたします。大島復帰に伴いましては諸種の関係法令等が施行されておりまして、最大限の混乱を防止する方法は、一応とつたのでありまするが、実…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 議院運営委員会 第5号(1954/12/04、26期)

反対。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22