国会議員白書トップ衆議院議員正木清>27期国会活動まとめ

正木清衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

23期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  0回発言      0文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  1回発言   5635文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  1回発言   3495文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  0回発言      0文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  2回発言   9130文字発言

本会議発言一覧

第24回国会 衆議院 本会議 第60号(1956/06/01、27期)

ただいま議題となりました鳩山内閣不信任決議案に対しまして、私は日本社会党を代表いたしまして満腔の賛意を表するものであります。(拍手)鳩山内閣不信任の理由は、ただいま浅沼君の提案説明にもございましたように、数多くのものが累積いたしておるのでございまするが、私は、この際、特に次の諸点を強調いたしたいので………会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 本会議 第18号(1956/12/13、27期)

私は、日本社会党を代表して、国会解散要求決議案に賛成の意を表するものであります。(拍手)私が国会解散要求決議案に賛成する第一の理由は、現国会における諸政党の議席分野が、もはや今日の国民の政治要求に合致しておらず、民意と分離しているという点にあるのであります。(拍手)すなわち、過ぐる昭和三十年二月の総………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

23期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20)  9回発言  28967文字発言
 第23回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  3回発言  17722文字発言
 第24回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  8回発言  27548文字発言
 第25回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第26回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)  6回発言  26798文字発言
 第27回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言   1584文字発言
 第28回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18) 11回発言  60636文字発言

  27期通算  86回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 86) 38回発言 163255文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 運輸委員会
            86回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 86) 38回発言 163255文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 運輸委員会 第4号(1955/03/29、27期)

私はこの機会に、運輸大臣もおいででございますし、長崎総裁並びに私の要求いたしました経営委員会の委員長も御出席のようでございますから、まず順序として経営委員会委員長にお尋ねをしたいと思うのですが、日本国…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 運輸委員会 第7号(1955/05/09、27期)

関連して。私は運輸当局に新線のことを一言だけ聞いておきたいと思いますが、三十線のうち七線ができ上って、あとに残った二十三線、このうち本年度の資金が二十五億、この配分についていろいろ議論をされておるわけ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 運輸委員会 第8号(1955/05/12、27期)

私は船舶課長というのですか、航海課長というのですか、わかりませんが、専門的にお尋ねしたい。どうも何だか私らしい判断ですが、衝突の原因がおぼろげながらわかってきたような感じを受けるのです。あなたの出さ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 運輸委員会 第12号(1955/05/24、27期)

私は大臣に、大臣が就任されて初めてですから、国鉄に関して問題点を集中いたしまして、大臣並びに関係政府委員の御所信を承わりたいと思うのであります。第一に大臣にお伺いしたいのは、このたび国鉄の総裁が更迭…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 運輸委員会 第14号(1955/05/31、27期)

私は新総裁に簡単に二点だけお尋ねしておきたいと思います。ただいま同僚委員からのあなたに対する諸般の質問の中で、総裁からの御答弁を総合して聞いておりますと、私は大体抽象的ではございましたが、原則的なも…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 運輸委員会 第18号(1955/06/07、27期)

私は運輸大臣の出席を実は求めておるわけですが、予算委員会の関係等で出席が不可能のようでございますので、政務次官に一つお尋ねしたいのですが、昭和三十年度の日本国有鉄道の予算原案によりますと、資本勘定にお…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 運輸委員会 第19号(1955/06/10、27期)

私も簡単に運輸当局に質問をしたいと思うのですが、いずれにいたしましても、大臣並びに政務次官の非常なる御努力によって、この種の混乱状態が一応おさまりがついたということについては、私は大臣、政務次官のその…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 運輸委員会 第20号(1955/06/13、27期)

関連してお尋ねいたしますが、実は私も現状を見せていただいて、事の意外に驚いて帰ってきた一人でございます。もしあのままの状態で放任しておきますと、新潟が非常に重大な危機に見舞われる、こう思って実は帰って…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 運輸委員会 第24号(1955/06/24、27期)

関連して運輸大臣に一言だけお聞きしておきたいと思いますが、池田君の質問に対するあなたの答弁を承わっておりますと、大臣としてのただいまの考え方は、丸善石油が外国資本を含めた合弁による資本によって、タンカ…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1955/12/01、27期)

ただいまの天坊副総裁の答弁で、同僚各委員が非常に熱心に議論された点が一応明確になりましたから、私はその点には触れません。いずれ機会を見てまたあらためて議論を展開したいと思いますが、問題は運輸大臣なんで…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1955/12/13、27期)

去る十一月十七日に行政管理庁の長官であった川島前長官より当時の三木運輸大臣に手交された国鉄経営に対する勧告書について、私はこの機会に行政管理庁にまずお尋ねをしたいと思います。私の知る範囲におきまして…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1955/12/14、27期)

質疑に対する時間の制限がございますので、答弁をしていただく関係者は、一つ簡潔に要点を土台としての答弁をまずお願いしたいと思います。質問者は若干時間をとらしていただきます。私は昨日の質疑応答の中で最終的…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1956/02/08、27期)

委員長に三十一年度の日本国有鉄道の予算を審議するための参考資料を要求したいと思います。一つは三十年度、現年度の、実際に作ることができるのであるならば、十二月ごろまでのものを望むのですが、貸借対照表並び…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1956/02/15、27期)

関連質問で。私は今の政務次官の答弁で、国鉄の運賃の問題に対する政府の方針を承わったわけですが、ただ一言今度私が国鉄当局にお尋ねしておきたいと思いますことは、国鉄は一日も早く国鉄の企業全体を、国民のため…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 運輸委員会 第14号(1956/03/06、27期)

ただいま議題となった道路運送車両法の一部を改正する案件について、二、三の質問を行いたいと思います。当局にお尋ねをいたしたいと思いますことは、この原案が通過いたしますと、一体年間どれくらいの増収になるの…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 運輸委員会 第15号(1956/03/08、27期)

関連して。私は簡潔に副総裁に一点だけお尋ねしておきたいと思います。このたびの国鉄の中における問題については、二月の二十八日の当委員会において、運輸当局としての態度、方針が運輸大臣から明らかに示されてお…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 運輸委員会 第16号(1956/03/09、27期)

関連ですが、ただいまの総裁の答弁は、目下調停案を尊重する建前で研究中である、こういう御答弁でございました。総裁は、調停案が国鉄側に提示されてから回答までの期間が何日間であるかということを御存じですか。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 運輸委員会 第25号(1956/04/13、27期)

私は運輸当局にお尋ねをしたいと思うのですが、三月二十七日の当委員会におきまして、青函連絡航路におきまする機雷のことについて、同僚委員の問いに対して当局から、本問題については、海上保安庁と海上自衛隊、国…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 運輸委員会 第38号(1956/10/22、27期)

私は現下の緊急輸送の問題を特に中心として御質問を申し上げるわけですが、その質問の過程の中で、当然今回起きました事故のことに関しても触れますので、あらかじめ委員長において御了承おきを願いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 運輸委員会 第39号(1956/10/23、27期)

私は簡潔に御質問を申し上げて、運輸当局の御意向を確かめておきたいと存じます。実は大臣の出席を強く求めておったのでありますが、余儀ない事情で大臣の出席を見ることができませんから、大臣に対する質問は後日に…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1957/03/05、27期)

関連して。私は簡単に総裁に御質問を申し上げると同時に、一言御注意を喚起しておきたいと思うのですが、同時にそのことは常任委員長も政務次官もお聞きを願いたいと思います。総裁はもちろん鉄道出身でございまする…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 運輸委員会 第9号(1957/03/08、27期)

ちょっと関連して。国鉄当局と労働組合との間で待遇の問題で非常に紛糾しておるようでございますが、今同僚の井岡君からも質問いたしましたように一般公務員の諸君の待遇については、政府は人事院の勧告をもとにいた…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 運輸委員会 第11号(1957/03/12、27期)

関連して監督局長にお尋ねしたいのですが、前回の委員会の速記を見れば問題は一切わかるわけです。同僚の楯委員が心配をされてこの問題を取り上げたときに、総裁はこういう答弁をされておるのです。この問題について…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 運輸委員会 第23号(1957/04/16、27期)

今の辻部長の答弁に関連して私お尋ねしたいと思うのですが、問題の結論は海上運送法によって諸般の手続がとられておるわけですね。そこで、一体こういう事故が起きた場合、当該船会社が全責任を持って、遺族の方が納…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 運輸委員会 第32号(1957/05/18、27期)

第五北川丸で不幸なことが起きたわけですが、私がお伺いしたいと思いますことは、この第五北川丸の不幸な事柄と関連して、船客損害賠償保険と関連して、定期船船客損害賠償等について、北川丸の経験から、事務当局で…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 運輸委員会 第37号(1957/09/30、27期)

議事進行に関して。運輸当局の発言中でございますが、議会の中でも財政通の第一人者をもって任じておられる運輸大臣であり、海運行政についてもかつて運輸省の中でその方の専門を担当した新政務次官を迎えた当委員会…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1957/11/07、27期)

私はこの機会に大臣に一つ簡潔にお尋ねをしたいと思います。というのは、例の本年度から着工をいたしました国鉄五カ年計画の本年度の予算のワクの中で、政府は財政投融資引き締めの一環として、約百億程度の繰り延べ…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1957/12/23、27期)

私はこの機会に、運輸大臣並びに関係事務当局にお尋ねしたいと思うのです。運輸大臣は現内閣の改造で運輸省を所管されることになったわけですが、大臣が御就任になられて間もない臨時国会と記憶いたしますけれども…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 運輸委員会 第2号(1958/01/28、27期)

関連して。今の委員の質問に対して大臣も賛成の意を表されたのですが、実は私は北海道の選出ですが、北海道は作ってしまいました。どういう形で作ったかと申すと、中央のあなた方におまかせしておったのでは、いつ何…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 運輸委員会 第4号(1958/02/06、27期)

ただいま津軽海峡における浮流機雷の状況について報告があったわけですが、この機会に私は一言海上保安庁に御質問を申し上げたいと思います。海上保安庁としては、例年のことでございますが、どのようなこれに対する…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1958/02/18、27期)

大臣の出席はどうなんです。昭和三十三年度の運輸省重要施策の要綱の中の2の国際航空の整備拡充、航空路線の拡充強化、航空従事者の養成強化、国際空港の整備、この三つについては非常に大きな希望を持っておった…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 運輸委員会 第7号(1958/02/20、27期)

関連して一点だけこの機会にお尋ねしておきたいと思います。関門隧道が完成されまして、例のバス路線の免許についてもいろいろのうわさを私は聞いておるわけですが、このバス路線免許の見通し等は一体どうなのか。当…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 運輸委員会 第8号(1958/02/21、27期)

私は本日の質問は主として運輸省所管の中の自動車局関係についてお尋ねをしたいと思います。そこでまず第一にお尋ねしたいことは、自動車局関係の三十三年度の予算関係でありますが、本省関係においては、三十二年度…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 運輸委員会 第11号(1958/03/06、27期)

関連して。簡単に航空局と防衛庁にお尋ねをしたいと思うのですが、聞くところによると、国際空港といわれておる北海道の千歳の飛行場が、近く米軍からわが国に返還されるというようなことを聞いておるのでありますが…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 運輸委員会 第17号(1958/04/01、27期)

関連して。今小山委員からも質問されたのですが、三月二十八日の朝日によりますと、運輸当局の方から注意されたその注意事項を完全に守らなかったところに、この沈没の原因があるのだ、こう報道しているのです。それ…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 運輸委員会 第19号(1958/04/09、27期)

私はただいま衆議院で審議中でごいざます行政機関職員定員法の一部を改正する法律案、これは各省全般にまたがっての法案でございますので、そのうちの運輸省所管の港湾建設局関係についてお尋ねをしておきたいと思う…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 運輸委員会 第20号(1958/04/10、27期)

私はこの機会に簡単に国鉄の経理状態についてお尋ねしたいと思うのです。まず第一にお尋ねしたいことは、昭和三十二年度も終って新年度に入ったわけでございますが、最終的な損益勘定はもちろん明らかになっておら…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 運輸委員会 第22号(1958/04/22、27期)

お尋ねしますが、大へんに失礼ですが、あなた専門は何をおやりになっておいでになりますか。気圧が日本海に入ってくる、あるいは台風が来て、紀伊水道は非常に南の風が発達するような場合に、果してそこにどんな波…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

23期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22